HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 松原 由布子 > 自分だけのもの

自分だけのもの

 

こんばんは。
松原由布子です。

今日は作家さんと元看護師さんの友人と会ってきました。
最近は誰かと会うたびに数秘術の話ばかりしています。
知識があっても実践しないと身に付かないので、
ワークショップ前の自分用レッスンです。
ご協力ありがとうございました☆

「占ってもらう時は自分だけだから
 人によってこんなに違うなんてびっくり。」

そう言われてから初めてなるほどと思いました。
私たちは何千と見ているから当たり前になっていましたが
考えてみればそうですよね。

私も初めて紫微斗数で見てもらった時はみんな戌の命宮だと
思っていて、
教科書を参考にしながらいろんな人たちの作盤をしてやっと
どこの命宮になるかは人によって違うし、
入る星の組み合わせも千差万別だと理解できました。

紫微の場合は278000分の1の確率ですので、
全く同じ命盤の方ももちろん存在します。
だけど、当然同じ人生にはなりません。

数秘チャートはもっとシンプルな構造をしていますが
複雑な紫微斗数にはない柔軟な読み解きができます。
組み合わせることでかなりカスタマイズされているんですよ。

つまり、私たちが複数の占術を用いて鑑定するのは、
目の前のお客様だけの特別な人生の羅針盤を用意するため。

たったひとつの占術で酷いことを言われたと凹んでいたお客様が
明るい笑顔で帰っていかれるのが一番のよろこびです。
 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自分だけのもの

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/1059

< 蛍の迷い  |  一覧へ戻る  |  不妊治療と紫微斗数 >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ