HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 比呂 酒井 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ : 比呂 酒井 アーカイブ

1 / 11 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

師匠の存在はスキル習得に大きな影響を及ぼします

 

おはようございます。

新潟の占い師、比呂酒井です。
 


さて!
 


占い師に興味があるあなたに、

ほしよみ堂のオーナーである

中島多加仁先生からのメッセージをお伝えします。


 

占い師の世界には、

【師匠と弟子】というシステムがあります。
 

 



普段の生活のなかで、

『師匠』って聞きなれない言葉ですよね。
 

 

世間一般では、

師匠を持たない人がほとんどだと思います。


 

 

最近は師匠を『メンター』と呼ぶようです。
 

印象としては軽いですけどね。


 

 

そもそも師匠の存在というのは、
 

スキル習得に大きな影響を及ぼします。
 



たとえば、
 

「占いのスキルを手に入れたい」
 

と考えた場合、
 

師匠はすでに占いで鑑定ができるわけです。


 

あなたが、これから学ぶことをすでに経験し、

苦労を重ねつつ、スキルとして習得しているのです。

 

 


つまり学ぶ側がまだ見えていない答えを、
 

師匠は持っていらっしゃるわけですね。

 

それが、先生であり師匠なのです。


 

ところで、
 

講師と師匠も同じ『先生』ですが、ちょっと違います。
 


先生や講師も、問題の解決法は知っています。


 

ですが、講師は『お仕事』として、

つまりお金をもらうために、

決まった時間の教えを伝えるだけです。

 

 

なので、他の生徒と同じ量ですから、
 

習う生徒としてみれば、みんな平等ですね。

けれども、師匠は違います。
 

 

公私ともに導いてくださるわけです。
 



 

悩んでいる点の本質を見据えて、

私利私欲抜きで、真剣に、

解決方法を考えてくださるのです。


 

 

本人以上に、

スキルアップを強く考えている存在。

 

 

それが『師匠』なのです。


そんな存在が側にいたとすれば、
 

 

無駄なく短期間で真理をマスターできますよね。


私も、師匠に出会って19年になります。

 


困った時、悩んだ時、辛くてたまらない時、
 

ほんの一瞬で解決してくださいます!


 

そういう先生(師匠)を持つことは、
 

この現代社会において、とても重要な要素だと思います。


 


比呂酒井



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
中島多加仁オフィシャルブログ
http://www.hoshiyomitaka.com/blog/

メルマガ【日刊 中島多加仁】
http://www.nakashimatakahito.com/mailmag/
中島先生のメルマガは、経営者や自営業など
幅広い層から支持されています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

天津金木(あまつ・かなぎ)の講座が名古屋で初開講!

ごぶさたしております。

 

普段は新潟で活動していますが、

 

2ヶ月に1度のペースで名古屋にも出張する

比呂酒井です。

 

00ooi.JPG

 

このたびは名古屋におすまいの、

いや、愛知県におすまいの、

 

はたまた東海地方にお住まいの

 

占術ファンの皆様に朗報があります☆

 

 


東京だけで開講されていた『天津金木』の講座が、

名古屋で開かれることになりました!

 

10462944_10152210098664013_3390420970329757886_n.jpg

 

 

講師はもちろん、天津金木占術の第一人者であり

ほしよみ堂オーナー中島多加仁先生です。

 

18058008_10154528807009013_6896021154848858163_n.jpg

 

来月7月2日の14時から3時間

 


受講料は、32400円 +材料費:5000円 +テキスト代3024円

 

 

場所は、名古屋ほしよみ堂が入っている

【D⇒START】

名古屋市中区大須4丁目1-18
セイジョウビル5F

 

 

 

この機会を逃したら、

次は来年になるかも.......しれませんよ!

 

 

taka先生の今朝のメルマガ、読みましたか?

 

え、まだ読んでない??

 

それは、もったいない。

 

 

いま登録すれば、

土曜日の週間アーカイブで読めますので、

すぐ購読してください!

 

 

※すでに5名の申し込みがあるそうです。

もしかすると定員オーバーかもしれません。

 

 

【以下、先生のメルマガより抜粋】


天津金木とは…

古神道の秘伝的な占術です。


天津金木の仕組みは

中国で生まれた「易」に似ており、


いわゆる「卜占(ぼくせん)」に類する占いです。



森羅万象あらゆる問題を知り得る

万能な占術なのです。



ただし「易」と違う点があります。



それは、タロットのように

物語的に占うことができる点です。




多彩な展開によって、

複雑かつ立体的にことの成り行きを

知ることが可能なのです。




それはまるでタロットの

「スプレッド」のように

変幻自在に展開できるのです。




「金木」は運命を示す道具です。



起源は……


天照大神が岩戸に隠れたとき、

それを案じた神々が今後の行く末を天津金木で占った

というのがはじまりです。

 

【以上、先生のメルマガより抜粋しました】

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

節分の豆まきと立春。

 

久しぶりのブログです。比呂酒井です!



きのうは節分で、きょうは立春ですね。


立春は、『神界の正月』とも言われています。




その昔、神様というのは人間とおなじ形をしていたらしく、

ただ非常に霊が高かったようです。

 

長い時代にだんだん人間が穢れて、

霊的にレベルが低くなったわけです。

 

神道で「天津系」「国津系」という言葉があります。

 

その天津系は、

天照大御神が支配していたのです。

 

それよりずっと前は、

国常立尊という神様が支配されていたのです。

 

その神様は非常に厳格でした。

 

つまり正しいことでないと許さない、

というようなことのために、

大勢の神様が一致して押し込めた。

 

それが節分の晩だったそうです。

 

その押し込めた総大将が天若彦という神様で、

 

「国常立尊は世の中に出られないように」

 

というので、東北の方角に押し込めたのです。

 

 

東北のことを艮(うしとら)と言います。


ですから、艮に押し込めたから『艮の金神』という名になったのです。


節分の晩に豆をまきますが、


「炒り豆に花が咲いたら出てもよい。

 さもなければ永久に押し込めてしまう」

 

というわけで、それから炒豆をまいたのです。


それは三千年と期間が決められていました。

 

いよいよ三千年たって、

その国常立尊がふたたびこの世に現われる。

 

それが明治25年の1月元日でした。


ですから「梅で開く」といいます。

 


 

 

 

梅というのは、花は五弁です。


これは『五行』を形取ってあるのだそうです。

 

「今度はこの世の閻魔と現われる」

とも言われています。

 

というのは、隠居されているときは、

霊界に行かれて閻魔大王になった。

 

閻魔大王というのは、

霊界における審判の最高裁判所長ですよね。

 

裁きの最高の地位です。

 

ところが「この世の閻魔と現われた」というのです。

 

今度は現界的の裁きをされるわけです。

 

鬼門を嫌って、鬼門は怖いように言いふらされたのは、

天若彦が宣伝をしたわけです。

 

「福は内、鬼は外」と言いますよね。

 

ここで言う「鬼」というのは、

つまり鬼門の金神です。

 

艮の金神である国常立尊ですから、実は一番偉い神様。

 

では、どうして

鬼門に引っ越したり、鬼門を嫌うのか?

 

それは、人間が正しくなかったからです。

 

顔で笑っていても、肚の中は噓を思っている人。

 

そういう人が鬼門に引っ越せば、

高貴な気を受けるから、苦しみが起こる。

 

それで嫌ったというわけです。

 

だから本当から言えば、鬼門がよい場所なのです。

 

 

 

 

毎月定期的に『占術研究会』を開きます。

 

こんにちは。


名古屋ほしよみ堂の事務局、比呂酒井です。
 

昨日は、中島多加仁先生と名古屋を満喫していました。






けっこう夜遅くまで、ほしよみ堂で占い談義をして過ごしました!

有意義な時間をありがとうございます。感謝します☆


さて。名古屋ほしよみ堂では、

来年から(来月から)毎月定期的に『占術研究会』を開きます。


といっても、堅苦しい会ではありません!


それは、まるで「お茶会」のような楽しい勉強会です。

題して総合占い研究会と言います。

テーマは参加者の顔ぶれによって決まります。

対象者は...プロの占い師から、まったくの初心者まで。


タロットや手相をはじめ、四柱推命、紫微斗数、
九星気学、姓名判断などの総合研究会です。

カバラ数秘術とか、宿曜占星術などの話も出ると思います。


参加費は、3,000(税込み)と、

普通のセミナーと比べてかなりお得です!!



初回は1月18日(日)15時から17時まで

2回目は1月31日(土)15時から17時まで。


3階目以降は、その都度、決めることになっています。


どなたでも参加可能ですが、人数に制限がありますので、
前もって参加表明をしていただきます。

おきがるにお問い合わせください。



酒井

 


 

人の欠点… つい気にしてしまいますね。

 

こんばんは。

名古屋ほしよみ堂事務局の比呂酒井です。


今月になってから、急に寒くなりましたね。

みなさん、風邪には気をつけてくださいね。
 

 


今週の17日と18日は名古屋に行きます!

この日は、オーナーである中島多加仁先生も一緒です!





先生のご予約状況としましては、

17日のみおひとりさま分、空いているとのことです。

 

ただし、時間は...

16時から18時までのみ。


18日は、すでにご予約で埋まってしまいました。


 

名古屋のみなさんへ。
 


スケジュールがなかなか合わずに、

まだ鑑定を受けていない、

鑑定を受けられないという声を、たくさん聞きます。


ぜひ、前もってご予約されることをお勧めします!


さて、今日は

『欠点』について書いてみたいと思います。


人の欠点…


つい気にしてしまいますね。


「あの人のこういうところが嫌だ」
 

「あの欠点はなおして欲しい」

悪い部分ばかり目が言ってしまいます。


そして、相手が変わることを望んでしまいます。


でも、残念ながら、人は変えることができません。


変えることが出来るのは自分自身だけです。


でも、人は自分の欠点を知りません。


知っているつもりになってはいますが、
実はほとんど気づいていないんです。


そこで、意識するのが、


『周囲の人の欠点』です。


なぜ、周囲の人の欠点を意識するのかと言うと、

『人は鏡』だからです。
 


身近な人腹が立ったら、

それは自分の欠点だと受け止めるチャンスです。


でも、その欠点がどこからきているのか…


やはり自分自身の目で客観視したいですよね?


四柱推命や紫微斗数などの命術は、

あなたの性質を客観的に判断することができます。


命術で自分を知り、周囲の人で欠点を知る。

それが、あなたを成長させ、より幸せになるための方法なんです‼︎

 



比呂酒井

 

« ロビン幽凪 | メインページ | アーカイブ | 綺咲みゆき »

1 / 11 : 1 2 3 4 5 6 7 Next Last

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ