HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 某 件太郎 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 某 件太郎 アーカイブ

1 / 74 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

男の愚かさに、イライラしないために

 

ご挨拶がかなり遅くなりました。

今更ですが、

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、鑑定にお越しいただきありがとうございました。

本年も引き続きのお付き合いを、

よろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、今日は二十四節気の『大寒(だいかん)』。

いかにも寒さそうな名前ですが、

太陽の光は強さを増し始める時期でもあります。

 

お正月を過ぎ、

年始の慌ただしさの中、

気がつけば、はや1月も下旬。

間もなく2月になります。

 

さて、2月といえばバレンタインデー。

やっぱり気になる恋の日です。

 

ということで、

今回のブログは、

女性必見です!!

 

 

バレンタイン01.jpeg

 

 

男性と一緒にいると、なんかイライラしてしまう。

 

そんな女性も、意外と少なくないようです。

 


「うちの旦那、子供っぽくて…」

「彼氏が聞き分けないんです」

 

 

という相談をよく受けます。

 

 

確かに、どれだけ稼いでいても、

男という生き物は、

どこか子供じみています。

 

 

女性にしてみれば、

いい大人なのになんで?

って思われるかもしれません。

 

日々、こういったご相談をいただき、

女性の苦労も、よくわかります。

 

 

ただ、これだけは言わせてください。

 

世の中のすべて男性は、

子供と変わりません。

 

 

男の子って、

たいていは、漫画やテレビゲーム、

スポーツなんかが大好きですよね。

 

これは、大人になっても一緒。

漫画やテレビゲームが、

ビジネス、車、旅行、お酒に変わっただけなんです。

 

 

逆に、大人の感性をもった男性がいたらどうでしょう?

付き合ってみると、意外とつまらないかもしれません。

 

 

夢を持っていて、いつもがむしゃら。

そんな男性に強い母性愛を感じると、

多くの女性はおっしゃいます。

多少子供じみていても、

少年のような情熱をもった男性に魅力を感じてしまう。

そんな女性が、けっこう多いようです。

 

 

何が言いたいかというと、

男は子供

ということなんです。

 

 

男性は子供.jpeg

 

 

だからこそ、男のワガママや冗談を笑って受け止められる。

 

 

そういう女性がモテるんです。

 

 

男女は役割が違いますからね。

 

 

この人は永遠に子供なんだ。

そう思えれば、関係を長く保てるわけです。

 

 

男性の心理を理解すれば、

不満はかなり軽減します。

 

 

男性は、まったく別の生き物。

そう思って間違いないでしょう。

 

これがわかれば、もっと楽に男性と関われるはずです。

 

 

 

某件太郎

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

渋谷ほしよみ堂の火曜日を担当しています。

 

鑑定、レッスン、その他のお問い合わせは、

bouken@hoshiyomido.com まで。 

・twitter(某 件太郎) https://twitter.com/Boukentaro

・facebook(ボウ ケンタロウ) https://www.facebook.com/boukentaro

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相手の興味を引きつけるコツ

こんにちは。某 件太郎です。

 
 
唐突ですが、
身近な人とのコミュニケーション。
ちゃんととれてますか?
 
 
 
ほとんど全ての悩みの根っこにあるもの。
それが人間関係です。
 
 
 
相手が、
気になる異性であれ、
肉親であれ、
友人であれ、
職場の人であれ、
違うのは、対象となる相手だけ。
 
 
 
自分とは別の人間と接するとき、
人間関係という、
悩みへの可能性が生まれるわけです。
 
 
で、それが悩みに発展しないよう、
タイプや性格の壁を取り払い、
人間関係を円滑にするのが
コミュニケーション
という手段です。
 
 
ところが、そのコミュニケーションが上手くとれないと、
人付き合いが苦しかったり、
相手に対してイライラしたりするわけです。
 
 
 
「自分の話を聞いてもらいたい!」
という欲求は、少なからず誰もが持っているはず。
 
 
自分のことを知ってもらいたいために、
ついつい、余計なことまで話をしてしまうこともよくあること。
 
 
やってしまいますよね?
とくに、親しくなってくると。
 
 
家族の話、ペットの話、前に付き合っていた人の話…
 
 
エスカレートしてくると、
ついつい得意気に話してしまいますが、
衝撃的な現実があります。
 
 
それは…
 
 
『相手はあなたの話に興味がない!!』
 
 
ということです。
 
 
 
かりに、相づちを打っていたとしても、
思ったほど親身には聴いてない。
ときには、聴いているようで、聞き流していることさえあります。
 
 
そんな時、相手の頭には
『自分はなにを話そうか?』
という思考がめぐっているんです。
 
 
では、どうして、皆そんなにそっけないのか。
 
 
理由は、とても簡単なこと。
 
そう。相手も自分のことを聞いてらいたいだけなんです。
 
 
だから興味のないことはなるべく聴きたくない、
早く話が終わらないかなぁ。
と、待っているんです。
 
 
 
難しいと思われがちな人間関係。
そのカギとなるコミュニケーションの悩み。
 
 
それは、ほぼ全ての人が、
「自分のことを知ってもらいたい」
「自分の話を聞いてもらいたい」
という純粋な欲求を持っているからこそ起こる、
単純なスレ違いが元になっているというわけです。
 
 
では、どうしたらいいのでしょうか?
 
 
興味があることは、向こうから質問してきます。
だから、
相手との関係をスムーズにしたい。
上手くコミュニケーションをとりたい。
そう思うのなら、
自分のことなんて話す必要ないわけです
 
 
相手の興味があることにだけ、話題を絞れたら、
あなたのことを知らなくても、
好きになってくれるもの。
 
そして相手の興味は、相手自身にあります。
人は『自分に関心を示して、理解してくれた人』にこそ、
純粋な好意をもつわけです。
 
 
よい人間関係をつくりたいなら、
相手の話を聴いてあげてください。
 
自分のことは、聞かれたことを少しだけ話せばいいんです。
 
むしろ、ちょっとくらい秘密を持っていた方が、魅力的に映るんですよ。
 
人間の心理って、
『見えそうで見えない』
その微妙な感覚が関心のもと。
 
逆に全部わかってしまうと、
さらに関心が少なくなってしまう。
 
人を惹き付け、
良好な人間関係をつくるなら、
自分のことはほとんど語らず、
相手に質問を続けることです。
 
まずは身近な人で練習してみてください。
 
慣れれば、いろんな人に応用できるようになりますよ!!
 
 
 
 
某件太郎
 
 
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

渋谷ほしよみ堂の火曜日を担当しています。

担当日以外でも、ご予約いただければ鑑定可能です。

鑑定、レッスン、その他のお問い合わせは、

bouken@hoshiyomido.com まで。 

・twitter(某 件太郎) https://twitter.com/Boukentaro

・facebook(ボウ ケンタロウ) https://www.facebook.com/boukentaro

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

素の顔を知る方法

こんばんは。

 
 
某件太郎です。
 
 
 
人って出会ったばかりの頃、
 
必ずといっていいほど仮面をかぶっていますよね。
 
 
本人が意識している・いないに関わらず、
 
よそ行き用の自分を演じているわけです。
 
 
 
ある程度、会話を交わし、
 
慣れ親しんで、相手に対する信用が生まれ、
 
ようやく心を開きはじめる。
 
 
そうやって玉ねぎの皮を向くように、
 
じわりじわりと素の顔を出してくるんです。
 
 
 
まぁ、当たり前といえば当たり前ですが、
 
『紫微斗数』や『四柱推命』といった占いでみても、
 
個人によって大小はあるにせよ、
 
外面と内面の差は、誰にでもあることがわかります。
 
 
 
ですから、恋愛の場合でも
 
「最初は優しかったのに、付き合ってから人が変わった…」
 
と、相手の素の態度に触れて後悔することも、
 
往々にしてあるわけです。
 
 
 
内面と外面の差。
 
はじめは隠しているホントの性質。
 
できることなら、あらかじめ知っておきたいとは思いませんか?
 
 
 
『紫微斗数』や『四柱推命』などの占いを使うと、
 
細かくわかるんですが、
 
占いに頼らずとも、
 
ざっくりと見分けられる方法があるんです。
 
 
 
やり方は、いたって簡単。
 

それは、食事をしている時、
 
相手の食べ方に注目すること。
 
 
 
食べ方が丁寧な人は、人に対しても丁寧。
 
 
食べ方が雑な人は、じつは雑な性格なんです。
 
だから、人付き合いも慣れてくるとだんだん雑になってしまう。
 
 
 
『食べ方に、その人の人間性があらわれる』
 
 
とは、ぼくの師匠がよくおっしゃる言葉ですが、
 
まさにその法則を使った判断方法というわけです。
 
 
 
ただ、あまり気取った場所じゃないほうがいいかもしれません。
 
空間がオシャレだと、どうしても緊張感や気取りが出てしまう。
 
すると、誰でもそこそこ丁寧な食べ方を装います。
 
よほどズレた人でない限り、最低限、マナーは意識しますからね。
 
 
 
そこでポイントとなるのが、
 
大衆的なお店や自宅での食べ方。
 
たとえば、チェーン店なんかもそうです。
 
 
特別に緊張する必要がない場所でこそ、
 
相手の本音が出やすいんです。
 
 
どんな場所にいても、

食べ物を丁寧に扱う人は、
 
人に対しても丁寧に付き合ってくれる人なのです。
 
 
 
付き合いが深くなってから、
 
あと戻りしにくい関係になってから後悔する前に、
 
こういった方法で、相手の素の顔を確かめてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
某 件太郎
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
【お知らせ】
 
 


■日時
2014年10月19日(SUN)
17:00~19:00(2時間)

■会場
シートマニア渋谷 
東京都渋谷区渋谷3-1-9 TEL:03-5467-8997
http://www.seatmania.jp/home.html
 
■参加費
4,000円
(※素敵な入場特典あり/食事6品(ビュッフェ)+飲み放題)
※2次会もあります。

■ご予約方法
件名「3周年パーティ参加希望」として、
本文<お名前/ご連絡先/人数/二次会参加の有無>を記載して
「shibuya@hoshiyomido.com」までメールしてください。
渋谷ほしよみ堂からの返信後、ご予約確定となります。

もしくはお電話(03-6419-7977)や各鑑定師へ、
直接ご連絡いただいても結構です。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 

 

運命の赤い糸と、その太さ

こんにちは。

某 件太郎です。

 

フリーのときは、複数の異性と仲良くしておく。

 

前回は、その方法について書いてみました。

 

理由はいたって明快。

相手の誕生日を聞き出すためです。

 

できれば、産まれた都道府県、

生まれた時間も聞き出せると完璧です。

 

これがわかりますと、

『四柱推命』や『紫微斗数』、あるいは『気学』などの占いで、

相手のことや、自分との相性をみることができるというわけです。

 

相性って、意外と当たるんです。

性格が合うか、合わないかはもちろん、

掘り下げてみると、

因縁の強さなんかも見ることができます。

 

では《因縁の強さ》って、一体何か?

男女の縁のことを

「運命の赤い糸」って言いますよね。

 

因縁とは、その糸のこと。

ようは、理屈では説明できない不思議なご縁のこと。

 

因縁の強さ見るというのは、

運命の赤い糸の太さを調べるということでもあるわけです。

 

 

誕生日や出生時間から、

性格による相性を見て、

赤い糸の太さを見比べる。

 

そうすることで、理想的な異性に最短でたどり着けるわけです。

 

ということで、

複数の異性と仲良くするのは、

あくまでも相手の情報を知るための行為なんです。

 

まぁ、ちょっと現金な理由かもしれませんね(笑)

 

とはいえ、理想的な異性との出会いを

真剣に求める人にとっては、

あながちバカにできない方法でもあります。

 

もしあなたが、恋愛で失敗せずに、

効率的な恋愛を求めているのなら、

多くの異性の情報を把握し、

運命的な相手を見つけて、

安心して、ゆっくりと関係を育んでいってはいかがでしょうか?

 

 

 

某件太郎

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

渋谷ほしよみ堂の火曜日を担当しています。

担当日以外でも、ご予約いただければ鑑定可能です。

鑑定、レッスン、その他のお問い合わせは、

bouken@hoshiyomido.com まで。 

・twitter(某 件太郎) https://twitter.com/Boukentaro

・facebook(ボウ ケンタロウ) https://www.facebook.com/boukentaro

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

フリーのときは、一人の異性に入れ込まない!!

 

こんにちは、某件太郎です。

 

 

今回のタイトル、誤解を招きそうなんですが、

 

最初に断っておくと、

 

なにも、一途な恋はダメで、

 

二股三股が良いというわけではありません。

 

 

 

そして当然、恋人がいない時に限ります。

 

あくまでも、パートナー探しをしている段階でのお話です。

 

 

 

さて、

 

本当に相性のいいパートナーには、

 

なかなか出会わないもの。

 

 

いざ付き合ってみたら、ケンカが絶えない。

 

なんてことは、よくある話です。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

とにかく、いろんな異性とお付き合いしてみるのもいいでしょう。

 

ただ、結婚相手を探すとなると、

 

やみくもに付き合うのではなく、

 

やっぱり慎重に、できれば効率的に探したいところ。

 

 

 

もし、あなたがそう思っているのなら、

 

候補の異性を何人か選べる状態にしておく

 

この方法をオススメします。 

 

 

 

「あ、この人も違った…。また探しに行かないと…」

 

そんな恋を繰り返すのも疲れますよね。

 

なので、数人の異性と、友人関係を維持しておくわけです。

 

 

「それって相手に失礼なんじゃないの?」

 

と、思うかも知れませんが、

 

最初はあくまで、お友だちとしての付き合い。

 

ここが、ポイントなんです。

 

 

 

とはいえ、そんな器用なことをできるくらいなら、

 

出会いには不自由してないかもしれませんね(笑)

 

 

異性の友人をたくさん作るコツがあるんです。

 

 

別に難しいテクニックじゃありません。

 

ようは

 

「好意はあるけど、一定の距離感は保ちますよ」

 

という姿勢を崩さければいいだけです。

 

 

最初から、本音を暴露したり、

 

積極的に距離を縮めすぎると、

 

あとあと、トラブルのタネになりやすいですからね。

 

 

まずは、ちゃんと距離をとって、

 

あくまで、お友だちを基本としてください。

 

 

 

で、次に、

 

1つのグループ内で親しくする異性は、

 

1人だけにとどめること。

 

ここは気を付けてくださいね。

 

 

同じグループ内で、だれとでも仲良くしていると、

 

男なら遊び人、女性なら尻軽というレッテルを貼られる恐れもあるからです。

 

 

ですから、複数の異性と友達になるといっても、

 

違うグループから一人ずつ探す必要があるわけです。

 

 

 

さて、本題から少し外れました。

 

相性がいい相手を、効率よく探す方法でしたね。

 

なぜ、異性の友だちをたくさん作った方がいいのか。

 

それには、ちゃんとした理由があるんです。

 

 

長くなったので、続きは、また次回。

 

 

某 件太郎

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

渋谷ほしよみ堂の火曜日を担当しています。

担当日以外でも、ご予約いただければ鑑定可能です。

鑑定、レッスン、その他のお問い合わせは、

bouken@hoshiyomido.com まで。 

・twitter(某 件太郎) https://twitter.com/Boukentaro

・facebook(ボウ ケンタロウ) https://www.facebook.com/boukentaro

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

« 朝倉京子 | メインページ | アーカイブ | 栗平千英子 »

1 / 74 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ