HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 綺咲みゆき > 自分を責めないで!

自分を責めないで!

 おはようございます。綺咲 みゆきです。

 

最近のご相談で多いのが、過去の恋愛など、トラウマをひきづっているケース。

 

ご相談者Aさんの場合は、とても明るく、

「私我儘だから、好きな人がいるのに他に好きな人ができちゃうんだよねぇ。」

と仰っていました。

 

仕事の休憩中という状況もあり、さらに電話鑑定という状況が重なると10分以内の鑑定で終わらせる方も多いのが現状です。

 

もちろん休憩中に私にSOSを送ってくれたAさんの為にできる限りのことはしたいのですが、

 

彼女に私ができたのは、

 

「本当は辛い心の内を明かせる人を見つけてくださいね。」

 

と、言葉をかけるだけ…。

 

同じ状況だけど、私の予定をチェックし無理やり予定を合わせて時間を作ってきてくれた別の相談者Sさん。

 

「このカードの伝えていることは、とっても辛い恋をしていたという事なの。」

 

彼女は思い当たるように、頷きました。

「今、思いうかべている方に伝えられなかった想い、そして泣くことさえできなかった自分の思いを受け入れることが必要なの。紙に書いてもいいし、親友に話してもいいし、とにかく脳にその状態を認識させ、心が追いついていない事に気づかせないと…。」

私の話を聞きながら、彼女は過去の恋愛を語り出しました。

 

「本当に好きだったの…でも、会えないから諦めることにしたんだよ。それが彼のためだと思ったから。」

 

Sさんは優しい女性です。そして真面目です。

だからこそ、彼を封じ込めて新たな恋愛をしなければ心が潰れてしまいそうだったのです。

 

誰しも、一度はこれ以上愛した人はいないという恋愛をしています。

 

そして、その彼との恋愛を終わらせて次に進めばいいのに、

終わらせ方が分からないからこそ、皆さんが相手を心の棺桶に封じ込めてしまうのですね。

 

そして、1時間半にわたって私と話したSさんは、彼との恋を終わらせると、彼に連絡を取ってみたそうです。

 

すると、鑑定結果通り、彼も彼女との恋愛を終わらせることができずにいて、

今はゼロからやり直すという事になったそうです。

 

もちろん、Sさんのように彼と復縁できる方はほんの一握りです。

 

だって、目的は彼を彼を心の棺桶に封じ込めた瞬間から止まってしまった彼女の時間を再び動かすことですから…

 

ただ、この時間を動かすという方法を意地を張ってしない方もいます。

自分には必要ない。

そう感じるほどに封じ込めているからですね。

でも、素直に自分の気持ちに向き合った方は、新たな恋愛が急にうまく動き出して、同棲の話が出たなんて方もいます。

 

実は占い師って預言者ではないので、相談にいらした皆様の心のSOSを聞いて、

支えに離れなくても、

つっかえ棒か杖代わりにはなる

存在だと思っています。

 

しかし、残念なことに、短時間ではすべてお伝えできないのが現状です。

もちろんスキルアップをして、もっと素早く皆様のSOSに気づく努力をするのは私の役目です。

 

でも、相談にいらっしゃる皆様が

「絶対無理。怒られるし。」

と思っていらっしゃっては、自分の心に向き合うこともできないのです。

そればかりは、私もお手伝いができない事なのです。

 

先日、相談に致したTさんは、

私の鑑定を受けるのは2度目の方でした。

鑑定内容は決して彼女にとって良い結果とは言えないものだったのです。

それをお伝えすると、

「先生、ごめんなさい。私、先生に嘘をついていました。」

と仰いました。

どこが嘘かによっては鑑定結果も大きく変わる可能性もあるのでドキッとしたのですが、

「私、既婚者なんです…

こんなこといけないって分かっています。

でも、どうしても彼が気になって…もちろん一線を越えてはいけない事も分かっています。

ただ、お友達として関わりたいのです。あわよくば、疑似恋愛ができたらと思う自分が

自分勝手すぎて嫌になります。」

 

そうです!

 

表現方法はどうであれ、皆さん、ご自身を責め、ご自身を罰しているのです。

だから、占い師にも怒られるだろうと思っているようです。

 

いつも私は浮気反対派ではないし、

浮気にせよ、喧嘩にせよ、

どちらかが一方的に悪いなんてことはこの世の中に存在しないと思うのです。

 

人には言えない恋をしようと、

人に言ったら怒られるほど昔の彼を引きづっていようと、

それはいけない事ではないのです。

 

それは皆さんの心のSOSだと私は思います。

 

昔の彼を引きづってしまうのは、彼以上に愛してくれる彼に出逢えていないからかもしれません。

それは、逆を言えば、今の彼の愛情が足りないと感じているのです。

 

他の彼を好きになってしまうのは、彼では満たされない思いを抱えているからかもしれません。

それは、逆を言えば、もっと優しくして、もっと愛してと感じているのです。

 

つまり、SOSなのです。

 

そのSOSに気づき、きちんと対処をすれば、

最愛の人、運命の人との恋が動き出すのです。

 

私は今までにそうやって動き出した恋を見てきました。

 

ある相談者Oさんは、気になる男性がいると相談してきましたが、

 

「ご家庭うまくいってないんじゃありませんか?よろしければ夫さんとの関係を占いますが…?」

と提案させていただくと、渋々了承してくださいました。

 

「やっぱり!

夫さんにいくら伝えても話を聞いてもらえなかった…

どんなに訴えても私の気持ちを理解しようとはしてくれなかったってカードに出てますよ。

でも、一番大切なのは夫さんですね。」

 

私がそういうと、

 

「実は、そうなんですが、何十年も一緒にいて主人とうまく接する方法が

分からないなんて恥ずかしくて…

一生懸命主人を見ているつもりですが、何を考えているのか、

私の事をまだ好きと感じているのかさえ分からないのです。だから…

他の人に心を向けたら少しは楽になるのかな?と思ってしまったのです。」

 

彼女は素直です。

そして、夫さんを愛しています。

好きだからこそ相手の気持ちが気になるのです。

 

もちろん、きちんとアドバイスさせていただいて、

気になる彼ではなく、ご主人と向き合ってみるとおっしゃっていました。

 

 

実際、時間の都合もあったりして、ゆっくりお話しできるタイミングがないかもしれませんが、

自分が時間の取れる時にいらっしゃる方、もしくは30分を数回に分けてでも、

トータル1時間~1時間半鑑定された方は、ご自身に向き合う方法を知って変えていく方が多く、

嬉しい報告をしてくださる方も多いのが事実です。

 

 

私も心のSOSがあるのかな?

それも見てくれるのかな?

と思っている方にお伝えします。

 

もちろん、心のSOSがあるのか、無いのかきちんと判断いたします。

 

しかし、

自分に向き合う、

止めてしまった時間を動かす、

といった作業は、おそらくご本人が一番辛いはずです。

 

だから、できればそれの辛い時間をつっかえ棒か杖代わりで

一緒にお手伝いしたいのです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自分を責めないで!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/5580

< *暑いけど、浴衣を着ると気分が涼しくなる*  |  一覧へ戻る  |  はじめまして、かありぃです。 >

このページのトップへ

最近のエントリー

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ