HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 梅星沢庵 > 占いは当てるのではなく『伝え方』が大事

占いは当てるのではなく『伝え方』が大事

 

「彼の気持ちが知りたいです」



この質問、女性のお客様から本当によく聞かれます。



先週いらした女性のお客さんからも

同じように質問されました。



そこで『紫微タロット』をつかい

彼の気持ちを見てみると



彼女を愛していると、はっきりわかるカードばかり出ました。



ある部分だけを除いて。

securedownload.jpg

それは、彼の状況を見る部分に

『天空星(てんくうせい)』という

「悩みの星」が輝いていたんです。




「彼はあなたを愛しているけれど、

 彼の中でまだ解決していないものがあるんじゃないですか?」



と聞いてみました。



すると、



「実はそうなんです。

 彼は元カノさんと別れているつもりなのですが

 元カノさんがそれを受け入れていないようなんです。

 彼はそこを隠さないので

 私も承知で付き合っているのですが、

 彼が元カノさんとよりを戻さないか不安なんです」



と返ってきました。



彼の気持ちも、彼の状況も

タロットは的確に教えてくれます。



その後の動きや展開も

タロットでみてまったく問題がなかったので

それをお伝えして鑑定は終了。



彼女もスッキリしたようで

その後はずっと笑顔で


「なぜそんなに当たるのか」


と、逆に質問責めされました。



そもそも占いは

『当たって当然』なんです。



当たるように作られているのですが、


意識して「当てよう」とすると、


カードの展開を読み間違えてしまったり

伝えるべきことを伝えられないで

鑑定が終わってしまいがちなんですね。



これは師匠のtaka先生から、何度も

口を酸っぱくして言われたことです。



カードの意味を教えるのではなく

お客さんへの伝え方を教わることが出来るのが

taka先生流。





だからこそ、

まったく占いを知らない初心者でも

《お客様満足度の高い鑑定力を身につけられる》


これが『ほしよみ堂』の強みなんですね。
 
 
 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 占いは当てるのではなく『伝え方』が大事

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/5249

< * 猪突猛進 *  |  一覧へ戻る  |  今日のタロット占い「不安解消、スッキリ☆」 >

このページのトップへ

月別 アーカイブ