HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 安心院 狐 > 松の内と初詣

松の内と初詣

 明けましておめでとうございます☆

原宿ほしよみ堂の「あんしんいんさん」こと安心院 狐(あじむ きつね)です。

皆様、本年もどうぞ宜しく御願い致しますm(_ _)m

 

令和2年に入り、初めての記事投稿です。

皆様一月に入り一週間程が経ちましたがいかがお過ごしですか?

私は7日に初詣に行きました。

本当は三が日に行きたいところではあったのですが、

なかなか行くことが出来なかったので

せめて松の内が終わる前には!

と滑り込みで行って参りました。

三が日は分かるけど松の内ってなんだろう?

そういう方も意外と多いので簡単に説明いたしますと、

門松や松飾りを飾っておく期間「松の内」といいます。

松の内は年神様がいらっしゃる期間

ですので、年賀状のやりとりや新年の挨拶を交わすのも松の内までというわけです。

初詣も正月行事の一つにあたりますので、

その期間に済ませておきましょうということです。

ちなみに関東地方では1月7日までとされていますが、

関西地方や一部九州地方では1月15日までのようです。

ご自身のお住まいの地域はいつまでなのか一度調べてみるとよいかもしれませんね。

初詣でおみくじを引いた後は

是非!ほしよみ堂で今年の運勢を占ってみてください♪

 

 

安心院 狐(あじむ きつね)


Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 松の内と初詣

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/7005

< 2020年はどんな年? ~数秘術で占う今年の運勢~  |  一覧へ戻る  |  占いの鑑定は杓子定規ではない >

このページのトップへ

月別 アーカイブ