HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 坂宮 鈴果 > 占い的に不幸な人生を背負っている?

占い的に不幸な人生を背負っている?

 さて、先々月くらいから続いていたメール鑑定の集中依頼がようやく落ち着きました。

お待たせしていた皆さん、時間が掛かってしまってすみませんした!

 

閑話休題。

最近人生楽しそうだねとかバイタリティあるねって立て続けに言われました。

いやいやいや、すぐ凹むし、キーーーーって歯軋りするし、全てをたたき割りたくなること勿論ありますよ!

人生なんて上手くいかないことだらけですし。


家族には久々にしみじみ言われているのです。

「運が悪い、間の悪い人間だよねぇ。」


この言葉を裏付けるように、私の命盤とか特筆すべき良い所なんてさしてないのです。

20代前半くらいまでは、その辺を自分でも早くから自覚していたので

なんだかんだ他人のせい、物事のせいにしていたことも否めません。


しかし、それを思い悩んだところでその悩みは消えないし、不安はなくならないことに気付きました。


やっぱりある程度理由があって不運だったり恵まれなかったりするんですよね。

何かをやり遂げる気力を持って生まれる、もしくはどこかでそういった気力を養うのも運だし

コツコツ努力するのも才能のうちです。


ただ、同じような能力があって同じ努力をしても

上手く行く人と上手く行かない人っていうのはやはり厳然とあります。


私のように運の悪さを実感してる人もいれば

そんなに思い当たる苦労は特にないって人もいるでしょう。


そこを嘆くか、嘆いても仕方がないから他に目を向けようと思うかも

実は運や才能の一つなんだなーとここ10年くらいでしみじみ実感しています。

七転八倒したおかげで人と比べることの愚を嫌と言うほど知りました。


なので、若いときほど自分を知らなくてもいいかなと思うんです。


やっぱり自分で頑張ったり転んだりして、「あ、これは違う」「そうそう、この感覚だ」

って実感しないと人は簡単には納得しないし変わることは出来ないのではないか、そう感じています。

運が悪いなあとか、なんで自分ばっかりって思う人は、そうやって思い悩む時がないと人生が好転しないものなのだと思った方がラクです。


一方で40過ぎても己をあまりに知らずに周囲と比較しているのはちょっと不幸なので

その頃には多少は自分を知っていた方がよいかなと思うんです。

40って「不惑」っていうじゃないですか。


ようは40越えて自分自身のことでどうしていいかわからないではイカンと孔子さんは仰っているわけで。

今までのノウハウを活かして楽しむ、もしくは、腹を括ってまだまだチャレンジするぞ!と一心不乱に前を進むしかない。

こういう風にふと立ち止まったときに切り替えることが出来るかが運命の分かれ道な気がします。


その時々で悩むのが人間です。

けれども、どんな人でもその時の答えは「知っている」んです。

気付いているか、気付いていないかではないかと思います。


どんな人でも道に迷うことはあります。

そこから抜け出すのに、ちょっと手詰まりだなと感じたら。


そのキッカケに占ってみるのもこれ一興。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 占い的に不幸な人生を背負っている?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.hoshiyomishi.com/bcms/mt-tb.cgi/5080

< どうなりたいかを置いてきぼりにしないこと  |  一覧へ戻る  |  あなたが好きなのは、「現実の彼」ですか? >

このページのトップへ

アーカイブ

サイドパーツ : リンク

bnr_shibitosubiz.jpg
紫微斗数オンラインウェブ講座

書籍購入
書籍の購入はこちら

メルマガ登録 
無料メルマガ発行中

banner_uranai.gif 
中島多加仁公式サイト

vernis_new.gif 
ほしよみ堂&電話占い「ヴェルニ」

名古屋ほしよみ堂ブログ 
名古屋ほしよみ堂ブログ

bnr_mariahouse.gif
マリアハウスオフィシャルサイト

chiromante.gif
占いも出来るカフェ キロマンテ