HOME > 占い師紹介 > カァリィ - karlie -

占い師紹介 : カァリィ - karlie -

予約をする

携帯からメールされる方はドメイン拒否などされている場合
返信が届かないことがありますので
受けとれるよう設定ご確認下さい

メッセージ

こんにちは。毎週火曜日に、ほしよみ堂で鑑定しているカァリィです。

 

今まで一番良く受けた鑑定内容は、

「彼・彼女の気持ちがわからない」「私の事を周りはどう思っているのか?」

という他人の事を聞く内容でした。

それももちろんエネルギーリーディングとタロットで鑑定可能な内容なのですが、

相手の気持ちを知ってもモヤモヤは解決しませんし、

付き合えるようになるわけではありません。

皆様が本当に望むのはどういう状況(関係性)なのか、
それを達成するには今何が足りていなくて、
どのように行動していけば理想の人生を歩んでいけるのかという具体的な内容こそ、
タロットカードを使って読み解いていくべき内容なのです。

恋愛に限らず、全ての人間関係、仕事の悩みも全ては
自分が気が付かずに日々やっている考え方や行動の癖が原因で問題が生じているのです。

問題を解決すればおのずと状況は望んだものになっていきます。
占い師は、占術を使い、問題の本質を明らかにし、皆様の行動を修正するための案内係です。

占い師はゴールへの方向と道をガイドすることは出来ますが、
実際にその道を歩くのは皆様なのです。

誰でも行ったことがない場所に行くときはガイド又はガイドブックが必要です。

占いとは、皆様が自分の目的地に向かう道を正しく歩けるようにガイドすることでもあるのです。

人は体、心、魂の3つから成り立っています。
この3つのエネルギーバランスが取れているときは、全てが思い通りスムーズにいきます。
時には魂と体は普通のエネルギーなのに、心だけがものすごいパワーを持っている人もいます。

こういう人は、心が暴走すると、通常のエネルギーしかない体と魂に負荷がかかり、
体調不良や鬱状態に陥ったりします。

そうならないように、自分のエネルギー状態を常に意識しながら生活していけるようになると、
心身ともに健全な人生を歩んでいくことが出来ます。

占いはオカルトではなりません。エネルギーの質と動きを鑑定することでもあるのです。

以下に皆様の人生の道案内をするための最短コースをご用意しました。
まずはここから始めてみましょう。

 

プロフィール

トランプ大統領と同じ6月14日生まれ。
幼少期から好奇心と行動力が旺盛で、高校時代にアメリカに1年交換留学。
高校卒業後、中国四川省に1年語学留学後、四川大学ジャーナリズム学科に入学。
唯一の外国人同級生のロシア人と一緒に中国人大学生にまみれて4年間を過ごす。

このころ陸路で四川から雲南省-ラオス、雲南省―タイ(飛行機)、雲南省―ミャンマー(飛行機)、
雲南省―タイ―カンボジア―ベトナム―中国(全部陸路)、雲南省―タイ―インド(飛行機)などの
バックパッカー旅行を冬休みを使って実行し、卒業後に住みたい国を選別。

大学卒業後、上海、香港、シンセンの日系企業で数年勤務。

その後バンコクの日系企業で数年勤務、次はシンガポールの日系企業と住みたい国で
就活・就業をしながら10年近くを過ごす。

その後、インドに渡り、ケララのアーユルベータ病院で3か月住み込みでアーユルベータの基礎を学び、実習も体験。

薬は何で効くのか?という質問にエネルギー的な答えを見出す。

ヨガの聖地リシュケシュとハリドワールにてアシュラムに滞在しながら
アシュラム付属の大学の先生から1-1でインド占星術を学ぶ。

アーユルベータとの深いつながりを感じる。

四川大学時代に突然他人の思考が見え出し、
いわゆる秘密の人間関係や、考えが見えるので誰と誰が今後付き合うだろうとか、
別れるだろうということがわかるようになる。

気持ち悪いのでしばらく他人と関わらないようにしていたが、
卒業後インドに行って宝石ヒーリングを学んでいるうちに余計この能力が悪化(進化?)する。

バンコクで働いているときに現地でオーストラリア人からレイキと超能力開発コースを受講。
益々この能力が悪化(進化?)する。

シンガポールで働いているときにインドネシアのウブドにいるアメリカ人の占い師に
見える見えないを自分でコントロールできるようになりたいと相談に行くと、
「それはギフトだと思って受け入れて、占い師になれ」とアドバイスさる。

自分の見たものが妄想か現実かセカンドオピニオンを取るために
タロットカードを使えとアドバイスされ、教えを乞う。

その後海外にいる日本人相手に占いをしてきたが、
鑑定数の限りがあるので2016年に18年ぶりに日本に戻り、占い師として働くことに決めた。

 

毎週火曜日に出演中。


 

鑑定について

運命鑑定

●転職をお考えの方
(このまま今の仕事を続けるべきなのか?どんな仕事が向いているのか)

●恋愛でお悩みの方
(自分にとって良くない方ばかり好きになってしまう、
全く出会いがなく、どうやって恋愛を始めたらよいのかわからず一歩が踏み出せない)

●人間関係でお悩みの方
(仕事も恋愛も他人との関わり方や距離感がわからず、上手くいかない)

●漠然とした人生全体に対する不安感が常にある方

●経営者の方
(ビジネスパートナーとの相性や、今後の方針や新事業の行方について鑑定を受けてみたい方)

対面鑑定 30分 5,000円 (延長10分ごとに1,500円)
60分 9,000円 (延長10分ごとに1,500円)
ご相談内容に応じて手相や易なども合わせて鑑定します。
1時間コース お客様の現状の運勢鑑定、オーラリーディング(どういう流れの時期にいるのか?)
現状のお悩みに対する鑑定。特にお悩みが無い方は人生の課題や、どういう人生を歩んでいくとよりよい日々を過ごせるかなどのアドバイスカードを引いていきます。 カードとエネルギー鑑定を行います。質問に答えてもらうことで、お客様の思考エネルギーを見ながら、お悩み事や解決したい問題の根本的な問題が何なのか明確にしていきます。出会いがない、仕事が上手くいかない、人生全体に漠然とした不安を感じる、というのは事象であって、問題の根本的な理由がわかり、正しい対処をすれば消えていく問題です。 通常の占いですと「こういう問題、不安があり、彼・彼女は私の事をどう思っているのか、周りはどう思っているのか」などと他人の気持ちや評価をカードに聞くことが多く、なぜお客様ご本人が今満足のいく状態にないのかというところまで鑑定することは稀です。そこまでを占いに求めていない、又は占いで解決できるという認識が薄いのが現状です。このスペシャル鑑定では、根本的な問題の原因を探り、解決法を提示します。

特別鑑定

1時間コース+以下の鑑定を行います。

2時間コース ①写真による、お客様以外の方の人相、オーラ鑑定。
鑑定してほしい方の写真をできれば3枚ご用意ください。可能であれば、背景が白のものと、その方が一人又はお客様と一緒にいない時の写真3枚、お客様との2ショット3枚があると、オーラの色の変化からお二人の関係性などを鑑定することが出来ます。
②動画又は写真による手相鑑定。
手相にはご本人の現状のありようが反映されています。自己分析としても使えますし、最もご縁のある婚期などは手相から鑑定することが出来ます。
③写真鑑定をした関係者の方々とお客様の関係性の本質や、今後の発展性などをカードと対話によるエネルギーリーディングを使って鑑定していきます。通常の恋愛、人間関係はもちろん、経営者の方でビジネスパートナーとの相性を見たいという方にも役立つ鑑定となっています。
3時間コース 上記の鑑定結果を受け、それらの問題をどのように解決していくべきか、対処法を明確に示していきます。カードと対話によるエネルギーリーディングで鑑定していきます。対処法を提示しても、それを実行できるかどうかはお客様次第です。実行力のある方は問題ありませんが、エネルギーの使い方を間違っていると、正しくない方向に自分の全エネルギーを注いでいるために慢性疲労又は軽いうつ状態になっていて、行動を起こすエネルギーすらない方もいらっしゃいます。やるべきだとわかっていても、生活習慣や今までの癖を変えていくのは覚悟も時間も必要で、なかなか実行と継続は難しいという方も多くいます。そういう方には、普段どういう思考回路でどういう行動習性があるのかを明確にして、それをどのように変えていくか、考え方を変えていく方法をお伝えします。皆様の日々の生活が有意義で充実したものになっていくように、一緒に解決法を考え、行動に移せるように応援していくための鑑定となります。

鑑定場所

対面鑑定・教室

占術専門店 『ほしよみ堂』
渋谷区神宮前3-18-16 マリアハウス / キロマンテ
原宿駅から徒歩10分、地下鉄明治神宮前駅から徒歩5分
営業時間:11:00?20:00
ただいま不定期にて出演中。

渋谷区神宮前3-18-16(03-5775-6603) 営業時間:10:00?22:00
鑑定の受付は予約制となっておりますので、お手数ですが下記よりお問い合わせください。

スクリーンショット 2015-07-12 19.28.23.png

 


 

お問い合わせ

予約をする

携帯からメールされる方はドメイン拒否などされている場合
返信が届かないことがありますので
受けとれるよう設定ご確認下さい

< 菊池柚姫 - Yuzuhime Kikuchi -  |  一覧へ戻る  |  新月麻乃亜 - Manoa Aratduki - >

このページのトップへ