HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > ルーカス伽豆海 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : ルーカス伽豆海 アーカイブ

1 / 17 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

掴む準備をしていると、チャンスは突然舞い込んでくる

 まだまだ精進が必要だと思いますが

それでも様々なチャンスが日々舞い込んできます




もっと消極的な性格なら

「まだまだそんな自分なんて」と思い

断ってしまうところですが


ここぞと言う時は積極的になる性格です





紫微斗数で言う太歳(たいさい)と

呼ばれる今年の宮(部屋)に


天魁星(てんかい)

左輔星(さほ)

右弼星(うひつ)

化科星(かか)


の4つの強い「吉星」が全て同宮しているという

12年に1度の最高に良い年



チャンスが巡ってくる状況に

ありがたさを感じると共に


チャンスを与えてくださるのにも感謝





西洋占では

来年がすごく運気の良い年



今年は紫微斗数の結果を特に信じ

来年は西洋占の占いの結果を

特に信じようと思います笑



というのも

占いの結果は全て当たると言うわけではありません




悪い結果はそうならないように

注意するために使い



良い結果は

本当にそのような良い未来になるための行動


つまりポジティブなマインドに

なるために使えればと思っています




なので

少々大変なことがあっても


今年は運気が最高に良い年だから

良い結果前の必要な痛みだと

思って邁進していいきます






原宿ほしよみ堂/専属占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)


【ツイッター】

https://twitter.com/lucas_kazumi11

【プロフィール】

https://www.hoshiyomishi.com/u/lucas.php

【アメブロ】

https://ameblo.jp/lucaskazuki

【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwwTTp

【対面鑑定予約】

https://airrsv.net/hoshiyomishi/calendar

【ZOOM鑑定予約】

https://hoshiyomi-online.stores.jp/items/5fe1fc7372eb4625b3e4301b

『パラダイムシフト』出来たものが風の時代でもうまく生きていける!?

 占いの世界は

一般常識では考えにくいようなことがある


一般常識では『誤』とされるものが

占いの世界では『正』とされることもある



今まで正しいと思っていたことが

別の世界でも


必ずしもそれが同じように

正しいわけではなかったりする



例えば今までいた会社では

その会社なりの風土やルールがあって

それに慣れて数年過ごしてきて


いざ別の会社に行った時に

全く別の風土やルールがあると


なかなかすぐに気持ちを

切り替えられないこともある




何が正しくて

何が間違いなのか


自分の価値観と

答え合わせをしたくなる



でも自分の行動を振り返って

答え合わせをして


直すべき点をピックアップして

次の行動に繋げていく…



これはいわゆる《改善》



でも大きな変化が必要な時には

《パラダイムシフト》

が必要な時がある



『パラダイムシフト』とは


「定説をくつがえすこと」


「ステレオタイプを捨てること」


「革新的なアイデアによって時代を変えること」




例えば昔ながらの電話から

PHSや携帯電話つまり『ガラケー』

などまでは《カイゼン》


そして《パラダイムシフト》したのは

『スマートフォン』


それまでの常識を覆して

通話だけにとどまらず

様々なアプリやSNS、ゲーム、動画なども楽しめる



今までのように《カイゼン》をしていくのか

《パラダイムシフト》して

根本から変えていくのか



これは世間に対しての

物質的なものだけではなく

自分自身の内面や行動でも

当てはまる




働き方でも


生き方でも



特にこれからの風の時代


今までの常識が

通じなくなることが少しずつ増えていく



僕らにはこういった《改革》が

必要な時がある



「変化を恐れず、改革を楽しんで」






原宿ほしよみ堂/専属占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)


【ツイッター】

https://twitter.com/lucas_kazumi11

【プロフィール】

https://www.hoshiyomishi.com/u/lucas.php

【アメブロ】

https://ameblo.jp/lucaskazuki

【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwwTTp

【対面鑑定予約】

https://airrsv.net/hoshiyomishi/calendar

【ZOOM鑑定予約】

https://hoshiyomi-online.stores.jp/items/5fe1fc7372eb4625b3e4301b

自分が信じていたことが信じられなくなったら?

《男は男らしく》ではなく

《女性は女性らしく》でもなく


今は《自分らしく》生きる時代


では「自分らしく」とは?



幼少期から学生時代

20代前半くらいまで

《男は男らしく》という時代でした



昭和的な考えがまだ色濃く残っていて

《草食男子》

という言葉が流行り出す少し前まで



職場では怒鳴り散らす上司は当たり前

頭をはたかれたり

「もう帰れ!!!」

なんて言われる人も珍しくない



【パワハラ】も【モラハラ】も

言葉としては世間にまだ浸透していない



「絶対負けない!!!」という気持ちで

食らいついていかなければ

男としてダメ、というような時代



「帰れ!!!」と言われて

本当に帰ったら

もう一般社会生活に

戻ってこられないのではないかと思っていた




今は「自分らしく生きる時代」



20代の頃は自分としては

すごく生きにくかった


自分の特性をどういかしたらいいのか


むしろ自分の特性をいかす

という考えもあまりなかったかもしれない


今は当時と比べて

すごくすごく生きやすくなった



それぞれの個性や

長所短所を踏まえた上で


どう生きるか

どう自分らしく生きるか


自分ができることを

得意なことを活かせる場所で

自分を生かしていけばいい


でも自分の何を生かすか

わからない場合もある


自分がこれだ!と思っていたことが

わからなくなる時もある



まずは自分を知ること

自分でさえ気付いていない自分を知ること


これを発見することが

《自分らしく生きる》

第一歩だ





そしてそのツールとして

占いはすごくいい


余計なことを考えなくてよくなる


悩みが減っていく


未来がわかるからではなく

自分を知ることが出来るから


未来を作るのは自分


どんな自分が未来を作るのか

これが大事なこと





原宿ほしよみ堂/専属占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)


【ツイッター】

https://twitter.com/lucas_kazumi11

【プロフィール】

https://www.hoshiyomishi.com/u/lucas.php

【アメブロ】

https://ameblo.jp/lucaskazuki

【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwwTTp

【対面鑑定予約】

https://airrsv.net/hoshiyomishi/calendar

【ZOOM鑑定予約】

https://hoshiyomi-online.stores.jp/items/5fe1fc7372eb4625b3e4301b

 

諦められない相手をいつまでも好きでいたらいつか幸せになれるのか?

今は近くにいない彼

もう好きになっちゃいけない


やめた方がいい

諦めた方がいい


そんなことはわかってる

正論なんていらない




自分のことは好きじゃないんじゃないか

なんとも思っていないんじゃないか

他に良い人がいるんじゃないか


前に比べて連絡をくれなくなった

返事が遅くなった



一人で考えていても

頭でわかっていても


余計なことを考えてしまって

怖くなってしまって

ただ相手に聞けばいいのに聞けない


大事な一歩が踏み出せない



諦められたらそれが良いのかもしれない


でも諦める勇気も持てない


だって好きだから





それなら諦めがつくまで

思いっきり頑張ったらいいのです


うまくいくかもしれないし

うまくいかないかもしれない



でも肝心なところの答えを出さないでいると

どっちにもならないのです



「もしかしたら」という気持ちがあるから

いつまでも諦めることさえ出来ない


次に進むことも出来ない




傷つくのは怖い

誰だって怖い


でも今だって傷ついているはずです


長い時間をかけて

ゆっくりゆっくりと


自分自身で

「傷」を深くしていっているのです



「こんなに想ってきたのに」という気持ちが

どんどん諦められなくさせてしまうのです




頭では

「諦めた方がいい」

「忘れた方がいい」

という気持ちがあるなら


自分の中にあるその彼との未来に対しての

「もしかしたら」という

《希望をなくす》という行動をする勇気が

必要な時があるかもしれません



だってずっと

「悩みが消えない」

「希望が見えない」

今のあなたは、幸せではないのだから



あなたはその彼と一緒になれたら

幸せになれると思っているかもしれません


でも今そこまで悩みで頭がいっぱいで


はたして、うまくいった時に

悩みが全くなくなるでしょうか



あなた自身が乗り越えないといけないことが

あるかもしれない


あなたが幸せになる相手が

彼じゃなかっただけかもしれない


どちらにしても

あなたが幸せになる方法は

いまあなたが望んでいる1つのこと

だけではないのです



辛いかもしれない


でも自分のために

次に進む行動を起こすことが

必要な時があります


それがあなたが今より幸せになるための

大事な一歩になるのです






原宿ほしよみ堂/専属占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)


【ツイッター】

https://twitter.com/lucas_kazumi11

【プロフィール】

https://www.hoshiyomishi.com/u/lucas.php

【アメブロ】

https://ameblo.jp/lucaskazuki

【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwwTTp

【対面鑑定予約】

https://airrsv.net/hoshiyomishi/calendar

【ZOOM鑑定予約】

https://hoshiyomi-online.stores.jp/items/5fe1fc7372eb4625b3e4301b

 

 

 

人は人に期待をすればするほど失望する!?

 人は期待すればするほど

その期待に応えてもらえないと

そのぶん失望する


こういうこと、

一度は経験あると思います



仕事先の相手でも

恋人や友達でも

間柄が近しいと何かを

期待してしまったりするもの



でもその期待が大きすぎると

期待される側にとっては

過剰なプレッシャーとなって

苦しくなってしまうこともあります



期待は、言葉で伝えなくても

相手に伝わることも多い


これくらいはしてくれて当然だろうと

思うことも期待のうち



期待に応えてくれないと、違和感を感じ

不満を感じ、それが失望や怒りに

変わってしまうこともある




期待は、し過ぎると

プラスなことよりマイナスなことが

多くなってしまいます



だから

《期待する側》は、

最初からあまり期待しすぎないように

した方が失望もしなくていい


さほど期待していないのに

多くの結果で返してきてもらえたら

その分嬉しくなる




そして

《期待される側》


期待に応えきれなくても

罪悪感を持たないでいいのです


頑張ってたら結果が伴うこともあり


結果が出たら

期待はされてしまうもの


でもどんどん大きくなる期待に

答え続けるのはどこかで無理が出るのだから


今回は無理だった

次は成果を出そう


少しずつでも進んでいけるように



何事も《過ぎる》には注意ですね





原宿ほしよみ堂/専属占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)


【ツイッター】

https://twitter.com/lucas_kazumi11

【プロフィール】

https://www.hoshiyomishi.com/u/lucas.php

【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwwTTp

【対面鑑定予約】

https://airrsv.net/hoshiyomishi/calendar

【ZOOM鑑定予約】

https://hoshiyomi-online.stores.jp/items/5fe1fc7372eb4625b3e4301b

« 鈴木 リンダ | メインページ | アーカイブ | 源 彩乃 »

1 / 17 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ