HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 青山 白龍 > 占いは学ぶと便利!困ったときの易判断

占いは学ぶと便利!困ったときの易判断

こんにちは。

青山白龍です。


今回は占いを学んで役立ったことを書きます。

 

僕は占いを学んで8年になります。

 

使える占術は4種類です。

 

四柱推命

紫微斗数

周易

タロット

 

現在は断易も学んでいるので、

もうすぐ5種類に増えます。

 

 

僕は法人も持っています。

 

建築関連の会社です。

 

 

現在の事業に移行して2年になりますが、

キッカケとなったのは易を立てた結果からでした。

 

 

2年前の冬、

当時組んでいた仲間が

『自分たちで家屋解体をやりたい!』

と言ったことがキッカケでした。

 

 

当然ぼくたちは素人なので、

解体にまつわる知識など全くありません。

 

 

しかし友人が仕事を振ったことで、

話しはどんどん進みました。

 

いろいろ話しをすすめると、

確実に赤字になることが見えました。

 

 

契約をしたのはいいが、

事業を進めるメリットはみえない・・・

 

 

このまま勧めてもいいのだろうか・・・

 

 

とても悩みました。

 

 

そこで易を立てたんです。

 

その結果は・・・

やった方がいい、

やれば儲かる。

 

と、出たんです。

 

 

当時はまったくわからないまま、

解体を開始しました。

 

 

結果は大赤字

 

当時は失敗したと後悔しました。

 

残ったのは借金だけだ・・・

と、絶望もしていました。

 

 

その件から半年後、

解体の名義を貸してくれた業者から、

とある仕事が入ってきたんです。

 

「吉光さん、解体前の残置撤去ってできます?」

と。

 

 

残置とはいわゆる空き家に残った

家具とか、家電とかゴミのことです。

 

それを撤去して欲しいという依頼でした。

 

 

残置撤去は先輩の仕事を手伝っていた経緯もあり、

できる自信がありました。

 

 

それでもはじめはギリギリでしたが、

経験を積んでいくようになり、

利益を出せるようになったんです。

 

 

そしてその事業をはじめて2年目、

実績を積んだためか、

仕事量も売上も倍以上になりました。

 

そしてあるとき振り返ったんです。

「あのときの易の結果が当たった」と。

 

 

つまり易で判断をとったことで、

停滞していた事業が息を吹き返したんです。

 

 

このとき改めて占いを学んで良かったと感じました。

 

 

 

そして今年、師匠と

今後僕がどうしたらいいかを占ったさい、

「マリアハウスの事業に参加した方がいい」

と、でました。

 

これは新しいチャンスを掴める

 

そう確信してまたお世話になっているわけです。

 

 

このように占い師でなくても、

占いは人生で多いに役に立ちます。

 

ほしよみ堂では、

占いのスクール事業を企画中です。

 

 

ぜひ多くの人に、

占いを学んで活用してもらいたいです。

ほしよみ堂youtubeチャンネル
Youtube毎日配信中!チャンネル登録お願いいたします

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

占い館のフランチャイズオーナー募集中
低リスクで不況に強い「占いビジネス」は起業にも副業にも最適です

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 占いは学ぶと便利!困ったときの易判断

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/8715

< 『紫微斗数タロット』のススメ!  |  一覧へ戻る  |  自分の幸せばかり考えている人は幸せになれない >

このページのトップへ

月別 アーカイブ