HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 里村 天胡 > マザーテレサに思う

マザーテレサに思う

mother_teresa.jpg

 最近、マザーテレサの名言を目にする機会が多く

改めて、彼女の生き方を追ってみました。

1946年、汽車に乗車中に

「全てを捨て、最も貧しい人の間で働くように」

という啓示を受け、神の愛の宣教者会を設立。

飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人、のために働くことを目的としていました。

マザー・テレサの活動は世界からも関心を持たれ、修道会は世界中の貧しい人々のために活動を行っていました。

 

カトリックの修道女という枠を超え、

広く貧しい人々のために尽くした彼女を聖人として讃え、ノーベル平和賞を受賞したり、数々の賞賛を受けています。

その一方で、彼女は、まさしく信念の人で共に活動する人々には、激しさや、厳しさを目の当たりにし、

「愛の人」に相応しいとは言えないほどの、頑固さや、拒絶と言ったシーンを目にすることもあったようです。

人は、偉大な功績を残した人を時折神格化しようとしますが、

彼女は、あくまでも人間であり、人間というのは完璧でないから人なのです。

 ここでは、人は多面体であるという事がわかります。

罪のないもの、失敗しない者は人ではないと私は思います。

でも、失敗から学び、学習することが出来る事が、人間に与えられた特権だと思うのです。

その良い表現に、

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

彼女のこの言葉は、自身の言葉や行動には、責任がついてくる事を表しています。

そして、詭弁を弄するという人にはこの言葉を・・・

もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、

それは神がその人たちを

愛していないからではなく、

あなたが、そして私が

与えなかったからです。

人が変わるのは、思考によってですが、引き寄せるのは過去からの思考と現実の行動です。
 
鑑定士として、子を持つ母として忘れてはいけないなと思いました。
 
愛と親切と礼節を持って接していきたいと改めて思いました。
 
里村 天胡
 
 
 

電話占い師募集
電話占い業界最大手で、占い師のお仕事を始めるチャンスです

本には書けない稼げるタロット占い師になる方法
本には書けない稼げるタロット占い師になる方法。《実践で使える伝え方》まで広く網羅した、新しい学習法です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マザーテレサに思う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/6191

< 結婚できる人、できない人  |  一覧へ戻る  |  合コンにおける質問力! >

このページのトップへ

最近のエントリー

月別 アーカイブ