HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 碧斗 彩良 > 12年に1度の特別な年

12年に1度の特別な年

皆さま こんばんは。

碧斗彩良(あおと・さら)です。


旧暦でも年が明けて、新年度が始まりましたね。

紫微斗数は、旧暦を使った命術ですので、

新年度の運気に変わっています。

 

今年の私は、紫微斗数の命宮が、

太歳(今年)の命宮に一致する

12年に1度の年になります。


命宮はその人の性質や運命の傾向などの命運を

読み取る宮です。紫微斗数で12個有る宮でも

一番大切で重要な宮になります。


その命宮が、太歳命宮と一致する年は、

自分自身がテーマになる特別な年にあたります。


今までの自分を見つめ直し、これからの自分の方向性を

確認して前に進む年だと言えるでしょう。


思い起こせば、12年前の私も、人生の転機に

立っていたように思います。


このままの私でいるか、一歩飛び出すか、

日々心は揺れていました。


ただ、私は悩むなら一歩進もうと決めました。

「やらずに後悔するよりはやって後悔した方がいい」。

そう思ったのでした。


命宮と重なる歳運が、迷う私の背中を

後押ししてくれたのでしょう。


無我夢中で日常を重ねて、紫微斗数の命盤が

一周する間に、大変だったと思う事は

記憶の中の想い出に変わっていきました。


「案ずるより産むが易し」とは正に

この事だったと思っています。


さて、次の12年間は私にとって、

どんなテーマで進むのでしょうか?


次の命宮同士が重なる12年後の私に

胸を張ってゴールイン出来る、

そんな私で有りたいと思っています。


いつも、いつまでも、自分を諦めない私で

いたい私でした。


 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12年に1度の特別な年

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/6341

< 上戸彩さんはなぜ人気者になれたのか?【勝手に紫微斗数】  |  一覧へ戻る  |  天をも味方につける開運法 >

このページのトップへ

月別 アーカイブ