HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > ほなみん アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : ほなみん アーカイブ

1 / 7 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

自分のことをよく知るには?

 

こんにちは、

最近お酒は辛口に目覚めた

ほなみんです。

 

 

以前は甘いワインや、

あまーいカクテルが好きだったのですが、

 

ここのところ、日本酒、焼酎の辛口で!
 


といった感じで、なぜか男前になってきています...笑
 

o0480064013744101125.jpg



今日は自分をよく知ろうということについて。



生きていると本当に面白いなと思うことがありまして、

 

それは、
 


自分のことほど分かりにくいことはない。

 

ということなのですね。


今この瞬間この行動を起こしているのは自分。



365日1日24時間一緒にいるのは自分であるはずなのに、

自分のことってよくわからなくなる。



さらに言うと人から見た自分と

自分からみた自分。



いっぱい居る!!??



でもよく考えると、自分自身のことって

鏡でも使わないとよくわからないのですよね。



しかも鏡で見えている自分も、実は反対。
 


はぁー、あたまがぐるぐるしてきてしまいますよね。
 

 


そんな時自分を紐解いてくれる方法の1つとして、

占いはとても便利です。
 


占いはこの先の未来のことを占うだけではなく、

自分自身の本質を読み解くものです。
 

 


私は主に紫微斗数四柱推命で自分のことを分析します。

 

そうすると、

自分自身の得意分野と不得意分野がはっきりわかり、

自分がどういうときに悩みやすいか、

問題に直面した時自分はどうなりやすいか、


という行動パターンも明確に認識することができます。
 

 


これを知ると自分のどこをどうやって活かせば輝けるか、

何をすると自分を苦しめてしまうのかがわかるので、

シンプルに生きやすくなります。



生きやすくなるとストレスが減るので、ハッピーな時間が増えます。
 



もちろん生きているものは皆バイオリズムがありますので、

上に上がる時もあれば、下に下がる時もあります。


 

ですが、己を知っておくことでそのバイオリズムに

うまく乗ることができ、

適切な行動基準で上手く生きていくことが出来ます。

 

また占いについては詳しくお話ししていきますね!!


ということで今日は

お友達が鑑定にいらっしゃいます☆

 

 

精一杯鑑定してまいります☆!!


 

自分を大好きになる

 


最近あちこちで

もなかを買いあさって食べている、ほなみんです笑
 

 


朝起きると不思議なことに

もなかが食べたくて仕方がなくなるので、

あっちこっちでもなかを探しています笑
 

 


美味しいもなか売ってるところありましたら

ぜひ教えてくださいね。

 

o0480064113742581392.jpg

 

ということで、今日は

『自分大好き』というテーマについて。
 


昨日、私が大尊敬するお友達の勧めで、

世界的天才アーティストの草間彌生さんの

ドキュメンタリー映画を見てきたのですね。

 

 

タイトルは、

草間彌生の自分大好き。

 

内容は展覧会に向けて

50枚もの作品を描き続ける草間さんの

光と影をリアルに追ったものでしたが、
 


なかでも強烈に印象的だったのは、

 

草間さんのは自分のこと

何度もなんども

 

『この絵誰が描いたの?天才的ねぇ〜』

『こんな詩読んだことないわ、最高ねぇ〜』

 

『自分より天才なんていないわ。

 だってこんな絵天才じゃなきゃ描けないもの』



と、どストレートに恥じらいもなく褒めていたんです。
 


観客の方も思わずといった感じで笑っていましたが、

私はそのシーンに釘付けになってしまった。
 


普通だったら、こんなにも自分のことを褒めるなんて

自画自賛だわとかナルシストだわと思われるのを

気にしてしまうところだと思いますが、

彼女には自分を恥じらう気持ちでが一ミリも感じられない。

 

でもそれは横柄であるとか虚栄心でもなくって、

純粋に自分が大好きな気持ちが100パーセントだから。
 


100パーセント自分大好き。
 


でもそれって

 

あんなに素敵な絵が描けて、

世界で認められているからでしょう?

 

とか
 


そういう才能なんでしょう?

と思われるかもしれません。



たしかに自分をあそこまで愛せるのは、才能だと言えると思います。

 

ただ彼女が、順風満帆な人生を歩んできたか....と言われると決してそうではない。

 

精神疾患を抱えた母親のもと、複雑な家庭環境に育つなかで、

彼女自身も精神を病み、なんども自殺をしようと試みている。

 

ニューヨークに絵を学びに行ったときも

毎日がギリギリの生活で、

最終的には心身の限界を迎え、日本に帰省。
 


何度も失敗や苦労をしているのです。

 

側からみれば、波乱万丈で、大変な人生のように見える。

 

でも、ここが普通と違うなと思うのは、

彼女はその時々の自分を一瞬たりとも

力を抜かずに楽しんでいたということ。

 

常に上へと登っていかなきゃ、私は進化し続けるんだわと

自分を信じ、自分を力づけ前に進んできたというところ。

 

87歳を迎えた今も、全く衰えることなく、

むしろ日々進化し続ける草間さん。
 


「ほかに好きなアーティストさんはいますか?」
 


というインタビュアーの質問に対して、

 

『いないわよ。だって自分が一番素敵なんだもの。

 他の人に興味ないの。自分が一番で最高なんだもの』
 


と即答。
 

 


圧倒的に自分を追求すると

誰よりも自分のことを好きになれる。



誰かと何かを比較する暇もなくて

自分が世界を回している。



自分の人生の地軸は私よ。



自分を大切にしようというテーマが

多くの人に認識され始めている

 

けれども、

 

いまいち自分を好きになるってわからないわ

という方全員に、見て欲しい映画だと思いました。

 



複雑に考える必要はなくて、

実は自分自身であるだけで素晴らしい。
 


どんな生き方だっていい。

それが私よ。
 


それが一番素敵なの。
 


幸せな人生の生き方のエッセンスを今日もまた学んだ

ほなみんなのでした。
 

パワースポットのひみつ❤️

 
1時間おきにiPhoneがなくなって、
 
iPadで探して、真面目になやんでいるほなみんです。

 
もう首に吊るして携帯したいくらいです。笑



いや、もうiPhone自体がピアスみたいな感じで
 
一度つけたらそうそうなくならない
 
アクセサリー的な感じになってくれたらいいのに!?
 
でもミュージックプレイヤーはもうそういうのありますしね。


もしかしたら、そんな勢いで進んでいくかもしれないですね。
 
未来はどうなるかまだ予想だに出来ません。

 
でもだからこそワクワクなんだ。
 
o0480051113740865900.jpg



今日は、なんとなくパワースポットについて。

 
パワースポットって、いつどきもとても人気ですよね。

 
わたしもパワースポットは好きです。

 
 
でもパワースポットって、
 
良いところもあれば悪いところもあるって知ってましたか?

 
大切なのはパワースポットはパワースポットでも、

どんなパワーが出ているかなのです。

 
強いのか、優しいのか、

自分に合っているかどうか。

 
強力なパワースポットとして大人気な場所はよくありますが、

それは強力な(人の欲望にまみれた)パワースポットかもしれませんよ。

 
ただ、欲望をもつことは決して悪いことではありません。

 
むしろ、夢を叶えるのに欲望は必須です。

 
 
ただ、依存心のように
 
自分ではなく神様になんとかしてもらおうという
 
自分本位な欲望はエネルギーの質がとっても重いです。

 
だから、そういう想いの人が多い場所に行くと
 
自然とそういう重いエネルギーが溜まりますから、
 
行ったのになんとなく疲れてしまったり、
 
行ったけどあまり効果が出なかったりするような気がします。


 
だから、パワースポットに行く大前提として、

自分の見えている世界は自分が創造しているもの...


どんな人生を送るか、どんな運を掴むかは

神様に力をもらうからにかかってるのではではなくて

すべて自分次第なのだ....と。

 
 
自分の選択でワクワク生きている人を

神様は応援したくなるのだと。
 

 
ということを再認識した上で、

そこから出ているパワーをいただくというよりは、
 
パワーに共鳴するような感覚で、
 
感謝をすることが大切だと思います。


 
そして、極めつけは、

自分だけのパワースポットをみつけること。
 
 
だから必ずしも神社でなくてもいいんです。
 
カフェとか、レストランとか温泉でも良い。

 
 
人が良いからと言っているかではなくて、
 
自分の感覚を大切にする。
 
 
そこで、自分自身の感覚でワクワクする。

 
これですね!!☆


 
 
ということで、今週もいくつかパワースポット候補があるので、
 
自分の肌で実験しようと目論んでいる

ワクワクほなみんなのでした☆
 
 




言葉じゃないとつたわらない☆

小学生の時鳥を絵に描きたくて、

鳥の図鑑を見て描くというアイディアが思いつかなかった私は?笑

望遠鏡を持って飛んでる鳥を見て描くことに決めました。


(バードウォッチングに憧れてたのです。)

が、

お察しのように?笑

望遠鏡のレンズで、鳥を捉えること自体が困難極まりなく、


(そもそもカラスとかしかいないし、皆んなめっちゃ飛んでいる)

望遠鏡を付けたまま鳥を追いかけたら、車にひかれそうになったので
(望遠鏡を覗きこみながら歩くのは大変危険な行為です。)

やめましたっ!!( ^ω^ )てへっ

ちゃんちゃん☆

というわけで、


今日は言葉じゃないと伝わらないということについて。

日本だと特に顕著なのが

空気を読め文化。


言わなくてもわかれよ。
てか言わないとわかんないわけ?みたいな。

言わなくても分かったら多くの人がそりゃ苦労しませんよ。

なのにみんな空気読めよ的な感じで、

何も言わないからそのせいで相手に不信感を抱いたり、

自信を無くして自暴自棄になる。

つまり。


言わなきゃわかんないことの方が多いんです。


で、もっと分かりやすい例でいうと、

カップルの間で彼女が彼氏に対して、

もう言わなくてもわかってほしいわ。

とか

なんであの人言わなきゃわからないのかしら

とかとか

そんな悩める女性の愚痴を聞いたことが一度や二度はあるかとおもいます。

確かに、言わなくてもわかってくれる人って素敵ですよね。

心が通じ合ってるみたいで、それはソウルメイトのような関係で…。?

でもでも、そんな理想を言っている場合ではないのです笑。

実際、愛されてるかを確認したいために、

彼女側が自暴自棄に走ったり、浮気を疑ってみたりと、、

大事件がよく起こりますよね!!笑笑

この場合彼女は彼氏にこうして欲しいのだけど、こうやってと言うべきであり

彼氏は愛してるなら愛してるとか、


いつもありがとうって
言わないと、

伝わってないんですよ。

言わなきゃ伝わらんのです!!

カップルの男女間だけにとどまらず、

基本的に、言葉でしっかり表現しないと相手に伝わらないことの方が多いんですね。

師匠、会社の上司、家族、友達においても。

言葉で言わなくても分かるというのは甘えだと思います。私は。

信頼感と安心感ゆえというのはわかりますが、

相手への尊重心が欠けているともいえます。

相手へのありがたみが欠けている。

また、そんな時はクレクレ人間になってないか確認した方がいいです。
(なんでも欲しい欲しいと受け取ることだけに目がいっている人)

でもクレクレ人間になっている時ほど、
みんなくれません笑。
もしくはくれているのに、気付けなかったりする。クレクレ星人の話はまたあとで。

だからこそ、今一度気づいた時に

思ったこと、特に感謝の気持ちはあえて言葉で言った方がいいです。

言うことできちんと相手に伝わります。

きちんと伝われば誤解もなくなるし争いを避けられるし、

結果的にとてもいい関係を築くことができる。

感謝の気持ち。
本当の気持ち。


恥ずかしさや、もどかしさこそさておき...

伝えましょーーーーう(((o(*゚▽゚*)o)))⭐︎

寝る前にお菓子を食べて反省している
ほなみんでした。

 

「Yes」か「ハイ」しかない!



こんにちは。

 

中学生の時に美術の時間、

友達の顔を描きましょうという授業で、
 

中二病だった私は、

友達の顔を緑色と赤色で塗りつぶし、

ピカソ気分で描いたところ、
 

友達を失いそうになったことがある、ほなみんです。

o0480064113736868887.jpg


 

何色だって良いじゃない、それがアートだもの。
 

と言いワケしておきましょう...笑。



今日はチャンスのつかみ方について、
 

アップしたいと思います。
 


チャンスのつかみ方とは!!


Yesか「はい!」
   

しか言わないことです。笑

 

チャンスっていうのは、

Yesかはいでしか、つかむことができないのです。

 

コツは、迷わないこと。


迷えば迷うほどに、チャンスは遠ざかっていくのです。
 


怪しい勧誘とかの場合は

どうしたらいいのかということについては、
 

まずは自分の直感を信じて、

Yesかはいを言ってみましょう。
 


それでも本当に怪しいなと思ったら、
 

すでに成功している人に相談しましょう。

 

これがポイントです。

 


あともう1つのポイントとしては、

自信がないことを言い訳にしないこと。


自信がないから辞めておくという選択は、

もっともしてはいけない選択です(成功したいなら!)


なぜなら自信は実践しない限り、

体験しない限りついていかないものなのです。

 


みんな始めからうまくやろうとして、

うまくいかないと恥ずかしいと思うから、

失敗したくないと思う。


ゆえに失敗を避けたがる。


でも失敗なんていくらしてもいいのです。


失敗をすることよりも

失敗を避けることの方が、

ある意味怖いですし、もったいないことなのです。

 


失敗しても死にません。


失敗して笑うような人は大切にしなければ良いだけです。

 


こうして失敗を恐れず、
 

Yesかはいでチャンスを掴んでいくことが成功への一歩なのだと、
 

今日も学ばせていただいた、ほなみんなのでした。
 

 

 

« 日下部文穂 | メインページ | アーカイブ | 星乃 蒼穹 »

1 / 7 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

月別 アーカイブ