HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 鍋島菊歌 > 26文字の粋なラブレター

26文字の粋なラブレター

 こんにちは!



コロナが流行したことで


いろんなことが


変わってますね。




恋愛のはじめかたも


変わってきてる気がします。




マスクで顔の半分が


隠れた異性に好意を感じる。




会えない相手と


メッセージ交換だけで


愛を深める。




なんだか、


平安時代にでも戻ったような


恋愛事情です。




短いメッセージで


どれだけ相手に気持ちを伝えるか。


好意を持ってもらえるか。




これは、


もともと日本人が得意としていた


文化ではないでしょうか。





西洋のように


長いポエムは必要ありません。



昔の日本人は


和歌でイキなやりとりをしてましたよね。




いかに気の利いた返歌ができるかが


モテるかモテないかのカギでした。




それは今も同じかも。





百人一首の中にも


たくさんの優れた和歌がありますが


私は都々逸が好きです。





都々逸に馴染みがない人も多いと思います。


俳句や川柳は7・5・7。


都々逸は、7・7・7・5。


三味線を弾きながら歌うやつです。







芸者さんが歌うものなので


色艶のある内容が多くて


好きなんです。






今は落語の寄席に行くと


触れることができますよ。





その都々逸で


一番有名なのは



「三千世界のからすを殺し


主と朝寝がしてみたい」



言わずと知れた、


高杉晋作作の都々逸。









禁断の恋人から


こんなふうに言われると


どうでしょう。



たった26文字で陥落です。



長々としたLINEが


無粋におもえます。



他に好きなのは・・


「惚れさせ上手な あなたのくせに

あきらめさせるの 下手な方」


「恋に焦がれて 鳴く蝉よりも

鳴かぬ蛍が 身を焦がす」


「お前死んでも 寺へはやらぬ

焼いて粉にして 酒で飲む」





短いだけに


いろんな想像力が働いて


楽しいですよね。





ビジネス文書でも


そうですが、


長い文章が送られてくると


相手の未熟さを感じます。






短い文に


どれだけ必要なことを


伝えられるか、


これは技術です。




恋愛も同じですよね。





古人を見習い


短い文で相手の気持ちを


鷲掴みできるように


なりたいですね。





【Twitter】

https://twitter.com/Kikka_Nabeshima


【原宿ほしよみ堂HPプロフィール・予約】

https://www.hoshiyomishi.com/u/kikka.php


【電話占いヴェルニ】

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpwQTTp


【公式LINE】











ほしよみ堂youtubeチャンネル
Youtube毎日配信中!チャンネル登録お願いいたします

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

占い館のフランチャイズオーナー募集中
低リスクで不況に強い「占いビジネス」は起業にも副業にも最適です

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 26文字の粋なラブレター

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/8566

< 手相鑑定は必然的に年齢によって見る場所が変わる!?  |  一覧へ戻る  |  マリアハウスに戻ってきたわけ >

このページのトップへ

月別 アーカイブ