HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 怒りにまつわるエトセトラ

怒りにまつわるエトセトラ

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
占い師としての生活を始めてから、
「言葉」に深く向き合うようになりました。
 
そして、
言葉の元となっている
「文字」のことをよく考えるようになりました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
今日もある文字と向き合いました。
 
それは「怒」という言葉です。
 
「怒」
 
イライラしたり、
カッとなる「怒り」という感情。
 
これ。
 
よく見ると、
「奴+心」
で成り立っています。
 
 
相手のことを
「奴」と指差す状態?
 
「奴」と指差すってことは、
相手を見下しているってことですよね。 
 
 
つまり・・・
 
 
「自分は正しい!」
 
という心があるからこそ、
 
「奴が悪いんだ!」
 
という怒りの感情が
湧いてくるのかも知れません。
 
 
誰かの言葉にカッとくる。
誰かの行動にムッとする。
奴がいるだけでイライラする。
 
 
これは一見、
相手の存在によって
生まれたように見えるけれど、
 
実は相手には悪気などまったくなく、
 
「自身の心が生み出してしまっただけ」
 
ということも
多々あるように思います。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
みんな自分を正当化したいから、
相手が・周りが悪いと思いたくなります。
 
それはごくごく正常な心の免疫機能なので、
過度でなければ問題ありません。
 
でも・・・
 
いつも周りに対して
怒ってばかりの人はどうでしょうか?
 
自分の生み出した
「心の奴隷」
になっていませんか?
 
怒りで狂いそうなときほど、
ちょっと冷静になって
自分自身を振り返ってみてください。
 
他人は自分の奴隷ではありませんし、
自分自身も奴隷あつかいをされたら
とってもイヤですよね。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

私も以前は怒ってばかりでした。
 
一度、カチンと来たら
やりかえさずにはいられず、
「なんでこんなに怒っちゃうんだろう?」
「ケンカなんてしたくないのに・・・」
凄く悩んでいた時期もあります。
 
だけど、
怒ってるだけで物凄〜く疲れるし、
どうにもならない相手を動かそうとするより、
自分自身を自由自在にコントロールする方が効率がいいな〜
と気がついて。愚かさにも気がついて。
 
以来、どうしても譲れない大切なところ以外は
なるべく柳のように飄々と生きようと心がけています。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
例えば・・・
こう考えると
柳の心に近づけるかも。
 
私たちの暮らしている地球は、
いつもぐるぐる廻っていますよね。
実は、めちゃくちゃ猛烈なスピードなんです!
 
赤道上では秒速464m。
東京では、秒速380m。
 
な〜んもしなくても、超高速で廻ってる。
 
そんな猛スピードの回転中。
踏ん張っていては、逆に危険です。
ポキッと折れてしまいかねませんもの。
 
柳のように風に吹かれて
ゆら〜ん、ゆら〜ん。
ゆらり、ふわり。
 
大事な意志だけ
幹の部分に蓄えて。
 
そんな感じで
心は軽〜く泳がしていた方が、
自然の波に乗っていけるのかも知れません。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
今回のテーマにぴったりな曲を思い出しました。
バラエティ番組の企画ものとはいえ、侮ってはいけません。
シンガーソングライター中西圭三さんが作った曲。
(Choo Choo Trainも彼の作品)
サビ部分での転調なんてグッときます。
 
【Timing】
 By.ブラックビスケッツ
 
途中で出てくる高層ビル、
ワールドトレードセンターなんですね。
この曲の発売が1998年なので、
911の3〜4年前という貴重な映像です。
 
【Timing】
 By.奥田民生
 
こちらもグッときました。
もう完全に民生ソングになってる!
ユニコーン時代も好きですが、
太公望のようにゆる〜くなった
ソロの民生さんも大大大好きです。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 怒りにまつわるエトセトラ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/1056

< 女のチカラ月  |  一覧へ戻る  |  蛍の迷い >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ