HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 坂本レイコ アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 坂本レイコ アーカイブ

1 / 4 : 1 2 3 4 Next Last

秋晴れに神社に参ろうぞ

今年は、60年に1度の出雲大社の遷宮、20年に1度の伊勢神宮の遷宮が重なり、
神社参拝がブームです。
 
皆さんは、神社に参拝する時、どんな神様がいらっしゃるか、
知った上で参拝していますか?
正しいお参りの仕方を知っていますか?
 
出雲大社の御祭神は、『大国主大神様』で、縁結びで有名ですね。
旧暦10月は、八百万の神様が出雲に集まりますので、
全国では神無月と言いますが、出雲では神在月と言います。
今年は、11月12日の神迎神事に始まり、大国主大神様をはじめ、
全国から集った神様が、ご縁を結ぶ会議をすることでしょう。
 
伊勢神宮には、衣食住の守り神、外宮の『豊受大御神様』
太陽の神、内宮の『天照坐皇大御神様(天照大御神様)』が祭られていますね。
外宮に参拝してから、内宮に参拝するのが、正しいとされているようです。
 
さてさて、皆さんは、『産土神社』をご存知ですか?
私は、人は産まれてくる時、ご縁のある神様に守られて、
ご縁のある土地に、産まれて来ていると思っています。
産まれた時から、ずっと見守ってくれている神様。
それが産土神社の神様です。
氏神様とも呼ばれています。
私の産土神は、龗神と言って、水の神様で、龍神様とご縁があります。 
 
本来、七五三など子供のお参りは、産土神社にお参りし、
この土地の一員になりましたと感謝し、子供の健康をお祈りする儀式でした。
現在は、有名な神社にお参りする方が増え、産土神社は寂れてしまっています。
少しさみしく感じますが、私の経験では、氏神様にお参りすると、
必ず「良く参った」と言われているような、出来事が起きてくれます。
皆さんも是非お参りしてみて下さい。
 
それと、有名な神社に参拝する前に、産土神社や、居住地鎮守の神社にお参りして、
『今度、どこどこの神社の、なになにの神様にお参りしますので、
何卒、よろしくお願いします』
とお祈りすると、ご縁のある神様が、行く先の神様とのご縁を繋いでくれますよ。
 
元々ご縁のある産土神社、氏神様が分からない方や、
個人の信仰でご縁のある神様を知りたい場合には、
私まで聞きに来て下さいね。
 
そして、何となく参拝しているけど、お作法はこれで良いのかしら?
と思っている方が、案外多いのではないかと思います。
そんな方は、『渋谷ほしよみ堂』古神道家のそまり百音先生が、
10月27日 (日) に、秋の神社&古神道講座を開催されます。
是非、受講してみて下さいね。
 
 
 
 

宇都宮 占い 教室 始まりました

こんにちは。
 
お盆が明けて、大人の短い夏休みが終わりましたね。
おでかけした方は、お土産話を聞かせて下さいね。
 
私はというと、今月から、宇都宮で紫微斗数を教えています。
自分が勉強してきたことを、人に教えるのは簡単だと思っていました。
ですが、想像以上に大変です。
ですから、毎回、個人レッスンの前に、私も復習しています。
 
生徒さんに教えていると、自分が師匠に、
弟子入りした頃を思い出します。
実は、私、紫微斗数がどんな占いなのか、全く分からない状態で、
師匠の鑑定を受け、弟子入りを志願しました。
「プロの占い師になりたいのなら、最低でも10回通って下さい。」
そう言われた頃を思い出します。
 
まず、第1回目のお勉強の内容は、
『命盤の作成、陰陽五行と十干十二支』
です。
 
紫微斗数の星の名前も読めず、
命盤を作成するのに、
時間がすごくかかっていたあの頃。
今教えている生徒さん達と一緒ですね。
 
お勉強を続ける自信も、占い師になる自信も、
最初からあった訳ではありません。
 
お勉強を続けられたのは、師匠との個人レッスンが、
楽しかったからだと思います。
音楽のことや本のこと、今までの人生経験や、
占い師としての経験を、お話して下さることが、
楽しかったからです。
 
占い師としての自信は、師匠の元に楽しく通っている中で、
不思議と自然に持てました。
紫微斗数のお勉強が進むにつれ、秘伝を教えてもらい、
きちんと勉強すれば、かなり頼れる当たる占いだと、
分かったからだと思います。
鑑定を受けたことがある人は、それが分かると思います。
 
紫微斗数は、占える人も、教えられる人も、
そう多くはいません。
そんな希少な占いを、お勉強していることを、
生徒さんに誇りを持ってもらえるよう、
私も、師匠の元で、お勉強を続け、精進して行きます。
 
私の生徒さんは、師匠の孫弟子になります。
私が、師匠から教えてもらったことは、
師匠にも、師匠がいて教えてもらったことでしょう。
代々、師匠から弟子に伝わる、紫微斗数。
生徒さんに、丁寧に教えて行きたいです。
 
それと、占いを勉強することに、今からでは遅いということはなく、
年齢を重ねてきた人生経験が、とても役に立ちます。
覚えるのが大変そうと諦めなくても、個人レッスンなら、
カリキュラムはありますが、ご自分のペースで学べます。
 
興味のある方は、是非、お問い合わせ下さいませ。
 
宇都宮 占い 『ルンビニ』
 
 
渋谷 『ほしよみ堂』
 
 
8月25日 (日) 15時から
師匠 中島多加仁先生による 今日から使える九星気学セミナー
 
9月15日 (日) 14時半から
ほしよみ堂所属占い師による 無料公開鑑定
2周年記念交流会 
 
 
 
 
 

 

 

あなたの悩みはどこから?私は化忌から!

こんにちは。

今年の夏は涼しいみたいですね。
それでも毎日暑いですね。
 
昨日は紫微斗数の個人レッスンでした。
               
24万8千通りあると言われている命盤。
 
同じ命盤なんて見たことはありませんが、
「どうしてこの人は辛いことが多いのだろう?」
と思う方の命盤は、命盤上、共通点があることに気が付きました。
 
それは、化忌と言う星が及ぼす影響です。
 
命運の判断の要の命宮に入っているか、
10年間や1年間の運気を判断する行限の宮に入っているかです。
 
化忌は、困難や挫折、失うと言う意味がありますから、
入った宮がどこかで、悩みの原因を突き止めることが出来ます。
 
最悪の凶星だと教科書にも書いてある化忌。
 
人によって1つしかない人もいれば、私の鑑定では、最高5つある方が居ました。
私も命宮に2つ、兄弟宮に1つ、合計3つあります。
 
化忌があっても幸せそうな人も、勿論居ます。
 
しかし、命宮に化忌があると、困難や挫折を味わって、
精神を病んでしまったり、大病を患ったり、
死んでしまおうと、1度は真剣に考えたことのある方が多い気がします。
 
失うと言う意味がある化忌ですから、悲しいですが、例えば、
父母宮に入っていて、父母を早くに亡くしている友人が、何人かいます。
亡くしては居なくても、父母が離婚していて、どちらかと縁が薄いこともあります。
夫妻宮に入っていて、離婚経験がある友人もいます。
子女宮に入っていて、流産してしまい、その後の妊娠が怖いという友人もいましたが、
アドバイスを聞いてくれて、子供を産んだ友人もいます。
 
辛いことの多い、化忌が強い働きをしている命盤の方は、
もう傷つくのが怖くて、アドバイスに耳を傾けることさえ、
出来なくなっていることも、良くあります。
 
しかし、実は人間は、困難や挫折、失うと言うことから、より多くを学べるようになっていますから、
悩みを克服してしまえば、非常に深みのある人間になれるのです。
 
さて、今悩んでいる人は、この化忌がどこにあるか、気になりませんか?
 
悩んでいることを、仕方がないと、諦めて悩み続けなくても、
必ず開運する方法が実はあるのです。
 
悩んでいる方は、是非、紫微斗数の鑑定を受けてみて下さい。
 
私が占い師になったのも、辛いことが多く、化忌の強い働きから、
傷つくことも怖いし、実は、誰の言うアドバイスも、素直に聞けなかったから、
自分で勉強して占うしかなかったのです。
 
辛いことも、今となっては、その経験が、
誰かの役に立ったりで、本当にありがたい経験だと思えるまでになりました。
 
私のお店、LUMBINIでは、紫微斗数の占術師になりたい方を、募集しています。
興味のある方は、こちらをご覧ください。
宇都宮 占い 教室
LUMBINI
 
それと、渋谷ほしよみ堂では、私の師匠による、中島多加仁先生の講座、
『今日から使える九星気学』が、8月25日(日)に開催されます。
7月は、宇都宮からも、何人か参加した方がいて、大変好評でした。
詳細は、こちらをご覧ください。
渋谷ほしよみ堂

宇都宮 占い 教室 始まります

こんばんは。宇都宮の占術師、坂本レイコです。DSC_0482 (640x640) (150x150).jpg

毎日暑い中、お店の移転作業をしていました。
移転と言っても、斜め前に移転したので、住所は変わりません。
 
今日は、太陽の周りに虹が出ていて、とても綺麗でした。
幸せな気分になりました。
 
今日は、占いのお教室について、詳しく書きたいと思います。
 
紫微斗数は、日本では、占える人が少なく、
宇都宮でも、本格的に鑑定出来る所は、いくつもありません。
 
私が、数ある占いの中から、紫微斗数を選んだのは、
的中率がどんな占いよりも、高かったからです。
 
占い師になる以前の私は、いつも何かに悩んでいましたが、
自分に自信がなく、答えを出せませんでした。
 
そこで、県内、県外問わず、色々な占い師さんに、
色々な占いで見てもらいました。
 
ですが、占い師さんの経験による、見解の深さ、占いの知識、答えは、
私が求めているようなものではありませんでした。
 
そうして、占いジプシーだった私は、今の師匠を知り、
紫微斗数の鑑定を受ける訳ですが、
これまで上手く行かなかった過去の出来事がどうして起こったのか?
これから先どう生きて行ったら上手く行くのか?
を、ほんの1時間程度の時間の中で知ることになり、
その1時間で、運命の流れに上手に乗れた気がします。
 
占いは、占い師に見てもらうものだと言って、
悩んで、占いに行って見てもらっている人こそ、
私は、占い師に向いているような気がします。
 
『いっぱい苦労をして、悩んできたからこそ、人の気持ちが痛い程分かる』
と言うことが、占い師として、強い武器になります。
 
占いを勉強することで、悩みの少ない人生になりますし、
人のためになる仕事です。
 
今回、師匠の協力で、宇都宮で紫微斗数を教えることになり、
8月から、開催したいと思います。
 
 紫微斗数命盤 (200x199).jpg
 
★紫微斗数教室★
初級コース 全5回 1回 2時間 10,000円
基本的な鑑定ができるようになることを目指したコースです。
 
1回 命盤の作成と初歩的な解読法
第2回:12宮と39星の詳しい解説
第3回:飛星術の意義と実践
第4回:飛星を使った実践的相性診断
第5回:有名人の命盤で検証
 
中級コース 全5回 1回 2時間 10,000円 
より深く読むための技術と知識を学ぶコースです。
 
1回:他占術と紫微斗数との併用術
第2回:紫微占機法
第3回:陽宅風水術と方位開運術
第4回:前世の調べ方
第5回:命盤鑑定の裏技
 
最終的に、プロ育成コースを、東京『渋谷ほしよみ堂』で、
中島多加仁先生の下で、受講していただき、終了となります。
興味がある方は、お問い合わせ下さいね。
 
お問い合わせは
LUMBINI 坂本レイコ
080-8847-8427
まで。
 
占いがどんなものかまずは知りたいという方は、
東京『渋谷ほしよみ堂』中島多加仁先生の、
『今日から使える九星気学』セミナーを受講してみて下さい。
8月25日(日)15:00〜17:00
7月31日(水)までのお申し込みで、
早割で、10,000円のところ、6,000円です。
 
お問い合わせは
『渋谷ほしよみ堂』
03-6419-7977
まで。

 

師匠がいるありがたさ

私は、熱しやすく冷めやすい、飽きっぽい性格です。
何をやっても長続きしない私が、続けられていることが、
紫微斗数のお勉強です。
            
今、私は、一流の占術家を目指し、頑張っています。
 
自分の欠点は、自分では分からないので、
自己鍛練だけで、質の低い鑑定にならないように、
欠点を指摘してくれる《師匠》がいることを、
本当にありがたく思っています。
 
私が知らないことを師匠は知っている。
しかし、それが何かは、良く分からない。
「何だか分からないけれど、あの人は凄い。」
という人が、師匠になるのではないでしょうか。
 
経験の違いがそう感じさせるのだと思います。
 
私の周りにも、影響力があって、尊敬できる素晴らしい《先生》は、
たくさん居ます。
それは、仕事やプライベート、色々な分野において存在します。
しかし、私にとって、その方々は、師匠とは異なります。
 
では、『師匠』とは何か?
 
師匠とは、学問または文化(私にしてみれば占術ですが)の、
その知識や秘術を授けるだけでなく、価値観や心構えの発達を、
促す人のことです。
ただ尊敬する人ではなく、同じ分野、方面で、
その人から、何かを吸収したいと思える人のことを、
『師匠』と呼ぶのです。
何を勉強するにしても、モデルというか師匠は大切です。
 
私は、今の師匠から「守・破・離」という、物の考え方を教わりました。
 「守・破・離」とは、何かを極めるのに、とても重要な考え方です。
 
まず、
 
師匠の教えを「守り、その通りにやってみる」(守)
ある程度成長したら「少しその教えを破って、自分を出してみる」(破)
そしていつか「独立し、自分のやり方で進めていく」(離)
 
という考えで、非常に理にかなっています。
 
しかし、師匠を持つ危険性も知っておいて下さい。
 
ダメ出しばかりで、何もかも自分色に染めようとする人がいます。
こういった師匠を選んでしまうと、本当に苦労します。
 
本当に経験を積んだ、その道の上級者は、
その人の個性を見抜き、長所を伸ばしてくれます。
 
今の師匠、中島多加仁先生は、
どんなことでも、自分で出来るように、指導して下さいます。
何一つ押し付けようとしません。
 
先生は、毎月《研究会》を欠かさず開かれます。
「占術家は一生勉強だよ。死ぬまで研鑽に励むべきだ」
という謙虚な姿勢に、いつも頭が下がります。
 
これからも慢心せず、東京に通いたいと思っています。
 
そして今回、先生から、
「宇都宮でも紫微斗数を教えて良いです。」
と言われ、
自信も教材も無く、不安だったのですが、
「自信なんてやれば身に付きます。教材なんて、僕の物を使えば良い。」
と、快く言って下さり、
 
来月から、宇都宮で紫微斗数を教えることになりました。
 
占いの知識、秘術だけではなく、占い師としての心構えなど、
私が、師匠に師事し、1年かけて学んできたことを、
丁寧に教えて行きたいと思います。
 
ありがたいことに、すでに、教えて下さいと言って下さっている方が居ます。
 
次回は、占い教室の事を、詳しく書きたいと思います。

« 三目 夜窕瑠 | メインページ | アーカイブ | 坂宮 鈴果 »

1 / 4 : 1 2 3 4 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ