HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 碧斗 彩良 > 己亥の年に想う事① ~自分を見つめなおして進む~

己亥の年に想う事① ~自分を見つめなおして進む~

皆さま こんばんは。

碧斗彩良(あおと・さら)です。

 

明けましておめでとうございます。

 

お正月三が日も過ぎて、ご挨拶が遅れました。

 

今年も、相談者様の喜ぶ顔を、たくさん

見たいと思っています。

 

その為に、全力で皆さまをサポートをする

決意の私です。

 

どうぞ、今年も碧斗彩良(あおと・さら)を

よろしくお願いいたします。

 

 

さて、今年の年の干支は「己亥」です。

東洋占では、新年は立春の節入りからですが、

和洋折衷の日本人の私、節入り前の年始に

今年の干支について書きたいと思います。

 

 

私の師匠・中島先生が、ご自身のメルマガで

今年の干支の記事を書いていました。

 

 

今は中島先生のホームページに掲載されていて、

誰でも読む事が出来ます。

 

 

中島先生の今年の干支の記事 

www.hoshiyomitaka.com/blog/cat23/post-682.php

 

 

中島先生のメルマガは、

占いの知識だけではなくて

人としての在り方や日本の歴史など色々なお話を

書かれていて、

 

占い好きな方も、占いが興味のない方も

どなたも楽しく読む事ができます。

 

私も毎日楽しみに読んでいます。

 

 


今年の十干は「己」です。

 

五行では陰の土に該当します。

 

土は土でも「己」は田畑などの湿った土です。

 

そして、今年の十二支は「亥」です。

 

十二支最後の支で有り、季節でいうと

冬の支になります。

 

 

「亥」は五行では陰の水に該当します。

 

 

つまり、今年は

 

「湿った土に寒い冬の雨水が流れている」

 

そんなイメージの年になります。

 

考えるだけで寒くなりますね。

 

寒い事は寒いですが、「己亥」の年は

 

「春が来た時に大きく育つようしっかりと準備をしていく」年

とも取れます。

 

 

「現状を維持し力を蓄える年」になるのです。

 

 

今年は自分を見つめなおして、目標をしっかりと

設定する事を頑張りましょう。

 

 

そうすれば、芽が出る来年以降に

大きく飛躍するチャンスが出てきます。

 

 

では、そんな準備の年の「己亥」の年に

どういう過ごし方をするのが

ベストなのでしょう?

 

続きは次回に書きます。

 

 

 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 己亥の年に想う事① ~自分を見つめなおして進む~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/6283

< ぼくには苦手なことだらけ  |  一覧へ戻る  |  水に流されないで進む ~ 己亥の年に想う事② >

このページのトップへ

月別 アーカイブ