HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 碧斗 彩良 > 生まれた月が人に与える影響とは ~四柱推命編~

生まれた月が人に与える影響とは ~四柱推命編~

皆さま こんばんは。
碧斗彩良(あおと・さら)です。

今日はお天気は良かったですが、風が冷たく、
暖冬の今年でも、冷えた一日でした。
 
随分前に、「生まれた月が人に与える影響~紫微斗数編」を
ブログにアップしました。
 

今回は前回の続きです。長らくお待たせしました。
 
さて、前回では、生まれた月が人に与える影響が
大きい事をお伝えしました。
 
紫微斗数では、その人の他人や社会との
関わり方の傾向が分かりました。
 
今回は、四柱推命での生まれた月が
人に与える影響について書きたいと思います。
 
四柱推命は「季節の占い」とも言われています。

生年月日と生年時刻から出した命式の中で、
自分=日干が、周りの環境と比べて
どんな力量か、自分の力を最大限に
活用する為には、どう動いたらベストかを
命式の五行のバランスから占います。
 
自分を表す日干に一番影響が大きいのが、
生まれた月の十二支=月支です。
 
月支は月によって、固定化されています。

一月は、丑月、二月は寅月、、、、と
毎年常に同じ十二支が来ます。
 
同じ日干を持っていても、生まれた季節によって
その人が幸せに生きるために必要な五行が
違ってくるのです。
 
例えば、癸(みずのと)という干が有ります。
 
癸は、五行では陰の水に当たり「雨」を
意味します。
 
夏生まれですと、「暑さに蒸発して、降っても
カラカラにすぐに乾いてしまう雨」。

冬生まれですと、「寒さに、降っても
すぐに凍ってしまう雨」。
 
夏の雨には、もっとたくさん降ってもらう=癸か、
乾かないように、雨を蓄える水源地=庚、辛が
必要です。
 
逆に冬の雨には、凍ってしまった雨を溶かす
日光=丙が必要です。
 
日干に同じ癸を持っていても、生まれた季節が
違うと、その人が必要とする五行が違ってくるのです。
 
勿論、四柱推命は「五行のバランスを視る占術」
 
命式に有る五行の全てのバランスを
注意深く視ていく必要は有ります。
 
ただ月支の五行は、五行の計算をする際、
最重要視され、通常の三倍で計算します。
 
それ故、必然的に命式全体の五行に対しても
影響力が大きくなってしまうのです。
 
貴方はどの季節に生まれましたか?
 
自分の命式を知る事で、強みを活かし
欠点は隠して目立たなくしていきましょうね。
 
 
 
鑑定や占術レッスンの予約、お問い合わせは

私の公式ラインが便利です。

是非是非♪お気軽に 

お友達登録して下さいね。

早めにお問い合わせいただければ

日にちと時間は調整可能です。

友だち追加
 

 ID      @413iglpc

アカウント 碧斗彩良

 

遠方の方や日時が合わない方は、

★電話占いヴェルニ★

  vernis.co.jp/show.php

 

★チャット占いウラーラ★

uranaiapp.jp/fortune_tellers/158542/detail.html 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 生まれた月が人に与える影響とは ~四柱推命編~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/7025

< 紫微斗数タロットを使って楽しく♪イメージレッスン  |  一覧へ戻る  |  気分はおフランス。ルノルマンカード >

このページのトップへ

月別 アーカイブ