HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 鍋島菊歌 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 鍋島菊歌 アーカイブ

1 / 43 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

風水といえば「金運UP」法でしょ?!

 

皆さんが風水に興味をもったきっかけは

なんでしょうか?


風水と言ってまず想像するのは

「金運UPアイテム」ではないでしょうか。


よくお店の入り口とかに

金の龍の置物とかみかけますよね。


他にも金運UPのための

アイテムは世の中にたくさんあります。


とくに中華系の方は

金運UPのために普段の生活のなかに

風水を取り入れてます。




それは自然のなり行きです。


なぜなら中華圏では

「幸せ=お金」

だからです。


たしかに、あれだけ人がいると

頼るべきものは

家族とお金です。


なので中国発祥の風水は

「一族繁栄」と「金運上昇」

を一番得意としています。



では、金運上昇のために

一番ネックとなるのは何かというと

玄関の位置と向きです。


玄関の位置は、家の中心から

どの方位に玄関があるか。


玄関の向きは、玄関がどの方位を

向いているか。


これ、とても大切です。


なぜ玄関が重要かというと

そこから気が入ってくるからです。


良い方位から来る気が

部屋の中をぐるっと回って出ていくと、

家全体が活気付きますよね。



風水の流派によっては

20年ごとに建物の運勢が変わるので

それにあわせて出入り口を変える

ホテルもあるくらいです。


それくらい

玄関の場所は大切です。



次に大事なのは

寝室です。


人は寝ている間に

エネルギーを充填します。


その場所が良ければ

健康状態や精神状態が良くなり

ビジネスもうまくいきますよね。



このように風水では

玄関と寝室を重要視します。


では、どの方位に

玄関と寝室があるといいか。



これは、その建物の向きと

そこに住む人の卦によります。


全員同じではなりません。



これを知るために

中華系のお金持ちは

みんな風水師に大金を使います。




一流の起業(家)は

お抱え弁護士がいるように

お抱え風水師がいます。



そして、必要とあれば

建物の大改修を行います。


大金を使っても

それに見合う結果が出ることを

知っているからです。


私のような庶民は

風水のために家の改築はできません。


でも、風水の知識があれば

悪い気を抑えることはできます。



皆さんも風水の知識があれば

風水師に頼まなくても

自分で風水改善できるようになります。


もし興味がわいてきたら

私の「初心者にもやさしい開運風水」

セミナーにご参加くださいね。



11月14日(日)

14:30〜17:00


受講料は2時間半で15000円、


場所は原宿ほしよみ堂です。



お申し込みは以下

原宿占い学院HPからできます。


https://harajuku-uranai.com/fusui/



風水講座についての

紹介YouTubeがありますので

こちらもご覧くださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=Z0H_bIi6VdU&t=11s



 

鍋島菊歌のプロフィールはこちら→プロフィール

Twiiter フォローよろしくお願いします!→Twitter

原宿ほしよみ堂のご予約はこちらから→原宿ほしよみ堂ご予約

ZOOM鑑定・マンツーマンレッスンをご希望の方はこちら→ZOOM鑑定・講座

電話占いヴェルニもやっています。→ヴェルニ

アメブロのフォローもお忘れなく!→ アメブロ

友達追加もよろしく↓☆

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

建物にも人と同じように命式(?)があります

「初心者にもやさしい開運風水」

@原宿ほしよみ堂


お申し込み受付中です!


11月14日(日)

14:30〜17:00


受講料は2時間半で、15000円です。


お申し込みは以下

原宿占い学院HPからできます。


https://harajuku-uranai.com/fusui/



たくさんの方とお目にかかれることを

楽しみにしています。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


昨日までのブログで

巒頭風水の紹介をさせていただきました。


今日から、

もうひとつの風水の見方である

理気風水」について説明します。






理気風水とは、

目に見えるもので吉凶を判断する

巒頭風水とは逆で、

目に見えないもので気の良し悪しをみます



目に見えないものって??


と思われると思いますが、

それは建物の持ってる卦(運勢みたいなもの)です。


人の場合、

四柱推命などの命術で

生年月日から命式をつくり、

性格や運勢をみたりできますよね。


建物も同じように、建物ごとに

それぞれの命式のようなものを出せます。


それをみると、建物の中の

吉凶が判断できるわけです。


例えば、

東は寝室には良いが

浴室には向いてない、などです。



ただ、家の卦をみるための

命式(?)の作り方が

流派によって異なります。


これが理気風水を難しくしているところです。



ある流派は、

家の向きだけで家の卦をみますが、

他の流派ではいつその建物が建ったかも

判断材料にしたりします。


要するに流派によって

鑑定方法が違ってくるんです。




今回私の講義では

八宅派」という日本で

一番主流と言われるものをお伝えします。


八宅派は一番シンプルで

建物の向きから卦を出します。


そしてそこに住む人の卦と

照らし合わせて鑑定します。


家の卦と

そこに住む人の卦の相性、

これをみるかんじです。



ちなみに、もうひとつ

日本で有名な流派は

玄空飛星派(フライングスター派)

です。


この流派は

建物の卦を出す時

その向きと、その建物の建った年も

考慮します。


どちらが良い、悪いというのではありません。


プロの風水師でも、

自分の流派に加えて

違う流派の一部を取り入れている方も

たくさんいらっしゃいます。



今回八宅派を勉強して

別の流派にも興味がでたら

勉強を広げてみてください。


風水の奥深さをジワジワ感じるはずです。


今回の講座が、

その入り口になれば嬉しいです。



風水講座についての

紹介YouTubeがありますので

こちらもご覧くださいね!


https://www.youtube.com/watch?v=Z0H_bIi6VdU&t=11s


 

 

鍋島菊歌のプロフィールはこちら→プロフィール

Twiiter フォローよろしくお願いします!→Twitter

原宿ほしよみ堂のご予約はこちらから→原宿ほしよみ堂ご予約

ZOOM鑑定・マンツーマンレッスンをご希望の方はこちら→ZOOM鑑定・講座

電話占いヴェルニもやっています。→ヴェルニ

アメブロのフォローもお忘れなく!→ アメブロ

友達追加もよろしく↓☆

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

住んでいる建物が周りの環境からの悪い気を受けてたらどうする??

 

「初心者にもやさしい開運風水」

@原宿ほしよみ堂


お申し込み受付中です!


11月14日(日)

14:30〜17:00


受講料は2時間半で、15000円です。


お申し込みは以下

原宿占い学院HPからできます。


https://harajuku-uranai.com/fusui/


当日は11時から

ルーカス先生の

「知識0から始める手相占い」

も開催予定です。


1日で2つのことがさっくりと学べます!


なかなか原宿まで足を運べない方も

たくさんいらっしゃると思いますので

そんな方のために

同日開催にしました。


今回はどちらの講座も2時間半と

短いですので、エッセンスを凝縮して

お伝えします。


手相・風水を本格的に学ぼうかどうか迷っている方。


鑑定で使うわけではないけど

自分でみれるようになりたいな、という方。


こんな方には最適なコースだと思います。



皆さんとお目にかかれることを

楽しみにしています。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


さて、今日は

建物が周りの環境から悪い気を受ける場合、

どんな対処法があるか

一例を紹介したいと思います。




悪いエネルギーを改善することを

風水では「化煞」といいます。


物理的に目に見えるものから

悪い影響をうけるわけですから

巒頭風水ですね。



風水にはいろんな流派があって

それぞれ考え方や対応が違ってくる部分も

たくさんあります。


でも巒頭風水に関しては、どの流派でも

ほとんどが同じスタンスです。



建物が、目に見える他の物から悪い気を

受ける場合、いろんなアイテムを使って化煞します。



例えば、


街道反弓(家の前の道がカーブしてて

その外側にある)の場合、

玄関に麒麟の像を置いて、悪い気が

入ってくるのを防いだりします。




他には、

五行の概念で対処する場合もあります。


例えば、

建物が隔角煞(他の建物の角が

自分の建物の方に向いている)を受けている場合。


角(尖っている形)は五行でいうと

「火」となります。


「火」の悪い気を受けているわけですから、

化煞のためにはこの「火」を弱める必要があります。


この場合、風水では

火を「剋する」のではなく

「火に土を生ませて消耗させ弱める」(火生土)

ようにします。


ですので、角が見えている窓だったり玄関に

「土」関連のものを置きます。


たとえば

陶器の入れ物に五つの石を入れておく、とかです。


数字の5は「土」を表します。





このように、

どのような種類の悪い気なのかによって

対処が変わってきます。



香港やシンガポールの有名な高級ホテルなどでは

これらの化煞がよく見られます。


ホテルの入り口に

なぜか獅子の置物があったり、

5本のポールが立ってたり。


日本でも、

大きなホテルや建物の入り口に

なんの脈略もなく大きな石が

ドンと置いてあったりします。


それも風水的な対策の一つであることが多いです。


このように、

普段何気なく見ているものの中に

風水の知恵がたくさん生かされてるんですよね。



風水講座についての

紹介YouTubeがありますので

こちらもご覧くださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=Z0H_bIi6VdU&t=11s




 

鍋島菊歌のプロフィールはこちら→プロフィール

Twiiter フォローよろしくお願いします!→Twitter

原宿ほしよみ堂のご予約はこちらから→原宿ほしよみ堂ご予約

ZOOM鑑定・マンツーマンレッスンをご希望の方はこちら→ZOOM鑑定・講座

電話占いヴェルニもやっています。→ヴェルニ

アメブロのフォローもお忘れなく!→ アメブロ

友達追加もよろしく↓☆

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

【初心者にもやさしい開運風水】良くない家の形・周辺環境って?!

 

「初心者にもやさしい開運風水」

@原宿ほしよみ堂


お申し込み受付中です!


11月14日(日)

14:30〜17:00


受講料は2時間半で、15000円です。


講座の後は、

Taka先生も参加される懇親会もあります。


Taka先生は、鑑定の予約もとれないくらい

多忙な方です。


この懇親会を逃すと、なかなか先生と

お話する機会はありませんよ!


聞きたいこと、知りたいこと、

一緒に食事をしながらいろいろ話せるはずです。


懇親会だけの参加は5000円、

講座参加者は3000円です。



お申し込みは以下

原宿占い学院HPからできます。


皆さんとお目にかかれることを

楽しみにしています。

https://harajuku-uranai.com/fusui/


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


今日は巒頭風水の一部を紹介します。



巒頭風水とは

「目に見えるものから判断する」ものでしたね。


昨日見た、山や川などの位置関係も

巒頭風水です。


今日はもっと的を絞ります。


具体的には


・運が悪くなる建物の形

・運が悪くなる周辺環境


などなどです。


どちらも目に見えるものですよね。



まずは

「凶作用を招く建物の形」です。




良くない建物の筆頭は

凸凹の多い建物。


凸凹が多いということは

「欠け」が多いということです。


風水的に「欠け」は凶作用があるとみます。


凸凹は上から見た形もそうだし、

正面から見た形も同じくです。


他に、

上からみて三角形の建物や

ロの字形の建物も良くないと言われてます。


どう悪影響がでるのかは

形によりけりで、

財運に影響が出たり、

住む人の精神状態に影響が出たりします。



やはり理想的なのは、

張りや欠けのない

正方形・長方形の建物です。



次に、

「凶作用を招く周辺環境」です。





例えば、

住んでいる建物の前の道が

カーブしていて、

建物がカーブの外側だと良くないです。


あと、

T路地のちょうど突き当たりの所に

ある建物も良くありません。


これらは、街道反弓・丁字路口 と言って

悪い気を受けてしまいやすく

病気・怪我を招く恐れがあります。



あとは、


近くの建物の角が

自分の建物の方を向いている場合。


これも隔角煞と言って、

精神的に不安定になる恐れがあります。



他にもいろいろありますが、

とても全部は紹介できません。


新しい家に引っ越しした後


なんだか不調だ・・

お金がどんどん減っていく・・


こんな悩みが増えたら

建物が受ける悪い気の影響かもしれません。



風水の知識があれば、

引っ越しの際、

悪い建物を選ばずにすみます。



ただ、


「そんなこと知らなかったので

すでに街道反弓の建物に住んでしまっている・・」


という人もいるはずです。


でも、安心してください。


こんな人には、風水の知識で

悪い影響を減らすことはできます。


それも風水師の役目なんですね。


じゃ、

どんなことをして

悪い気を弱めるのか。



明日はその辺を簡単に紹介します。




風水講座についての

紹介YouTubeがありますので

こちらもご覧くださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=Z0H_bIi6VdU&t=11s


 

 

 

 

 

鍋島菊歌のプロフィールはこちら→プロフィール

Twiiter フォローよろしくお願いします!→Twitter

原宿ほしよみ堂のご予約はこちらから→原宿ほしよみ堂ご予約

ZOOM鑑定・マンツーマンレッスンをご希望の方はこちら→ZOOM鑑定・講座

電話占いヴェルニもやっています。→ヴェルニ

アメブロのフォローもお忘れなく!→ アメブロ

友達追加もよろしく↓☆

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

【初心者にもやさしい開運風水】平安京から学ぶ「ベストロケーション」!

 

「初心者にもやさしい開運風水」

@原宿ほしよみ堂


只今お申し込み受付中です!


11月14日(日)

14:30〜17:00


受講料は2時間半で、15000円。


同日開催の、

ルーカス先生

「知識0から始める手相占い」

に参加されると、

ランチにTaka先生お手製のカレーライスが

無料でついてきますよ!


お申し込みは以下

原宿占い学院HPから!

https://harajuku-uranai.com/fusui/


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


本格的な風水で

一番大事にされている

「土地の気を読む」知識。



これについて今日は書きたいと思います。



あまり風水に詳しくない人も

こんな話聞いたことがあると思います。


「江戸は風水が良いから栄えた」


「平安京は風水の街」



まさに、これが

風水の醍醐味です。


気が良い場所に

権力がある人がいることで

その下にいる人達にも平和が訪れる。


それを実際に体現したのが、

平安京と江戸の街なんですね。




この二つの街。


どこが良かったのでしょうか。



気の流れを見る時、

一番大事なのは

です。


山は龍脈といって、

エネルギーを運んできてくれるものです。



そして、水。

自然の中でいうと、海や川。


龍脈を通ってきたエネルギーは、

水の前で止まります。



なので、エネルギーが貯まるのは


「龍脈と水の間の土地」


ですね。


イメージしやすく言い換えると、


「後ろに山脈があって、

前に海(川)がある平地」


です。



そして、

その平地に溜まった

エネルギーが風で散らされないように

平地の左右が小高い山があること。


そんな土地が最高とされています。



平安京は


北に丹波高地

南に巨椋池(戦前まであった池)

東に比叡山

西に愛宕山


があり、

とてもわかりやすいです。







でも、両方とも

最後は廃れたじゃん!


と、言われそうですね・・


そうなんです。


どんなに土地の気が良くても

そこに建っている建物や

キーパーソンの運が良くなければ

その影響を受けることになります。



建物の外観や

周りにあるものの影響で

建物自体の運が下がることがあります。



明日は、

どんな建物がよくないか、

どんな所にあるとよくないか、

など建物の運についてみていきます。



風水講座についての

紹介YouTubeがありますので

こちらもご覧くださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=Z0H_bIi6VdU&t=11s

 

 

 

 

 

鍋島菊歌のプロフィールはこちら→プロフィール

Twiiter フォローよろしくお願いします!→Twitter

原宿ほしよみ堂のご予約はこちらから→原宿ほしよみ堂ご予約

ZOOM鑑定・マンツーマンレッスンをご希望の方はこちら→ZOOM鑑定・講座

電話占いヴェルニもやっています。→ヴェルニ

アメブロのフォローもお忘れなく!→ アメブロ

友達追加もよろしく↓☆

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

« 希吹 青花 | メインページ | アーカイブ | 菊地柚姫 »

1 / 43 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ