HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 比呂 酒井 > 節分の豆まきと立春。

節分の豆まきと立春。

 

久しぶりのブログです。比呂酒井です!



きのうは節分で、きょうは立春ですね。


立春は、『神界の正月』とも言われています。




その昔、神様というのは人間とおなじ形をしていたらしく、

ただ非常に霊が高かったようです。

 

長い時代にだんだん人間が穢れて、

霊的にレベルが低くなったわけです。

 

神道で「天津系」「国津系」という言葉があります。

 

その天津系は、

天照大御神が支配していたのです。

 

それよりずっと前は、

国常立尊という神様が支配されていたのです。

 

その神様は非常に厳格でした。

 

つまり正しいことでないと許さない、

というようなことのために、

大勢の神様が一致して押し込めた。

 

それが節分の晩だったそうです。

 

その押し込めた総大将が天若彦という神様で、

 

「国常立尊は世の中に出られないように」

 

というので、東北の方角に押し込めたのです。

 

 

東北のことを艮(うしとら)と言います。


ですから、艮に押し込めたから『艮の金神』という名になったのです。


節分の晩に豆をまきますが、


「炒り豆に花が咲いたら出てもよい。

 さもなければ永久に押し込めてしまう」

 

というわけで、それから炒豆をまいたのです。


それは三千年と期間が決められていました。

 

いよいよ三千年たって、

その国常立尊がふたたびこの世に現われる。

 

それが明治25年の1月元日でした。


ですから「梅で開く」といいます。

 


 

 

 

梅というのは、花は五弁です。


これは『五行』を形取ってあるのだそうです。

 

「今度はこの世の閻魔と現われる」

とも言われています。

 

というのは、隠居されているときは、

霊界に行かれて閻魔大王になった。

 

閻魔大王というのは、

霊界における審判の最高裁判所長ですよね。

 

裁きの最高の地位です。

 

ところが「この世の閻魔と現われた」というのです。

 

今度は現界的の裁きをされるわけです。

 

鬼門を嫌って、鬼門は怖いように言いふらされたのは、

天若彦が宣伝をしたわけです。

 

「福は内、鬼は外」と言いますよね。

 

ここで言う「鬼」というのは、

つまり鬼門の金神です。

 

艮の金神である国常立尊ですから、実は一番偉い神様。

 

では、どうして

鬼門に引っ越したり、鬼門を嫌うのか?

 

それは、人間が正しくなかったからです。

 

顔で笑っていても、肚の中は噓を思っている人。

 

そういう人が鬼門に引っ越せば、

高貴な気を受けるから、苦しみが起こる。

 

それで嫌ったというわけです。

 

だから本当から言えば、鬼門がよい場所なのです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 節分の豆まきと立春。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/4110

< 第2回目の『占術研究会』  |  一覧へ戻る  |  欲張りすぎていませんか? >

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ