HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 坂本レイコ > 秋晴れに神社に参ろうぞ

秋晴れに神社に参ろうぞ

今年は、60年に1度の出雲大社の遷宮、20年に1度の伊勢神宮の遷宮が重なり、
神社参拝がブームです。
 
皆さんは、神社に参拝する時、どんな神様がいらっしゃるか、
知った上で参拝していますか?
正しいお参りの仕方を知っていますか?
 
出雲大社の御祭神は、『大国主大神様』で、縁結びで有名ですね。
旧暦10月は、八百万の神様が出雲に集まりますので、
全国では神無月と言いますが、出雲では神在月と言います。
今年は、11月12日の神迎神事に始まり、大国主大神様をはじめ、
全国から集った神様が、ご縁を結ぶ会議をすることでしょう。
 
伊勢神宮には、衣食住の守り神、外宮の『豊受大御神様』
太陽の神、内宮の『天照坐皇大御神様(天照大御神様)』が祭られていますね。
外宮に参拝してから、内宮に参拝するのが、正しいとされているようです。
 
さてさて、皆さんは、『産土神社』をご存知ですか?
私は、人は産まれてくる時、ご縁のある神様に守られて、
ご縁のある土地に、産まれて来ていると思っています。
産まれた時から、ずっと見守ってくれている神様。
それが産土神社の神様です。
氏神様とも呼ばれています。
私の産土神は、龗神と言って、水の神様で、龍神様とご縁があります。 
 
本来、七五三など子供のお参りは、産土神社にお参りし、
この土地の一員になりましたと感謝し、子供の健康をお祈りする儀式でした。
現在は、有名な神社にお参りする方が増え、産土神社は寂れてしまっています。
少しさみしく感じますが、私の経験では、氏神様にお参りすると、
必ず「良く参った」と言われているような、出来事が起きてくれます。
皆さんも是非お参りしてみて下さい。
 
それと、有名な神社に参拝する前に、産土神社や、居住地鎮守の神社にお参りして、
『今度、どこどこの神社の、なになにの神様にお参りしますので、
何卒、よろしくお願いします』
とお祈りすると、ご縁のある神様が、行く先の神様とのご縁を繋いでくれますよ。
 
元々ご縁のある産土神社、氏神様が分からない方や、
個人の信仰でご縁のある神様を知りたい場合には、
私まで聞きに来て下さいね。
 
そして、何となく参拝しているけど、お作法はこれで良いのかしら?
と思っている方が、案外多いのではないかと思います。
そんな方は、『渋谷ほしよみ堂』古神道家のそまり百音先生が、
10月27日 (日) に、秋の神社&古神道講座を開催されます。
是非、受講してみて下さいね。
 
 
 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 秋晴れに神社に参ろうぞ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/2605

< 秋の神社と産土神社。  |  一覧へ戻る  |  マスターナンバー『ライフパス11』 >

このページのトップへ

最近のエントリー

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ