HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 糸川 華凜 > 〜決めないことは悪いことじゃない〜

〜決めないことは悪いことじゃない〜

 

 
 
そこのあなた。
 

「物事に白黒決めなくちゃいけない」ループに
ハマってませんか?

 

〜決めないことは悪いことじゃない〜


分からないのに
はっきりしないのに
無理に決めることはない。

そんな時に決めてもろくな事にならない。
だって分からないんだもの。

分からないという今が必要だからこそ
分からないのだから。

 

「分からない」は
物事の始まりから終わりの中で
必ず必要な通過点。

怖がることはなく
むしろ喜ばしいこと。


 
なぜなら
分からないという状況があるからこそ
普段おざなりにしている
「真摯に自分と向き合うこと」ができるから。
分からないは「可能性」だから。

 

そもそも答えは
最初から自分の中にある。
見えていない・見えなくしているだけ。

そこで「分からない」をすること
「分からない」と自覚することで
自分の答え・本心に近づく。


 
確かに「決まらない・白黒つかない状態」は
モヤモヤしてきもちわるいもの。

 
でもちょっと思い浮かべてみて。

「どちらかにきちんと決めなさい」
「今は決めなくてもいいよ」

この二つを言われた時の
心の緊張感は?

 
 
「決めなくてもいいよ」と言われた時の方が
こころは柔らかくなる。

わたしはそう感じます。

 
 
硬く緊張した心だと
目の前しか見えない。

柔らかい心だと
たくさんのものが見え
より早く自分の中の答えにたどり着ける。


 
例えばわたしのもう一つの仕事である
整体だと

身体を整えるとき
まず一度全体をゆるめないと
整えたい場所は
なかなか動かない。

たった1箇所どこかが緊張しているだけで
全部が動かなくなる。

 
その1箇所をゆるめた瞬間
全体がすーっと動きはじめる。
もちろん整えたい場所も。

 
その時に
「あ、私の身体は今こうなっているのだ」と
本人もやっとそこで気づく。


 
整体では
問題の場所を整えるには
まずはどこかにある緊張を取ることが
1番の近道。

(面白い事に
心もゆるんでいないとからだはゆるまない)

 

ここで「決めなくていいよ」の話。

整体と同じ様に
心が柔らかくゆるんでいる。
ストレスが少なくリラックスしている方が
簡単に自分を見ることができ
答えに早くたどり着ける。

 
無理に決めようとすると
肩に力が入り
呼吸は浅く
視野が狭くなる。
どこまでも迷子状態。

それよりは
「今は決めなくていいのだ。
それよりも今自分のやりたい事を楽しんでみよう」
と考え、自分をのびのびさせてみる。

 
その方が結果的に
「より早く分かる・決まる」


 
だから

決めないことは
悪いことじゃない。

いいことも
たくさんあるんです。


IMG_9533.JPG
夜の街のみかんは高い。同じみかんなのにね。



糸川 華凜
 

 

< 〜あげまんとさげまん。それ、男女関係ないでしょう〜  |  一覧へ戻る  |  天津金木中級講座 大盛況で終了 & 【募集】占い師になれるランチ会 >

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

かのえ整体院公式サイト 
かのえ整体院公式サイト

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ