HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 碧斗 彩良 > 人の心の迷いというもの

人の心の迷いというもの

 皆様 こんばんは。

碧斗彩良(あおと・さら)です。

少しづつ季節が進み、秋の夜長になってきましたね。

 

少し前に急いで届けてほしい商品が有り、Amazonの

プライム会員になりました。ビデオや音楽が聴き放題

というサービスが付いていて、最近映画やドラマ鑑賞に

はまっています。

 

最近は野村萬斎主演の「陰陽師Ⅱ」を観ました。

都に現れた鬼を、野村萬斎演じる陰陽師の

安倍晴明が、伊藤英明演じる源博雅と共に

退治するというお話です。

 

雅な平安京の怪しげな美しさが、映画で良く

描写されていて、雰囲気を味わうだけでも価値が

有る作品だと思いますが、観ていて印象に残った

台詞が有ります。

 

「鬼も世の乱れも人の迷い心があってこそ生まれる」

「神もまた人の迷い心から生まれる」

 

 人は生きている間、迷いの連続です。幸せを求めて

人は迷い、その力が大きくなれば鬼にも変わるし、

神にもすがりたくなる…。

ただ幸せになりたいだけなのに…。

 

占いは、未来を、結果を当てる為だけではなく、

心の迷いを、取り除いていく為の手段です。

私は、鑑定させて頂く時はいつも、その事を

頭の片隅に置いてお話を伺うようにしています。

 

そんな占い師としての初心を思い出させてくれる

作品でした。

 

 

 

 

 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人の心の迷いというもの

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/6220

< 思い込み(バイアス)について  |  一覧へ戻る  |  朝起きられない・・夜眠れない・・を一発で解決する方法 >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ