HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 花手葉 三照 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 花手葉 三照 アーカイブ

1 / 5 : 1 2 3 4 5 Next Last

人間生きていればいろんなことを考えちゃうわけですよ。その際たるものが例の『徒然草』なわけでして・・・

 まあ、何というか

以前も書きましたが、

ワタクシ『徒然草』の著者

兼好先生が大好きなもので

こう、自分の心がまとまらなくなったり

堪えがたい孤独にさいなまれたり

ああでもない、こうでもないと

独りで考えすぎたりし始まった時は、

ついつい兼好先生のことを

思い出してしまうのであります。

 

 

 

****************

こんばんは!

 

元高校教師系占い師

花手葉 三照(はなてば みてり)です

****************

 

 

 

皆さんはあの有名な

『徒然草』の冒頭部分、

覚えていらっしゃいますか?

 

恐らく中学生の時、

国語の先生に

「暗誦しなさい!」と言われて

しぶしぶ??楽しく??

暗記した思い出があるのではないでしょうか?

 

 

つれづれなるままに

日くらし 硯にむかひて

心にうつりゆくよしなし事を

そこはかとなく書きつくれば

あやしうこそものぐるほしけれ

 

 

これです!

どうですか?

思い出されましたか?

 

 

ところでこの冒頭

学生時代、皆さんの先生は

どのように現代語訳なさったでしょうか?

 

多分こんな感じではなかったかと

思います。

 

 

することもなく、退屈なのに任せて

一日中硯(すずり)に向かって

心に浮かんでは消えてゆくつまらないことを

何ということもなく書き付けていると、

何だか気違いじみた気持ちになって来ることだ。

 

・・・・・・・・・・・

 

はっきり言ってこの訳では

一体何が言いたいのか、

また兼好先生がどんな風な気持ちでいたのか

イマイチ伝わって来ませんよね(^^

 

 

というわけで

ワタクシ三照が

この冒頭を超訳してみたいと思います。

 

 

特にすることもなく

己を持て余すこのひととき。

虚しさと、もの寂しさが

胸を去来する・・・

 

そんなぽっかり空いた

心の穴を埋めんがために

一日中硯に向かって

心に浮かんでは消えてゆく

あれやこれや、

まあ、どうでもいいような事どもを

(って言っても、結構人生の核心をつく

良い文章だと自分では思っているんだがw)

筆にまかせて書き散らしていると

何だが段々ヤバくなってくるんだよなあ、

我ながら。

 

オレは一体、何をやっているんだか・・・

 

 

 

まあ、こんな感じではないかと思います笑笑

 

 

 

皆さんにも

この兼好先生のような経験

ありませんか?

 

ワタクシはあります。

いや、正確にはありました、

の方がいいかもしれません。

 

 

 

昔ワタクシは日記をつけておりました。

今でも時々備忘録的に

特筆すべきことがあった時には

手帖にそのことを記録してはいますが

昔ほどマメに日記をつけることはなくなりました。

 

しかし以前、日々の出来事や思いを

逐一日記に書きつけていた時は

それこそ兼好先生のように

「あやしうこそものぐるほしけれ」

になっていた気がします。

 

つまり

内容が段々ヤバくなる・・笑

ちょっと過激化してきて

人様に見せられないような

内容になることもあるし、

ああでもないこうでもないと

グルグル堂々巡りの思考が

垂れ流し的に書かれていることもあるし。

 

まあ、とんでもない日記になっていること

時々ありました。

 

 

でもこれがいいんですよ!!

 

もちろん

素晴らしい本や映画を見た時の

感想なんかが綴られた日の日記は

あとで読み返しても

我ながら「良い文章だ」

と思ったりします笑笑

 

しかしそうではなくて

嫌なことがあったり悩んだりした時の

心を収めるために書かれた日記。

これは後々読み返したいとは

全く思わない酷いものではありますが、

この「そこはかとなく書きつくる」行為によって

最終的には

自分なりの気持ちの落としどころを見つけていたり

自分で自分に収拾をつける

きっかけになっていたりするんです。

 

 

ですから皆さん

先日もワタクシのブログに書きましたが

何か心に思うことがある時

それは怒りや不安、不満、悲しみ、疑問などの

ネガティブなものから

喜び、楽しさ、感動、ワクワクなどの

ポジティブなものまで

いろいろあると思いますが、

「心にうつりゆくよしなし事」を書き付けるのは

(現代ならばPCやスマホに打ちこむ方が

馴染みやすいかもしれません)

心をすっきりさせるのに

とても有効な手段だと言えます。

 

 

何といっても

アウトプットが必要なのです!!

それを他人が見るか見ないかは

関係ありません。

むしろ暴言などを遠慮なく書いてしまうためには

人目に触れないノートなどを

用意した方がいいかもしれませんね。

 

そんな風にぜひ

兼好先生を見習って??

アウトプットの機会を持つことを

皆さんにはお勧めしたいと思います。

 

 

兼好先生は

皆さんのイメージでは恐らく

パッとしない出家した隠者オジサンが

退屈まぎれにごたくを並べてた

というイメージでしょうが、

あにはからんや

もともと兼好先生は

出家前は宮中でのエリート

後二条天皇に六位蔵人として仕えた

花形中の花形でした。

蔵人といえば

宮中の女性たちが放っておかない

イケメンの代名詞

みたいな人達ですよね。

 

 

ちょっと話がそれましたが(^^

まあ人間

生きていれば色々なことを考えちゃうわけですよ。

否が応でも。

そんな時はアウトプット!!

 

「あやしうこそものぐるほしけれ」

(オレ一体、何やってんだかなあ・・・)

で、自分の思考を外に出しちゃってください。

 

きっとスッキリしますよ。

 

 

兼好先生ネタは

いろいろ尽きることがありませんので

いずれまた。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

対面鑑定は原宿ほしよみ堂にて(日曜・月曜に定期出演)

ご予約は何曜日でも承ります!!

 

Zoom鑑定もご予約受付中です!!

 

◆電話占いヴェルニはこちら↓↓↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTp3wTTp

 

Twitterぜひフォローしてください!!

https://twitter.com/hanateba_miteri

 

~~~~~~~~~~

 

自己満足のために相手の時間を奪うことは、できれば止めたほうがいい!

 私たちの悩みのほとんどは

人間関係にまつわることです。

 

恋愛

仕事

家族

親族

友人

知人

ご近所

・・・・・

 

皆さんこうした

様々な人間関係でのお悩みを

何か一つは抱えている

 

のではないでしょうか?

 

 

 

****************

こんばんは!

 

元高校教師系占い師

花手葉 三照(はなてば みてり)です

****************

 

 

 

例えば・・・

 

彼からの連絡がない

一体どうしちゃったんだろう

私のこと嫌いになったのかな

それとも

他に好きな人が出来たのかな

仕事が忙しいのかな

でもいくら忙しくたって

ひとことくらい

LINEで返信できるんじゃない?

気になる・・・

気になってどうしようもない

我慢できない!!

 

そしてやってしまいます。

「どうしたの?」

「忙しいの?」

「何で返信くれないの?」

「今週末の約束はどうするの?」

「無視しないで」

etc.・・・

とLINEの連投。

 

 

こういうパターンは恋愛問題に限らず

よくあることです。

 

例えば友人とケンカした時。

相手が今どう思っているか

気になって気になって仕方がない。

 

家族ともめた時。

いったい夫(妻)は何を考えているのか

どうしてあの子はあんなことを言うのか

ああでもないこうでもないと考えてしまう。

 

 

そして

そのモヤモヤが

どうにも抑えられなくなった時

メールや電話、あるいは直接、

相手の状態も考えずに気持ちを問いただす

という行動に出てしまいます。

 

 

まあワタクシもそうですが

気になることは

なるべく早く結論を出して

自分の心を落ち着かせたいですよね。

 

どうしてそうなってしまったのかが分からず

モヤモヤしたままだと

本当に不安だし、気がかりだし、

酷い時には

他のことが手につかなくなったりします。

 

だから

人は解決を急ごうとする。

その結果

状況をこじらせてしまうことも

ままある、というわけです。

 

 

良く考えて見たらわかることですが

人間関係のこじれは

自分にとっての大問題ではありますが

相手にも相手なりの事情というものがあります。

 

もしかしたら

これほど気にしているのは自分だけで

相手にとっては些細なこと、

自分ほど気にしていないかもしれないのです。

 

そんな温度差がある状況で

こちらが躍起になって

相手にあーだこーだと

何がしかの結論を迫る。

 

そういう人は、相手にとってみたら

 

うっとうしい

煩わしい

ウザい

うるさい

我がまま

 

な人間にしか映らないかもしれません。

 

そして実際

そうだとも言えます。

 

自分が安心したいがために

相手の都合を無視して

相手の時間を奪う。

 

状況にもよりますが

これは度が過ぎると

少々横暴な行為だと

言わざるを得ません。

 

そうして

余計に関係がこじれる原因に

なってしまう可能性があります。

 

 

 

そうはいっても

相手の思惑が気になって仕方ない場合

自分の心を放置するのは辛いし、

放っておいたら

どんどんネガティブの沼にはまり込んで

自身の心がつぶれてしまうこともあります。

 

それは絶対避けなければなりません。

 

ではどうしたらよいか?

 

 

 

まずはベタですが

いったん落ち着くことです。

グルグル思考を止めて

自分を高いところから眺めてやることです。

「辛いよね、気になるよね、分かる分かる」

と自分に声をかけるように

少しだけ客観的になってみることです。

 

 

で、そこからは

自分で自分を癒す

様々な高等テクニックもいくつかあるにはありますが

それを実践するのはなかなか難しいと思いますので

もう少し簡単に出来る方法として

二つのことをお勧めしたいと思います。

 

 

一つは

「信頼できる誰かに話す」

もう洗いざらい話してしまうでもいいし、

さし障りのない部分だけかいつまんで話す

でもいいと思います。

誰かに話しているうちに

それだけで

起こった出来事を

客観視できるようになってきます。

すると自分で何となく

今後の方向性が見えてきたりするのです。

あるいはその信頼できる誰かが

何か良いアドバイスをくれるかもしれません。

そんな風にして

思考のグルグルを整理することが

できるというわけです。

 

 

もう一つは

「思っていることを全て紙に書く」

ということです。

これは

相手に対する疑問や怒り

時には暴言など

全て洗いざらい書き出すことが重要です。

すると

いつの間にか心が落ち着き、

何となくですがこれもまた

思考のグルグルから解放されるという

不思議な現象が起きてきます。

 

 

 

もしも皆さんが

人間関係で心の乱れを感じてしまった時

ぜひ一度

この二つの方法を試してみてください。

 

そして

「私には信頼して話ができる人がいない」

「とてもじゃないが知り合いに話せる内容ではない」

「紙に書いたりするのはすごく苦手」

という場合は

ワタクシのような

占い師に相談する

という手もあります。

 

占い師は

いつもフラットな気持ちで

皆さんのご相談をお聞きすることができます。

そして

占いという手段を用いて

皆さんの今後の方向性を

様々にお示しすることができます。

 

 

どうしようもなく思考がまとまらなくなってしまった時

誰かに話を聞いてもらいたい時

何らかの方向性を示唆してほしい時

占いという有効な手段があることも

心の片隅にに留めておいてください☆

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

対面鑑定は原宿ほしよみ堂にて(日曜・月曜に定期出演)

ご予約は何曜日でも承ります!!

 

Zoom鑑定もご予約受付中です!!

 

◆電話占いヴェルニはこちら↓↓↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTp3wTTp

 

Twitterぜひフォローしてください!!

https://twitter.com/hanateba_miteri

 

~~~~~~~~~~

 

 

泣くという行為は心の浄化、だから泣きたくなったら、ためらいなく泣いていい☆

皆さんは突然泣きたくなることってありますか?

ワタクシは本当にたまにですが

そういう瞬間がふと訪れます。

 

それがなぜだかは分かりません。

(もちろん理由が分かる時もあります)

 

そんな時は

躊躇なく、思いきり泣いてしまいます。

 

 

 

****************

こんばんは!

 

元高校教師系占い師

花手葉 三照(はなてば みてり)です

****************

 

 

 

例えば家事をしながら音楽を聴いている時。

例えばふと目にしたブログの記事を読んだ時。

例えば風に揺れる木々の音を聞いた時。

例えば美しい写真や絵画を偶然見つけた時。

 

・・・・・・・・・・・

 

こんな時

理由は分かりませんが

突然胸に何かがこみあげて来て

涙がぽろぽろと頬を伝わります。

時には号泣に近いような状態になることもあります。

 

ワタクシは

突然泣きだした自分に驚いてしまいます。

そして思います。

「ああ、自分は本当は泣きたかったんだな」と。

 

 

人は毎日毎日

たくさんの感情を心にわき上がらせ

それをいちいち表に出すことなく

無意識のうちに心の奥底に押し込め

見なかったことにしたり

無かったことにしたりします。

 

感情というものは

それこそ瞬間瞬間に

無数に湧いてくるものですから、

それに逐一反応していては

身が持たないからでしょう。

 

 

もちろん

とても大きな感情の揺れには

私たちの心も大きく反応し

怒ったり喜んだり

その気持ちを表面化させることは

当然あります。

 

しかし

もっと小さな心の揺れ

何だかモヤっとした

些細な感情の波は

自分でも知らぬ間に

心の中でふたをし

何となくその場をやり過ごす

そんな日常を

私たちは送っています。

 

 

けれどその時無視された

ふたをされた感情は

決してなくなってしまったわけでは

ありません。

 

処理されなかった

未消化の感情として

いつまでも心のどこかに

残り続けているのです。

 

それがふとした瞬間

何かをトリガーとして

突然爆発的な感情として

表に飛び出してくるのです。

それが

「突然の涙」だと

ワタクシは思っています。

 

 

ワタクシの場合それは

音楽を聴いた時に

一番起こりやすいのですが

何か琴線に触れるというか

本当に急に涙がとめどなくあふれて来ます。

そして思います。

「ああ、自分は泣きたかったんだ」と。

泣いて涙を流して

何か溜まった澱を流したい。

そのきっかけを

心は求めていたんだなと。

 

 

こういう

涙を流すことによる心の浄化は

とても大切なのだそうです。

時には

心を揺さぶられる映画やドラマを

意図的に見ることで

思いっきり涙を流す

こんなことも心の安定を図るのに

とても有効なのだと

どこかの本で読みました。

 

 

皆さん

時には人目のないところで

思いっきり泣いてみること

とても重要です。

 

涙を流すことは

気づかぬうちに無視されていた

自分の心の揺れに

改めて気づいてあげること。

「ああわたし、色々大変だったね」

「気づかなくてごめんね」

と自分自身をいたわってやること。

 

 

周りの人を大切にすることと同じように

自分を大切に扱うことも

忘れてはいけないのです。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

対面鑑定は原宿ほしよみ堂にて(日曜・月曜に定期出演)

ご予約は何曜日でも承ります!!

 

Zoom鑑定もご予約受付中です!!

 

◆電話占いヴェルニはこちら↓↓↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTp3wTTp

 

Twitterぜひフォローしてください!!

https://twitter.com/hanateba_miteri

 

~~~~~~~~~~

    

「四柱推命」は占いの帝王!そして“ほしよみ堂”といえば「紫微斗数」!この二つが合わされば最強!!なのである

多くの皆さんが

「占い」と聞いて

思い浮かべるのは

おそらく

☆星座占い

☆手相占い

☆姓名判断

この辺りが

多いのではないでしょうか。

 

毎朝テレビで流れる

星座占い

ついつい見てしまうという人

たくさんいらっしゃると思います。

 

ところであの星座占い、

当たったことありますか?

 

・・・・・・・

ワタクシは

ほぼ当たったことがありません(^^ゞ

 

「今日のやぎ座の運勢」

と言われても

(ワタクシやぎ座ですw)

じゃあやぎ座人全員が

今日のラッキーカラーは赤

ラッキーアイテムは手帖

ラッキーフードはサラダ なのか??

って話です。

 

まあでも、こういう占いって

当たらなくてもいいんですよね。

 

何というか

一種のゲン担ぎというか

朝のエンタメというか

要は楽しめればいいと思うのです。

 

というわけで世の中には

こういうテレビなどの占いを見て

「占いなんて当たるわけがない」

「占いは妖しいお遊びだよね」

と思っている方 けっこう多いと思います。

 

実際、昔のワタクシがそうでした(笑)

 

 

****************

こんばんは!

 

元高校教師系占い師

花手葉 三照(はなてば みてり)です

****************

 

 

朝のテレビの占いもですが

ファッション誌の最後のページ

ここにもよく

「今月のあなたの運勢」

と称して占いが載っていますよね。

特に女性は こういう占いが大好きなので

ついつい見てしまいます。

 

そして、

「ああ、今月は運が悪いのか」

なんてちょっと落ち込みつつ

「でもこういうのって

当たるの半分くらいよね」

と自分に都合よく解釈して

そこまで深刻に受け止めない。

そんなものではないでしょうか。

 

若かりし頃のワタクシも

大体そんな感じでした。

 

しかしご縁があって、

このほしよみ堂の

中島多加仁先生に学んだ

東洋占術の帝王である

「四柱推命」

これは

ワタクシのこれまでの常識を覆す

トンデモナイ占術でした!!

 

 

四柱推命は 紀元前の中国、戦国時代

楚の国の思想家・軍師であった

鬼谷子が

その基礎を築いたと言われています。

その後、中国において

命術としての様々な変遷があり、

我が日本には

江戸時代に伝わったとされています。

 

歴史的経緯はさておき

この四柱推命、

その人の生まれた

年・月・日・時間(四柱)

で占います。

(生まれた時間を

正確に捉えるために

生誕地も加味します)

 

そして 命式と呼ばれる

その人オリジナルの

いわば「人生マップ」を作成し

持って生まれた性格や運命、

仕事運、家庭運、健康運、

十年ごとの運勢や吉凶、

ありとあらゆることを

明らかにしていきます。

 

この世には

全く同じ日・同じ時間に生まれた人は

ほぼ存在しないと言っても

間違いはないと考えられます。

 

ということは

この四柱推命で占うならば

その人独自

唯一無二の運命鑑定が可能

というわけです。

 

どうですか皆さん。

これは本当に驚くべき占いです。

そしてもちろん

的中率も抜群です。

 

自分の命式が

どのようになっているのか

気になりませんか??

 

もし少しでも気になったのであれば

ぜひほしよみ堂に

足をお運びください。

ご自身の過去・現在・未来が

はっきりと見えてくることでしょう。

 

そしてほしよみ堂といえば

何といっても

「紫微斗数」

こちらも東洋占術の一つですが、

やはり四柱推命同様

 驚異の的中率を誇ります。

 

そしてこの紫微斗数、

いわば「東洋版ホロスコープ」

と言えるものでありますので、

四柱推命よりも繊細で

心理的側面を明らかに出来る

占いとなっております。

 

気になった方はぜひ一度

「四柱推命」「紫微斗数」で

ご自身の真実を明らかにすることを

お勧めいたします。

 

そんな二つの東洋占術について

フリーアナウンサー占い師

尾花奈 美海先生と

元高校教師系占い師

花手葉 三照が

「ほしよみ堂チャンネル」にて 語っております。

 

ぜひご覧くださいね☆☆

 

 

~~~~~~~~~~

対面鑑定は原宿ほしよみ堂にて(日曜・月曜に定期出演)

 ご予約は何曜日でも承ります!!

Zoom鑑定もご予約受付中です!

 

◆電話占いヴェルニはこちら↓↓↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTp3wTTp

 

◆Twitterぜひフォローしてください!!

https://twitter.com/hanateba_miteri

~~~~~~~~~~

相対評価は悪だと思っていたが、意外な使い道を知って目を開かれた件w

 「相対評価」と「絶対評価」

皆さんはこの言葉をお聞きになったこと

ありますでしょうか?

 

相対評価とは

集団の中で他者と比較し

その個人がどこに位置するのか

順位付けをする評価のこと

 

絶対評価とは

他者との比較はせず

あくまでもその個人の中で

どのくらいの伸びがあったかを

比較する評価のこと

 

(教育現場ではここに

個人内評価

という評価基準も加わりますが

今日はこれについては

触れないでおきます)

 

 

 

****************

こんばんは!

 

元高校教師系占い師

花手葉 三照(はなてば みてり)です

****************

 

 

 

ワタクシが子どもの頃

学校という場での評価基準は

相対評価しか存在しませんでした。

 

テストの点数で順位を出し、

普段の授業の取り組みや提出物を

他者との比較で点数化し、

それらを総合的に判断して

5段階評価をつける。

こうして通知表の成績は

決まっていきました。

 

現在の学校教育現場では

こうした評価の弊害が指摘され、

「個々の在り方生き方を尊重する」

という時代の要請もあり

相対評価に加え

絶対評価に重きが置かれるよう

変化してきました。

 

 

ワタクシ自身

自分が学生の頃、

偏差値で輪切りされ選別される

教育の在り方に

何かとてつもない違和感を感じていましたし、

教員になってからは特に

相対評価よりも絶対評価の方が

大切であり重視されるべきと、

常々考えていました。

 

 

最近では世の中が大分変化を遂げ

大人の社会においても

「個々が自分の能力を生かし

得意なことで相互補完し合いつつ

共同創造する在り方」

ずいぶん市民権を得て来ました。

 

 

しかしながら

現代社会の政治的・経済的な仕組み上、

やはり人に対する評価というものは

どうしても相対評価に偏りがちなのは

(特に会社などの組織においては)

致し方ないことかもしれません。

 

 

ワタクシは

「この世は相互補完」

「共同共生」

「競争でなく共想」

といった考え方が好きなので

どうしても相対評価的在り方を嫌い、

そうした考えに極端に偏る人や場面に出会うと

嫌悪感を覚え、

不愉快になってしまいがちでした。

 

 

しかし数か月前のことですが

突然、

「相対評価はこんな風に役立つのか!」

と思いついてしまったのです(_;)

 

特に何か事件があったわけではありません。

ですが、ふと朝起きた時

啓示のように

頭に降ってわいてきたのです。

 

 

それは

自分が苦手とするタイプの人

嫌悪感を覚えるような人と出会うと、

今まで嫌いだ

と思いこんでいた人について

「案外いい奴じゃん!」

「あいつに比べたら全然マシだった!」

「すごく良いところたくさん持ってる!」

と“相対的評価”によって気づく!

ということです。

 

 

これは目からウロコ

の体験でした(^^ゞ

 

 

人と人とを比較して

「この人は良い悪い」

などとジャッジするのが

ワタクシはとても嫌いなので、

今まで意識的・無意識的に

そういう行為を避けて来ました。

 

そして、

何か人間関係において嫌な目に遭い

それが限界に達した時は、

「この人は私と全然考え方が違う、合わない。

もうムリだから関わるのをやめよう」

と思って全面的に距離を置くようにする

のが常でした。

 

もちろんそういう人にも

ワタクシにはない良いところや尊敬できる面、

また共通した趣味や楽しく会話できる場面が

あったはずなのですが、

性格や考え方の不一致で

嫌な思いをすることがたび重なると、

それを避けたいがために

その人をほぼ全否定するように距離を置く、

ということをしていたわけです。

 

 

ところが。

その人よりももっともっとひどい人

(この場合の「ひどい」とは

あくまでワタクシにとって

全く感性の一致を見ない人

という意味です)

と出会った途端、

以前自分が全否定し距離を置いたあの人が

ふと脳裏によみがえり、

「あれ、あの人ってこんな良いところがあったな」

「なんか関わりを持つのを止めてしまったけど

今思うと、楽しい時間もたくさん共有できていたな」

などと思うようになるのです。

 

 

まさに相対評価の効能!!!

 

 

ですから皆さん

人間関係で嫌な思い・苦しい思いをした時

もちろん無理してその関係を続ける必要は

さらさらありませんが、

相対評価によって

その当該の人の良きところ・愛すべき点が

思いがけずクローズアップされてくる

ということが起こる可能性を

ちょっと心に留めておいてみてください。

 

 

人間関係において辛かった思い出が

少しやわらぐ瞬間が

別の人との新たな出会いによって

いつか相対的にもたらされるかもしれない。

 

そういうことです。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

対面鑑定は原宿ほしよみ堂にて(日曜・月曜に定期出演)

ご予約は何曜日でも承ります!!

 

Zoom鑑定もご予約受付中です!!

 

◆電話占いヴェルニはこちら↓↓↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTp3wTTp

 

Twitterぜひフォローしてください!!

https://twitter.com/hanateba_miteri

 

 

« 花房玲奈 | メインページ | アーカイブ | 中臣ひとか »

1 / 5 : 1 2 3 4 5 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ