HOME > 占い師紹介 > 中臣ひとか ーHitoka Nakatomiー

占い師紹介 : 中臣ひとか ーHitoka Nakatomiー

予約をする

携帯からメールされる方はドメイン拒否などされている場合
返信が届かないことがありますので
受けとれるよう設定ご確認下さい

メッセージ

ほしよみ堂大阪駅前店オーナー中臣ひとかです。


人生で辛く悲しい出来事が起きるとき
「なぜ自分だけが?」と自分の人生を疎ましく
思うことがあるかもしれません。
しかし不幸だと感じる体験こそが
この世の学びであり
幸せに転ずる絶好のタイミングなのです。

私自身、幼少期から複雑な家庭環境で育ち
大人になってからも波乱万丈な人生でした。
悲惨な出来事が起きるたび、
「なぜ自分の人生にこんなことが起きるのか?」
と煩悶して過ごした時期もあります。

ですが、いつの日からか
すべての出来事は何かに起因しているのだろうという感覚と、
目にみえない存在には助けられていると感じるようになり。

離婚を機に、それらの謎を紐解きたくて
スピリチュアルやヒーリングの世界を網羅することになりました。

私はチャネリングという技法によって
すべては自分で選んで生まれてきた、
これまでの経験は自分の使命につくために
必要な試練だったと知り、
  その使命は『占い』により
    確信することができたのです。
個人的に霊感だけを頼りにすることも、
占術のみを頼りにすることにも抵抗があり、
けっきょくはバランスが大事だということに辿り着きました。

たとえば命術と呼ばれる占術はたくさんありますが、
どの命術にも宿命や使命を解読するヒントが散りばめられています。
だからこそ霊感という感性・感覚が優れていても、占術を駆使することで、
より的確な答えを知ることができます。

しかし占術がすべてのように占い結果に囚われすぎてしまうことも本末転倒です。

人生の主役は自分なのですから、
すべては自分次第であるということは言うまでもありません。

私はお逢いする皆さまに自分の感覚を信頼しながらも『占い』を
上手に活用し幸せになっていただきたいと願っています。

どんなご相談にも占術と、これまで培いました
経験と感性、感覚をバランス良く駆使して
真摯にアドバイスさせていただきます。

どうすれば現状を切り開くことができるのか?
自分は本当にどうしたいのか?
自分の宿命・運勢を知り、自分らしく自分の運命をクリエイトしていきましょう。

誰もが愛を感じて人生が愛で包まれますように。
生きていることの素晴らしさが伝わりますようにお役に立てれば幸いです。

先ずはご予約を!お待ちしています!!

プロフィール

幼少期、父不在時の夜、幾度となく母が蒸発。
目覚めると誰もいない家に耐えきれず泣きながら隣の家を訪ねる日々。

ほどなく両親は離婚。
父に引きとられるも神戸に住む祖母方に預けられ、
祖母と同居していた叔父、叔母夫妻に実子のように育てられる。

12才、父再婚、大阪へ。
16才、腹違いの弟誕生。
17才、同じく腹違いの双子の妹誕生。

弟妹よりも義母との年齢差が近いという
複雑な家庭環境。
この頃から眠ると幽体離脱現象が頻繁に起こり
目に見えない存在を感じるも誰にも言えずに過ごす。
大手都市銀行に就職6年後寿退社。
1996年 2才年下の男性と結婚するも
先方の両親からは結婚を反対されていたために
入籍後、絶縁。

孤立状態の中、

1997年長男誕生。
1998年長女誕生。

長男1歳9ヶ月、小児がん発症。
抗がん剤投与と開腹手術を繰り返し1年間、
病院に泊まり込む生活。
退院後、4年間通院、幸いにも寛解。
病院内での闘病生活は
常に死と隣り合わせの日々。
スピリチュアルな感覚を頼りに過ごす。

入院中は長女の世話もあり、
両家の支えが必要で気づけば
夫の実家との関係が修復。
次女の妊娠を機に夫の実家で
三世代同居の生活を開始。

誕生した次女に長男と同様の異常が見つかり
生後8日目開腹手術、ICU2ヶ月の入院生活。
5年間通院の経過観察後、
またも奇跡的に寛解。

度重なる子供達の闘病生活、
それでも快方に向かったことに
家族を含む何かの因果因縁を実感。
更にスピリチュアルな感性、
感覚を頼りに生きる。
結婚生活9年目、夫のW不倫発覚。

相手の女性を妊娠させ堕胎させる事態は
両家を巻き込む大騒動となり離婚。

2005年
3人の子供を引きとり大阪から神戸へ移住。
シングルマザーとなり自立するため
癒しに関する勉強を本格的に開始。

2007年
アロマトリートメントのお家サロンをしながら
ヒロットサロンでセラピストとして勤務。

2008年
整骨院にアロマセラピストとして8年勤務。
院内では西洋占星術、マルセイユタロット、
カラーセラピーなどを用いた心のケアも担当。

同時期、アロマインストラクター取得後、
私学高校内にてアロマセラピーの特別講師を
7年担当。

アロマテラピー、キネシオロジー、ハンズオンヒーリング、ヒロット、
心理学、カウンセリング、潜在意識、イメージトレーニング、引き寄せの法則、
T/Cカラーセラピー…
密教などスピリチュアルな学びを網羅する中、

チャネリング技法により
過去生から起因する自分の使命に気づく。

『占い』との出会いは必要に迫られて。
人相学を学ぶ予定で紹介された
母の知り合いの占い師のすすめで
マルセイユタロット、西洋占星術
を学ぶことに。

西洋占星術で使用するホロスコープは
各自の魂の過去生の終わりを示すと同時に
今世の魂のテーマ、
生まれもつ宿命や使命を
誰もが知ることができることに感銘を受け、
ご縁ある方への鑑定をはじめる。
実践鑑定を重ねることで『占い』が
人の悩みを解消するツールであることを体感、
更に『占い』の神秘にはまる。

2015年
大阪、三宮を拠点とする占いの館出演の話が舞い込む。
アロマセラピスト業の傍ら週1で始めた
占い師の仕事が1ヶ月後には本業に。
半年で予約の絶えない状態となる。

これまで対面鑑定のみで5000名以上の
相談に真摯に向き合い、
各占いサイトで恋愛、不倫、復縁に
関する鑑定で高評価をえる。

2019年秋、
関東へも活動拠点を広げる流れの中
ほしよみ堂創始者中島多加仁先生と出会い、
東洋占術家として師事、薫陶を受ける。

原宿ほしよみ堂所属、
ヴェルニにて電話鑑定開始。

2020年4月
大阪ほしよみ堂(ほしよみ堂大阪駅前店)
オーナー就任。

どんな些細な悩みにも霊感のみに頼らず
相談内容に合わせて占術を駆使し、
吉凶判断はもとより原因解消への道を探り、
魂に響く鑑定を追求しています。 
たくさんの皆さまのお役に立てれば幸いです。

得意な占術

西洋占星術、タロット、サイキックタロットオラクルカード、 紫微斗数、各種オラクルカード、オーラリーディング、チャネリング、ペンジュラム

鑑定について

電話鑑定

電話占いVERNIS

 

基本鑑定

対面鑑定 20分 4,000円(延長10分ごとに2,000円)

運命鑑定

タロットや数秘術などを使用し、気になるあの人の感情から、基本的な性格、恋愛運、仕事運など…。
現在の状況や近い未来を読み取ります。

対面鑑定 30分 6,000円 (延長10分ごとに2,000円)
60分 10,000円 (延長10分ごとに2,000円)
メール鑑定 1件3,000円
1,000字前後の運命解説をメールでお送りします。

教室について

ご自分のペースで学べる西洋占星術や紫微斗数(しび・とすう)教室のほか、タロット・手相などのワークショップを開催しています。
占いレッスンが初めての方から、知識があって実践に活かしたい方まで。
占術は、西洋占星術、紫微斗数、数秘術、九星気学、タロットからお選びください。
個人レッスンは自由が利きやすいので、空いた時間で効率よく学べます。
質問があったら、すぐその場で聞けてしまうのも良いところ!
なんでも聞いてください!

西洋占星術および紫微斗数の教室

趣味で学びたい方向けの、本格的な個人レッスンです。
初級コース 全5回 1回1時間 10,000円(入会金・キャンセル料なし)
中級コース 全5回 1回1時間 10,000円(入会金・キャンセル料なし)

プロ育成レッスン

短期集中でプロを目指します。知識ゼロでも大丈夫!
5時間のレッスンでプロデビューを目指します。
プロ育成レッスン  5時間  50,000円(入会金・キャンセル料なし)

鑑定場所

対面鑑定・教室

占術専門店 『ほしよみ堂』大阪駅前店
大阪市北区梅田1丁目1番3 大阪駅前第三ビル2F


営業時間:11:00-20:00
ただいま不定期にて出演中。



大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5分
大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約5分
JR東西線「北新地駅」より徒歩約2分
JR各線「大阪駅」より徒歩約8分
阪神各線「梅田駅」より徒歩約5分
阪急各線「梅田駅」より徒歩約10分


占術専門店『原宿ほしよみ堂』

渋谷区神宮前3-18-16(03-5775-6603)

原宿ほしよみ堂へは、ただいま月一不定期にて出演中。
鑑定の受付は予約制となっておりますので、 お手数ですが下記よりお問い合わせください。
スクリーンショット 2015-07-12 19.28.23.png

 


お問い合わせ

予約をする

携帯からメールされる方はドメイン拒否などされている場合
返信が届かないことがありますので
受けとれるよう設定ご確認下さい

< 碧斗 彩良 - Sara Aoto -  |  一覧へ戻る  |  鈴木 リンダ - Rinda Suzuki - >

このページのトップへ