HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 鍋島菊歌 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 鍋島菊歌 アーカイブ

1 / 11 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

26文字の粋なラブレター

 こんにちは!



コロナが流行したことで


いろんなことが


変わってますね。




恋愛のはじめかたも


変わってきてる気がします。




マスクで顔の半分が


隠れた異性に好意を感じる。




会えない相手と


メッセージ交換だけで


愛を深める。




なんだか、


平安時代にでも戻ったような


恋愛事情です。




短いメッセージで


どれだけ相手に気持ちを伝えるか。


好意を持ってもらえるか。




これは、


もともと日本人が得意としていた


文化ではないでしょうか。





西洋のように


長いポエムは必要ありません。



昔の日本人は


和歌でイキなやりとりをしてましたよね。




いかに気の利いた返歌ができるかが


モテるかモテないかのカギでした。




それは今も同じかも。





百人一首の中にも


たくさんの優れた和歌がありますが


私は都々逸が好きです。





都々逸に馴染みがない人も多いと思います。


俳句や川柳は7・5・7。


都々逸は、7・7・7・5。


三味線を弾きながら歌うやつです。







芸者さんが歌うものなので


色艶のある内容が多くて


好きなんです。






今は落語の寄席に行くと


触れることができますよ。





その都々逸で


一番有名なのは



「三千世界のからすを殺し


主と朝寝がしてみたい」



言わずと知れた、


高杉晋作作の都々逸。









禁断の恋人から


こんなふうに言われると


どうでしょう。



たった26文字で陥落です。



長々としたLINEが


無粋におもえます。



他に好きなのは・・


「惚れさせ上手な あなたのくせに

あきらめさせるの 下手な方」


「恋に焦がれて 鳴く蝉よりも

鳴かぬ蛍が 身を焦がす」


「お前死んでも 寺へはやらぬ

焼いて粉にして 酒で飲む」





短いだけに


いろんな想像力が働いて


楽しいですよね。





ビジネス文書でも


そうですが、


長い文章が送られてくると


相手の未熟さを感じます。






短い文に


どれだけ必要なことを


伝えられるか、


これは技術です。




恋愛も同じですよね。





古人を見習い


短い文で相手の気持ちを


鷲掴みできるように


なりたいですね。





【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











喧嘩上手の教え

こんにちは!



私は庚で、


しかも生まれ月が戌の


ザ「庚」なのですが


人と争うようなことは


苦手です。




とはいえ、


仕事などの場では


人と意見が合わず


口論になることもあります。





そんな時、


自分をクールダウンさせる


言葉があります。


「負けて勝つ」


これです。





ずっと前に


会社の大先輩から


教えてもらいました。





とにかく、


人と口論になった時は


自分からスッと引く。




一見、負けたように見えます。




でも、


無駄な時間と労力を


省くことができるし、



なにより



二人の関係が


ややこしくなることを防げれば


結局は勝ちだ、と。



この言葉は


私の鎮静剤です。







もうひとつ


口論になった際


頭をよぎる言葉があります。



「喧嘩する時は、

相手に逃げ道を作ること」



口論こそすれ、


その人と絶交する気が


ないのであれば、


追い詰めるようなことは


言ってはいけない、


ということです。





相手がちゃんと言い訳できる


程度で止めておけ、と。





それが喧嘩する時の


相手へのマナーだ、


と喧嘩上手に


教わりました。



喧嘩に慣れていないと


相手をとことんまで


追い詰めがちです。




ですが、


完全に打ちのめされると


関係の修復が難しくなることが


理由のひとつ。





あとは


窮鼠猫を噛む、という


状況を防ぐ目的もあろうかと・・





なるべく争い事は


避けたいです。




でも、


彼や同僚、親と


口論になった時


みなさんも是非この2つの言葉を


思い出してみてください。






どちらも、


ちょっと上から目線ですが


だからこそ


気持ちに余裕がでて


うまく収束できますよ。





【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











嫌なことがあった時の対処法

 こんにちは!


嫌なことがあった時、


あなたはどうやって


乗り切ってますか?





嫌なことのほとんどが


人間関係が原因だと


思います。


嫌なことを言われた、


相手のことが信じられなくなった、


嫌われたと感じた


などなど・・



そんな時、嫌なことを


忘れようとしても


暗い気持ちのまま


2、3日過ぎることも


ありますよね。





嫌なことを


くよくよ考えていても


状況が良くなることは


ありません。





だから


嫌なことを切り捨てる


コツを知ることは


とても大切です。





いろんな対処法が


あると思います。




いろいろ試して


自分にあった対処法を


知っておくことは


大切です。








「嫌なことを忘れるための方法」


には、大きく分けると


・嫌なことを吐き出す


・嫌なことを自分の中で咀嚼する


の二通りあります。




「吐き出す」方法は、


友達や占い師に相談したり、


FBやTwitterなどのSNSに書いて


共感してもらったりするやり方。





友達に愚痴ったり、


一緒に笑ったりしてると


嫌なことがとても小さなことに


思えてきます。





そして


自分を理解してくれる人が


いることを感じて


安心できます。




「自分の中で咀嚼する」方法は、


自分のしたこと、言ったことは


間違っていない、


と確認する方法。






もし間違っていないと


確信できるなら


他の人がなんと言おうと


どうでもよくないですか?






その人と自分の価値観が


違うだけ。




相手は


それを認めることができない


小さな人間なんです。





相手が上司であろうが


恋人であろうが関係ありません。





自分が自分を信じる。




これができると


どんな困難にぶつかっても


簡単にへこたれません。



もし


自分が間違っていたら


改善すればいいだけです。






この嫌なことが


成長のきっかけになったと


前向きに捉えると、


相手にもさほど腹が


立ちませんよね。





他にもやり方は


いろいろあると思います。




人生、嫌なことは


突然襲ってきます。




そんな時に


すっと切り替えができるよう、


自分にあった


嫌なことへの対処法を


身につけておきたいですね。





【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











人は見た目で判断できませんが、「オーラ」は嘘つきません

 こんにちは!




「人は見た目が9割」


という話もあれば


「人は見かけによらない」


という言葉もよく耳にします。




ということは


見た目で人は判断できない、


ってことですよね。







実際


幸せそうに着飾っている人が


必ずしも幸せだとは


かぎりません。




でも、オーラは


嘘をつかない気がします。




いろんな辛いことが


あったにも関わらず


精神的に克服している人は


幸せオーラをだしてます。








逆に


自分は不幸だ、と信じ切って


不幸オーラを身纏っている人もいます。




不幸を売り物にしている人さえ


いますから・・





この人といたら


なんか疲れる、って人


たまにいますよね。



こんな人はだいたい


不幸オーラを出してます。


本人は気づいていないことが


ほとんどだと思いますが・・





そして自然と


話を聞いてくれる友達がいなくなり


最終的に


占い師に来られることもあります。




こんな方は


もう遠目にわかります。



路面店で占いをしていると


遠くからでも


「あ、あの人来そう・・」


とわかるくらいです。



私は元々特別な能力を


持っていた、という


わけではないです。




ですが、


たくさんの人をみる


仕事をしてきたので


オーラから精神状態を


察知できるようになったのかなと


思います。





不幸オーラが


染み付いている人は


精神的な克服まで


時間はかかります。






でも


たった一人でも、


それが友達ではなく


占い師だったとしても、


話を聞いてくれて


辛さを共有できる人がいれば


少しずつ強くなれます。






時間がかかってでも


他人からの承認ではなく


自分自身を承認できるよう


になって欲しい、





不幸オーラから


脱皮して欲しいと


思いながら



そのような人を


支えていきたいです。





【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











サラリーマンを辞めて、好きなことを仕事にした結果

 こんにちは!




ちょうど1年前、


会社を辞めることを


決心しました。




会社を辞めて


占い師一本に専念しました。




お給料は、なんと


サラリーマン時代の


4分の1以下!




やりたいことを選んだ結果、


お給料が激減した生活。




でも


高給と、客室乗務員という


ステータスを捨ててみて


全く違う視野が広がりました。









まあ、いやなことも


あったかもしれません。


ですが、あまり覚えてないです。





総合的な満足感は


今のほうが圧倒的だからかなぁ。







どんな満足感を感じてるかというと、


一つ目は好きなこと(占い)を


毎日できること。





鑑定だけでなく、


勉強も好きなだけできるのは幸せ。


毎日他の占い師さんと


占い談義もできるし。





二つ目は、


働き方を自分で選択できること。


これがサラリーマン時代と一番の違い。



前は忙しすぎて


友達にも会えなかったけど


今は自分で時間を作れます。






三つ目は、


仕事で会う人、みんなから


何かを学べること。



サラリーマン時代


一緒に仕事する人は


同じ立場の「同僚」だったけど、




今は自分の特技や知識を武器に


フリーで仕事をしている人ばかり。




年齢もバックグラウンドもキャリアも


バラバラだからとても刺激的。



毎日何かに気付かされ


身につけている気がします。





サラリーマン時代は


目の前の仕事をさばくことだけが大事で


自分自身の成長は二の次だったかも。





でも今は


どうやって自分の磨くかを


本当に毎日考えます。





お給料が4分の1になったぶん、


贅沢はできないけど


物を大事に扱うようになりました。




この経験自体も


占い鑑定で活かせてます。







独立・転職の相談は多いですが


リスクと満足度を天秤にかけて


アドバイスしています。





コロナで世界的に


価値観が大きく変わり始めています。





仕事とプライベートの


バランスも変わってきます。





これからの人生計画に


お悩みの方は是非ご相談くださいね。




【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











« 希吹 青花 | メインページ | アーカイブ | 菊地柚姫 »

1 / 11 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ