HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 坂本レイコ アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 坂本レイコ アーカイブ

2 / 4 : First Prev 1 2 3 4 Next Last

きっかけは霊障?占い師を志すまで! 

こんばんは。
 
最近、知り合う人に、
「どうして占い師になったの?」
と、よく聞かれます。
 
いちばんの理由については、
私の周りの少数の人にだけ話していました。

いちばんの理由は・・・、何と言ったら良いのでしょう・・・。

理解できない人もいるとは思うのですが、
私に見える世界は、人とは少し違う世界なのです。
 
思えば、小さい頃から感受性が強かったのですが、
良く見えたのは、31歳の時でした。
毎日、死ぬことばかり考えていたので、
死後の世界に、半分行っている状態だったのだと思います。
 
自殺未遂をして、入院している個室に、
知らない女の人が2人居ました。
1人は体育座りをしていて、1人は時々歩いています。

「何なのこの人たち!人の部屋で!」
と思った瞬間に、
「生きている人ではない!」
と分かりました。

怖くて部屋に戻れず、ICUで何日か眠らせてもらいました。

正直、頭がおかしくなってしまったと思いましたし、
主人も別の病気を疑っていました。
 
すぐに、友人に紹介された霊能者の所に、
主人に連れて行ってもらいました。

そして、病院に居る人は、怖くないと教えてもらいました。
しかし、その頃の私は、原因不明で左足に力が入らなくて、
歩けない状態でした。
よく転んで泣いていました。
薬の副作用かと思っていたのですが、まさかの霊障でした。

「霊障なんてあるわけないし、信じられない!」

はじめは、半信半疑で聞いていました。
しかし、ご先祖様が私にお知らせに来ていたらしく、
生前の職業や死因、それに名前まで教えてくれて、
疑う余地がありませんでした。
 
主人は霊能者に、
「あの子は生きているのが不思議だ」
と言われたらしいです。

「自分だけで生きているのではない。
 守ってくれているご神仏や、
 ご先祖様のお陰で生かされている」

お気持ちをとの相談料で、その時だけのお祓いをするのではなく、
自分でご神仏にお祈りをして、
ご先祖様の供養をすることが大切と、
教えていただきました。
この時の言葉は、今でも教訓にしています。
 
今なら分かりますが、偽物の霊能者に見てもらい、
高額な料金を支払っている人も多い中、
この霊能者さんとの出会いは、不幸中の幸いだったと思います。
 
お祈りと供養の方法を教えてもらい、
霊は徐々に見えなく感じなくなり、
整形外科や神経内科でも原因不明と言われて歩けなかった足が、
少しずつ良くなりました。
 
今まで、いろいろ不思議な事がありましたが、
人に変だと思われるのが嫌で、あまり話せませんでした。
 
見えないスピリチュアルな世界に興味はあっても、
霊能者に弟子入りしていたら、
浮世離れしていたかも知れません。
 
まず、3次元に対応している占いを、
しっかり勉強してからと、心に決めていました。

易やタロットなどは、少なからず見えない力が作用しますが、
命術と呼ばれる占いは、とても現実的だと思っています。
占い自体が、非現実的だと言われる方がいますが、
それでも当たるのが、占いなのです。
そして、現実的な指針をアドバイスできるのです。
 
易を勉強し始めた頃、ツイッターで、
『渋谷ほしよみ堂』のボウケンタロウ先生を知り、
師匠の中島先生の言葉を見て、直感が閃きました。
正直、「自分とは価値観が合わない先生かもしれない」と感じながらも、
この先生から学びたいと思いました。
 
今、書きながら分かったのですが、
紫微斗数を勉強したくて、中島先生に弟子入りしたのではなく、
中島先生に弟子入りしたから、紫微斗数を勉強しているのだと思います。
 
中島先生は、現実的でクールです。
最初は、会うたびに緊張していました。
 
お店がある以上、経営して行かなくてはならないのですが、
今、お店が存続しているのは、中島先生の現実的な部分が、
私に良い影響を与えてくれているからです。

そして、クールに感じる部分も、
実は、占い師として心身を整え、質の良い鑑定をするのに必要なこと。
「客観性を保つ」と表現したら良いのでしょうか。
 
スピリチュアルな世界に身を置いて、地に足着いてない人が多い中、
確実に、私の足を地に着けてくれているのが、中島先生です。
 
そんな先生に、私の占い師としての方向性を相談していて、
スピリチュアルな話題になったのですが、
受け入れてもらえるか、不安がありました。

しかし、そんなクールで現実的な先生であっても、
スピリチュアルなことには、誰よりも精通していらっしゃるのです。
知れば知るほど、中島先生を人として尊敬するようになりました。
 
一人でリュックを背負って、山や滝に修行の旅に出る私を、
「変わってるね」と笑いながらも、静かに見守ってくれます。

そして、「坂本さんは実践型スピだね!」と。

これからは、少しずつ私に起きた、
不思議な出来事も書いていきたいです。

あなたの龍神様は何色ですか?

昨日は、産土神(うぶすな・がみ)に触れました。
 
龍神様とご縁があると書いたのですが、
もう少し、詳しく書きたくなりました。
 
それは、私の周りには、
「龍神様とご縁がある」
と言う人が、多いからです。
 
私は、神社やお寺にお参りするのが、とても大好きです。
先月も、和歌山・奈良・京都を、一人で旅していました。
 
冬は寒くて、滝行に行かない半端者ですが、
今年の春に、滝行した日の事を思い出します。
 
巳年巳月巳日、そして巳の刻。巳歳の私の滝行です。
偶然はないと思っているので、
何か意味がある滝行かも知れないと思っていました。
 
お寺が大好きな私は、今年の初詣は巳年なので、
白い蛇の居る、弁財天様のお寺にお参りしました。
 
不思議な事なのですが、滝行から何日か経って、
夢の中で、白い龍が生まれました。
蛇は修業すると、龍になると言われています。
私を守護してくれていた白い蛇が、龍になったのかも知れません。
 
奈良では、『天河大弁才天社』にお参りしたのですが、
スズメバチが、八の字を書いて飛んでいて、中々登らせてくれません。
 
そして、急かされるように、そこを後にして向かったのが、
八大龍王のお寺、『龍泉寺』
時刻は、4時半を過ぎていました。
滝行場のあるお寺でしたが、一人では怖くて、
滝行をしたことがなく、すでに夕方でした。
 
栃木では、いつも、お坊さんが一緒に入ってくれています。
滝行は、生半可な気持ちで入ると、霊に憑依されて、
滝から出ることが出来なくなる場合もあります。
 
5時過ぎたら、行衣を借りることが出来ません。
本当は、帰ろうとして、1度車に乗りました。
でも、私が本当に守護されているなら大丈夫と、
意を決して、滝行させていただきました。
 
八大龍王様を背中に背負っての滝行。
龍神様は、厳しくも、温かい神様です。
色々と、覚悟を試されたのかも知れませんが、
滝から出た後は、温かい気持ちになりました。
 
龍神様は、『宝珠』と言う玉を持っています。
願い事を叶える玉・・・、と言われています。
 
龍神様に本当に守護されている方は、
良い事も悪い事も叶えることが出来るので、
欲に振り回されずに、自我をコントロールする必要があります。
玉のお陰で、金銭や人脈など、恵まれている方も多いので、
それを狙って近づいてくる人を、見極める目が必要です。
 
調べていると、色々な色の龍神様がいらっしゃいます。
金・銀・レインボー・青・赤・緑・白・黒・・・と。
黒い龍神様は、暴れん坊みたいですよ。
お酒が大好きで、体を大事にしない、頑固で、誰の言うことも聞けない、
そんな方は周りに居ませんか?
 
龍神様とは、上手にお付き合いしたいですね。

秋晴れに神社に参ろうぞ

今年は、60年に1度の出雲大社の遷宮、20年に1度の伊勢神宮の遷宮が重なり、
神社参拝がブームです。
 
皆さんは、神社に参拝する時、どんな神様がいらっしゃるか、
知った上で参拝していますか?
正しいお参りの仕方を知っていますか?
 
出雲大社の御祭神は、『大国主大神様』で、縁結びで有名ですね。
旧暦10月は、八百万の神様が出雲に集まりますので、
全国では神無月と言いますが、出雲では神在月と言います。
今年は、11月12日の神迎神事に始まり、大国主大神様をはじめ、
全国から集った神様が、ご縁を結ぶ会議をすることでしょう。
 
伊勢神宮には、衣食住の守り神、外宮の『豊受大御神様』
太陽の神、内宮の『天照坐皇大御神様(天照大御神様)』が祭られていますね。
外宮に参拝してから、内宮に参拝するのが、正しいとされているようです。
 
さてさて、皆さんは、『産土神社』をご存知ですか?
私は、人は産まれてくる時、ご縁のある神様に守られて、
ご縁のある土地に、産まれて来ていると思っています。
産まれた時から、ずっと見守ってくれている神様。
それが産土神社の神様です。
氏神様とも呼ばれています。
私の産土神は、龗神と言って、水の神様で、龍神様とご縁があります。 
 
本来、七五三など子供のお参りは、産土神社にお参りし、
この土地の一員になりましたと感謝し、子供の健康をお祈りする儀式でした。
現在は、有名な神社にお参りする方が増え、産土神社は寂れてしまっています。
少しさみしく感じますが、私の経験では、氏神様にお参りすると、
必ず「良く参った」と言われているような、出来事が起きてくれます。
皆さんも是非お参りしてみて下さい。
 
それと、有名な神社に参拝する前に、産土神社や、居住地鎮守の神社にお参りして、
『今度、どこどこの神社の、なになにの神様にお参りしますので、
何卒、よろしくお願いします』
とお祈りすると、ご縁のある神様が、行く先の神様とのご縁を繋いでくれますよ。
 
元々ご縁のある産土神社、氏神様が分からない方や、
個人の信仰でご縁のある神様を知りたい場合には、
私まで聞きに来て下さいね。
 
そして、何となく参拝しているけど、お作法はこれで良いのかしら?
と思っている方が、案外多いのではないかと思います。
そんな方は、『渋谷ほしよみ堂』古神道家のそまり百音先生が、
10月27日 (日) に、秋の神社&古神道講座を開催されます。
是非、受講してみて下さいね。
 
 
 
 

宇都宮 占い 教室 始まりました

こんにちは。
 
お盆が明けて、大人の短い夏休みが終わりましたね。
おでかけした方は、お土産話を聞かせて下さいね。
 
私はというと、今月から、宇都宮で紫微斗数を教えています。
自分が勉強してきたことを、人に教えるのは簡単だと思っていました。
ですが、想像以上に大変です。
ですから、毎回、個人レッスンの前に、私も復習しています。
 
生徒さんに教えていると、自分が師匠に、
弟子入りした頃を思い出します。
実は、私、紫微斗数がどんな占いなのか、全く分からない状態で、
師匠の鑑定を受け、弟子入りを志願しました。
「プロの占い師になりたいのなら、最低でも10回通って下さい。」
そう言われた頃を思い出します。
 
まず、第1回目のお勉強の内容は、
『命盤の作成、陰陽五行と十干十二支』
です。
 
紫微斗数の星の名前も読めず、
命盤を作成するのに、
時間がすごくかかっていたあの頃。
今教えている生徒さん達と一緒ですね。
 
お勉強を続ける自信も、占い師になる自信も、
最初からあった訳ではありません。
 
お勉強を続けられたのは、師匠との個人レッスンが、
楽しかったからだと思います。
音楽のことや本のこと、今までの人生経験や、
占い師としての経験を、お話して下さることが、
楽しかったからです。
 
占い師としての自信は、師匠の元に楽しく通っている中で、
不思議と自然に持てました。
紫微斗数のお勉強が進むにつれ、秘伝を教えてもらい、
きちんと勉強すれば、かなり頼れる当たる占いだと、
分かったからだと思います。
鑑定を受けたことがある人は、それが分かると思います。
 
紫微斗数は、占える人も、教えられる人も、
そう多くはいません。
そんな希少な占いを、お勉強していることを、
生徒さんに誇りを持ってもらえるよう、
私も、師匠の元で、お勉強を続け、精進して行きます。
 
私の生徒さんは、師匠の孫弟子になります。
私が、師匠から教えてもらったことは、
師匠にも、師匠がいて教えてもらったことでしょう。
代々、師匠から弟子に伝わる、紫微斗数。
生徒さんに、丁寧に教えて行きたいです。
 
それと、占いを勉強することに、今からでは遅いということはなく、
年齢を重ねてきた人生経験が、とても役に立ちます。
覚えるのが大変そうと諦めなくても、個人レッスンなら、
カリキュラムはありますが、ご自分のペースで学べます。
 
興味のある方は、是非、お問い合わせ下さいませ。
 
宇都宮 占い 『ルンビニ』
 
 
渋谷 『ほしよみ堂』
 
 
8月25日 (日) 15時から
師匠 中島多加仁先生による 今日から使える九星気学セミナー
 
9月15日 (日) 14時半から
ほしよみ堂所属占い師による 無料公開鑑定
2周年記念交流会 
 
 
 
 
 

 

 

あなたの悩みはどこから?私は化忌から!

こんにちは。

今年の夏は涼しいみたいですね。
それでも毎日暑いですね。
 
昨日は紫微斗数の個人レッスンでした。
               
24万8千通りあると言われている命盤。
 
同じ命盤なんて見たことはありませんが、
「どうしてこの人は辛いことが多いのだろう?」
と思う方の命盤は、命盤上、共通点があることに気が付きました。
 
それは、化忌と言う星が及ぼす影響です。
 
命運の判断の要の命宮に入っているか、
10年間や1年間の運気を判断する行限の宮に入っているかです。
 
化忌は、困難や挫折、失うと言う意味がありますから、
入った宮がどこかで、悩みの原因を突き止めることが出来ます。
 
最悪の凶星だと教科書にも書いてある化忌。
 
人によって1つしかない人もいれば、私の鑑定では、最高5つある方が居ました。
私も命宮に2つ、兄弟宮に1つ、合計3つあります。
 
化忌があっても幸せそうな人も、勿論居ます。
 
しかし、命宮に化忌があると、困難や挫折を味わって、
精神を病んでしまったり、大病を患ったり、
死んでしまおうと、1度は真剣に考えたことのある方が多い気がします。
 
失うと言う意味がある化忌ですから、悲しいですが、例えば、
父母宮に入っていて、父母を早くに亡くしている友人が、何人かいます。
亡くしては居なくても、父母が離婚していて、どちらかと縁が薄いこともあります。
夫妻宮に入っていて、離婚経験がある友人もいます。
子女宮に入っていて、流産してしまい、その後の妊娠が怖いという友人もいましたが、
アドバイスを聞いてくれて、子供を産んだ友人もいます。
 
辛いことの多い、化忌が強い働きをしている命盤の方は、
もう傷つくのが怖くて、アドバイスに耳を傾けることさえ、
出来なくなっていることも、良くあります。
 
しかし、実は人間は、困難や挫折、失うと言うことから、より多くを学べるようになっていますから、
悩みを克服してしまえば、非常に深みのある人間になれるのです。
 
さて、今悩んでいる人は、この化忌がどこにあるか、気になりませんか?
 
悩んでいることを、仕方がないと、諦めて悩み続けなくても、
必ず開運する方法が実はあるのです。
 
悩んでいる方は、是非、紫微斗数の鑑定を受けてみて下さい。
 
私が占い師になったのも、辛いことが多く、化忌の強い働きから、
傷つくことも怖いし、実は、誰の言うアドバイスも、素直に聞けなかったから、
自分で勉強して占うしかなかったのです。
 
辛いことも、今となっては、その経験が、
誰かの役に立ったりで、本当にありがたい経験だと思えるまでになりました。
 
私のお店、LUMBINIでは、紫微斗数の占術師になりたい方を、募集しています。
興味のある方は、こちらをご覧ください。
宇都宮 占い 教室
LUMBINI
 
それと、渋谷ほしよみ堂では、私の師匠による、中島多加仁先生の講座、
『今日から使える九星気学』が、8月25日(日)に開催されます。
7月は、宇都宮からも、何人か参加した方がいて、大変好評でした。
詳細は、こちらをご覧ください。
渋谷ほしよみ堂

« 三目 夜窕瑠 | メインページ | アーカイブ | 坂宮 鈴果 »

2 / 4 : First Prev 1 2 3 4 Next Last

このページのトップへ

最近のエントリー

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ