HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 某 件太郎 > 神無月~霜月(7)

神無月~霜月(7)

神無月~霜月(1)

神無月~霜月(2)

神無月~霜月(3)

神無月~霜月(4)

神無月~霜月(5)

神無月~霜月(6)

 

の続き。

 

 

容態の急変があれば連絡します。

去り際に担当医が言った一言に、

すでに手元の携帯電話から意識が離れなくなっている自分に

自身で気づきながらも

Yの車で病院を出たのは19時近くだった。


自宅で待つ祖母とアンチャンはまだ夕飯も済ませてないだろう。

刺身やとんかつ、ひじき煮など

手を掛けず食べられる惣菜を最寄のスーパーで買い込み、

祖母の家へと足を向けた。


家に着くと、

一足先に病院を出た親類が到着していた。

祖母とアンチャンはすでに母の状況を聞いたらしい。


だが祖母は、

親類たちが何人も集まっているこの状況が飲み込めない。

「たいしたつまみもないけど、まあビールでも飲んでいきなさいよー。

まったくこんなときにM(僕の母)がいないと困るわ。」

とひとり美味そうにビールを一杯やっていた。

今聞いたばかりの母の話をもう忘れているのだろう。

親類たちも認知症のことを知ってか、

苦笑いしながら遠慮していた。

 

「ところで四十九日の件だけど・・・」

そう帰り際に切り出したのはYである。

考えてみれば祖父がなくなって、まだ30日しか経っていなかった。

3週間後には四十九日の法要を控えていた。


Yは性急にことを進めたがる性分らしい。

悪気はないのだが、さすがに話が早すぎる。

「四十九日の件については任せます。」

この話を今進める余裕が僕にはなかった。

僕はYに一言だけそう告げた。

 

親類たちは口々に励ましの言葉をかけて帰路についた。

僕は形だけの食事を済ませ、

繰り返し同じ質問をする祖母に

繰り返し現状を説明した後、

23時過ぎ、ようやく居間にあるコタツで横になった。


この日から母の携帯電話を預かることになった僕は、

肌身離さず2つの携帯を持ち歩くことになった。

病院側には僕と母そしてYの携帯の3つの電話番号を伝えてある。

病院からの着信は母の容態に予想外の変化があったことを意味する。

 

この日の夜はさすがに長かった。

携帯電話の着信音量を最大に設定し、

充電量を満充電近くに保ち、

枕元においての睡眠だった。


小さな物音にも意識が反応した。

明け方の新聞配達の音に飛び起き、

玄関先まで確認しに行った。

最後に時計を見たとき、

針は午前6時をさしていた。


意識が遠のき気が付くと午前9時だった。

睡眠不足でボーッとする頭で、

2台の携帯に不在着信の履歴がないことを確認し、

Yに連絡をとった。


次回につづきます。


 

-------------------------------------------------------------------------------------

【 お願い 】

12月24日にDOCOMOの携帯電話アドレスから某 件太郎あてに

メール鑑定のご依頼をいただきましたR様。

こちらからの送信メールが戻ってきてしまいます。

メールフィルターをご活用の場合、

お手数ですが、

PCからのメール受信を有効にしていただくか、

@yahoo.co.jpを指定受信に設定して頂けますようお願いいたします。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 【お知らせ】

只今、家庭の事情により富山へ帰省中のため、

ほしよみ堂、およびかぎねこ亭での対面鑑定はお受けすることができません。

電話占いヴェルニでの電話鑑定、メール鑑定のみ承ります。

 

対面鑑定は富山でのみお受けしております。

対面鑑定をご希望で付近にお住まいの方は

予約フォームよりお問い合わせください。

-------------------------------------------------------------------------------------

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 神無月~霜月(7)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/759

< えんぎもの(イ)  |  一覧へ戻る  |  明けない夜はない >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ