HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 水浅葱 旬時 >  vol.89 肝心なのは 悩みの発端が方位や前世という呪術的な原因ではなく いつもきまって《人の心の中》にあるということ

 vol.89 肝心なのは 悩みの発端が方位や前世という呪術的な原因ではなく いつもきまって《人の心の中》にあるということ

 
 
taka先生の
『紫微斗数占い入門』
 
しばらく
熟成させていたのですが
(開いていなかった)
 
再び読み始めている
水浅葱旬時です。
 
 
ツイッター
つぶやいています。
 
 
 
電話鑑定ヴェルニ
鑑定しています。
 
 
 
チャット占いウラーラ
鑑定しています。
 
 
 
 
ーーー
 
 
《今日の言葉 24》
 
 肝心なのは
 
 悩みの発端が
 方位や前世という
 呪術的な原因ではなく
 
 いつもきまって
 《人の心の中》にある
 ということ
 
 
 
ーーー
 
 
『紫微斗数占い入門』を
再び読み始めたきっかけは、
 
taka先生の動画です。
 
 
 
紫微斗数の魅力を語っており、
 
そこに触発されて、
ふっと本を読み直したところ、
 
とても感動したのです。
 
 
 
 
あれ、
 
こんなこと
書かれてあったっけ・・・
 
 
 
 
 
もちろん、
書かれていたはずです(苦笑
 
 
ただ、
僕の脳が
そこを拾っていなかっただけ。
 
 
拾ってくれる
フックのようなものが
なかったわけです。
 
 
 
今も読み進めていますが、
 
これが不思議と
理解が深まっていくのです。
 
 
 
 
あ、
 
この言葉、
taka先生言われていたなぁ・・・
 
 
 
 
そう感じるところが
とても多いのです。
 
 
だから理解が
深まって当然なんです。
 
 
 
ーーー
 
 
taka先生は
普段の会話のなかでも
 
あらゆる占いの背景や
意義を教えてくれます。
 
 
紫微斗数に
限った話ではありません。
 
 
この会話こそが、
フックとなっていくことを
とても感じています。
 
 
 
ーーー
 
 
taka先生曰く
 
 
悩みの発端は、
 
いつもきまって
《人の心の中》にあると。
 
人の心の中は、
まるで絡まった糸のように、
複雑な因果関係でできていると。
 
 
 
 
確かにそうだと思います。
 
 
そして、
その複雑な因果関係を
 
単なる鑑定の知識だけで
対応できるとは思えないのです。
 
 
 
鑑定の知識だけを
一方向からだけ入れても
 
それだけでは
薄っぺらい鑑定にしか
ならないと感じます。
 
 
 
鑑定の質をどこまでも
上げていくために必要なもの、
 
それは占いに対する
圧倒的な知識量です。
 
 
 
鑑定への知識は
taka先生からシャワーのように
浴びることができます。
 
 
そこから本へ戻り、
自分でも理解しようとしたとき、
さらに深めることができます。
 
 
この循環こそが
鑑定の質を上げていく
流れだと感じています。
 
 
 
 
 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

占い館のフランチャイズオーナー募集中
低リスクで不況に強い「占いビジネス」は起業にも副業にも最適です

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
原宿ほしよみ堂オンライン講座

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:  vol.89 肝心なのは 悩みの発端が方位や前世という呪術的な原因ではなく いつもきまって《人の心の中》にあるということ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/7462

< 「紫微斗数鑑定」紫微斗数は魂を見る占い  |  一覧へ戻る  |  今日のタロット占い「熱意を持って取り組んで」 >

このページのトップへ

月別 アーカイブ