HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > カァリィ > かありいの昔話㉕インドで人体実験  病気診断と対応コース10

かありいの昔話㉕インドで人体実験  病気診断と対応コース10

 ここで多少は症状が落ち着いた彼が

「いつもこんなでそうあるべきことがちゃんとなされないから、

ここにいても時間の無駄なんだ」というので、

「仕方ないよ。又もう1回やればいいじゃん。

とりあえず、作り方のプロセスはわかったわけだし」というと、

「もう次はないんだよ。僕は明日ここを出るから」

「2月末までじゃなかったの?」

「もうこれ以上時間を無駄にしたくないから、

授業を早く進めてもらって、明日テスト受けて終わりにする。

治療も今日が最終日だし」。

この日彼がいつもより大人しかったのは、

Virechana(下剤療法)を受けていていつもより

エネルギーがなかったのが原因かもしれない。

 

下剤法終わった翌日に移動するのか。。
すごく体に悪そうだが、言っても無駄だろうと思って何も言わなかった。
 
会話を終わらせるために「次はどこに行くのか?」と聞いたのがまずかった。
彼は基本的に一人でいられないかまってちゃんだ。
話を聞いてくれる人がいれば喜んで長々と自分の話をするのが大好きなのだ。
 FB_IMG_1501140469899.jpg
地名を言われたが、聞いたことがなかったので、
どの州だ?と聞くと、彼もよくわからなかったらしく、
Lonely Planetをひっぱり出してきて、
ソファーに私も座らせ、説明が始まってしまった。。。。
 
これ以上突っ込むと話が終わらなくなるので、
黙ってうんうんと聞いていたのだが、
途中からここの批判に変わった。
 
「君が別に無駄な時間を過ごしてるというつもりはないけど、
正直ここはぼったくりでいても意味がないと思う」
というので、前から疑問だったのだが
「4年前に来ていて、気に入ったから又来たんでしょう?
前回と今回と何が違うわけ?」と聞くと、
「前回はここに泊まる必要がなかったから、
ビーチの近くに家を借りてそこからバスで通ってたんだ。
毎日ビーチに行けたし、
自分で朝食作ってからバスでここまで来て授業を受けて、
皆とランチを食べて午後の授業が終わったら又バスで戻って、
近所の村にバイクでいったり、
地元の人の家に行ったりしてインドを楽しんでたんだ。
でも今回は外滞在が許されなくて、
ここにこんなに高い金額払って滞在しないといけなくて、
どこにも行けない。
しかも金を払うんなら、ちゃんとしたサービスを受けたいのに、
ここは何もかもいい加減だ。
何もかもちゃんとしていなくて、僕を怒らせる」という。
「なんで怒るの?」と聞いたら、「わからないけど、怒りを感じるんだ」だそうな。
 
びっくりした。1泊3食付きで、ホットシャワーがあり、
Wifiもつながっていて1泊750ルピーは安いだろう。
 
この値段でどんなサービスを求めるっていうんだ?(もちろん授業料は別)。
 

結局彼の問題は授業にあったわけではなくて、

院長先生の言うように、「金がないこと」が

全てなんじゃないだろうかと思われた。

 
何も言う気になれずにだまっていると、
これから泊まる予定の宿はこれだ、
とロンリープラネットから見せてくれたが150ルピーとある。。。
いくらなんでもあり得ないだろうと、
「これ何年前の本?10年前は確かにこの値段のゲストハウスあったけど、
今はさすがにないでしょう。随分前の値段だよ。
ここ数年、インドだけじゃなくてアジア全体随分物価上がったから」
とインドはもうそんなに安くないぞ、
お前が間違っていると遠回しに伝えると、
「いや。大丈夫だ。今はもうハイシーズンは終わったから、
泊まる前にこの値段は高すぎる。100ルピーだ、
それ以上は出さないと言ってそのあとしばらく黙って
プレッシャーをかければそこまで落ちる。
皆その時間を待てないから安くならないんだ。
それがインドでビジネスをする方法だ」という。
 
ビジネスって。。。150ルピー払えばいいところを、
30分もかけてわずか50ルピー下げさせることがビジネスなのかい。。。
 
もうこれ以上の会話は不毛だと思い、最後の切り上げで
「そうか、まあ良い旅を。チケットはもうとったの?」というと、
「必要ない。ローカルバスを1-2時間づつ乗り継いで移動する分には
前もって予約する必要ないから」。
 
そうか、これは本当に昔、学生時代の私がやっていたような
本格的に金のない人がする旅行をこの年でもやっている人なんだと思い知った。
 
今まで比較的そういう人がいなかったので
ここは雰囲気が良かったんだ。
 
彼がいると雰囲気が悪くなるし、
ここにいて不満なら早めに立ち去るというのは賢い選択だ、
誰にとってもいいことだ。
 
翌日彼が消えてから、この病院の雰囲気が全体的にリラックスしたのは明らかだった。
 

イライラしている人が一人いるだけで、

その場の空気全体が汚染される。

この怒りのエネルギーがいつも彼を痛めつけているのだ。

アーユルベータの勉強を4年前に1か月と今回3週間したのに、

彼はそのことに気が付かないんだろうか?

___________________________________________________________________________

毎週火曜日はカアリィの日!

20代の男女向け、就活、転活、留学希望の方鑑定スペシャル

毎週火曜日開催(次は8月15日だよ!)

15時―21時(要予約)

一人30分、5000円。

  手相から皆様の現状を読み解きます。

  オーラ鑑定で皆様のエネルギーの質を解説します。

  対話による思考エネルギー鑑定から、皆様が意識していない現状や、問題の本質を読み解きます。

  カードを使いながら、其々のお悩みの原因を明らかにし、その解決法を提示します。

  幾つか選択肢がある場合、カードを使いそれぞれの道を選んだ場合の吉凶を占います。

_____________________________________________________________________________

こんな方にお勧め

●就活中

どんな仕事が向いているのか?

内定を幾つかもらったが、どれが一番いい選択肢か知りたい方。

●転職活動中、転職検討中の方

今転職すべきか?転職に良い時期はいつか?

転職するとしたらどんな仕事がいいのか?

検討している転職先があるが、どれが一番いい選択肢か知りたい方。

●留学、海外就職希望の方

海外生活18年のかありいの実践的アドバイスを踏まえ、留学・海外就職を成功に導く方法を伝授します。かありいはアメリカと中国に留学経験があり、中国・タイ・シンガポール・インドの日系企業で勤務していました。其々の国又は周辺諸国の特色、給与体系、生活環境など全てお答えします。

 

※数名のグループでの鑑定も受付可能。一人の鑑定時間は最低30分からです。

 

グループ鑑定の場合、お友達の鑑定も希望があれば一緒に聞くことが出来ます。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: かありいの昔話㉕インドで人体実験  病気診断と対応コース10

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/5619

< *原宿ほしよみ堂はこんな占い館です*  |  一覧へ戻る  |  *好きな人に振り向いてもらうには、外見磨きが大切!* >

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ