HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 某 件太郎 > 東洋の神秘

東洋の神秘

 

サイコロ.jpg

 

 

 “ 易(えき) ” という占いがあります。

よく街角で易者さんが筮竹(ぜいちく)いわれる、

長い棒をつかって占っているアレです。

 

卜術(ぼくじゅつ)というジャンルに属するこの占いは、

もともと、獣の骨を焼いてできた、

“ ヒビ ” をみて吉凶を定めていた、

卜(ぼく)という占いに古代中国の陰陽思想が合わさって出来た占いです。

 

その起源はもはや伝説上のものとなっており、

河図(かと)=馬の背中の模様

洛書(らくしょ)=亀の甲羅の模様

がもとになっているといわれています。

 

この易という占いの利点は、

分占(ぶんせん)といって、

1. 総合運

2. Aという選択肢について

3. Bという選択肢について

4. 対策

など、1つのお題をさらに分解して占い、

選択肢がある場合、それに優劣をつけられることにあります。

これらを “ 易神(えきしん) ” の判断にゆだねて、

八卦(はっか)という形で結果を出します。

八卦は一種の暗号のようなもので、

われわれ占い師は、

その暗号に秘められた真実を

インスピレーションによって導きだすのです。

 

皆さんもこの東洋の神秘を体験されてみてはいかがでしょう?

 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東洋の神秘

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/537

< チキンカレーと楽しいおしゃべり。  |  一覧へ戻る  |  毎朝、私の部屋に現れる・・・ >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ