HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 坂宮 鈴果 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 坂宮 鈴果 アーカイブ

1 / 17 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

お久しぶりです!友達はいるのかいらないのか問題(兄弟宮の化忌)

 こちらに書くのは本当に久しぶりです。

覚えていらっしゃる方がいるかな・・・(笑)

坂宮鈴果です。

都内で鑑定しております☆

 

せっかく書きにきたので占いネタを。

子育てしていると

子供にどうも決まった友達がいないけど大丈夫か

とか

上手く遊べているか心配だ

とか

いじめられないだろうか

とか

もしや、いじめている方になったりしてない?

とか

集団の中で上手く立ち回って居るんだろうか

とか

とにかく大勢と遊びたがって家にも容赦なく連れてくるので大変

とかとか

 

いなけりゃいないで、多いなら多いで

色々心配になる親御さんは多いと思います。

 

さて、うちの子供は兄弟宮に「化忌」がいます。

幼児の頃は1人遊びの達人状態。

友達どころか、集団で何かをやると 言うときでも

全く別のことをやったり、ボーっとして自分の世界に入り込んでいることも多く。

家の中で1人黙々と遊んでくれたので親としてはラクな方かなくらいに考えてました。

 

小学生になり、まあそれなりに仲の良い子も出来たのですが

ここでびっくりしたのが、自分から上手く遊びに誘えない&約束の仕方が下手であるということ。

 

近所の子を誘いに行って、都合が悪いと断られると泣きべそをかいて帰ってくる。

遊ぶ約束をした!と意気揚々としているけど、聞けば日時も場所も約束していない。

相手の家はわからない。(どうやって遊ぶんだ)

ため息をつきながら相手の親御さんに連絡して、遊ばせるなんてことが2年くらい続きました。

小学校も高学年になりようやく、その辺も親が関知しなくて良いというレベルに。

・・・長かった。

 

ここで、よく遊ぶ子供の友達の命盤を作ってみて驚愕しました。

偶然と言えばそれまでですが

なんと、仲良し君4人全員、兄弟宮に化忌がいる子達でした。

 

類は友を呼ぶ。

ビックリですねー。

一人っ子も兄弟が居る子もいるんですが、兄弟が居る子も男の子のせいなのかわかりませんが

親御さんが口を揃えていうのが、

「面倒見が良くない。」

 

面白いですね。今後つきあいが続く子がいるのか、否かわかりませんが

占い師としてもそっと注目しています。

 

いまのところ、私が導き出している答えの一つを今回はお教えしちゃいます。

兄弟宮に化忌がいるお子さんに

「友達出来た?」

は禁句。

彼らには、1人でも平気なメンタルと世界があるのです。

ではでは。また!

環境3割、資質7割

 せっかくなので、たまには連続で投稿していきます。

親子の鑑定をすることが多いのですが、それらをみて感じるのが本日のタイトルです。

もって生まれた資質はやっぱり大きい。


でも、それを伸ばす環境の影響というのも絶対にある。

じゃあ、どちらが強いのかといえば、持って生まれた資質の方がやはり強いなあというのが実感です。

そして、親との相性というのも歴然とある。

なので、子育てで悩んでいる親御さんには

育て方、導き方がその子に響かないことはあるかもしれないが

どうやってもこれは出来ないというものについては

自分のせいにも子どものせいにもしないで欲しいと言いたいです。


それは、お子さんの個性で実は後々大事な資質かもしれないから直そうとか整えようとかしない方がいいかもしれない。

もしくは自分自身が気付かないと修正できないかも知れない。

ちなみに、うちの子どもは月の星、おっとり繊細な太陰星の独主で遷移宮の天機に命忌を飛ばし、兄弟宮に化忌がいるような子ですから

人見知りは5ヵ月から全開、場所見知りもかなりあり。

保育園には1歳からフルで通い、私が旅行好きなので0歳の時から色々連れて行きましたが、保育園では進級のたびに不安定になり、行事の日は不安で泣くとかしょっちゅうでした。

人なつっこさなどカケラもなく1人でも平気。かなりマイペース。

周囲が何をやっているかあまり興味のない子でしたが、今は聞いているフリはするようになりました。

フリなので全然何も聞いてなくて、先生にまでバレバレ。

後で確認しても本人が「なんだっけ、わかんない。」とシレっというので別の意味で親も困ってますがw

旅行も何かのイベントも相変わらず行く前は気が進まないような事を言い警戒心も強いけれど、行ってしまうとわりとどこでも平気です。

さすが、芯の強い太陰星の生まれだ!と心の中で親ばかよろしく褒めています(笑)

お詫び

 ここ10日間ほど、対面鑑定の日時を間違えたり

メール鑑定が送ったつもりが送られていないといったミスが相次ぎまして

ご迷惑をお掛けしております。

 

こちらのキャパ越えだったようで
スムーズにやり取りできない方にはこの場を借りて

重ねてお詫び申し上げます。

 

メールについては、期日を記載しておりますが

その期日を過ぎても連絡がないようならご連絡をと毎度記載しておりますが

対面についても前日に確認のご連絡をするように致します。

 

上記対策で改善するようにしばらく運用してみます。

鑑定については勿論なおいっそう精進致しますので

今後ともよろしくお願いいたします。

占い的に不幸な人生を背負っている?

 さて、先々月くらいから続いていたメール鑑定の集中依頼がようやく落ち着きました。

お待たせしていた皆さん、時間が掛かってしまってすみませんした!

 

閑話休題。

最近人生楽しそうだねとかバイタリティあるねって立て続けに言われました。

いやいやいや、すぐ凹むし、キーーーーって歯軋りするし、全てをたたき割りたくなること勿論ありますよ!

人生なんて上手くいかないことだらけですし。


家族には久々にしみじみ言われているのです。

「運が悪い、間の悪い人間だよねぇ。」


この言葉を裏付けるように、私の命盤とか特筆すべき良い所なんてさしてないのです。

20代前半くらいまでは、その辺を自分でも早くから自覚していたので

なんだかんだ他人のせい、物事のせいにしていたことも否めません。


しかし、それを思い悩んだところでその悩みは消えないし、不安はなくならないことに気付きました。


やっぱりある程度理由があって不運だったり恵まれなかったりするんですよね。

何かをやり遂げる気力を持って生まれる、もしくはどこかでそういった気力を養うのも運だし

コツコツ努力するのも才能のうちです。


ただ、同じような能力があって同じ努力をしても

上手く行く人と上手く行かない人っていうのはやはり厳然とあります。


私のように運の悪さを実感してる人もいれば

そんなに思い当たる苦労は特にないって人もいるでしょう。


そこを嘆くか、嘆いても仕方がないから他に目を向けようと思うかも

実は運や才能の一つなんだなーとここ10年くらいでしみじみ実感しています。

七転八倒したおかげで人と比べることの愚を嫌と言うほど知りました。


なので、若いときほど自分を知らなくてもいいかなと思うんです。


やっぱり自分で頑張ったり転んだりして、「あ、これは違う」「そうそう、この感覚だ」

って実感しないと人は簡単には納得しないし変わることは出来ないのではないか、そう感じています。

運が悪いなあとか、なんで自分ばっかりって思う人は、そうやって思い悩む時がないと人生が好転しないものなのだと思った方がラクです。


一方で40過ぎても己をあまりに知らずに周囲と比較しているのはちょっと不幸なので

その頃には多少は自分を知っていた方がよいかなと思うんです。

40って「不惑」っていうじゃないですか。


ようは40越えて自分自身のことでどうしていいかわからないではイカンと孔子さんは仰っているわけで。

今までのノウハウを活かして楽しむ、もしくは、腹を括ってまだまだチャレンジするぞ!と一心不乱に前を進むしかない。

こういう風にふと立ち止まったときに切り替えることが出来るかが運命の分かれ道な気がします。


その時々で悩むのが人間です。

けれども、どんな人でもその時の答えは「知っている」んです。

気付いているか、気付いていないかではないかと思います。


どんな人でも道に迷うことはあります。

そこから抜け出すのに、ちょっと手詰まりだなと感じたら。


そのキッカケに占ってみるのもこれ一興。

 

自分と環境のチューニング

 最近、子どもを通して

その人にとっての最善の人生とはということを考えています。

 

人相や性格が1人1人違うように、その人にとっての幸せの形も

その人にしかないオーダーメイドのものです。

 

少し前までは素晴らしい既製服があり

その服を着こなせるかが重要といった価値観が大きかったと思います。

 

良い学校で学校が求めるような成長をし、良い大学を出て、良い会社に入る。

ある者は出世し、ある者は出世しそうな人と結婚しまた良い学校良い会社へと進んでいく子どもを育てる。

そうでない場合は、早くに社会に出て働く。

 

最近だとグローバル化なんていう言葉が加わり

日本の大学以外に海外の大学が登場し

日本の大企業以外に世界的に進出し成功している企業で成功を収めたなんて人が日本人でも出てくるようになりました。

 

わかりやすい指標があると世の中はシンプルです。

迷いも少ない。

 

けれども、その既製服はあなたに似合っているのか?

あなたにぴったりなのか?

それを吟味せずにとりあえず買ってしまおうとする人が増えた結果、キツい服やだぶだぶの袖の服に悪戦苦闘しているなんてことはないでしょうか?

 

一方で、世の中にはプレタポルテもあれば手作りもあるということに気付いた人も増えています。

カスタマイズもリメイクが可能なことも。

 

今、一番強い人は、自分の似合う服がわかっていて、その時々でちゃんと服をカスタマイズ出来る人だと思います。

体型は年々変わる。

体型を保つ努力をするのも一つの手ですが、服の方を作り替えちゃう腕があれば

サクっと服の方を作り替えてしまうことも出来る。

 

とはいえ、自分を知るって実は一番難しい。

主観が入るのでどうしても判断が歪みますよね?

悩みます。

 

そんな時に客観視するツールの一つとして、占いは存在していると思っています。

最近、モヤモヤしてませんか?

ちょっと直すと素晴らしく着心地がよくなるかもしれません。

« 坂本レイコ | メインページ | アーカイブ | ロビン幽凪 »

1 / 17 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ