HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 綺咲みゆき アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 綺咲みゆき アーカイブ

1  2  3

占い師として私が大切にしていること

 こんにちは、綺咲 みゆきです。

 

今回は前回の自己紹介の続きで

『占い師として私が大切にしていること』

について話していきます。

 

・常にオーダーメイドであれ!

・相談者様とお相手様の感情を大切に!

・どんなに悪い結果でも伝えること!

・信頼関係を大切に!

 

カードは同じでも

相談者様の状況、心境によって読み方を変えていきます。

 

病院に行って、

「あなたは〇〇病だからこの薬しかありません。」

なんて言われたら不安になりますよね?

 

その人の体質によって、

ドクターがオーダメイドのお薬や治療を施してくれるから、私たち患者はドクターを信じられるのだと思います。

 

信じることから信頼関係がはじまります。

 

それはドクターであれ、占い師であれ、同じことです。

 

例えば、

死神のカードだから悪いのか?

 

いいえ、同時に出る他のカードも重要です。

正位置なのか、逆位置なのかでも違います。

 

片思い、お付き合い中、復縁希望、

復縁希望の場合は、交際期間、お別れしてからの期間でも変わってきます。

 

私の場合は

霊感による部分も多いので

解説が難しいですが、

 

相談者様とお相手様の感情を大切に

相談者様の状況を物語のように読み解いていきます。

 

私の占術については、体験してみるのが一番早いかも(笑)

 

悪い結果は、相談者様が落ち込むことが

分かっているので、伝えることを

躊躇してしまいがちです。

 

カードと私も信頼関係があるからこそ真実を伝えてくれるのです。

 

もし、悪い結果を良い結果のように

お伝えしたら、相談者様との信頼関係も

崩れますが、カードとの信頼関係も

崩れてしまうのです。

 

カードとの信頼関係が崩れてしまったら、真実が分からなくなってしまいます。

 

相談者様の中には

占い師があえて良いことしか言わない

と思っている方が多いのです。

 

しかし

 

一度悪い結果を良い結果のように

伝えてしまうと、カードも

「どうせ、真実なんか言わないじゃん!」と

良い結果しか出さなくなることもあります。

 

コレがタロットカードは当たらないと言われる由縁なのではないかと思っています。

 

電話占い『ヴェルニ』にて待機中です

 

 

https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=jTuT3wTTp

わたしにとっての『占い』とは

 こんにちは、綺咲 みゆきです。

 

プロフィールがあるから

ブログに自己紹介を書いたことがありません。

 

というわけで、

これから数回に分けて自己紹介ブログを

書いていきたいと思います。

 

今回は

『自分にとっての占いとは』

についてお話ししたいと思います。

 

私にとって占いは、

常に信じ続けるものでもなく、

盲目的に信じるものでもありません。

 

辛い時、どうすべきか悩んだ時

 

人生のターニングポイント(交差点)で

立ち止まるため、

そして、進むための標識です。

 

占いとは、人生という長い旅路を一緒に

歩んでくれるパートナーです。

 

自分で決断ができる時は

占いなんてなくて構いません。

 

矛盾する感情が生まれた時の道標であれば良いのです。

 

私の相談者様にも

複数の先生に相談している方が多く

いらっしゃいます。

 

良いんです。

今回は直感的にいつもの先生じゃない人に

聞いてみようと思っても。

 

毎回違う先生だって良いんです。

 

自分が納得して、前向きな気持ちで決断できたならそれで『占い』の役目を果たしていると私は思っています。

 

不思議と前向きな気持ちにしてくれる

先生への信頼は強く通い続けるものですが(笑)

 

ここまで私にとっての『占い』について書かせていただきました。

 

あなたは違っていても良いと思います。

 

占いは、十人十色の「使い方」があるはずです。

 

現在電話占い『ヴェルニ』にて活動中です

https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=jTuT3wTTp

警戒心を持つ事と不安に振り回される事は違います!

 こんにちは、綺咲 みゆきです。

 

柴ちゃん(夫)のお祖母様と明日お出かけの予定だったので、4/3時点ではアレルギー性鼻炎と診断されていた私の症状も熱、咳や喉の痛みなどを伴い始めた事もあり、コロナウィルスでの外出規制等も考え、4/6にお断りの電話を柴ちゃんママに入れた時の事です。

 

今書いた事と同様に経緯をお話しました。

もちろん、自分の症状のことも

 

「何かあってからでは遅いですし、お祖母様が高齢だからと心配していて、実はお義母様やお義父様にうつしていたとなってからでは遅いと彼(柴ちゃん)を説得しましたので

 

と伝えたら、

 

「そうよ!うつされたりしたら困るからあの子にもあなたがコロナ検査受けるまでは来ないように伝えてね。おばあちゃんには伝えておくから。」

 

正論なんですけどね(笑)

 

「うつされたら困る」

 

もちろん、正論なんですが相手がある事なので

 

「大丈夫?心配だから検査受けてね。」

 

など言い方を変えるだけで、伝わり方も変わります。

 

また、「うつされたら困る」 という発想は、

不安に振り回されている典型的な例です。

 

まだ、相手が感染者なのかさえ分からないからこそ不安…

 

そういう人とは適度に距離感を保つ事が大切です。

 

空気感染するわけじゃないので、距離感や手洗いうがいなど自分を守る行動が大切です。

 

そして、柴ちゃんにお義母様との会話を

伝えました。

 

柴ちゃんの家系は、相手への心配よりうつる心配の方が先に立つ家系のようです。

 

柴ちゃんもコロナウイルスの恐怖には負けたようで、翌日コロナウイルスの検査ができないか、数件の病院を回って頼み込み、ようやく柴ちゃんは検査をする事も容易ではないと知りました。

 

「あの時もそうだったじゃない?」

柴ちゃんの言葉で、話は昨年に遡ります。

 

昨年3月から1ヶ月ほど柴ちゃんが風邪のような症状になっており、病院を勧めるも彼の休日は私の病院の予定でビッシリ!

 

病院にも行かせられず、ただ市販の風邪薬を飲み続けていました。それでも治らない

 

その頃、用事があり柴ちゃんの実家へお邪魔しました。柴ちゃんの家の裏には大きな裏山があり、杉の木が沢山あります。

 

実家へ帰るなり、柴ちゃんのくしゃみが止まらなくなり、鼻水も

 

「やっぱり病院行こう!」

 

と言ったその時です。

ご両親が言った言葉に耳を疑いました。

 

「風邪だかインフルエンザだか知らないけど、うつされたら困るから悪いけど当面来ないでくれる?」

 

実の息子への言葉とは思えませんでした。

 

それでも、柴ちゃんは御家族の誰かが「風邪だ」「インフルエンザだ」と聞けば、慌ててスポーツドリンク、アイスや薬を車で買い物に回ります。

 

普段、それを「ありがたい」と言いつつも、同じ事をしようとは思わない人達なんだな

 

と他人事のように思っていました(ほとんど他人ですね笑)けど、まさか息子の体調の心配より先にうつされる心配の言葉が出てくるとはビックリしました。

 

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、

柴ちゃんは「花粉症」になったのです。

 

私は約10年ですが、柴ちゃんを見ています。彼が風邪の時は必ず高熱を出すことを知っています。実の親でもそんな当たり前のことを知らないんですねいや、見ていないんですね!

 

後日、私が呼吸器内科を受診する機会があり、柴ちゃんを半ば無理矢理受診させて判明致しました。

 

こういう時こそ

 

・真実に目を向ける

・よく観察する

・あらゆる可能性を考える

 

良く言葉では聞きますが、実際行動するとなると難しいです。

  

私は『花粉症』の可能性が1番高いと考えたから呼吸器内科に柴ちゃんを受診させました。

 

今回の私の場合は、花粉症と風邪のダブルパンチの可能性が一番高いと思っています。ご心配なく(^_-)

 

新型コロナウイルス等専門医の診断が必要なものに関してはご相談にはのれませんが、恋愛や人間関係での『見えない恐怖』にお悩みの方は御相談下さい。

 

現在、電話会社『ヴェルニ』にて活動中です。

 

 

『ヴェルニ』(定期的に待機中)

 

https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=jTuT3wTTp

 

『ウラーラ』(不定期に待機)

https://uranaiapp.jp/fortune_tellers/144171/detail.html

人はいつだって変われる!

 こんばんは、綺咲 みゆきです。

母が亡くなる前言っていた事を思い出しました。

 

思い出した言葉は沢山ありますが、

今日は父のことについて書かせていただこうと思います。

 

「お父さんはあなたを愛する反面、あなたが嫌いのよ。あなただから嫌いなんじゃない。自分に似すぎているから嫌いなの。」


可愛さ余って憎さ百倍

なんてことわざもありますから、

可愛いからこそ憎しみも増すのかも知れません。

 

実の娘の私でさえ父と私はそっくりだと思っていました。

 

短気なところも

自分勝手なところも

人に厳しいくせに自分に甘いところも

人に弱みを見せることが出来ないところも

人前で泣くことすら出来ないところも

 

まだまだあったのですが、

数十年前に全てをレポート用紙に書き出し、

コピーして友達に配り、その時こそ覚えていましたが、今は忘れました。

 

その中の一つでも当てはまる時には、

キツイ言葉で叱って欲しいと

お願いしたのです。

 

私は実の親でさえ

「別人の魂が入ったのではないか?」

と疑うほど変わりました。

 

いえ、それほどに変わりたいと強く願っていたのでしょう。

 

そして、父は変わる事なく、還暦を迎えました。

 

「お前が嫌いだ!」

今日も父はそう言っています。

 

そう

気が強いところ

弱音を吐けないところ

1人で悩むところ

 

そこだけは父とそっくりなままだから

 

私はそれらを欠点ではないと思っているから、変えようとしないのです。

 

弱音は少し親友に打ち明けられますし、

気が強いからこそ頑張れる事がある。

 

一人で悩んで、悩んで、

それでも、答えが出なかったら

人に相談することが出来るようになったから

 

恋人や友人でも「嫌い!」と思う時って、似ている部分が多くありませんか?

 

しかも欠点ばかり

 

それって「チャンス」です。

あなたはその人を通じて変われるチャンスを手に入れたのです。

 

変わるって簡単なことではありません。

 

私も柴ちゃん()も変わってきた人間です。

 

しかし、「変わったね!」と認められるまでには数年を要しています。

 

絶えず、強い意志を持ち続けられる事が大切です。

 

途中で「もう無理!」って思ったって良いんです。

 

諦めたりさえしなければ

 

私は毎回の鑑定でご相談者様がより良く変わっていってくれるよう願い、アドバイスをさせて頂いております。

 

弟は言います。

「お父さんは変わらない!だって還暦超えてもあのままだもの。」

 

私は、本人が変わる気になれば歳は関係ないと信じています。

 

今からでも

「変わりたいと願えば変われる」

 

それが人間の良いところです。

 

強い意志を持てばどんな困難にも打ち勝てるのは、人間だけです。

 

『ヴェルニ』(定期的に待機中)

 

https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=jTuT3wTTp

 

『ウラーラ』(不定期に待機)

https://uranaiapp.jp/fortune_tellers/144171/detail.html

私が電話鑑定を勧める理由とは

 

こんばんは、綺咲 みゆきです。

 

占いアプリ『ウラーラ』での活動を再開致しました事をご報告します。

 

基本的に電話会社『ヴェルニ』での活動がメインなのは変わりませんが、

占いアプリ『ウラーラ』はチャット機能、電話鑑定機能があります。

 

チャット鑑定は電話では話しにくい事、電話では周囲に聞かれたくない事なども相談できるメリットがあると思います。

 

また人と話すのが苦手という人にも向いていると思います。

 

しかし、チャット鑑定に慣れたら

電話鑑定に挑戦してみて欲しいとも思います。

 

なぜなら、言葉にする事で自分の気持ちを理解する事ができるからです。(特に女性は)

 

なぜなら、言葉にする事で叶う願いがあるからです。

 

だから、私は電話鑑定をオススメします。

 

文字にしたら、願いは叶わない?

そんなことはありません。

 

しかし、『言霊』は言葉であり、音です。

つまり、声の方が文字より『言霊』の力が発揮されるのです。

 

また、私は「クリスタルボウル」で

皆様の願いを天空にお届けしています。

 

その音がチャットでは聴こえないんですね

 

その音を聴いたから

願いが叶うのか?

それは私には分かりません。

 

しかし、電話鑑定では鑑定中にお願い事をしてその音を聴いた方の願望成就率が高いという状況にあります。(個人的な統計です。)

 

さらに、

『ウラーラ』には[リクエスト]機能がありますので、電話鑑定希望の方も[チャットリクエスト]をしていただく事で私に直接

「今話したいんだけど!」と無言のアピールが可能です(笑)

 

『ウラーラ』でも電話鑑定ができますので、お気軽にご相談ください。

 

直接ご相談したい方は、電話会社『ヴェルニ』にて綺咲 みゆきをご指名ください。

 

少し電話鑑定を試してみたいなという方は、占いアプリ『ウラーラ」にて綺咲 みゆきをご指名ください。

 

 

『ヴェルニ』(定期的に待機中)

 

『ウラーラ』(不定期に待機)

https://uranaiapp.jp/fortune_tellers/144171/detail.html

 

これってお告げ?

 

こんばんは、綺咲 みゆきです。

 

先日、鑑定中に

 

「先生、ブログ出されたらどうですか?私だけでなく皆さんがLINEを書く時などの文章力の参考になりますから。」

 

と、お客様に言われてしまいました。

 

2月中旬に今年こそは『ブログを毎日書こう』と思ったものの

 

体調を理由に

疲れを理由に

ブログが続かない日々の私

 

もちろん、お客様がご好意で仰ってくれたことは十分理解しています。

 

しかし、あまりにも図星な指摘に

『神様のお告げかしら?

神様が怒ってるのかしら?』

などと考えてしまいました。

 

本来は

何事も毎日続けてこそ成長する

 

のですが、私は体調的な事もあるので(また言い訳してますが笑)

しばらくの間は1ヶ月の半分くらいのペースでブログ更新ができるように頑張っていこうと思います。

 

お客様のお言葉通り、

LINEの文章などの特集の日も作っていこうかなと計画中です。

 

有難い事に私のお客様は、

LINE内容については、このような雰囲気でお伝え下さい。

とお伝えすると、ほとんど変更せず、

彼や彼女に送られるそうです。

 

自分の気持ちなのに…

自分が書くより本音になっています。

 

と皆さん、喜んで下さいます。

 

LINE本文の内容、恋人との会話についてのご相談が多い事もありまして、メールにてその文章のアドバイスだけでも送らせていただくように心がけています。

 

電話で聞いても短い時間でメモをするのを難しいですからね。。。

 

ラインの文章や恋人との会話について具体的に知りたい、直接ご相談したいと感じた方は、

電話会社『ヴェルニ』にて綺咲 みゆきをご指名くださいね。

 

『ヴェルニ』

https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=jTuT3wTTp

たかが言葉…されど言葉

 こんばんは、綺咲 みゆきです。

私は鑑定の最後や鑑定後のメールに必ず

 

「良い報告をお待ちしております。」

 

とお伝えします。

 

「悩んだ時に話したいんだけど

 

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、私も占われる側として占いを利用した時に感じたのです。

 

「また悩まれたらいらっしゃって下さい。」

「また何かあればいらっしゃって下さい。」

などの言葉

 

もちろん私も同じ占い師として、

もう悩んで欲しくない!

と思いながら発してる言葉なのは理解しています。

 

しかし、

そんな何気ない言葉にも『言霊』(ことだま)は宿ります。

 

だからこそ、

 

「良い報告をお待ちしております。」

 

とお伝えするようにしております。

 

本当に良い報告だけのためにご連絡を下さる方もいらっしゃいます。

本当に有難いです。

 

私はそういう良い報告を聞いた時

「この仕事をやってて良かった!」

と思えます。

 

また、良い報告はメール等ご自身に負担のない範囲でお知らせ下さいね。

 

もちろん、良い報告が無い方のご相談もお待ちしております(笑)

 

直接、ご相談したい方は、電話会社ヴェルニにて綺咲 みゆきをご指名ください。

幸せの意味や生きる意義が見出せない時こそ『スクラップブック』を作りましょう!

こんばんは、綺咲 みゆきです。

 

「スクラップブック」は趣味の為に作られてる方は多いと思います。

 

「スクラップブック」って何?

って方の為に簡単に説明すると、

好きなものを好きな形にカットしたり、配色をしたりして、時には文字を書いたりしながら一冊ノートに寄せ集めたものです。

 

これはカウンセリングなどでも使われる心理学的療法でもあります。

 

心理学療法としての「スクラップブック」はそこから自分さえ分からない今の思考(好きなもの、嬉しい事)などが分かるというものですがそうではなく、

 

今回はそれをご自身の子供の時からの写真でやってみて欲しいのです。

 

実は、私も終活の一環で「スクラップブック」を作っています。

 

「えーー。終活なんて気が早くない?」

とよく言われます。

 

実は私は、今までに3度死にかけています。

そうなると、『明日が来て当然』と思えなくなります。

 

「仮に明日死んだとしても後悔しない方を選択する」

 

そうやって私は生きてきました。

 

終活もその一環です。

 

明日自分の身に何が起こるのかは誰にも分からないのです。

もちろん、占いで避けられた危険もありました。

 

しかし、そういう時こそ「悪縁」と同じように断っても、断っても、そちら側に引きずられていきます。

例えば、事故の危険が出ていたから今日は安全運転の友人と帰ろうと思ったら、

別の友人が急に名乗り出て断っても断りきれず、事故に遭うなど

 

そして「スクラップブック」も柴ちゃんと結婚する前まで完成しています。

 

ふと落ち込んだ時、「スクラップ」を見ると、

「あぁ、幸せってこんな感じだったなぁ

「あぁ、生きている意味ってそれなりにあったんだなぁ

などという感情が湧いてきます。

 

だからこそ、とても気分が良い時以外は作らないのです。

だから、なかなか進まないんですけどね(笑)

 

幸せに慣れてしまう

だから、

幸せなはずなのに、「幸せになりたい」と願う

 

もちろん大きな目標を追うのも良い事です。

 

しかし、まず、目の前の「小さな幸せ」だと思っているものが「大きな幸せ」である事に気づいてからなら、その幸せが目標への活力となり、大きな目標でさえ達成できるはずです。

 

家族の写真を年代別に分け、歳でページを区切ったり、イベント事に区切ったりは自由です。選ぶ写真も自由です。

 

だからこそ、あなたの幸せが詰まった1になるのです。

 

明日も皆様が輝いた一日を過ごせますようにお祈りしております

 

私、綺咲 みゆきは電話会社ヴェルニにて活動中です。

 

彼とは友達でいたい?それ本当?

 こんにちは、綺咲 みゆきです。

 

最近、

「彼とどうしたいのかが分からない」

「特別な事は望まないんです。友達でいたいだけ

というご相談が増えています。

 

彼を好きな事は分かっているけど、どうしたいか分からない

友達のままでいたい

 

そういう方の場合、大抵

もしも付き合って別れる事になったら?

そもそも付き合えなかったら?

 

などのネガティブな想いがご自身の好意を、情熱を否定してしまうんです。

 

私も女性だし、理屈で考える癖があるので、結局恋愛って別れるか、結婚かだよね

結婚しても続かない相手なら付き合い続けるだけ時間の無駄

なんて考えた時期もありました。

 

もちろん、失恋は誰だって嫌ですし

 

大切だからこそ失いたくない

 

この想いっこんにちは、綺咲 みゆきです。

 

最近、

「彼とどうしたいのかが分からない」

「特別な事は望まないんです。友達でいたいだけ

というご相談が増えています。

 

彼を好きな事は分かっているけど、どうしたいか分からない

友達のままでいたい

 

そういう方の場合、大抵

もしも付き合って別れる事になったら?

そもそも付き合えなかったら?

 

などのネガティブな想いがご自身の好意を、情熱を否定してしまうんです。

 

私も女性だし、理屈で考える癖があるので、結局恋愛って別れるか、結婚かだよね

結婚しても続かない相手なら付き合い続けるだけ時間の無駄

なんて考えた時期もありました。

 

もちろん、失恋は誰だって嫌ですよね…

 

大切だからこそ失いたくない

 

この想いって結婚に結びつく想いなんです。

 

なのに、

傷つくのが怖くて

友達でいいや!

なんて考えてしまう

 

彼とどうしたいのか分からない

 

ここにも大切だからこそ失いたくない

という想いが隠れてる場合があります。

 

もちろん、本当にご自身がどういう関係を望むのか分からない

という事もあるでしょう。

 

もしも、ご自身の気持ちが分からなくなったらご相談下さいね(^_-)

 

しかし、大切だからこそ失いたくない皆さんは、ちょっとだけ勇気を出すことで、彼を永遠の伴侶にできる可能性も秘めてるんですよ!もったいない()

 

本気で彼の恋愛、彼女の恋愛を応援しながら友達を続けて幸せだと言えますか?

 

もちろん、タイミングはあります。

今はお友達として絆を深める時期であるという事もあります。

ですが、ちょっとの勇気で永遠に愛する人といられるのなら

ちょっとの勇気で友達以上を目指しませんか?

 

背中を押して欲しい時、自分の気持ちと向き合いたい時、

綺咲 みゆきをご指名下さい。

必ずあなたにとっての幸せを見つけます。

 

現在電話占いヴェルニにて活動中(今なら予約も可能)です。

許す?許さない?許せない?

 

こんにちは、綺咲 みゆきです。

先日父の施設から呼び出され、施設で家族面談に行って参りました。昨日は自分が病院でリハビリして疲れ切ってブログ更新できず、楽しみに読んでくれてる方申し訳ありません。

 

父がふと言った言葉

「お前達を絶対に許さない!」

私は、結婚の時も同じ事を言われてるのでショックは無かったのですが、

 

ふと考えてみると、ご相談に来られる方の中にも、

「彼と別れるのはいいけど、あの女と付き合うのは許さない!」

「友達の言った言葉が許せないんです!」

 

と、許す、許さないとは結構日常的に悩まれてる方が多い問題なのかなと思い、今回はそれについてお話ししますね。

 

許してるってどんな状態でしょう?

実は私は母の病床で同じ事を考えたんです。

私が婚約者と婚約破棄をして結婚できなかった理由は、母が病気になったからだと母は自分を責めていたのです。

「ごめんね。お願い。許して。死ぬ前に『許す』って言って欲しいの。」

と言われたのです。

 

私自身は私が彼ではなく母を選んだ!

母より彼を選べなかった。

それだけの縁の人と思ってるので、

恨むも許すもそもそも存在してないのですが

死を目前にした母の頼み

母の希望は私の口から「お母さんを許すよ」と言ってもらうこと

 

何をもって許すのか?

悩みました。

でも、そもそも怒ってもいない事なので、

その言葉をかけてあげました。

母は穏やかに微笑みました。

 

許していても言葉にしないと相手がずっと罪悪感を背負っていく

 

それが私が母の病床で出した答えです。

 

では、逆に何故許さないのでしょう?

怒りが大きいから?

傷つけられたから?

許したくてもその言葉が自分の心の中で暴れるから許せない?

 

確かに、私も一時許せないと思う事は多々あります。(人間ですからね笑)

 

許さない!というのは「許したくない!」心の現れ

 

許せない!というのは「許したいけど心が追いつかない!」心の現れ

でしょう。

 

私は、冷静になった時

そもそも相手だけのせいでそうなったのかな?

と考えます。

 

婚約破棄も私からしましたが

それは母とは今しか居られないと考えた自分が選んだ道

 

誰のせいでもないのです。

強いて言うなら自分のせいです。

 

父の言葉は、結構長い間許せない言葉が多々ありました。

本当にその言葉は自分を傷つけただけなのか?

と考えてみると、今の私にはその言葉から得た学びが二つあります。

 

一つは言葉は時に凶器になるということ

 

そして、もう一つは、父のその言葉は酷く人を傷つけるものでしたが、その言葉の真意を考えると自己成長を促すことがある事

 

この間施設で話した時に、父に同じ言葉を言ったんです。

父は悲しそうに俯いていました。

傷ついたのでしょうね… 

そして、過去の自分を悔やんだのでしょう

「お父さん、きっと傷ついたよね?でも、私はこの言葉に感謝しています。だってその言葉があったから私は今のままではいけない!人生、諦めてはいけない!自分の自由にならない身体と向き合っていくしかないって思えたの。だから、今は傷つくかもしれないけど、この言葉には、今のままではダメだよ。今が変わる時なんだよ!前を向いて今の自分に向き合って!って意味が込められてるの。」

父は黙って俯いていました(私が感謝してると言った時はさすがに顔を上げ、目を見開きました)が、おそらく私の言葉の真意は伝わったのでしょう。

 

本当はもっと優しい言葉を選ぶ事ができましたが、父は厳しい人でした。

とても厳しく、物の言い方も常に怒鳴り口調

お世辞にも良い父親とは言えないかもしれません。

 

それでも、時折、我が子を想い不器用ながら言葉を紡いだことがあると思うんです。

 

父のような厳しい言葉(傷つくような言葉)でふと我に返ってくれるのでは?と願いを込めて敢えて同じ言葉を使いました。

 

「許したいけど許せない」方へ

 

捉え方を変えてみませんか?

そこで変われた自分はいませんでしたか?

 

もちろん、自分自身の考え方や行動が変わった方は変われたと断言できるでしょう。

 

お相手はあなたを傷つけるためだけにその言葉を言ったのでしょうか?

 

それならこの人と関わるのはやめよう!という判断をしましたよね?

 

そういう方も、また自分が変わったということではないでしょうか?

 

残念ながらこの世には心無い人もいるのが現実で、その方と今まで切れずにいた縁を切る事が決心できたのならあなたは既に変わったはずなんです。

 

「許したくない!」方へ

今はまだ怒りが強い時です。

無理に許す必要はありません。

しかし、相手の不幸を願うのはあまりよくありません。時に、願ったその不幸は自分に牙を向くことがありますから

いつか許す気になったら考えよう!と思われていて大丈夫です。

 

人と関われば必ずそういう気持ちになる時があります。もし人との関わりで悩まれたら綺咲みゆきをご指名下さい。電話占いヴェルニにて活動中です(今なら予約も可能です)

 

 

« 比呂 酒井 | メインページ | アーカイブ | 桜望巴千 »

1  2  3

このページのトップへ

月別 アーカイブ