HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 椰奈空 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 椰奈空 アーカイブ

1 / 12 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

易(えき)の基本となる『八卦(はっか)』を知ろう!【震(しん)】

 

 

 

易は東洋の卜術(ぼくじゅつ)。

 

 

 

東洋人である私たちにとって、

とても馴染みやすい占いです。

 

 

 

 

今回は、

易の八卦である

 

 

『乾(けん)』

『兌(だ)』

『離(り)』

『震(しん)』

『巽(そん)』

『坎(かん)』

『艮(ごん)』

『坤(こん)』

 

の中から、

 

 

八卦の中の4つ目、

『震(しん)』

象意(意味)をご紹介します。

 

 

 

 

 

**==============**

 

易(えき)の基本となる

『八卦(はっか)』を知ろう!【震(しん)】

 

**==============**


 

 

IMG_1552.JPG

 

 

 

【震(しん)】

 

◦数…4

◦正象…雷

◦卦徳…勢いよく動く、進む

 

 

【人】長男、皇太子、青年、発起人

   著名人、スポーツマン、

   アナウンサー、電信電話関係

   電気関係、楽器関係、音楽家

   歌手、植木造園業、

   積極的な人、活発な人、

   一本気な人、うるさい人、

   怒ると恐い人

 

 

【場所】競技場、放送局、音楽会場

    電話局、森林、道路、

    パチンコ店など騒がしい所

 

 

【食物】柑橘類、酢の物、野菜類、

    いが栗、こんぶ類

 

 

【動物】ダチョウ、チーター、鈴虫

    カナリヤ、カンガルー

 

 

【季節】春

 

 

【方位】東

 

 

【天気】晴れ。天変地異では地震。

 

 

【相場】上がる

 

 

【人体】足、神経。五行では肝臓

 

 

【病気】神経系、ヒステリー、逆上

    痙攣を伴う病気、肝臓病

    足の怪我と病気

 

 

【病勢】次第に悪化する

 

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

 

『震(しん)』は

勢いのあるもの、

進むことを表します。

 

 

 

雷がその象徴です。

 

 

 

九星気学でいうと、

三碧木星にあたりますね。

 

 

 

 

 

雷のイメージから、

 

 

騒がしいものや

音を発するもの、

電気に関するものも

『震』が表すものです。

 

 

 

 

また雷の様子から、

大きく騒ぎ立てるわりには

実害がないとみたりします。

 

 

 

 

 

『震』の卦は、

『地』である『坤』に初めて

一陽が生じたことから、

『新芽』の意味もあります。

 

 

 

 

 

 

 

八卦を家族に例えると

『震』は長男にあたります。

 

 

 

とても若々しく、

元気のある青年ですね。

 

 

 

 

 

=============================




『易の神秘に触れてみませんか?』


\周易の講座を行います!/

 

 

【はじめての周易入門講座】

 

IMG_0431 2.JPG

 

2022年1月27日(木)11:00-12:30

講師:椰奈空(ヤナク)

参加費:9,000円

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細・お申し込みはこちら

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/61c9713ed5ffeb2ba51c579d

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Twitterをやっています。

ぜひフォローしてくださいね☆

 

【Twitter】  

https://twitter.com/7iro89

 

 

 

【原宿ほしよみ堂 椰奈空〈ヤナク〉ページ】

https://www.hoshiyomishi.com/u/yanaku.php

 

 

==============================

 

椰奈空〈ヤナク〉

 

 

 

易(えき)の基本となる『八卦(はっか)』を知ろう!【離(り)】

 

易は東洋の卜術(ぼくじゅつ)。

 

 

 

東洋人である私たちにとって、

とても馴染みやすい占いです。

 

 

 

 

今回は、

易の八卦である

 

 

『乾(けん)』

『兌(だ)』

『離(り)』

『震(しん)』

『巽(そん)』

『坎(かん)』

『艮(ごん)』

『坤(こん)』

 

の中から、

 

 

八卦の中の3つ目、

『離(り)』

象意(意味)をご紹介します。

 

 

 

 

**==============**

 

易(えき)の基本となる

『八卦(はっか)』を知ろう!【離(り)】

 

**==============**

 

 

6F0FB6C0-B6D6-4C88-9AB3-DFC8AA3FDAE4.jpeg

 

 

 

【離(り)】

 

正象

卦徳明るい、知識がある

 

 

【イメージ】明るい、明らかになる、

      美しい、きれい、見る、

      熱い、燃え上がる、

      争う、競う

 

 

【人】次女、知識者、学者、美男、

   美人、俳優、芸能家、装飾家      

   美術家、カメラマン、モデル、

   美容師、鑑定士、文筆家、

   教師、医者、警察官、裁判官、

   消防士、情熱家、派手な人、

   目立つ人、おしゃれな人、

   熱しやすく冷めやすい人、

   移り気な人

 

 

【場所】映画館、劇場、図書館、

    博物館、華美な場所、病院、

    競走馬、警察署、試験場

 

 

【食物】色彩のきれいな食べ物、

    お菓子、干し物、焼き物、

    海苔、カニ、エビ、貝、

    スッポン

 

 

【動物】色彩のきれいな生き物、

    孔雀、キジ、金魚、蛍

 

 

【季節】夏

 

 

【方位】南

 

 

【天気】晴れ。

 

 

【相場】上がる。

 

 

【人体】目。五行では心臓

 

 

【病気】眼病、心臓病、

    高熱の出る病気、逆上、

    熱中症、不眠症、火傷

 

 

【病勢】安定せず、次第に悪化する

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

『離(り)』は明るさを表します。

 

 

 

火がその象徴です。

 

 

 

 

 

『離』は陰陽のしるしで

表すと、陰のしるしが、

陽のしるしに包まれています。

 

 

 

 

 

そのため

表面は強そうでも

内面は弱かったり、

 

 

 

表面は立派でも

中身がないものを

表したりします。

 

 

 

 

火というのは

明るく鮮やかですが

その実態は空だからです。

 

 

 

 

 

火は情熱や気分のムラ、

また才能も表します。

 

 

 

 

 

 

九星気学でいうと、

九紫火星にあたりますね。

 

 

 

 

八卦の中では

三人姉妹の二女。

 

 

 

華やかな存在です。

 

 

 

 

 

=============================

 

 

 

『易の神秘に触れてみませんか?』

 

\周易の講座を行います!/

 

 

【はじめての周易入門講座】

 

8CB7B7CD-DA9B-4611-B6A7-4C8921657C51.jpeg

 

2022127日(木)11:00-12:30

講師:椰奈空(ヤナク)

参加費:9,000

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細・お申し込みはこちら

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/61c9713ed5ffeb2ba51c579d

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Twitterをやっています。

ぜひフォローしてくださいね

 

Twitter  

https://twitter.com/7iro89

 

 

 

【原宿ほしよみ堂 椰奈空〈ヤナク〉ページ】

https://www.hoshiyomishi.com/u/yanaku.php

 

 

==============================

 

椰奈空〈ヤナク〉

 

 

 

易(えき)の基本となる『八卦(はっか)』を知ろう!【兌(だ)】

 

 

 

本日のほしよみ堂も

賑わっています♪

 

 

 

 

2022占い福袋の方も

盛り上がっていて、

 

 

 

新年のはじめに

ご相談者さまの

良い表情を見られるのは

やっぱり嬉しいですね。

 

 

 

 

この福袋に付いているのは

原宿ほしよみ堂の

所属占い師3名による

20分ずつの合計60分鑑定。

 

 

 

 

皆さまから

 

 

『一度に3名の先生に

 鑑定してもらえて贅沢です。』

 

 

といったお言葉や、

 

 

『一年の始まり、

 気持ちよくスタートできます!』

 

 

 

といったお言葉などを

いただいていて

何よりです^^

 

 

 

 

 

**==============**

 

易(えき)の基本となる

『八卦(はっか)』を知ろう!【兌(だ)】

 

**==============**

 

 

 

 

 

易は東洋の卜術(ぼくじゅつ)。

 

 

 

東洋人である私たちにとって、

とても馴染みやすい占いです。

 

 

 

 

 

今回は、

易の八卦である

 

 

『乾(けん)』

『兌(だ)』

『離(り)』

『震(しん)』

『巽(そん)』

『坎(かん)』

『艮(ごん)』

『坤(こん)』

 

の中から、

 

 

八卦の中のふたつ目、

『兌(だ)』

象意(意味)をご紹介します。

 

IMG_1105.jpg

 

 

 

 

【兌(だ)】

 

◦数…2

◦正象…澤

◦卦徳…楽しむ、口、欠ける

 

 

【イメージ】止水、止める、

      とどまる、貯える

 

 

【人】少女、遊女、芸能家、芸者、

   ホステス、講師、歌手、漫才師、

   司会、アナウンサー、料理人、

   水商売、商人、食品業、飲食業、

   口先のうまい人、飽きっぽい人、

   楽しい人、おしゃべりな人、

   趣味が多い人

 

 

【場所】沼、池、湖、沢、風呂場、

    プール、飲み屋、スナック、

    娯楽街、ゲームセンター、

    台所、料理店、食堂、

    講習会場、集合場、凹地

 

 

【食物】子供の好むお菓子、

    女性が好む食べ物、いちご、

    柿、ビール、酒、紅茶、

    コーヒー、ココア

 

 

【動物】羊、猫、子犬など動物の子供、

    川魚、水鳥

 

 

【季節】秋

 

 

【方位】西

 

 

【天気】小雨。雨が降りそうな曇り。

 

 

【相場】下がり気味。

 

 

【人体】口、歯、女性の性器。五行では肺。

 

 

【病気】口内炎、歯痛、言語障害、

    呼吸器、婦人病、血行不順、性病、肺

 

 

【病勢】長引く傾向。

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

 

『兌(だ)』は悦びごとを表します。

 

 

 

 

『口』を表すことから、

【よく喋る】【食べる】

【口先がうまい】という意味も。

 

 

 

人々が楽しみ、

集まる場所などがいえますね。

 

 

 

 

 

 

『兌』は陰陽のしるしで表すと、

陽が二つ、陰が一つの卦で、

欠けている形です。

 

 

 

 

そのため、

【飽きっぽさ】や【挫折】を

表したりもします。

 

 

 

 

九星気学でいうと、

七赤金星にあたりますね。

 

 

 

 

八卦の中では

三人姉妹の末っ子。

 

 

お父さんに

可愛がられる存在です。

 

 

 

 

 

 

=============================

 

 

 

『易の神秘に触れてみませんか?』

 

\周易の講座を行います!/

 

 

【はじめての周易入門講座】

 

IMG_0431 3.JPG

 

2022年1月27日(木)11:00-12:30

講師:椰奈空(ヤナク)

参加費:9,000円

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細・お申し込みはこちら

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/61c9713ed5ffeb2ba51c579d

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Twitterをやっています。

ぜひフォローしてくださいね☆

 

【Twitter】  

https://twitter.com/7iro89

 

 

 

【原宿ほしよみ堂 椰奈空〈ヤナク〉ページ】

https://www.hoshiyomishi.com/u/yanaku.php

 

 

==============================

 

椰奈空〈ヤナク〉

 

 

 

大人になっても変わり続けること

 

 

2022年ですね。

 

 

 

先日の東京は

思いがけずの積雪。

 

 

 

 

 

大人は四苦八苦

していましたが、

 

 

 

 

道端ではしゃぐ子供たちの

無邪気な様子に

 

私も子供の頃を思い出して

懐かしい気持ちになりました。

 

 

 

 

子供のエネルギー、

強しですね。

 

 

 

 

 

 2022年が

 皆さまにとって

幸多き年となりますように。

 

 

 

 

 

**==============**

 

大人になっても変わり続けること

 

**==============**

 

 

 

 

論語の中に、

『四十にして惑わず』

という孔子の言葉があります。

 

 

 

 

 

これは、

 

 

『人間は40歳にもなれば

 道理も明らかになって、

 自分の生き方に迷いが

 なくなるものだ』

 

 

という意味です。

 

 

 

 

 

 

上へ上へと、

未知のものへ

向かっていく10代、20代。

 

 

 

 

それから

自立をして30代になり、

守るものができたりもして

 

 

 

 

人間、40になる頃には

立派な大人です。

 

 

 

 

 

 

私もその頃に

『惑わず』を実感できている

自分でありたいと思いつつ、

 

 

 

同時に柔軟で

ありたいとも思います。

 

 

 

 

 

 

孔子は先ほどの

『四十にして惑わず』だけでなく、

 

 

 

 

『行年五十にして四十九年の非を知る』

という言葉も残しています。

 

 

 

 

 

これは、孔子と交流のあった賢人、

遽伯玉(きょはくぎょく)のことを

褒めたたえたものです。

 

 

 

 

 

 

 

孔子と同じ時代に

生きた衛の重臣、

遽伯玉(きょはくぎょく)。

 

 

 

 

 

彼は、普段から自分の修養に

意を用いた人物で、

 

 

 

49年の自己を全否定して

50歳にして改めて生きるという

向上心の塊のような人でした。

 

 

 

 

 

さらに

遽伯玉(きょはくぎょく)

に関しては、

 

 

 

『六十にして六十化す』

という言葉まであります。

 

 

 

 

 

60歳になっても

60歳になっただけの変化をする。

 

 

 

 

 

何歳になっても

遽伯玉(きょはくぎょく)の

求める徳の道は日進月歩して

止まなかったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

人生は発見の連続。

 

 

 

 

見つけたならば、

大きく変わってみても

良いじゃない。

 

 

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

もそう。

 

 

 

 

易という字には

『変わる』という

意味があります。

 

 

 

 

そして易は

陰陽なわけですが、

 

 

 

この陰陽は、

 

』は『』のみ、

』は『』のみと

固定されているものでは

ありません。

 

 

 

陰陽は、

 

 

の中に『』があり、

の中にも『』があり、

 

 

循環しながら変わっています。

 

 

 

6F4C168B-729D-469C-92E2-9E7625163B28.jpeg 

 

 

 

 

流動的な宇宙の中にいる

私たちもやはり流動的なもの。

 

 

 

 

だからこそ、

何歳になっても柔軟に

変わっていくのは自然だなと。

 

 

 

 

そしてその都度発見し、

堂々と変わっていけることは

格好良いことだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

=============================

 

 

 

『易の神秘に触れてみませんか?』

 

\周易の講座を行います!/

 

 

【はじめての周易入門講座】

 

IMG_0431 2.JPG

 

2022年1月27日(木)11:00-12:30

講師:椰奈空(ヤナク)

参加費:9,000円

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細・お申し込みはこちら

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/61c9713ed5ffeb2ba51c579d

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Twitterをやっています。

ぜひフォローしてくださいね☆

 

【Twitter】  

https://twitter.com/7iro89

 

 

 

【原宿ほしよみ堂 椰奈空〈ヤナク〉ページ】

https://www.hoshiyomishi.com/u/yanaku.php

 

 

==============================

 

椰奈空〈ヤナク〉

 

九星気学を学びたいなら、周易を知っておいた方がおトク。

 

 

 

26日(日)は紫微斗数フェスでした!

 

 

一緒にフェスを楽しんでくださった皆さま、

ありがとうございました!

 

 

 

 

まる一日、紫微斗数づくしでしたね!

 

 

 

とても楽しかったとのお声を

たくさんいただき何よりでした。

 

 

 

 

私は【十二宮と星たちの独特な解釈】

という内容を担当。

 

 

 

 

『本には載っていないことを

中心にお話しする。』

 

 

 

ということをテーマに、

 

 

 

90分という時間の中で、

易や数秘術なども取り入れて

 

 

 

紫微斗数の星や十二宮を

いろんな角度から見つめてみました。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

占術同士のつながりを

実感できる時って

面白いですよね〜!

 

 

 

 

参加者の方々は一定期間

フェス動画が見放題なので、

 

 

 

 

まだまだ紫微フェスを

楽しんでくださいね!

 

 

 

 

 

これを機に、今後

定期的に紫微斗数研究会が

行われる予定です。

 

 

 

 

まずはじめは、

2022年1月23日(日)に行われる

Taka先生による研究会。

 

 

 

 

今回の紫微斗数フェスに

参加された方はお得に受けられ、

さらにマニアックな内容となっています。

 

 

 

楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

 

===========================

 

 

 

 

さて、ここでお知らせです。



2022年最初の

周易セミナーが

日時変更となりました。


 

 

【はじめての周易入門講座】

IMG_0431 3.JPG

 

日時:2022年1月27日(木)

   11:00〜12:30

講師:椰奈空《ヤナク》

参加費:9,000円

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細はこちら

 

https://harajuku-uranai.com/syueki_yanaku_2/

 

 

 

 

**==============**

 

九星気学を学びたいなら、

周易を知っておいた方がおトク。

 

**==============**

 

 

 

 

九星気学を学んでいる方、

多いですよね。

 

 

 

 

ほしよみ堂の占い師は

命術は紫微斗数、四柱推命を

メインにしている人が多いですが、

 

 

 

私の周りの外部の占い師さんは、

九星気学をメインに

使っている方も多いです。

 

 

 

 

 

東洋占術の面白いところは

占術の多さとその繋がり。

 

 

 

 

たとえば、

九星気学で使われる『傾斜』は、

易の八卦(はっか)です。

 

 

 

『乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤』

(けん・だ・り・しん・そん・かん・ごん・こん)



 

これですね。

 

 

 

 

この八卦ひとつひとつには

意味があります。

 

 

 

『乾』は父、強さやプライドであったり、

『兌』は少女、悦びごとを表すなど…

 

 

 

 

そのため九星気学の傾斜法では、

八卦からその人の性格や

得意・不得意がわかるんです。

 

 

 

 

易は東洋占術の基礎ともいえるので、

知っておくと九星気学が

よりわかりやすくなります。

 

 

 

 

ですので

九星気学などを学びたい人は

易を知っておくと、おトク!なんです。

 

 

 

 

 

かつての占い師は

ひとつの占術しか

使うことはありませんでしたが、

 

 

 

東洋占術は複数学ぶと、

楽しさがさらに広がりますよ。

 

 

 

 

 

1月27日(木)に行う

【はじめての周易入門講座】では、

易を行うにあたっての

基本的な知識にも触れますが、

 

 

 

 

やはり大事なのは実践ですね!

 

 

 

 

道具を使って実践しながら

どんどん感じていただきます。

 

 

 

 

 

『易の卦、全部覚えるの大変そう…』

 

 

いえいえ、覚える必要はありません。

 

 

 

 

実際に道具に触れながら

六十四卦に触れるのが一番です。

 

 

 

 

易占いの道具、

筮竹や易占サイコロを

持っていないという方は、

 

 

10円玉や100円玉などでもOK

ですよ。

 

 

 

どんどん易に触れていきましょう!

 

 

 

 

==========================

 

 

 

 

易はタロットと同じ卜術にあたる占い。

 

 

 

 

そして易を使っている占い師は

タロットに比べ、圧倒的に少ないです。

 

 

 

『沢山いる占い師の中で埋もれていると感じる…』

 

『他の占い師とは違う事をしたい。』

 

『これから来る占いを占術に取り入れたい』

 

 

 

 

そう思うのであれば、

まさに今が【易】の始め時。

 

 

 

 

他とは『ちょっと違う』占い師に

なりたいあなたのために、



2022年1月27日(木)、

その第一歩の手ほどきをします。

 

 

 

【はじめての周易入門講座

IMG_0431 3.JPG

 

2022年1月27日(木)11:00-12:30

講師:椰奈空(ヤナク)

参加費:9,000円

場所:原宿ほしよみ堂

 

詳細・お申し込みはこちら

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/61c9713ed5ffeb2ba51c579d

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Twitterをやっています。

ぜひフォローしてくださいね☆

 

【Twitter】  

https://twitter.com/7iro89

 

 

 

【原宿ほしよみ堂 椰奈空〈ヤナク〉ページ】

https://www.hoshiyomishi.com/u/yanaku.php

 

 

==============================

 

 

椰奈空〈ヤナク〉

 

 

« 海 | メインページ | アーカイブ | よしの真実 »

1 / 12 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ