HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 2012年5月 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ ; 2012年5月 アーカイブ

ブレーキ壊れてますよ 

こんばんは。
松原由布子です。

渋谷ほしよみ堂は2011年9月18日にオープン。

たくさんの方にお祝いに来ていただいたんですが、
その時にオープン記念としてワンコイン鑑定を実施。

忙しい中を縫って駆けつけてくれた恩師ともいえる友人が
私のタロット鑑定を受けてくれました。

今度は紫微斗数で、という約束が本日果たされることに。
本当にありがとうございました☆


私の主星の一つである廉貞(れんてい)はブレーキがないです。
壊れてるとも言われます。

紫微斗数を知らない時はそのせいで相当周囲に迷惑をかけました。
今も注意しないと尖って誰かを傷つけてしまいます。
そっちにふれるチカラがもともと強いので意識しないと
セーブすることができません。

しかし最近、丸くなりすぎているところがあるらしい。
指摘されてびっくりしました。

チカラを出すが引っ込めるか、オンとオフしかないので
微調整がとっても苦手・・・
うーん。悩ましい。

なんて思ってたら本日の鑑定です。

その方は殺破狼(サッパロウ)。
サッパロウとは、命宮に
七殺(しちさつ)
破軍(はぐん)
貪狼(どんろう)
を持つ人のことをいいます。

この星は12宮の中で必ず三合宮に入ります。
(taka先生の円形命盤では正三角形の位置)

つまり命宮に入ると、他の二つは財帛宮と官禄宮に入るんですね。
人生において大事な宮に入ることになります。

この字面を見ただけで「激しそう」なことは伝わると思いますが
この三つの星はかなりアウトローな人生を招きます。
大成功と大失敗の大波をのりこなすジェットコースターのような人生。
毎日同じことをするのはとても苦手。

それを望むかどうかは本人次第ですが、
サッパロウの方もブレーキをきかせるよりも
思いっきりアクセルを踏む方が得意。

お話をさせていただきながら、自分のことを話しているようでした。
日々は引き寄せの法則に満ちていますね。

得意なことを、好きなことを伸ばすしかない。
苦手なことに囚われて、足を止めては行けない。

風通しよく、滞ることなく、流れていないと辛い。
止まることは私たちにとって腐ることと同じ。

笑顔で渋谷駅に向かわれる彼女をお見送りしながら
私の問題もすこし解けてきました。
 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

 

占いの好転反応。 

 

 
 
今日は渋谷ほしよみ堂での鑑定日。
 
午後に大串ノリコ先生、
 
夕方に松原由布子先生もいらっしゃり
 
にぎやかな感じのほしよみ堂になりました。
 
 
 
 
今日は生徒さんの紫微斗数のレッスンだったんですね。
 
天機星の生徒さん、いつもとても熱心なんです。
 
天機星は天の機密を知る星であり、
 
多くの知識をもち、あらゆる本を読破し
 
つねに理想をもち、真理の追究に余念がありません。
 
 
 
 
占いって最初は楽しいんです。
 
もちろん趣味でやったり、
 
友人を占って感謝されたり。
 
しかし、ある時をもって占いが当たらなかったり
 
占いが嫌いになったり、
 
そもそも占い自体がなんなのか?
 
なんの意味があるのか?疑心暗鬼になったり。
 
 
 
 
 
 
占いの世界にのめり込めばのめり込むほど
 
そんな壁にぶち当たります。
 
しかし、楽しい!当たる!!と裏腹に、
 
当たらない!楽しくない!!もまたないと困るんですね。
 
それは東洋思想の陰と陽のようなものです。
 
 
 
 
 
私も師匠に弟子入りした最初にこれを教わりました。
 
『taka先生、紫微斗数ってすごいですね!』
 
『なんでこんなにあたるんですか?友達もみんな当たってるって☆』
 
そんなはしゃぐ私に師匠は
 
『占いは最初は当たる。でも必ずイレギュラーな人=当たらない人も出てくる』
 
そうおっしゃいました。
 
 
 
 
 
私としてははしゃいで、気分が高揚しているのに、
 
なぜ師匠はそんなことをおっしゃるのか?
 
占いは当たるものであり、外れたらインチキではないのか?
 
始めたばかりの私にとって師匠の言葉は多くの疑問を残しました。
 
 
 
 
 
 
しかし、今となってはその言葉の意味を理解し
 
自分の生徒さんにも同じことを伝える私がいる・・・
 
そうなんです。
 
人の人生は誰しもが本の通り、占い通りにいくものではありません。
 
 
 
 
 
 
むしろそんな風にお客様を型にはめ、
 
判断するのはおこがましいかと思います。
 
お客様が必死に生きて来た人生を命盤だけで、
 
一時間の鑑定で、セオリー通りにしようなんて方が間違ってますよね。
 
 
 
 
 
 
 
では占いとはそもそもなんなのか?
 
当てることに意味はありません。
 
当てることで、お客様が占い師を信用するというだけです。
 
占いはお客様の長所、ウィークポイントをみるものであり、
 
占い=幸せになるものではないのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
長所や伸びしろをみつけ、そこを活かした結果
 
成功した!うまくいった、だから幸せになれたということはあります。
 
占い師になれば、占いを好きになればなるほど
 
多くの疑問にぶつかります。
 
 
 
 
 
しかしこれは占いを習う上での好転反応のんですね。
 
私も占い師になって、一時占いが嫌いになりました。
 
今はいろんな疑問に答えが出て、
 
自分なりに向き合えたり、上手につきあうことが出来ます。
 
 
 
 
人の人生VS占い
 
占いVS自分自身
 
理論VS実践
 
モラル・道徳VSお客様の悩み
 
 
 
 
たくさんの疑問や心の葛藤をこえて、自分なりの答えを見いだせたとき、
 
ようやく占いと上手に付き合う事ができ、
 
そこからまた始まっていくのかもしれませんね。
 
 
 
 
 

お知らせ<料金改定>その他 

料金をほしよみ堂所属の鑑定師の方々とほぼ同様にさせていただくこととなりました。
すでにプロフィールページについては変更させていただきましたが
こちらでもお知らせいたします。
 
「紫微斗数 対面鑑定」予約制
●料金
30分 5,000円 (延長10分ごとに1,500円)
30分 5,000円 (延長10分ごとに1,500円)
60分 9,000円 (延長10分ごとに1,500円)
ご相談内容に応じてタロット、四柱推命、九星気学なども合わせて鑑定します。
 
場所と時間については今までと同じです。
平日、池袋ないし新宿のカフェで16:30~18:00が基本となります。
※池袋のみ、12時台も行っております。
それ以外の週末や別の時間帯については別途ご相談ください。
 
メール鑑定
●料金
【初回紫微斗数鑑定】8,000円(命盤作成込み) 
【リピーター】3,000円(命盤がすでにある方。鑑定内容1件につき)
 
初回紫微斗数鑑定では3500字前後の命盤解説をメールでお送りします。
リピーターさんについては、今年の運勢、恋愛相談といった形で1件につき1500~2000字の鑑定結果をメールでお送りします。
 
紫微斗数鑑定での結果サンプル例は星読み師ドットコムの坂宮鈴果プロフィールの料金等について書かれているところにPDFのリンクがございますので、そちらをご参照ください。
 
これからもより一層占術の腕を磨き、価格に恥じない鑑定を心掛けてまいりますのでよろしくお願いいたします。
 
メール鑑定につきまして4/20までの方はすでにお送りしております。
それ以降の方につきましては現在書き上げ中です。
4月の方は今週末には全員お送りしますので、もう少々お待ちください。
 
とりいそぎ、お知らせになります!

僕らの描いた未来予想図

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
昨夜、TVを見ていたら
NHKの「探検バクモン」で
興味深い内容を放送していました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
最新技術を使って
2050年にタイムスリップ。
 
災害に強い建物、
ロボットによる癒し、
自動運転で目的地に行く車、
皮膚に埋め込まれた個人情報、
すべての行動を監視されるシステムなど、
 
人類、機械、地球の未来について
紹介するという内容です。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
そこで、
爆笑問題の太田光さんが
面白いことをお話ししていました。
 
 
「ちょっと前、
 例えば僕らの世代が
 子どもだったころはさ、
 未来を描いてみてっていわれたとき
 高層ビルが建ち並んでて、
 空飛ぶ車が走ってて、
 ロボット技術も進んでて・・・
 そんなSF的な近未来を絵に描いていたと思うんだよね」
 
「で、実際、今がそんな感じじゃん」
 
「だけどさ、
 今の子どもたちに未来を描かせると
 みんな緑がいっぱいの、自然豊かな町を描くんだって」
 
「子どもながらに今のまんまじゃいけないって、
 危機感があるんだろうな」
 
「物質を追い求めるだけじゃ
 ダメって思ってるってことだよね」
 
 
要約すると、
こんな感じだったかな?
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
昔むかし、
誰もが描いた
便利で豊かな未来。
 
それが叶いつつある今、
現代の子どもたちは緑を求めている。
 
物には困らない日本になったけれど、
人工的な物に頼りすぎたせいか、
自然な感覚が弱ってきている違和感を
敏感な子どもたちは察しているのかも知れませんね。
 
DSC_2722.jpg
 
この話をきいて、 
 
陰極まれば陽に転じ、
陽極まれば陰と転ずる。
 
こんな言葉を
思い出しました。
 
図で表すとこんな感じ↓
 
466px-Yin_yang.pngのサムネール画像 
 
占いでもよく使う概念で、
 
何事も極端な方向に偏ってしまうと
バランスを保つために正反対の力が生じる。
 
そんな意味があります。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
例えば、
便利も高じれば、不便となる。
 
携帯電話があれば、
 
「離れてても声が聞ける」
「情報がすぐ手に入る」
 
その反面、
 
「連絡が取れない」
「返事が来ない、遅い」
 
と不安や不満を抱える人も増えてますよね。
 
また、インターネットで
誰もが気軽に発信できるいま、
情報への価値が変化しつつあります。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
便利にするかしないかは
使う側に試されていますが、
 
陰も陽も、
便利も不便も、
正義も悪も、
勝ち負けも、
男も女も、
生も死も、
 
みんな
背中合わせ。
 
いつ逆転するかも
分からない。
 
そんな、
絶妙なバランスで
成り立っているんですね。
 
DSC_2007.jpg 
 
さて・・・
 
子どもたちの描く緑色の未来。
実際のところ、私たちの未来はどこへ向かっているのでしょう。
 
皆さんは、
どんな未来を描きますか?
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

幻の占い 

 

よく子供の頃は、よくやったものです。

コインを投げて裏か表か。

または数字を刻んだ鉛筆を転がして出た数は?


これ、実は立派な占いなのです。

卜占(ぼくせん)、とか卜術(ぼくじゅつ)とか

呼ばれる種類に入ります。


簡単にいうと偶然性を利用した占いなんですが、

本格的に使用するときは、

例えばコインだったら何枚か組み合わせて使ったりします。


パターンを複雑にするわけですね。

使う道具にもこだわり、

コイン(実はれっきとした意味があるのです)や、

サイコロ、カードなど、

呪術的な意味があるものを浄化し念をこめて占うのです。

そうすると偶然にしては当たりすぎる、

結果を導きだすことができるわけです。


その卜占の中には日本独自の占術があります。

長く歴史に埋もれていた、

とても崇高な占術で、

かつては天皇が国の行く末などを占っていた占術、

それが【天津金木】(あまつかなぎ)という占いです。


僕の師匠である星読み師★taka先生が長年の研究にって

その全貌を明らかにされました。

近々書籍が発売となる予定です。



【天津金木】(あまつかなぎ)は数ある卜占の中でも別格の存在です。

なぜならそれが、神の力を借りる占いだからです。

 

実際に占ってみると、

その的中率はもちろん、「その他の効果」も

現在一般に普及しているものの比ではありません。


そして僕も今、勉強させていただいております。



そしてその占術の一部が、

書籍の発売に先駆けて、

携帯電話のモバイルサイトで体験することができます。

 

是非、歴史の狭間よりよみがえった、

幻の占術、【天津金木】(あまつかなぎ)を体感してみてください。
 

 


月額315円(税込)です。

アクセス方法

【Docomo】 iMenu→メニューリスト→占い→診断→東洋占い幻の星読み神霊術

【au】 auoneトップ→メニューリスト→趣味・スポーツ→占い→東洋総合→幻の星読み神霊術

【Yahoo!ケータイ】 幻の星読み神霊術

http://dwdw.net/hoshiyomi/ via web

【ダイレクトURL】  http://hoshiyomi.uranai-gogo.com/ez/free/

 


※スマートフォンには対応しておりません。

 




某 件太郎

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

bokenworkshop_s.jpg

 

 

6月10日15:00より

「渋谷ほしよみ堂」で

周易のワークショップを開催します。

くわしくわコチラをご覧ください。

http://www.hoshiyomishi.com/bouken/

 

 

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

最近のお受験事情。 

 

 

今日はお子さんについてのお話です。

本日はリピターの方で、娘さんのお受験について

ご相談を受けました。



地方においては、お受験は東京ほどではありません。

東京に来て感じる事は、みなさんが子供の教育に対し

とても熱心であるということ。





私は子供がいませんし、友人達も学区で決められた学校へ入学します。

入学といったら、学用品、ランドセル、衣装などが悩みの種です。

しかし東京は違うんですね。





その1年、いやそれ以上前から子供を塾に通わせたり

大手百貨店ではお受験用や学校見学用の衣装コーナーがあったり

スーツや子供のワンピースの色はグレーか紺かで悩んだり

バックや靴の金具があるかないかで悩んだり、

ブラウスやワンピースは丸襟が良いのか悩んだり・・・・・・






東京には国立・私立等多くのすばらしい学校が存在します。

要は地方に比べ、選択肢が多すぎるのかもしれません。

そして公立の小学校にいっても、親御さんの転勤等がはげしく

転校して人数の増減にともない、クラスも統合されたりするらしいですね。







お母さんはいろんな情報に翻弄され、

また学校やクラス、ママ友といった

小さなコミュニティーの中で一生懸命になるのかもしれません。







そして東京の小学生はなんとも品が良い子が多いと思います。

電車で遠くから通学して来るんでしょうね。

バスや電車の中でも、ルールをきちんと守り

大声で騒いだりもせず、静かに座っております。






東京では当たり前のことなのかもしれません。

しかし小さな子供が、電車に一人でのって

遠くから通学するなんて!

家から200メートルのところに小学校があった私には

とても不思議な光景です。







そしてお受験をするにあたって、最も重要なこと。

それはお子さんの本質を知ることです。

親御さんがせっかく選んで合格した学校も、

本人に合わない、学校に行きたくない、

勉強についていけない、

友人や環境が合わないでは困りますね。

やはりお子さんの気質や性格・性質も大事だと思います。







本日いらっしゃった方の娘さんは、

非常に強い運気の持ち主で、集団でなにかやらされるよりも

自主的にやれる方が向いているとお伝えしました。

そしてお母様がもってこられた候補の中には、

自由な校風の学校があったので、

そこをおすすめしました。







またお母さん目線から、最近の子育て事情や

学校のあり方・ニーズなどもたくさん聞けて

終止『へ~!最近は○○なんですね』を連発してしまいました。







東京には他にみられないお受験という制度。

地方にも、もちろんありますよ。

しかし地方はごく一部ではないでしょうか?







東京ほどではありません。

しかし一番大変なのがお子さんかとおもいきや、

実はお母さんが一番大変だそうです。

ママ友との話の中でいつも不安や恐怖を感じ、

合格したからといっても安心できるわけではなく、

入学してからも、子供と友人、先生の関係、学力、

いろんなことに気を配り、神経をすり減らしています。


入学.jpg



なんとなくの不安からお受験を初めてしまった。

周りがみんなするからうちもお受験する。

もし、どうしてもわからなくなってしまった時は

命術である紫微斗数や四柱推命で、

お子さんの本質を知ってください。






どの親御さんも不自由なく、自分の子供に与えたいのは一緒です。

しかしお母さんがやらせたいこと、

目指す場所が決して子供にあっているとは限りません。

過去に親御さんが家業をついで欲しいがために、

子供に塾やお勉強、成績・・・・

たくさんのものを与え続けた結果、

子供さんが鬱やパニック障害になり、

学校や成績というまえに、普通の生活が成り立たなったそうです。






お母さんもお子さんも心が壊れてしまうまえに、

どうしようもなく行き詰まってしまったら、

ぜひ紫微斗数をつかって、

お子さんのことを知ってみることをおすすめします。



*夢猫 ムニャ*

 

 

 

**************************

  毎週木曜日 ほしよみ堂で鑑定いたします。

  他の曜日もご予約頂ければ鑑定可能です。

**************************

 

 

トリミングされたら扉になる 

 

 こんばんは。
 松原由布子です。

 Facebookの自分のページをタイムライン表示にしてから
 壁紙写真はずっと宇宙の写真でした。
 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した美しい銀河です。
 

   nebula_n.jpg

 
 なんだか神話の世界を見せられているような幻想的な風景。
 見るたびに心癒されておりました。

 でも、私を表す写真ではないよな〜と思うようになり
 ここのところ昔の写真データを整理しながら自分らしいものを
 探していました。

 そして変更したのがこちら。
 

zero-1.jpg

 
 
 2009年に描いた点描画です。
 ほんとは下にあと半分くらい続いてるんですが
 自分が気に入ってる部分だけをトリミング。
 描いててとても楽しかったんです、この辺り。

 子どもの頃、自分でちいさなフレームを作って
 複雑な色合いの写真や絵をトリミングして遊ぶのが好きでした。
 囲った瞬間に新しい世界の入り口ができる感覚。

 そこへフォーカスして、偶然に切り取られたものを読み解く。
 見えない因果関係に引き寄せられて、自分だけの答えを見つける。

 そういう果てしないひとり遊びが鑑定の時にふっと役立ちます。
 星の意味と今日の出会いをつなぐ言葉や物語をその場で生み出して
 お客様に共感していただく器を作るんですね。


 ・・・・・・・・・・・・・・


 毎日情報発信している facebook と twitter 

 個人的なことを書いてる こちらのブログ

 も、よろしくお願いします☆

 



 

道はあとからついてくる。

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
今日は愛用中のタロットについて
書いてみようと思います。
 
DSC_3250.jpg 
 
以前のブログでも触れましたが、
ウェイトスミス版(ライダー版)を使っています。
幼少期より沢山のタロットに触れてきましたが、
こちらに落ち着きました。
 
なぜか?
 
その理由をお話ししますね。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
まずは「ウェイトスミス版」って何?
というところから入りましょう。
 
タロットには色々な絵柄があります。
 
その中でも世界で一番有名で、
最もスタンダードなタロットの絵柄が
「ウェイト版」
「ライダー版」
「ウェイトスミス版」
と呼ばれるものなのです。
 
関連本も多い教科書的な存在で、
日本人が一番好むといわれています。
 
星.jpg月.jpg太陽.jpg
 
そんなことからか、
占い師の間、特に海外では
ウェイトスミス版を使っていると
「初心者」「子どもみたい」と揶揄され
舐められるという話を聞いたことがあります。
 
また、「人と一緒はイヤだから」と
違う絵柄のデッキを使われる方も多いです。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
私自身も以前はそう思っていました。
「被ったらイヤだなー」
「オシャレでかわいいのが欲しいなー」
と、色んな絵柄を集めて試したりもしましたが、
 
結局、
 
「何かが違う・・・」
 
 
例えば、猫のタロット。
大好きなのですが、その分、
「可愛いポーズだなー。うふふ」
「猫カフェが私を呼んでいる…」
などと、余計な雑念が入り、気が散漫になってしまうんです。笑
 
あと、美術的に美しくて
色使いが多めのタロットデッキも、
作者の余計なメッセージを受けすぎてしまい
本当に伝えるべき啓示がオブラートに包まれてしまうというか・・・
 
 
うーん。
 
やっぱり、
 
「何かが違う!」
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
その点、ウェイトスミス版はシンプル。
描かれている象徴、色、人物、すべてに無駄がなく、
絵が訴えているメッセージがびゅんびゅん伝わってくる。
 
そして、
 
シンプルだからこそ、
「適度な余地」と「深み」が生まれる。
誰もが知っているスタンダードだからこそ、
誤摩化せないし、使う側の力が試されてくる。
 
そんなスルメイカのようなシブい存在感が
タロットの教科書たる由縁なのだと思います。
 
審判.jpg世界.jpg愚者.jpg
 
また、
 
タロットを教える機会も増えているので、
土台となる基本を大事にしたいな、という思いもあります。
 
茶道、華道、書道、武道、陰陽道etc...
「道」の付くものの達人は皆、
基本の型を繰り返し練習するといいます。
 
いかにスタンダードが大事であるか。
噛み締めながら占っています。
 
DSC_4762.JPG 
 
そんなわけで、
ウェイトスミス版。
 
大好きです。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

ポケベルと6767。 

 

 

こんばんは。今日は遅めの更新となりました。

夕方、女子高生の2人のお嬢さんが仲良く歩いてまして。

かぎねこ亭の前で立ち止まっていたので、

『きゃ~♡猫がいっぱい♪』と黄色い声で叫んでいたので

お声をかけると、

『あっ!ここってもしかして猫カフェですか?』っと

言われました。

まぁ占い+猫カフェのようなものなんですけどね。






何の因果かプロの占い師になって、

そして東京に上京して早いもので2年がたちました。

友人達の間でも、ようやく占い師としてのムニャが認められつつあります。






ちなみに夢猫 ムニャは確かに占術家ネームなんですがね。

実は私、高校時代のあだ名が『ムニャムニャ』でして。

あの伝説のポケベルのセンティーネクストAが出る前、

全て数字で表記されていたポケベルがありました。


img_464230_37936356_3.jpeg

    (実際に私が持っていたポケベルと同じタイプです)


例えば・・

『0840[ ]194』

これなんて読むか解ります?






実は『おはよう 学校行くよ』と読みます。

学校とカッコをかけてあるんですね。

こうやって暗号を作っては、

テレフォンカードを握りしめ、

公衆電話にならびながら必死に毎日を送ってました。






ちなみに他の暗号もご紹介すると

810 194=バイト行くよ

49 106410=至急 Telして

8181=バイバイ

0833=おやすみ

1141064=愛してるよ

などなど。



docomoreport_03.jpg


その後、カタカナが表示されるあのヒット商品

センティーネクストAが発売されるわけです。

しかし、私たち友人はかたくなに数字表記にこだわり

3年間それを貫いた覚えがあります。





ブレザーの胸ポケットから、何度もトイレに落とし、

その度電池を外しては、ドライヤーで乾かすといった

なんとも間抜けで地味な行為を繰り返し、

卒業と同時に携帯になっていきました。

 



 

あの当時はポケベルがなんとかっていう歌まで出たり。

今の若い子からみたら、ダサイって思われそうですね。

ポケベルに公衆電話。

時代とともに淘汰されるもの。

携帯があれば、ポケベルも公衆電話もいらないですからね。






そう、そしてなぜ今ポケベルの話をしたかと言えば

高校時代のあだ名がムニャムニャで

最後に名前をいれるんですね。

今の携帯のように相手の名前が表示されるわけではなかったので、

自ら名前を名乗る、打ち込む作業が必要だったわけですよ。

私の場合はムニャムニャで『6767』






それは現在の占術家ネームまでちゃんと引き継いでおります。

この『夢猫 ムニャ』は私の師匠taka先生が名付けてくれた名前です。

かぎねこ亭の家相や気学の本命星などからも生じられ、

また画数も総画33と、女性では強運すぎる画数ですが

お仕事用の名前なので、これくらいでちょうどいいと

与えてくれた名前なのです。






友人達は、ムニャが夢猫 ムニャになった!

そう喜び、なんの違和感もなかったようです。

むしろ違う名前の方が、もっと違和感があったでしょうね。






夢猫とかいてユメネコと読みますが、

実はこの部分もムニャなのです。

夢=ム 猫=ニャ~でムニャ。

夢猫 ムニャ=むにゃむにゃ。





学生時代、一番楽しかったのが高校生。

そして一番多くの友人に恵まれたのも高校生。

その名前は18年以上たった今も変わる事なく、

東京にきても多くのお客様や

みなさまに愛され続けています。







『なんでムニャなんですか?』

そう聞かれる時も多々ありました。

しかし高校生でムニャというあだ名をもらってから、

多くの方と出会い、そしてそれが広がり、今に至ります。

これからもきっとずっと付き合っていく私のもう1つの名前。

静岡の友人達に与えてもらった素敵な名前。

師匠からデビューした時に与えて頂いたありがたい名前。

名に恥じぬよう、日々精進いたします。


*夢猫 ムニャ*

 

 

衣替え 

bouken-s.jpg

 

いきなり自分の写真で僭越ですが、

先日、新しいプロフィール写真の撮影をしてまいりました。

 

「おーいお茶」

的なアングルでしょうか。

 

我ながらよく撮れていると思います。

というよりも今までの人生で一番よくとれた写真なんじゃないかと思います。

ちなみにカメラマンは渋谷ほしよみ堂店長の大串ノリコ先生です。

占い師にして写真の腕前も、もはやプロ並みです。

 

さて撮影場所は渋谷ほしよみ堂の氏神様である氷川神社。

御祭神は素戔男尊(スサノヲノミコト)。

荒ぶる神といわれています。

 

スサノヲの神気を感じさせる境内。

この日はすがすがしい風が吹いていました。

 

木漏れ日を浴びて、

鳥のさえずりに囲まれる中、

無心にて祝詞を奏上し、手を合わせると

神とつながる感覚さえ味わえるのです。

 




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

bokenworkshop_s.jpg

 

 

6月10日15:00より

「渋谷ほしよみ堂」で

周易のワークショップを開催します。

くわしくわコチラをご覧ください。

http://www.hoshiyomishi.com/bouken/

 

 

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

理屈民族からのご質問 

 

こんにちは。
松原由布子です。

いつもこちらに書いているブログを
スタッフとしても参加している

「理屈民族のためのSNS・クラウドシティ」
http://cloudcity-ex.com/

にて全部ではないんですが公開しています。

星読み師ブログを読んでくださる方とは
違う反応があってとっても興味深いんです。
今日はそのやりとりをご紹介いたします。
(もちろん許可はいただいています)

※ちなみに名前の前にある「P」はクラウドシティで
最近始まった「パブリック宣言」している印です。
この宣言をした人は会員制SNS内での発言を
許可があれば公開してもよく、自分の発言も公開の
対象になることを許可しているという意味です。

※また名前の後ろについている「理想」は
岡田斗司夫さんの著作「
人生の法則」に登場する
人間の欲望のを4つのタイプに別けたひとつです。
注目型・司令型・法則型・理想型
のどれかに分類されます。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2012年05月27日10:02

    1: P・幼稚園の泰之・理想

    理屈民族としての質問です。

    ①ユウコさんは運命(?)みたいなものがあるのを前提にしているのですか?

    ②占いが効く時期とそうでない時期がある場合、効かない時期とはどのようなものなのですか?

    ③占いをしない方が良い人がいるとしたら、それはどんな人ですか?



    理屈っぽく伺うのは理由があります。
    というのも、知っている方で占いができる方がいらっしゃるんです。
    その方が、例えば、私の身に何か悪いことが起きると、それが起こった理由を占い的な視点で説明してくれるのですが、こちらからすると「そんなの後付けの理 由だよな」と感じたりするものです。私のように引いた所から話を聞ける人はいいのですが、真に受けてしまうような人だと占いに翻弄されてしまうのではない かと危惧してしまうんです。
    ユウコさんは占いの祝福と呪いについてどのようにお考えですか?

    なんだか冗長ですね。全部にお答えくださらなくて結構です。


2012年05月28日16:48

    2: P・松原由布子(占い師のユウコ)・理想

    >>1 P・幼稚園の泰之・理想さん
     ご質問ありがとうございます!
     理屈民族のみなさんに占いはどう映るのか気になっていたのでコメントとってもうれしいです。
     では、順番に。

    >①ユウコさんは運命(?)みたいなものがあるのを前提にしているのですか?

     はい。占いは運命学ですから、宿命と運命があるというのが前提です。
     宿命は先天的に刻まれた今生での課題、使命、生まれてきた意味のこと。
     運命は宿命を果たすために現れる様々な分かれ道、選択肢で、変えることが出来る。
     このように考えています。
     人生全体を地図のように捉えて、運命学の観点で具体化したのが西洋占星術のホロスコープや私が紫微斗数占星術で使う命盤、四柱推命の命式です。
     4タイプよりは詳細に分類されますが、同じ命盤をお持ちの方が全く同じ人生になったりはしません。
     これは当たり前のことなんですが、占いは当てるものだと捉えられてしまうと「星座が同じだとみんな同じなのか」とよく言われるので念のため書いておきますね。
     そうではなくて、命盤に配置される各星に陥りがちな欠点や伸ばすべき長所があるから、それを知って人生の中で道具として使ってもらいたいのです。
     4タイプを知ることで生きやすくなるのと似ているのかもしれません。 

    >②占いが効く時期とそうでない時期がある場合、効かない時期とはどのようなものなのですか?

     効くというより「届く」の方が近いです。
     占いにおいて自分はどう見えるのか、どこに位置するのか、いつ動くべきなのかなどが気になった時に鑑定を受ける必要がその方の中で生まれて、鑑定結果を受け取る準備ができるのだと思います。
     そうなっていない段階ではそもそも「お客様」になっていただけません。
     もしご本人に確信がない場合でも、ほしよみ堂にお越しいただいたり、電話鑑定を受けてくださる時点で生まれたご縁を運命学の観点から読み解くのが私の仕事でもあります。

    >③占いをしない方が良い人がいるとしたら、それはどんな人ですか?

     占いを信じてしまう人だと思います。
     信じてしまうと、運命を自らの手で選ばなくなります。
     占いの結果に主導権を握られてしまいますので、あくまで結果は使える道具でしかなく、運命のハンドルを握っているのはご自身だということを忘れないでほしいと依存傾向のあるお客様にはお伝えしています。

    >ユウコさんは占いの祝福と呪いについてどのようにお考えですか?

     占術家をしている自分についてなら何か書けるかもしれません。
     もうちょっとお時間いただけないでしょうか。
     じっくり考えてみたいです。

     あと、このコメントのやりとりを星読み師ブログで公開させていただいてもよろしいでしょうか?
     
http://www.hoshiyomishi.com/blog/


2012年05月28日20:10

    3: P・幼稚園の泰之・理想コメント返信ボタン

    (公開オッケーです。どうぞ使ってください。)

    ①のアンサーへ:
    運命というものを自分の行動次第でシナリオが変わるRPGと考えれば良いんですかね。それで宿命がラスボス。通るルートが変わっても、ラスボスにはたどり着く、みたいな。それで、占いが攻略本。

    ユウコさんはプレイヤーの能力(4タイプ診断の結果もここに含む)と待ち受けている冒険の性質を勘案して、ハッピーエンドに至る道を示すということなんでしょうか。



    ②のアンサーへ:
    効く効かないではないということですね。



    ③のアンサーへ:
    キモになるのは占いを信じるか使うかの違い、ということですか。
    信じるか信じないか、ではないんですものね。
    うーん、つきあい方が難しいなぁw
    「信じる」のケースと「使う」のケースの簡単な例はありませんか?



    めんどくさい質問が続いてスミマセン

 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

いい質問はいい答えに勝ると言いますが、
聞かれないと考えることもないことばかり。
得難い機会を得て、楽しく考えております♪

お返事コメントは現在作成中。
またこちらでご報告できればと思います。


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

 

占い師に必要なこと

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
「占い師」
 
一般的には特殊な部類に入るこの職業。
具体的にはどんな仕事をするのか、ご存知ですか?
 
実は、鑑定をすることだけが仕事ではないのです。
 
もちろん、
 
鑑定を通してわかることって
数えきれないほどあるのですが、
それ以上に大切な仕事があります。
 
それは、 
占術を教えること。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
教えるということは、
 
・自分自身がその分野について
 深く勉強し、きちんと理解している。
・相手が理解できるように
 言葉、話し方、ペース配分を工夫する必要がある。
 
つまり、
 
「インプット」と「アウトプット」どちらも必要で、
その全体的なバランス感覚が肝心となります。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
これは恋愛をはじめとする
人間関係にも大事な能力です。
 
・自分自身と深く向き合い、
 好みや適性、向き不向きを理解している。
・相手と意思疎通ができるように
 言葉、話し方、最適な距離感を工夫する必要がある。
 
だから、
 
一方的に知識を露呈したり、
一方的に好きだというだけでは、
決してうまくいきません。
 
相手をよく見て、
 
「相手は何を欲しているのか?」
「なぜ、今これを教えるのか?」 
「相手にとって必要なものは?」
「そもそも受け皿は用意されているのか?」
 
様々なことを考えながら、
キャッチボールをする必要があります。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
自分以外の誰かに
何かを伝えるということ。
 
ちゃんと伝えたいと思い、
ちゃんと伝わる言葉を選ぶことは
それ自体が「愛」なんだと思います。
  
そんな言葉=音を発していると、
ものすごくいい作用が連鎖します。
 
言葉=音というのは振動ですからね、
いい振動はいい流れを惹き寄せてくれるんです。
 
まるで波のように、自然に。
 
ヘキサグラム.jpg
 
幸せになるのには誰の許可もいらない。
けど、幸せになるのには、
感じる心が必要です。
 
恋をするにも、
占いをするにも、
心の感度が重要です。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

脱☆ケモノシュウ 

 

今日はいいお天気から一変、

突然の豪雨が・・・・・

その豪雨がピークの時、

実は社長の餌を近所に買いにいってました。





社長お気に入りの餌をネットで購入しましたが、

配送に時間がかかりそうで、

その前に今あるやつが底をつきそうです。

社長は以前は2キロで700円くらいの餌でしたが、

社長就任後は2キロで2680円の餌になりました。






これが社長への毎月のお給料なわけです。

っとかっこいいことを言いましたが、

安い餌を食べていたら血尿が出まして。

尿道結石になりかけました。





安い餌には魚のアラが多く使われ、

この中にはマグネシュームが多く含まれます。

それ故に尿道結石になりやすいそうです。






そこから、尿道結石防止のため

高価な餌に変わりました。

社長のエンゲル係数はかなり高めです。





そして本日は社長はお風呂に入りました。

半年ぶりでしょうか?

冬は寒いので、基本的に入れませんが

夏場はわりと頻繁に入浴させます。

昨日はこんなところに!

暗いんですが、これ実は靴箱です。

o0640048011998261664.jpg



遊んでいて、興奮してくると

ここに入ります。最近の社長のお気に入りです。






しかし私としては、靴箱って・・・

あまりキレイではないしちょっと嫌です。

ですから本日入浴決定!!っという運びに。

しかし、もう本当に大変です。

声だけ聞いたら虐待でもしてるんじゃないか?

そう思われそうです。






そのあと、風呂場に私が入って片付けをしていたら

扉の向こうからもの凄い鳴き声が聞こえてきました。

社長が大嫌いなお風呂場に、私が入ると

私まで何かされているんじゃないか?と不安になるらしく。






普段、お風呂に入っていても変な声で不安そうに鳴くので

しかたなくお風呂場の扉を少しだけ開けてあげます。

冬とか本当に寒いんですけどね。

社長が嫌いなお風呂は、五行バランスで水過多の私にとって

癒しの場所であり、大好きなものなのに

社長のおせっかいとも言える過度な心配によって

いつも邪魔されてしまいます。

 

o0640048011998261648.jpg



そして午前中の温かいときにお風呂に入れたのに

なぜか寒いらしく、膝の中を占拠されたので

今日は社長専用の30センチのホットカーペットの

コンセントを入れてあげました。


o0640048011998261671.jpg


そこから死んだように眠っています。

静かで仕事もはかどるので、

大変ありがたいのですが。





社長は獣臭から、

シャンプーの良い匂いがする高級猫に大変身です。

そしてこの余裕の表情。

憎めない奴ですね。

*夢猫 ムニャ*

 

 

「私からあなたへ」でした。 

 

こんばんは。
松原由布子です。

昨日は森美術館で「イ・ブル展」を見てきました。
夜の森美術館が好きなので20時に現地到着。
22時まで開いているのが素晴らしい。
 

    LEEBUL-468x300.jpg



展覧会の感想は「広告の方が良かった」です。
造形力があって、活躍されている作家さんだとは思いますが
なんだか、細部にまで緊張感が届かない感じ。

ドローイングの方がいいなぁと思ってしまいました。
というか、ドローイングから作品へ完成度が到達していなくて
まだ習作なのでは?と拍子抜けしてしまう。

彼女の文脈をほとんど知りもしない私がこんな風に書くのは
不勉強なことを露呈するだけなのかもしれないんですが、
同じ森美術館で開催された小谷元彦展の感動がまだ続いているのも手伝って
始終「あ〜、もったいないよ〜」とつぶやいておりました。
 

    



小谷作品の前に立つと何かを読み取りたい、ここから離れられない。
という気持ちにさせられたんです。
実際に数回足を運んで、長時間その作品を浴びていました。

それはレントゲンヴェルケさんの展覧会でも思うことで、
私はもっと完成度の高い作品に、尖った作品に出会いたいんですね。


小谷氏のインフェルノ(↓)の中に入って瞑想するような時間を体験した時
作品が自分の奥底まで潜っていける装置になりえるんだと感じたから
そういう体験をイ・ブル展にも期待していました。

 

    g_img25_02.jpg



でも、勉強になりました。

それって自分に置き換えると、ちょっと反省もするのです。
もっともっと自分を追いつめて、ギリギリにならないとできないことが
あるんじゃないかと。

可能性や資質を持ちながら、それを磨きもせず放置していないか?
適当に通用するもので満足していないか?

辿り着いたと思った先にさらに世界が広がっていることを知りたい。
とても抽象的ですが、そんな風に思って今の仕事をしているはず。
まだまだ足りないよ!と言われた気がします。

ほんとはこんな風に思ったなんて書く資格がないのかもしれないけど
思考の流れを書き留めておこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

アクターズスピリット 

自分の【性格】。

変えたいと思ったことはありませんか?

 

【性格】というものは、なかなか厄介なもので、

簡単には変わらないようにできています。

 

性格を変える方法はいくつか存在しますが、

その中の一つであり、とても強力な方法があります。

 

「役を演じること」 です。

心理学では【役割性格】といわれるものです。

 

自分に【役】を与えることで、本来とは違う人格として振る舞うようになるわけです。

こういうと、違う人格の役を演じるわけだから

いったって当たり前のように聞こえますが、

この場合、意識的に役を演じている間だけではなく、

いつの間にか無意識的にその役の人格へ変貌していく

といった類のものです。

 

みなさんの周りにもこんな人はいないでしょうか。

みんなで和気あいあいと楽しく仕事をしていたのに、

役職が与えられると急に厳しくなったり真面目になったりする人。

 

これは決してその人が出生欲に駆られたわけではありません。

人は役割を与えられると、

その役割を果たそうとする傾向にあり、

与えられた役柄に対して、

 

「この役はこうあるべきなのではないのか。」

 

と思っているうちに、次第に強制力が増していき、

 

「こうしなくてはならない」

 

と強く思うようになるのです。

これが本来の性格とは別の人格を生み出す【役割性格】の力です。

 

この【役割性格】を証明したのが、

アメリカのスタンフォード大学で行われた、

通称「スタンフォード監獄実験」といわれる実験で、

何年か前、ドイツの映画【es エス】の題材にもなり、話題となりました。

 

この実験では、

模擬刑務所を舞台とした実験で、囚人役と看守役に分けて、

本物さながらの刑務所生活を行ったところ、

もともと人格に関係なく、

与えられた役柄どおりの性格に次第に変わっていく

という結果が得られました。

 

これはほんの一例ですが、

与えられた役割、つまり与えられた【環境】によって

性格が変わることの証明なのです。

 

与えられた環境によって変わるのであれば、

自分で作り上げた環境によっても変わるはずです。

つまり自分の意思でコントロールできるということでもあります。

 

自分で目的に応じた環境を整えたり、変えたりすることが、

性格を変えることにつながるわけですね。

これも運命や宿命などの

占いで導き出した先天運をコントロールするヒントなのです。

 




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

Theme music of Hoshiyomido

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
週末は梅雨入り前の
貴重な晴れ間でしたね♪
皆さま、いかがお過ごしでしたか?
 
私は熱っぽくてフラフラしたので、
無理せずおうちでゆっくりと過ごしました。
 
とはいっても、
 
占い師は自分自身が商品。
おうちでのお仕事もたくさんあるので
休もうと思ってもなかなか気が休まりません。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
そんなときの息抜きに、
PCの音楽ソフトをいじって遊びます。
DTM=Desk Top Mugicってやつです♪
 
今日はテーマを決めて遊びました。
 
ほしよみ堂のテーマを作ってみよう!
 
です。
 
ただ漠然と作るのは難しいので、
ある法則を使って作ることにしました。
 
以前、TVでヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんがやっていた
「アルファベットをドレミにあてはめて曲を作る」
というのを試してみたんですよ。
 
DSC_2073.jpg
 
そのときに出ていた表がこちら↓
 
ファ
ABCDEFG
 H     
  IJKLMN
OPQRSTU
VWXYZ  
 
これで「ほしよみ堂」を
メロディにしたらどうなるでしょう?
 
「HOSHIYOMIDO」
 
表にそって音階に置き換えると、
 
「シラミシシレラファシレラ」
 
これを簡単にアレンジすると、
短いリフレインが出来上がりました。
 
※注)クリックすると音が流れます
 
ちょっと切ない系にしてみました。
これを発展させていくと、
一曲が出来上がります。
 
まだ試作段階ですが、
いかがでしょうか。
 
こんな感じで遊びながら
曲を作るのは本当に楽しいひとときです。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

決定事項? 

あの人は○○座だから、こういう性格だよね。

と生まれ月の星座(太陽星座)占いによって性格を判断したりします。
 

 

確かに当たってる!

と思う反面、生まれながらにして決められていると思うと、

なんだかガッカリするところもありませんか?

 


では人間の性格というものは、果たして占星術が示すとおり、

生れついてのものなのでしょうか?

 


人間の性格を決めるのは “ 遺伝 ” なのか育つ “ 環境 ” なのかについての議論は

結構古くからされてきたようです。
 



ではどちらが有力な説なのかというと、

どうもこれは国によって意見が分かれるようです。
 



ヨーロッパでは遺伝が強く影響するという説、

アメリカでは育つ環境によって次第に作られていくという説が

それぞれ有力とされているようです。
 



それぞれの根拠は、

もちろん、ちゃんと調査した結果の統計に基づくものなのなんですが、

そもそもこれには各国における【人格】の語源に端を発しているようなのです。

 


アメリカでは【人格】のことを「パーソナリティー」と呼びます

「パーソナリティー」は “ ペルソナ ” という仮面を意味するラテン語から派生した言葉で、

どちらかというと役割を演じるという意味合いが強いようです。

またアメリカはヨーロッパに比べて歴史が浅く、

開拓者精神が強く根付いているため、

“切り開く”という考え方が根底にあり、評価の対象ともなっています。

 


一方ヨーロッパでは人格のことを「キャラクター」と呼びます。

これには “ 刻み込まれたもの ” という意味があり、

人格は変わらない、もしくは変えることが難しいという考え方を連想させます。

またヨーロッパ地方特有の家柄や血統、伝統などを重んじる風潮も強く影響していそうです。

 


では日本はというと、

島国であり多国籍の文化の集合体でもあるため、

人格に対する考え方も複数の外国の思想に影響を受けて、

結局この2極論の中庸の立場をとっているのが現状なのです。

 



“占い”には先天運という言葉があります。

生まれつき決まっている性格をふくめた宿命のことです。

 


一方、後天運(こうてんうん)という言葉もあり、

運命を切り開くチャンス(時期)を表しています。
 



確かに【性格】は人間関係や物事を決断する時に大きく影響します。

僕も占いをまなび始めたときは、

結局、生まれつきの性格がその人の人生をすべて決めることになると錯覚したほどです。

たしかに生まれながらに持っている性格や性質の傾向あると思います。
 



でも性格を判断する時に使う命術(めいじゅつ)は

同年月日時生まれの人々の人生の違いや誤差に対しての答えを

用意していません。

 

それは人の意思が、性格、宿命、運命といった生まれつき持っているものの

隙間を突いて変えることができるという、

ひとつの可能性があることを示しているのではないでしょうか。




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

これ始めました。 

こんばんは。夢猫 ムニャです。

今日はみなさんにご報告があります。




以前からずっと温めていたことがありました。

ずっとずっとやりたかったのですが、

なかなか重たい腰はあがらず、

忙しさを言い訳にしてずっと先延ばしになり。

ついに完成したので、みなさんにご報告しようと☆



o0640048011997138966.jpg




じゃ~ん!『夢猫 ムニャ通信』です。

っといっても大したものでもなく、

1時間もあれば出来そうな作業ですけどね。

私が鑑定しているかぎねこ亭の

フライヤと一緒に折り込む事にしました。





以前からブログやツイッター、フェイスブックなど

ネットを使いさまざまなことを発信しています。

前はパソコンからブログを見ていただいた

お客さまから

『最近スマホに変えたので、先生のブログどこでも見れます!』

とありがたいお言葉をいただきました。





しかし、年配の方やスマホでない方。

又、ネット環境が家にない方もいます。

そんな方にどうやって私のことを知ってもらうのか?

そう考えたときに、この夢猫 ムニャ通信をやろうと

思いつきました。





そしてもう1つのこだわりは、

すべて手書きで書く事。

字にはその人の精神や心、人格が表れます。

ありのままの夢猫 ムニャを知って欲しい、

そう考えたとき、手書きしかないと思いました。






『今時さっ、手書きだなんて・・・ダサイよね?』

そんなお言葉もいただきそうです。

確かにパソコンで作業すれば、キレイに早く出来ます。

しかし決まりきったフォントから、

お客様がどれだけ多くのことを感じていただけるのか?

やはり手書きの方が、味があるのではないのか?





『手は精神の出口』

以前、手相の勉強中に教えて頂いた言葉です。

手は多くの作品を生み出し、

美味しい料理をつくってみたり、

愛おしい人に触れてみたり、

気持ちを込めて手紙を書いてみたり。

どんなに便利な時代でも、

手仕事は淘汰されないと思います。

時代は手書きからパソコンの時代へ。

しかしキーボードを叩く指もまた手仕事です。





占いのコラムや社長のこと、

イベントやキャンペーン

夢猫 ムニャの㊙生活についてなど

ブログとはまた違ったものを、

この夢猫 ムニャ通信で発信していけたらと

考えております。





鑑定させて頂いたお客様にもお配りし、

読んでいただけたらと思いますので、

当面、目指すところは

夢猫 ムニャ通信No100です。

多くの人に読んでいただけたらと思っております。

*夢猫 ムニャ*

 

 

 

怖いけど後戻りできない数の世界 

 

こんばんは。
松原由布子です。

アレルギーっていろいろありますが、
じんましんとか花粉症ではなく
精神的に拒否反応をしてしまうものも
そう呼ぶことがありますよね。

私の場合は多分数字アレルギーです。
簡単な計算で、99%間違わない場合でも
絶対に2回は確かめて同じ数字にならないと
不安になってしまいます。
アレルギーというより軽い恐怖症かもしれません。

そんな私が数字と仲良くなれそうな気がする
数秘術を磨く毎日について。

イメージとしては、ものすごく高性能で
なんでもバッサリ切り捨てたり、計測したりして
感情なんてないんじゃないの?と疑ってしまう
冷血漢とじっくりつきあうことによって
「まぁ、あなたはこんな素顔を持っていたのね!」
という発見の喜びを感じ、苦手意識を克服する試み。

ああ、できれば数字に恋してみたい!
というのは高望みすぎるかなぁ・・・

冗談みたいですが、小さい頃から染み付いたものって
払拭するのは大変。
これでも結構真剣なのであります。

とりあえず、自分の好きな分野から攻めてみました。
老荘思想、道・タオの思想家・老子先生のお言葉。
占術の世界にも深い関わりがあります。

「道は一を生じ、一は二を生じ、三は万物を生じる。
 万物は陰を負いて陽を抱き、沖気以って和を為す。
 (老子・42章)」

数秘でも1は、
「すべての原点」「何もない空間に現れた点」
「個人として全体性につながる原初のエネルギー」
としてはじめに存在します。

そして2を生じる。2は、
「二次元と関係性」「表裏」「対立」
「二面性のための不確実性」
を象徴します。

1は大いなる可能性を秘めているとはいえ
そのエネルギーは発露を求めて欲求不満。
ひとつで完成しているけれど、
それだけでは生まれた意味を感じられない孤独な数字。

そこにパートナーとなる2が現れます。
ここで初めて二つのバランスが問題になります。
客観性を獲得し、比較することで
互いにより強く自分を認識しはじめる。

陰陽の誕生ですね。
そしてそこから子どもである3を生じます。

こうやって物語があると気づけたら
算数から数学になった時に取り残されたと感じた
寂しい気持ちが和らいできたかも。

少しずつ仲良しになりたいものです♪


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
昨日、久しぶりに
都心の地下鉄に乗りました。
 
大切な用事がない限り
ほぼ家と近所で過ごすという
極度の出不精なわたしにとって、
外出先で見かける景色は本当に新鮮です。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
昨日は千代田線「新御茶ノ水駅」でこんなものを見つけました。
 
水無月.jpg
 
ホームの壁を利用した
タイルアートのカレンダーです。
 
皐月.jpg
 
12ヶ月分を数字、英語、旧暦で描かれていました。
ちゃんと日にちもあって、
各月ごとのイメージカラーで表現されています。
 
処暑.jpg
 
おぉ〜
二十四節気も!
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
地下鉄は地下なので空が見えません。
ともすると、
殺風景でリズム感のない景色が続き、
マンネリ化してしまいます。
 
だけど、こういうちょっとした工夫があることで
季節や時間の流れを感じられますよね♪
 
なーんにも描かれていない壁もシンプルでいい。
でも、ちょっとした心遣いがある壁って好きだなー。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
そうだ、壁といえば
「人生に立ちはだかる壁」
これもよく見ると何かのメッセージが描かれているかも知れません。
 
特に何度も現れる壁。
これまでの鑑定を通し、それは只の障壁ではなく
乗り越えなければならない壁であることが多いと感じます。
 
「なぜ、同じようなことが起こるの?」
「なぜ、同じような人に出会うの?」
 
そんなとき、よーくその壁を眺めてください。
一点を見るのではなく、全体を俯瞰するように。
 
ひとりじゃ見えてこない場合は、
私が占術を通してサポートいたします。
 
占術は非常に便利なもので、
客観的なもうひとつの目として
壁に描かれたメッセージを教えてくれます。
 
信じるのではなく、
上手に利用してくださいね。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

ブレイクタイム 

コチラの方を見てヒソヒソ話をしている人がいると、

なんだか、

もしかして自分のことを言われてるんじゃないだろうか?

なんていう気分になることありませんか?



いわゆる被害妄想とか疑心暗鬼とかいう類のものです。



恋人がもしかして不倫してるんじゃないかと疑って、

持ち物を細かくチェックしたり、恋人を問い詰めたりするのも

また一つの妄想癖といえるでしょう。


こういった妄想癖にとらわれる人の共通点、それは自己愛の肥大です。

まあいっちゃえばナルシストなんですね。


自分は注目に値する人間で尊敬されてしかるべきである。

なんていう自己評価の高さが、

相手に対する猜疑心や疑心暗鬼といった妄想を生み出すわけです。


実際はそうでないにもかかわらず・・・。


これは周囲から期待通りの評価を得られないことから、

自己評価とのギャップを感じ、

自己愛が抑圧されることによるものです。


そうして、環境や周囲のせいにしたり、攻撃的になったりしてしまうわけです。

でもこういった心理状態では、心がつかれてしまいますよね。



ときにはそんな心を休める必要があります。

自分を認めてあげる時間が必要になります。

自分を正当に評価してあげる時間が必要なんです。


ものごとをありのままに見る。

それは誰の主観も挟まない時間であり、心の静寂を保つための時間です。


それは熟達した観想や瞑想によって体感できます。

そして推命術の命盤や課式、ホロスコープなどが理論的に説明してくれます。



人はだれでも自分を知りたいという欲求をもっています。

しばし妄想を離れ、自分という存在をありのままの自分として認めてあげる。

その手段が占いの効用のひとつなのではないでしょうか。




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

体で覚える。 

 

 

最近、みなさんの中で成功体験はありますか?

大きな仕事を成功させた!

好きな人に告白してうまくいった!

仕事の面接が上手にできた!

などなど、なんでも良いんです。






最近はネットなどで必要な情報がどこでも容易に手に入ります。

地図・・・アプリで。

連絡・・・電話やメールで。

乗り換え案内・・・ネットにアクセス。

お店探し・・・アプリやネットで。

スマートフォンやタブレット端末をもっていたら

携帯は世界中を繋いでくれる小さな『どこでもドア』ですね。






スマートフォンにしても、最近のアプリはすごいですね。

私もいくつか入れていますが、こんな物まで!?

というものもあります。

私の最近のお気に入りは『快眠音楽』が流れるアプリ。

夜はいつもこれをかけて寝ると質の良い睡眠をとる事ができます。







しかし便利さの裏側で、恐さもありますね。

最近はバーチャル体験がたくさんできます。

携帯やパソコンでの成功体験をこう呼ぶそうです。

男性だったら、釣りやゴルフや戦いのゲーム。

女性ならば、ペットを育てたり、疑似恋愛してみたり。







割り切って、楽しいからするという分にはいいと思います。

実際に想像したり、イメージトレーニングしたり。

結構役にたつのかもしれませんね。







バーチャルな世界で釣りやゴルフが上手でも、

コントローラーと竿やドライバーでは要領も違いますし、

疑似恋愛をしてみても、実際は生身の感情がある人間ですから。

ペットを育てても、家で飼う動物は『お薬』ボタンでは病気治りません。

実はこの認識が大事なのかもしれませんね。







最近は心の病にかかる人や、

高学歴で仕事も出来るのに、1回の失敗で辞める人もいます。

実はこれは先ほどのバーチャル体験が影響しています。






昔、ある人事の方にこんな話を聞きました。

『最近の新入社員は多くの資格を持ち、

パソコンを使いこなして、資料や表を簡単に作成し、

完璧なプレゼンをやる子が多い。』






しかし実際の社会・会社というものは、

人間関係・コミュニケーション・組織を始め、

未だ経験したことのない、体で覚える仕事が多いのが事実。

いくらパソコンが出来ても、

本来ならばパソコンでカバー出来ない部分をやるのが

私たち人間の仕事です。






バーチャルな成功体験、それも素晴らしいでしょう。

しかし、あまりにそのイメージが強すぎれば、

現実において出来なかった時の

絶望感もまた強いものになります。







最近は心が疲れて休職や退職する人があまりに多いのは、

架空の世界で成功し、たとえ上手に出来ても

現実や実際にそれが役にたったり成功するとは限らない、

バーチャルと現実の狭間でさまよう人が多いのかもしれません。







決してネットや架空の世界が悪いことではありませんよ。

私もよく利用しますし、とても便利だと思います。

ただネットの世界で情報を得たり、

何かを経験したら、次にそれを実際にやってみる。

挫折したり、難しかったり、苦労したり、悲しく思ったり

傷ついたり、悩んだり、分析してみたり・・・

五感で体感し、体や感覚で覚えることをしてみてください。







バーチャルの体験×現実の成功=大きな自信。

これを繰り返していけば、そう簡単に挫折することはありません。

大きな目標や成功を細切れにし、たくさん成功体験すれば

どんなに苦手なことも出来ないことも、

必ず出来るようになります。

目指せ!成功体質ですよ☆


*夢猫 ムニャ*

 

 

 

鑑定のタイミング 

 

こんにちは。
松原由布子です。

今日はとーってもいいお天気。
渋谷ほしよみ堂の大きな窓にも
明るい光がさしこんできます。

なかなかあったかくならなくて
うちの観葉植物たちが
寒さに凍えてしまうため、
こういう日はしっかり日光浴。
心なしか気持ち良さそうです。

・・・・・・・・・・・・・・

鑑定をしていて
ほぼ毎回感じることなんですが
みなさん占いが効く時期を狙って
お越しになるんですよね。

占いが効くって書くと変ですが
求めている時というのでしょうか。
潮目が変わる直前であることが多いんです。

今週のお客様もそんな方ばかりでした。
来年か再来年がターニングポイント。
今年はかなり厳しいかもしれないけれど
それは修行の完成が近いから。
夜明け前が一番暗いというあれです。

課されたものを、運が開ける時期までに
修めることができるのか
それが今、試されているのですね。

ご自分の人生に真剣に向き合っていると
変化を察知する能力も鍛えられます。

普段占いに縁遠い方も
「何か気になるな。」とか
「どうすればいいかな?」と迷う時は
気持ちを整理してみようかなくらいの気軽さで
占いを使ってみてください。

随分視界がすっきりされると思います☆
 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

名前の由来

 
こんにちは!
そまり百音です。
 
今回のブログでようやく100本目。
3ケタになる節目でもあるし、
「そまり百音」という名前には
100という数字が入っているので、
この名前の由来について書いてみようと思います。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
この名前は今から6年前、私自身で決めました。
CDを出すってときに50個くらい考えた中のひとつで、
字画を調べたときにもまぁまぁ良かったんですよ。
(本名はあまり気に入っていなくて、字画も良くない)
 
 
で、まず一番のポイントにしたのは、
猫好きなので「猫の名前」を取り入れたい、という点でした。
でも「猫」という字を使っている方は案外多かったので、
「猫の品種」にしよう!と思ったんです。
 
 
ペルシャ、
ロシアンブルー、
アメショー、
三毛、
ぶち、
サバ、
、、、、、、、
 
 
うーん。どれも名前に使うにはイマイチ。
 
 
で、たまたま見つけた「ソマリ」という品種が
私の胸をズキュンと撃ってしまったのですね〜。
 
・アビシニアンの突然変異の長毛種(新種)。
・茶色の毛並みにキツネのようなフサフサしっぽ。
・優雅だけれど、人懐っこく、犬のように陽気。
・原種であるアビシニアンは古代エジプト生まれ。
 (幼い頃から古代エジプト好きだったんです)
・鈴を転がしたような美しい声をもつ。
・なぜかマロ眉。
 
 
もうツボだらけだったので、
「ソマリ」に決めました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
そして当時に使っていた
「姓」を入力すると「字画のいい名前」が
5つずつ回答される便利なサイトを利用して、
一番に字画がよかったもの、
目にパッと映ったものが、
 
「百音(もね)」
 
でした。
 
 
 
これからの時代は日本人以外の人も
発音できる名前がいいだろうな、と思ってたし、
私の一番好きな画家である
印象派のクロード・モネともリンクする。
 
また、
 
名前がひらがなの芸名は多いけれど、
姓がひらがなのモノは珍しい。
 
それに、
 
「百の音を奏でたい」
「百の音に染まりたい」
 
という願いを込められる。
 
 
 
そんなところから
「そまり百音」が誕生しました。
 
モネルノワール.jpg
 
【印象派トランプ】
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
この2年後。
 
taka師匠と出会い、紫微斗数を知り、
自分が「命無星曜格」だと知ったときはビックリしました。
 
命無星曜格っていうのは、
「とにかく周りに染まりやすい」
というのが最大の特徴なんだよって。
 
 
((( あれ、名前そのものじゃん^^; )))
 
 
不思議な因果を感じました。
 
 
 
そんなわけで、
わりと気に入ってます。
 
この名前。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

嫌いな人 

人と人との出会いは「縁」でつながっています。

これまで出会った、そしていま出会っている人すべてが、

「縁」のある人たちなのです。

自分に必要な存在なのです。

 

 

その中で気の合わない人というのも当然でてくるでしょう「。

 

どの共同代にも必ずいるものです。

 

なぜかイライラする。

 

なぜかやさしくできない。

 

こういった存在は自分にストレスを与え、

 

自分のリズムを狂わせるのです。

 

例え相手に悪気がないとわかってはいても。

 

自分の態度を改善することはなかなかできないものです。

 

これは苦手分野を「縁」として与えられているからに他ならないでしょう。

 

気の合う人、何も言わなくても意思の疎通ができるような人たちばかりと

 

自分自身が一緒にいると自分自身が発展しないわけです。

 

 

合わない人、苦手な人というのは、

 

自分にもっていないものを持ちあわせ、

 

自分にとって発展の糧になるためにそこにいるにすぎないのです。

 

苦手分野はついつい後回しにしてしまいがちですが、

 

そういった人種と交流することが、

 

あなたのさらなる発展に必要なことなのではないでしょうか。

 

 

 

某 件太郎

 


------------------------------------------------------------------

 


グーグルのブログ “ Blogger ” で、


私的な過去を綴ったブログを書いてます。


占い師になる前のお話です。


ご興味のある方は下記のリンクからどうぞ。




【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger







四柱推命はバランス♡命 

 


どうも、夢猫 ムニャです。

先日師匠のお宅がある、原宿に行ってまいりました。

個人レッスンを受けるためです。





気になった方がいて、

木・火・土・金・水=五行のバランスが

極端に偏っていたんですね。

その方はお若い時から不倫を長く続けている方でした。





私の読みでは、

『これでなんで長く不倫を続けられるのか?』

多くの疑問にかられ、その理由を師匠に尋ねました。

彼女は自星=自分自身が土で7。






四柱推命はバランスが重要です。

木・火・土・金・水=五行のバランスが

どれも2~3くらいだと、吉と判断します。

そう考えると彼女は土=7、金・水・火=1

木=0という偏ったバランスになるんですね。







比肩も全部で4つもありました。

比肩とは独立心・プライド・自立心・競争心など。

土も7あり、比肩も4つ。

五行で土が多い人は、頑固になりやすい傾向にあります。

また比肩がこんなにも多いと、他人の言うことは聞かないだろうな。

そう判断しました。







師匠のtaka先生にお会いしたときに、

鑑定の内容を話たところ、

なぜこの人が不倫から抜け出せないか?

それをちゃんと教えていただきました。






taka先生に1つだけ言われたことは、

『四柱推命は通変星ありきじゃないよ!

四柱推命は五行バランスありきなんだよ』っと。

バランスを重視しながらも、

どうしても通変星に目がいってしまうのは

私の悪い癖なんですね。



o0640048011992456877-1.jpg


私も実は水が7で偏っています。

しかし四柱推命は多いものを減らし、

抜くんですね。

そして足りないものを増やす。

そうすれば五行をまんべんなく持つ事ができます。







ただ足りないものは苦手意識が強く、

興味のない事なんですね。

私も師匠から木星が少ないので、

読書を進められました。

特に哲学や文学・・・全く興味のないジャンルです。

読書が苦手なうえに、興味のないジャンルは

私にとって千本ノックのような辛さです。





しかし、苦手だからと逃げてはいられません。

これは占い師としての使命なのです。

身をもって体験する。

これで本当にバランスが良くなるのか?

自分に変化が起きるのか?

自分自身が体感することで、お客様にも進められるし

アドバイスできるのです。






みなさんは、きっと開運方法がわかっていいな~☆とか

自分で原因と対策がわかるなんて!と思うかもしれません。

しかし、占い師である前にただの人間ですから。

わかっていてもやれない、やりたくないこともあります。





人には必ず魔が差す瞬間があり、

読書をしていてもテレビから悪魔のささやきが・・・・

『今の時間、おもろい番組やってまっせ!』っと。

 

o0640048011992456889.jpg



しかし、師匠からお勧めの本をお借りしたので

これを読破するまでは・・・

最近、四柱推命が少しおもしろくなってきました。

四柱推命って数学的な?左脳的な作業に感じて苦手だったのですが、

バランス重視でどんなことが起きるのか?

それを考えたらちょっぴり楽しくなりました。






ここから四柱推命の命式をつくる、

千本ノックならぬ千本四柱推命を目指します。

みなさんの好きな事、好きなもの。

嫌いな事、苦手なことには、

きっとこの五行のバランスが

大きく影響しているのかもしれません。






まず、自分の得意・不得意・好き・嫌いを

はっきりとさせることから始めてみてくださいね。

意識することが大事。

そして苦手なこともチャレンジしてみるといいかもしれせんね。

*夢猫 ムニャ*

 

波乗り人生 

 

こんにちは。
松原由布子です。

昨日の渋谷ほしよみ堂は
百音先生のブログでも
ご紹介されているように
写真撮影大会でした。

その間を縫って
紫村先生の個人レッスンを受け
対面鑑定をさせていただきました。

お一人は星の偏りがある命盤。
そういう方は主星がなく
自分の人生なのに自分でハンドルを
握っていないような時期を
耐えなければなりません。

ぱっと見すごく大変そうなんですが
対宮を見ると助けてくれる星や
乗り切るための注意喚起をしてくれる星が
輝いていることに気づきます。

もちろん全てがうまくいかない
八方ふさがりな時期もあります。
でも、それでこそ人生。

成功や勝利に酔っている時は
冬の時期を乗り切ったご褒美のようなもの。

受け取りきったらまた次の課題が現れて
困難が私たちを鍛えてくれます。

苦しいことも楽しいことも
続かないから貴重で愛おしいものですよね。

いつその波が現れるのかは
命盤に書かれてあります。
昨日はかなり詳細にその話をしました。

星に偏りがある分、普通の人よりも
濃い毎日と、さまざまな体験が待っている。
そう思えばわくわくしませんか?

いつやってくるかわからないよりも
時期を捉えて波乗りする方が
大きな波ほど対策も練られるというもの。

みなさま、充実の波乗り人生を☆


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

PR写真撮影@渋谷ほしよみ堂

 
こんにちは!そまり百音です。
 
今日は渋谷ほしよみ堂で
PR用の写真撮影がありました。
 
大串ノリコ先生の一眼レフでの撮影。
これはノリ店長が世界一周旅行のときに
連れていったという伝説のカメラです。
 
撮影風景.jpg
 
上の写真は某件太郎先生の鑑定風景。
お客様役は松原由布子先生で、
すぐ後ろで撮影中のノリ店長に、
そのまた後ろで撮影中の夢猫ムニャ先生。
 
こんな感じで各先生を
みんなでパシャパシャ撮っていく。
 
仲の良いほしよみ堂メンバーだからこそ出来る
和気あいあいとした風景です。
 
構えられた大きなレンズに
最初はみんなドキッとしつつ、
 
「お、その表情いいよ〜!」
 
「ちょっと!今のセクシーじゃない?」
 
「やっぱり女子は上からでしょ〜♪」
 
「男は下ナメだと威厳でるね〜」
 
「この小道具、使ってみたら?」
 
「ぶはっ!アヒル口の威力すごいわ〜。笑」
 
などなど・・・
 
協力しながら、
撮影は順調に進みました。
 
私もたくさん撮っていただきました。
 
シャッフル.jpg
 
シャッフル中のものや、
 
とんとん.jpg
 
カードを集めてるところ、
 
うーん.jpg
 
うーんとうなってるところ、
 
ヘキサグラムと.jpg
 
にやり。
 
ハート浄化.jpg
 
浄化、浄化〜♪
 
 
 
占い師は孤独な職業だけれど、
こうして協力したり、向上したり、
相談したりし合える仲間がいるのって
本当に有り難いなァ。。。
 
しみじみと、そう思える一日でした。
 
こんなほしよみ堂だからこそ、
温かいお客様にも恵まれるんだろうな。
私も笑顔でお迎え&お帰りいただけるよう
がんばるぞー!って、改めて思いました。
 
ノリ店長、
ボウケン先生、
ムニャ先生、
由布子先生、
 
楽しい時間をいつも有難うございます。
 
今日も一日、お疲れさまでした〜(*^ω^*)♪
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

順路→ 

前回まで、

占いにもいろいろなジャンルがあり、

九星気学がすべてのジャンルに対応できる占いであることを

書いてきました。

 

・ 運命宿命を見る、【命術】

・ 一つの事象(お題)の吉凶や経過を見る。【卜術】

・ 形(相)を見て吉凶の判断をする。【相術】

・ その人によって良い方位と時間をえらび、
移動することによって開運する、 【方位術】


実際にどれが優れてどれが劣っているかなんてありません。

ジャンルごとにそれぞれの特徴があり、

用途によって使い分けると便利そうですよね。

気が向いたものから始めればよい気がしないでもありません。



でも実は

これらは互いに関係しあっているわけです。


例えば、

【命術】で見ると物件運とか不動産運が悪い人がいます。


そういった人が【風水術】だけ夢中になってを行ったところで、

劇的な変化を得られるケースは少ないでょう。



またこんな人もいます。

命術でみて移動運が悪い人。

こういった人が莫大な時間やお金を割いて、【方位術】を敢行しても

なぜか効果は薄い場合が多いのです。


これは不思議とやり方が間違っていたり、

情報が間違っていたり、

その時期にたまたま邪魔が入ったり、

などの現象になって現れることが多いようです。


ではどうすればよいのか。


先ほど各ジャンルに優劣の差はないといいましたが、

順序はあります。


1命 2運 3風水 4積陰徳 5五念書

と言われています。


開運するための順番ですね。


1、【命術】を使って生まれ持った運命や宿命、自分の特性を調べ、

2、【命術】と【卜術】を併用しながら、対策や時期を割り出す。

3、以上の結果を踏まえたうえで【相術】を使って、改善点に着手する。

4、さらに陰徳(隠れてする善い行い)を積み、

5、怠ることなく、読書をして勉強に励む


という感じです。
 

こうした作業は、

アイデアを思いつき、それを実現するときの行動と少し似ていますね。


まず行動する前に、

自分がどのような特性を持っていて、

開運するにはどの方法が一番適切なのか、

どの時期に実行に移せばよいのか、

ということを下調べして、計画するわけです。
 

そして企画書を作り、立てた計画にそって実行していく。

 

いわゆる【段取り】というやつです。

 

こうして仕事のやり方も似たような順序で行われているわけです。

運命学とて同じなのです。

【開運を段取る】わけですね。

 

いかがでしょう、実に合理的な方法だとは思いませんか?




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

夢猫 ムニャの休日@吉祥寺 

こんにちは。夢猫 ムニャです。

最近、街では半袖率が高くなってきましたね。

今が一番良い季節。心も弾みます☆





この初夏の陽気を利用して、

行ってきました!吉祥寺。

住みたい街ランキングではいつも上位ですね。

おしゃれで高円寺ほどアクの強くない街。
 

o0640048011990538675.jpg

 
                (ランチパスタ〜♪)


o0640048011990538719.jpg


美味しいものいっぱい。

おしゃれなお店もたくさん。

私も買い物したり食事をしたり、

楽しんできましたよ。





一番の楽しみは井の頭公園でした。

テレビでは何度かみたことのある場所です。

ボートに乗ってみたい!

前から井の頭公園でボートに乗るのが憧れでした♡

 

  • o0640048011990538757.jpg

o0640048011990538827.jpg

  (この揺れる木に器用に止まってます・オールで揺らしてごめんなさい)

 

 

 


スワンボートではつまらない。

『絶対に乗るなら手漕ぎボート』だと意気込んで

いざ乗ってみたら、もう大変です。

手漕ぎってなかなか難しいんですね。

なかなか進まないし、方向も定まらない。

右に行きたいのに左に進み、

前に行きたいのに後退する・・・

 

 

o0640048011990538894.jpg                                                 (鴨がついてきました☆)



途中、やっぱりスワンボートにすれば良かったなんて思ったり。

日には焼けるし、次の日は筋肉痛だし、もう大変でした。

やっぱりはしゃいだらダメですね。

次の日は体中激痛でしたよ。





東京に来て2年がたちますが、

行ったところは数えるくらいです。

ディズニーランド、映画館、浅草など。

とても東京に住んでるとは思えない、

観光客レベルです。





最後は美味しい焼き鳥屋さんでビールを飲んで、

テーブルで炊く一人前の釜飯をいただき

心もお腹もいっぱいになりました☆

たまにはお仕事もお休みして、

こんな休日もいいもんですね。

陰と陽、オンとオフ。

やっぱりバランスが大事だな~っと。

夢猫 ムニャの久しぶりの休日でした。
 

 

 

うれしいお知らせ 

 

おはようございます。
松原由布子です。

昨夜はふっと自己嫌悪の波が来て
早めに休むことにしました。

目標には一朝一夕で辿り着けない。
このことは理解できているのですが
たまに「遠いなぁ・・・」と
自分の未熟さにがっくりくることが
あるんですね。

元気な時なら
「それは理想が高いからだ!
 楽しみだな〜」
と逆にわくわくしてきます。

落ち込んでいる時は
自分のやってきたことを整理していて

元気な時は
整理できたものから実践している。

そしてまた散らかってきたら
内にこもって仕分けを始める。

実はそれだけのこと。
このサイクルに気づくと
随分楽になります。

これは日々の中で起こる波ですが
運命の大きな波はなかなか自分で
捉えることは難しいものです。

だから私は紫微斗数を使います。
今年専業占い師になったことも
そこから導いた答えです。

来年はなかなか厳しそうだと
予測が立っているので
今年できる限り備えなければ
というものその一例。

こうやってみなさんの命盤からも
順境と逆境の波を読み取り
その対処法をお伝えしています。

鑑定の後、時間差で効果を実感して
いただくことが多く
今朝は2件「うまくいきました!」
というご報告がありました。

お一人はタロットも併用した
短期決戦の問題だったのですが

もうお一人は昨年の鑑定結果が
実を結んだとのこと。

あれからどうなさっているのかなと
たびたび思い出す方だったので
忘れずにご報告いただけたことが
本当にうれしかったです。

紫微斗数は使える占術であるという
確信がさらに深まりました。

本日の鑑定でも命盤だけでなく
役立つ何かをお持ち帰りいただけるよう
言葉を尽くしたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

金環日食+東京スカイツリー=タロット?(下)

 
こんにちは!そまり百音です。
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
金環日食があった次の日に開業したっていうのも不思議ですよね。
 
単純に考えて、平日の、しかも火曜日を選ぶ理由は何なんでしょう?
あれだけの大きな事業です。収益面を考えるとGW前でもよかったような。
せめて、土日祝前日とか。うーん。
 
ちなみに。
 
日食自体が「死と再生」の象徴だという考えがありますが、
これをタロットに置き換えると大アルカナ「13死神」かな、と思いました。
古い価値観は死に、新たな希望とサイクルが訪れる「日の出」のカードです。
 
で、その次にくるのが「14節制」↓
 
節制.jpg
 
【XIV:節制(TEMPERANCE)】
 
カードに描かれているのは大天使ミカエル。
ミカエルはカップに入った液体を一滴もこぼさないよう、
ただ淡々と、右から左へ、左から右へと入れ替えています。
これは単純にみえて、集中力と自制心が必要となる繊細な作業です。
 
それが可能になったのは、「死」の経験があったからこそ。
 
ここでの死は、自分の限界を知り、古い考えを捨て、
新しい視点へ切り替えるという前向きな意味合いです。
死を受け入れることで執着は消え、精神は純化され、
高い目標、広い視野、本当の自信をもてるようになる。
そして、自制がきくことで心身のバランスも整い、
どんな状況にもうまく対応できる、という流れをあらわしているんです。
 
そんな節制のカード。
 
よく見てみると、□、△、○が描かれています。
胸に□と△。頭には太陽をあらわす惑星記号25px-Sun_symbol.png
 
足下の花はアヤメ。
5月に咲く美しい花です。
 
東京タワーとスカイツリーの形、季節がリンクしてる?
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
風水的にみても面白いカードです。
 
・東に流水(青龍)
・西に大道(白虎)
・南に池(朱雀)
・北に丘陵(玄武)
 
があると理想の土地だといわれますが、
 
・東=天使のもつカップの水
・西=道
・南=池
・北=山
 
が描かれています。
 
余談ですが、東京タワーとスカイツリーには
北斗七星、鬼門、裏鬼門の謎も関係があるそうですね。
興味の湧くネタではありますが、、、
 
実際のところはどうなんでしょうねー?
 
 
あとは、あれですよ。
カップとカップの間に行き交う水は2本の電波にも見えますし、
ミカエルはそもそも・・・
 
 
 
・・・と、止めどなく続きますので割愛します(`・ω・´)キリッ
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
こんな風に、ひとつひとつの象徴を見ていくとキリがなくなるのがタロットの奥深さ。
 
78枚に描かれている登場人物、服装、色、背景etc...
すべてにマニアックなネタが隠されているからこそ
汎用性も高く、さまざまな関連づけができる。
 
それが「不思議と当たる」といわれる由縁のひとつです。
 
実は、今回のように時事ネタを
タロット視点で置き換えてみるのも
上達の近道なんですよー!
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+  
 
さて。世界一のスカイツリー。
私は人が多いところはちょっぴり苦手なので、
人の波が落ち着いたころ、ゆったり遊びに行こうと思ってます。
 
では、また〜(´ω`)/♪
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました

骨など見て思うこと。 

四盤.png

 

【卜術】 。ぼくじゅつ、といいます


聞きなれないことばですね。


【タロット】や【易】というとわかりやすいでしょうか。


卜術というのは占いのジャンルのことです。


占いの歴史上、もっとも古いジャンルです。

人が知恵を持った時、

物や現象を見て、

連想し始めたのが卜術のはじまりなのでしょう。


おそらくは古代人たちが木に雷が落ちるのを見て、

なにか悪いことがおこるのではないのか?

であるとか、

これから新しいことがおこるのではないのか?

であるとかの「ひらめき」から未来を予測したところから、

発達していったものではないでしょうか?


かつて鹿などの骨を焼いてできたヒビ割れの形から、

これから起こる出来事の吉凶を占っていました。

卜術の「ボク」とはその骨にヒビが入るときの音が由来だとも言われいています。


偶然できたヒビ割れ、ここから得た“ひらめき”で未来を予測するわけです。


すべての卜術がそうですが、

占いたい時に偶然に雷が落ちるなどの自然現象は必ずしも起こるとはいえないので、

先人たちは作為的に偶然を起こす技術を開発しました。


これがタロットカードであったり、易の卦であったりするわけです。

ある程度のランダム性をもったものであれば、なんでも卜術として使えます。

しかしそこに宗教的な信仰や複雑な根拠などが組み合わさると、

すごく当たる占いへと変貌するのです。


ちなみに九星気学にも卜術としての使い方があります。

なかなか一般書で公開されることはありませんが、

秘伝として存在します。

時間の流れを偶然性へと組み込んだその占法は、

想像を超える的中率を誇るのです。




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

絵描き占い師 

 

こんばんは。
松原由布子です。

今日は整理すべきものがあって
ごそごそと片付けていたら
昔の絵が出てきました。

絵といっても小さなもので
作品ではなく習作です。

絵を描くことが大好きで、
白い紙があれば何時間でも
遊んでいられた子ども時代。

祖母が趣味で始めた日本画を
横で見ながら
その絵の具の美しさに
魅せられました。

大学で日本画を専攻したのも
今思えば祖母の影響です。

ですが、大学3年の時に
祖母を亡くすまで
そのことには気づきませんでした。

大切なひとを亡くすと
そのひとからたくさんのものを
受け取っていたことに
後から気づきます。

その時はすごく後悔したんですが
今思うと、それは旅立つ時に
生きている私たちへ彼らが残してくれた
プレゼントなのかもしれません。

私はこの大切な贈り物を
描くことから遠ざかりながらも
占術家として生きていくことで
受け取れたと思っています。

作品作りに必要なインスピレーションや
想像力は鑑定に欠かせません。

私から見た運命学的な世界と
お客様の歩んでこられた人生が
鑑定の時にひとつの絵のように
結びつく瞬間があります。

占術を画材にして未来を描くような感覚。

こういう占い師もいていいんだよなと
最近やっと思えるようになってきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆



 

タロットワークショップのご報告。 

 

 
 
 
こんばんは。夢猫 ムニャです。

先週の日曜に行われた、タロットワークショップ。

なんとか無事に前半を終える事ができました。
 



t02200124_0800045011989534876.jpg
(撮影:南見しよな先生)




手相とはまた違い何をどれだけ2時間の間に取り込むか?

そしてあまり詰めすぎず、ゆとりを持ってやること。

そこを基準に入念に準備してきました。



t02200124_0800045011989534880.jpg



教えたいと思う事はたくさんありますが、

まずはタロットの楽しさを知っていただくことが

第一の目標でしたので、とにかく楽しくやろうと!
 


t02200124_0800045011989536648.jpg




途中で大事なことを言い忘れたり、

進行の順序が逆だったり。

ほしよみ堂の大串ノリコ先生や

南見しよな先生にもフォロー頂き

ありがとうございました。





私の中で、やはりいつかは大きな舞台でしゃべってみたい。

今はそんな漠然とした夢があります。

『将来本でも出して、トークショーとかサイン会とか・・♡』

天空持ちは勝手な妄想や想像で暴走してしまうのです。






私の師匠のであるtaka先生は出来るか出来ないか?

っというよりもやりたいのか?やりたくないか?が大事といいます。

『みんな最初は出来ないの。出来なくて当たり前。

でも何回も何十回もやれば必ず出来るし、上手くなる。

大事なのはやろうと思う気持ちだよ!』

そういっていつもチャンスを与えてくれます。

正直返事はしたものの、心配や不安もたくさんありました。

でも与えられたチャンスは、やはり活かさないともったいない!





今回、内容の引き継ぎをして頂いたそまり百音先生。

内容の打ち合わせや指導を頂いた大串ノリコ先生。

当日の写真撮影やのフォローを頂いた南見しよな先生。

ワークショップの資料を作成していただいた某 件太郎先生。

今回の成功を応援してくれた松原由布子先生。

何よりこの大役、チャンスとご指導いただいたtaka先生。




$東高円寺・癒しの占い師*夢猫 ムニャ




そして参加していただいたお客様。

みなさんに助けられ、なんとか形にすることが出来ました。

私自身も、今回やっていて本当に楽しい!そう感じました。

『ワークショップってこんな楽しいんだ~♪』

今さらながら実感しております。
 


t02200165_0640048011983083256.jpg




次回後半は6月17日(日)15時からとなります。

小アルカナの説明とフルデッキ78枚で

ケルト十字が出来るまでをやりますので、

みなさん楽しみにしていてくださいね。

 
*夢猫 ムニャ*
 
 
 

 

金環日食+東京スカイツリー=タロット?(上)

 
こんにちは!そまり百音です。
 
2012年5月22日、正午。
東京スカイツリーが開業しましたね。
 
これに関連して、興味深い記事をみつけました。
 
2012-05-22 14:16:21
東京スカイツリーが22日開業した。設計には日本の伝統が生かされている。昨年2-3月に当サイトに掲載したデザイン監修者、澄川喜一氏(彫刻家、元東京芸術大学 学長、文化功労者)のインタビュー記事から東京スカイツリ ...... >> Read more
 
世界一の高さを誇る最新鋭のタワーも、
日本の伝統である「五重塔」から着想したんですね!
 
温故知新。大事ですね。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
で、占術家の視点でみていくと、
これまた興味深いことだとわかります。
 
まず、全体の形状が特徴的です。
 
・東京タワーは、「正方形」の「4つ足」であるのに対して、
 東京スカイツリーは「正三角形」の「3つ足」で立ち、
 上に向かうにつれて「円形」になっている。
 
それぞれの図形には意味があります。
 
□「安定」「固定」
△「発展」「向上心」
○「完全なる調和」「宇宙そのもの」
 
これは、ウェイトスミス版タロットが作られた際の
思想軸である「カバラ」においても同じ意味合いなんですよ。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
また、禅の世界では四角、三角、円のことを
 
□ 修行していない自分
△ 修行中の自分
○ 修行を終えて悟りを開いた自分
 
と考えるそうです。
 
 
 
ふむ。つまり、この3つの象徴は
東洋も西洋も関係なく、
重要な図形(数字)といえそうですね。
 
 
 
・・・あ、そういえば!
 
 
金環日食があった次の日に開業したっていうのも不思議ですよね。
 
と、ちょっと長くなってきたので、
ここらで次回につづく。
 
まろ.jpg
 
【我が家のツリー:がじゅまるの「まろ」】
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

オリジナル風水 

「風水」という占いがあります。

地相や家相を見る占いで、

【相術】(そうじゅつ)といわれるジャンルにはいります。

相術。その名のとおり、手相、家相、印相(ハンコの相)など、

目に見えるものの形(相)から吉凶、相性などを判断するやり方の占いです。

名前の画数で判断する、「姓名判断」なども実はこの【相術】のひとつです。


これらの占いに共通することは、

形を見て判断することですが、

形によって、吉になったり、凶になったりするということは、

悪い結果でも、形を変えてしまえば、吉になるということです。

実に前向きな占いですよね。


家相でいえば、引っ越しや改装、増築などの手段で、

住む場所や家屋の形を変えたり、

インテリアの配置を変えて、部屋の相を変えたりすることで、

開運ができるというものです。


気学にも家相術としての機能があります。

まあ方位の考え方をそのまま家相に応用したもので、

本来の風水術とは似て非なるものなんですけどね。


ちなみに本来の風水術は生まれ年や性別によって、

吉や凶の方位が変わります。また家の向きや周囲の環境によっても

吉や凶が変わるのです。

非常に本格的で少々難解な部分もあります。

一方、

気学で見る家相はだれでも同じ方位を使います。

非常にわかりやすく、手軽に行えるのが特徴です。

周囲の状況(道や周りの建物、地形)はほぼ関係しません。


こうして比較してみると、

気学で行う相術は本格的な風水術を簡単にしたもののように聞こえます。


気学は言ってみれば、中国で発祥した占いに

日本人向けのアレンジを施した、

日本人専用の占いであるともいえます。

日本と中国では、気候も風土も思想も大きく異なります。


そういった意味では、気学を使った風水術があながちニセモノではないのではないか、

日本という土地に合うように造られているのではないか、

と思えるのです。




某 件太郎

金環日食で社長に異変。 

昨日は金環日食でしたね。

ちょうど出勤時間と重なったのではないでしょうか?

日本でも場所によっては曇ったり、

みれなかったりした所もあるかと思います。

また今回はかなりの経済効果だったらしいですね。




私はメガネとかなかったんですが、

ピッタリ太陽と月が重なって奇麗なリングになった時、

肉眼で見てしまいました。(←よい子はマネしないでくださいね)


o0480064011987473896.jpg






とっても幻想的できれいでしたね~♪

前日までは何とも興味がわかず。

しかしニュースで生中継をみて、

つい窓からのぞいてしまいました。





日本の神話に出てくる天照大神(あまてらすおおみかみ)

太陽を神格化させたものであり、

皇祖神でもあります。

神話で天照大神が天岩屋に隠れてしまい、

世の中から光が消えて真っ暗になってしまった。

っというお話がありますね。






それをリアルに今回の金環日食で体験したわけです。

確かに薄暗くなって少し寒かった気がします。

とても貴重な体験でした。






四柱推命でみる私の日干は丙=太陽です。

紫微斗数では太陰星=月。

私の中に太陽と月が存在し、

月によって太陽が隠されてしまうという

不思議な感触。





そしてもろにその影響を受けた人がいます。

実は社長なんですね。

東京では7:30くらいにキレイなリングとなりました。

その頃社長は腰を落として歩き、

シッポも下がり、オロオロと部屋を歩き回る。

不安そうな鳴き声とともに、

段ボール製の一軒家・シロハウスに隠れてしまいました。






テレビで動物園の中継もやっていましたが、

動物には異常がなく、いつも通りだったそうです。

しかし社長には異変が!

社長は天照大神が天岩屋に隠れるように、

シロの岩屋に隠れてしまったんですね。






その後も数時間は出てきませんし、元気もありません。

昔は日食は不吉なものとされ、恐れられていました。

敏感な動物や猫にとっては、 

やはり今でもそんな感じなのかもしれないですね。


o0640048011987473926.jpg



そして夜には栗の皮で遊び、また眠る社長なのでした。

みなさんはどんな金環日食でしたか?

思い出に残る時間となったでしょうか?

私も日食や月食ってピンとこなかったんですが、

今回は良い思い出になりました☆

 

 

 

自分の主星を好きになる 

 

こんにちは。
松原由布子です。

ネット時間がどんどん増えてゆき
セーブしないといけないんですが
Facebookでいつも興味深い記事を
取り上げてくれる友人から
今日も面白いシェアをしてもらいました。

受け取るだけではもったいないので
自分に持ち帰ってアウトプットしてみます。
その記事がこちら。

ダメ人間がフリーランスになって
1日で1ヶ月分を稼ぐ方法とは?
【こけむさズ発起人・石嶋未来さん】
http://tuiken.jp/archives/3420222.html

「1日で1ヶ月分稼ぐ」って
びっくりしちゃいますが、
こちらの記事を読めば納得。

普通のデザイナーさんたちが
とっても嫌がる超特急仕事をメインで
受けてらっしゃるんですね。

デザイナー業界では
顧客の要望をきっちり聞くことを
とても大事にする風潮があるそうで
締め切りがキツキツの案件は
断られてしまうことが多いのだとか。

石嶋さんはそこを受けています。
そしてこれは彼女の自称ダメ人間である
側面を変えることなく
逆に活かしたままで続けられる
スタイルになっています。

この記事を読んでリンクしたのは
先週のレッスンで言われたばかりの
taka先生の言葉です。

「スピードと量。
 質はこの2つをこなすことによって
 保証されていく。」


発注があった時にすぐ応えられること。
ちょっと待ってください。
持ち帰って検討します。
では、仕事が逃げていくばかり。

即時に結果を出せること。

「どれだけ楽して稼ぐかを
 死に物狂いで考えろ。」


楽してという言葉は
怠けるという意味ではないんです。

ないものを伸ばすのは時間がかかります。
それもやらないと面白みがありませんし
武器も増えませんけど、
数は絞るべきです。

だけどすでにあるもの、自分自身。
それを徹底的に活かすだけなら
今すぐに着手することができるはず。

紫微斗数で命宮の星を大事にするのは
この考え方と同じですね。

自分の資質をよく観察して磨くこと。
それと同時に「素振り」や「筋トレ」に
あたる独自メニューもこなすこと。

主星って当然ですがあまりに自分すぎて
うんざりすることがあります。
私だと廉貞と天府の欠点ばかりが
気になってしまう。

でも石嶋さんの記事を読んでいると
それって欠点なのか?と
思考停止に歯止めがかかります。
光のあて方を変えれば強みにできる。

そのことに気づけば、
どんなに憧れてもなれない他の星を目指すより
本当は愛すべき自分の星の魅力を探して
この世界に通用させていく方が
みんなも自分も幸せになれるんですよね。

とゆーわけで、今日も素振りに励まないと!


石嶋さんついけんさん、
リンクをシェアしてくれたケイさんに感謝です☆

 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

ちょっとしたオリジナリティー 

九星気学の星のひとつに、

【五黄土星】(ごおうどせい)という星があります。
 


一般的に九星気学では、すごく悪い星とされています。

と同時に帝王の星でもあり、

残りの8星を統括する役割も兼ね備えた、

まさに別格、孤高の存在なのです。



九星気学は【易】(えき)と非常に密接なかかわり合いを持っています。

密接というよりも、易学を改良した作った占いだといってよいでしょう。

易には八卦(はっか)という8つの要素があります。

この8つの要素で森羅万象(ありとあらゆる物や現象)が成り立っていると考えます。

この8つの要素に1つの要素を付け足したものが【九星】というわけです。


 

易と九星対応図.png

 


ちなみにこの振り分けは後天八卦図(こうてんはっかず)という、

易のもととなった図から来ています。
 



そして五黄土星(ごおうどせい)だけが八卦にはない、

九星気学オリジナルの要素なのです。
 

九星にはそれぞれの方位に配置されますが、

この五黄土星だけには方位がなく、

中央に配置されます

 

九星方位図.png

 


真ん中の位置を占める五黄土星。

それは九星気学という占いの

ちょっとしたオリジナリティーでありながらも、

この部分にこそ、かつての易にはない

九星気学ならではの秘訣が集約されているといってもよいでしょう。



某 件太郎

大友克洋GENGA展 

 

こんばんは。
松原由布子です。

今朝は金環食を見て二度寝。
美しい空の指輪は
素晴らしかったのですが、

百音先生が絶対見ないと
星読み師ブログで書いていて、
taka先生も大きな出費に注意!
と警告してくださった日食。

時間的には十分な睡眠のはずが
しばらく頭がぼんやりでした。

しかし気を取り直してお出かけ!

今日はjijiさんと

■大友克洋GENGA展
http://www.otomo-gengaten.jp/

に、行ってきたのです!

 

         IMG_3646.jpg

 

行きたい行きたいと言いつつも
気がついたら今月末まで。

映画でも展覧会でもそうですが
すごく見たいと思っていても
他の予定がかぶさってきて
思い出した時には終了してた
なんてことが多いんです。

今回はそうならなくて良かった〜


この展覧会は3.11を受けて開催。
入場料の一部が東日本大震災の
復興支援プロジェクトに寄付されます。

どの団体に寄付するかチケットの半券を
投票する形で選ぶんですが、
かなり悩みました。
全部の団体に均等に!と言いたくなる
優柔不断な私でした。


さて肝心の展覧会について。

壁面に展示されたカラーの美しさに
どうやって歩いたか覚えてないくらい
引っ張られながらぐるりと堪能して

ここで結構何回も見返したい衝動に
かられたんですが、
数本の柱の4面にも所狭しと
見たことのない作品から
何度も読んだ作品の原稿がびっしり。

さらに金田バイクと

         IMG_3633.jpg 



ズン

         048cd6b9-s.jpg



の部屋直前には
AKIRAの生原稿が!
4〜5段くらいの展示棚がいくつも並んで
そこにあるのは全部AKIRAです。


うわぁー
大友克洋すごい!!
やっぱり巨匠だ!
天才だぁーーー!!

と、まずは感動しまくるのですが
その波が落ち着いて冷静に見つめると
当たり前なのですが
ありとあらゆる鍛錬の結晶なのだと
気づかされます。

すべて手から生まれている仕事。
この原稿を描くために
純粋に費やされた時間の上には
さらに途方もない積み上げがあるはず。

桁外れなものを見せられると
そこに辿り着く道のりが想像できなくて
結果だけを見てうらやんだりあきらめたり
実のないことを反射的に考えてしまいますが

そこへ行く道は実際にあるから
目の前の結果が存在するんですよね。

5月から専業占い師になった自分にとって
この発見はとても励まされる事実でした。

ジャンルは違っても
こうやってチカラをもらうことができる。

この展覧会が開催されたことに
心から感謝しています。

あと10日間しか開催されませんが
お時間のある方はぜひぜひ
足を運んでみてくださいませ☆


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆
 

話題の塩麹。 

 

 

 久しぶりに料理ネタをあげてみようと思いまして。

今年に入ってからあまりお料理ネタは書かないようにしてきました。

その理由はお料理ブログなのか、占い師なのかわからないので。





でもなんとなく、今日は書いてみたくなったので。

最近話題の塩麹で作ったものです。

アンチョビとオリーブオイルと塩麹と乾燥バジル。

鶏肉と蒸したジャガイモを一晩漬け込み、

オーブンで焼いただけのシンプルなもの。

 

 

o0640048011976927085.jpg




それと水菜の冷製パスタです。

冷製にする場合、麺がしまるので

ゆで過ぎくらいがちょうどいいのかなっと。

イタリアンドレッシング+オリーブ油であえて

水菜をトッピングしたら完成です。

 

 

o0640048011976926768.jpg





食事は大切な要素。

食べるものによって人間はつくられます。

高いものが良いとはいいません。

ただ三食コンビに弁当だったら大変なことです。

だんだんと心も荒んでいきますよね。





食は命のリレー。

命を頂き、また次の命へつなぐ・・・

日本のお母さんは仕事や家事で大変でしょう。

全部を手作りでなくとも、一品は手作りで

あとはお惣菜等でもいいかと思います。
 

 

 

o0640048011976926343.jpg





食は人間の楽しみな部分。

毎日食べるものだからこそ、

楽しく美味しくありたいものです。




食べているものでその方の性質や性格も決まります。

たかが食、されど食です。

日本人の知恵=発酵食品=塩麹。




出来合いのドレッシングや調味料ではなく、

塩麹を使ってみてください。

お料理が苦手な人も、漬け込めば

あとは時間が仕上げてくれます。

味に深みが出ますし、プロの味ですよ☆

 

 

日刊サイゾーグラビア

 
カメラマン名鹿祥史さんの日刊サイゾーグラビア連載、
第6回目はそまり百音が被写体として参加させていただきました!
 
【撮影:nori店長】
 
<カメラマン名鹿祥史の私的水着女子発掘【case.06】>
 
名鹿さんとのご縁は、
さかのぼること2007年。
 
アーバンギャルドのライブでご一緒したり、
「女の子戦争」のPV撮影に参加したことがきっかけです。
このPV撮影で出会った2人がザ・バファリンズを結成しました。
そして、バファリンズ活動時にもライブ写真を撮って頂いたり・・・
 
 
元々、アーバンギャルドが大好きだった私。
当時は現ボーカルの「よこたん」こと浜崎容子さんが加入したころ。
インディーズ界では飛ぶ鳥を落とす勢いの、
憧れの天才アーティスト集団として君臨していた彼ら。

名鹿さんはそんなアーバンギャルドの
プロフィール写真やライブ撮影を任されているという御方で。
 
ライブ写真って動きが激しいので色々と難しいと思うのですが、
名鹿さんの場合、もの凄くリアルで、繊細に、美しく撮られるのです。
写真にそえられる文章も独特の色を醸し出していて。
 
そんな彼もまた私の中で憧れの的でした。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
・・・というわけで、
今回のお話をいただいた時は本当に嬉しかったのです。
 
でも、同時に心配もありました。
 
私自身、今回のようなグラビア撮影はまったく初めて。
音楽活動時とは状況も体型も変わったし、
表舞台からは長らく退いていたこともあって、正直、
 
((( 被写体としてふさわしいのかな? )))と、不安でした。
 
それでも、
思い切って挑戦することにしました。
 
名鹿さんが「きれいに撮ります」と事前にお話してくださったこと、
そして、taka師匠とnori店長からのご快諾もいただいたことで、
 
((( よし、やれるだけやってみよう!! )))と、決めたのです。
 
何事もやってみなけりゃ分からない。
とにかく挑戦だ!って。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
3月9日(金)、お昼、雨。
当日はnori店長が付き添ってくださいました。
 
AnhRtoDCEAA_Ze1.jpg
【撮影:nori店長】
 
最初のうちは、やっぱり緊張・・・
 
「いわゆる彼氏目線でお願いします」
 
そんな注文に、うーん。難しい、、、
どうやったら出来るんだろう?と、四苦八苦。
当日は雨で肌寒かったのも手伝って、体がカチンコチン。上手に動かない。
 
でも、やっていくうちにだんだん感覚が掴めてきて、表情もほぐれてきて。
 
シャッター音の合図ごとに、ポーズを作っていく。
カシャ、カシャ、カシャ。カシャカシャ、カシャ。カシャ。
単純な繰り返しともいえるけれど、一瞬一瞬、目線にこめる想い。
 
そして、
 
撮影が終わる頃には「もっとこんなポーズをしてみたい!」
なんて欲が出てくるくらい、楽しくなっていました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
撮影時には長かった髪も、現在はバッサリ切りました。
また、心境なども変わってきたので、
いまの私とはきっと違う表情をしています。
 
よかったらみてやってください。
 
<カメラマン名鹿祥史の私的水着女子発掘【case.06】>
 
 
名鹿さん、
メイクさん、
nori店長、
そして関係者のみなさま、 
貴重な機会をくださり、本当にありがとうございます!
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 
 
名鹿祥史さんHP
 
facebook
 
Twitter
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

金環日食について

 
こんにちは!そまり百音です。
 
本日はいよいよ金環日食ですね♪
皆さま、ご覧になりますか?
 
私は全力で見ません!
 
なぜなら・・・
 
太陽は、陰陽でいう「陽」をあらわします。
対となる月は「陰」となります。
「陽気」が「陰気」によって隠されるのが日食。
 
光=希望に、影がさす。
 
また、言霊学を思い浮かべると面白いです。
普通の状態が「直」なら、反対は「曲」、曲がっている。
この「まが」は禍々しい「魔」を表します。
 
つまり、魔が差す。 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
もう少し具体的な話をすると、
脳の真ん中にある「松果体」に影響を与えるそうです。
 
松果体は体内時計を操る大切なホルモンを分泌するところ。
このホルモンは光の強弱によって、分泌されたり抑制されたりします。
そして、直感力やひらめきに関する重要な器官。
 
ここが弱ってしまうと、 
理由も分からずイライラしたり
心身のコントロールが効きにくくなるようです。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
そんなわけで、古来より日食後は不吉なことが起こる 
ネガティブなものとして恐れられてきたのかも知れませんねぇ。
 
見るだけでなく浴びるのもよくないそうですが、
かといって、週明け月曜、お仕事だって普通にあるわけで。
それに、恐れてばかりで何もしないというのはちょっと違うかなって。
 
ネガティブのあとには
ポジティブが付き物ですし♪
 
むしろ、前向きな未来のための「毒出し」が起こると思うんです。
 
奇しくも明日5月22日は「東京スカイツリーの開業」ですね。
世界一のツリー。新しい時代への幕開け的な象徴です。
 
夕日とスカイツリー.jpg
 
【夕日とスカイツリー@首都高】
 
 
日食は見ても見なくても
起こることには変わりがありません。
 
この状況を楽しみつつ、
よい変化が訪れるよう祈りつつ、
今日も一日、渋谷ほしよみ堂で占いたいと思います。
 
心に太陽を灯して。
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

同級生の星 

九星気学は何も方位とりのためだけにある占いではありません。

その人の性質や運勢をみることもできます。

 

九星気学を少しご存じの方で、

【本命星】(ほんめいせい:うまれた年の九星)で

性質や運勢を判断する人がいらっしゃいます。

 

でも、よく考えてみてください。

 

本命星は生まれた年で決まる九星です。

つまり本命星だけで性格や性質を判断しようとすると、

自分と同じ年に生まれた人は、

ほぼ全員同じ性格や性質だということになってしまいます。

学生ですと、自分の同級生のほとんどが

同じ性格や性質だということになるわけです。

 

それっておかしいですよね?

 

同級生でも様々な個性もっていて、

それぞれキャラクターが違い、

運勢も違います。

ですから本命星だけでは判断できないわけです。

 

では本命星って何のためにあるのでしょう。

 

同じ年に生まれているわけですから、

共通するのは、その時代(年)の背景ということになります。

社会的な事件や流行、風潮。

こういった共通項をもって、生まれてきているわけです。

そうした背景をもって生まれ育つわけですから、

同じ時間を共有する仲間ということなります。

 

つまり、本命星とは自分が生まれた環境を表しているもので、

成人する前など、親の庇護のもとにいるときに働き、

時代に影響を受けた全般的な考え方や思想に強く影響するわけですね。

 

ちなみに個人の性格や性質はというと、

生まれた月が判断の要となるのです。




某 件太郎

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

いよいよ。 

 

 

 こんにちは。夢猫 ムニャです。


いよいよあと30分でタロットワークショップが開催されます。

この日のために、一生懸命準備してきました。

お客様にタロットは難しいという意識を

『タロットって当たる!楽しい~☆』に

変えていただけるようにがんばります。





考えるのではなく、

感じるタロットへ・・・・・

それが一番タロットに必要なことです。

みなさんが2時間後には、

タロットを楽しく使いこなせるように

今日のワークショップがんばりますね。


 

 

飛星紫微斗数闡秘 3日目 

 

おはようございます。
松原由布子です。

今日は友人がtaka先生の鑑定を受けに
関西の方から東京へ来ています。

以前私の鑑定も受けてくれているので
先生との差を忌憚なく教えてもらえたら
またたくさんの発見がありそうです。

そんなわけでランチタイムが
今から楽しみなのでした♪

さてさて、いよいよ闡秘最終日。

昨日大半読めたので一気に最後まで
駆け抜けることができました。

心にひっかかることや
実践の中で答えを見つけたいこと
まだまだ消化不良なところも
いっぱいありますが
通読したことで精読するための
素地ができたと思います。

難しいと感じていたのは
単なる私の及び腰な先入観だと
気づくことができたのも収穫です。

・・・・・・・・・・・・・・

■第八章 斗数格局の解説

 格局は命宮に主星を持たない
 「命無星曜格」はほしよみ堂でも
 研究会でテーマとして取り上げられ
 初学段階で知ることになりますが
 その他の格局はあまり細かく
 見ることをしていません。
 
 それは第六章、第七章でも触れた
 現代にそぐわない内容を含んでいるからです。
 
 ここを踏まえた上で読み進めると
 星ひとつずつを見るのではなく
 宮や星同士、天干地支(省かれているが陰陽も)
 などが作用し合っていることに目を向け、
 複雑な読み解きが可能になります。

 使う使わないではなく、
 なぜその条件がそろうべきなのか
 これまでの内容とリンクさせながら
 実際の命盤で検討してみたいです。

■第九章 行限の看法

 ここは生まれ持った命盤(地盤)から
 10年運を見る大限
 1年運を見る太歳
 月運、日運、時運
 の出し方について解説されています。

 最初習った時には複雑で
 なかなか覚えられなかったことが
 とても平易に書かれてあり
 ちょっと安心しました。

 使いこなさないと覚えられないのですが
 月運以降はあまり使うチャンスがなく
 たまにやるとぽろぽろと抜け落ちます。
 
 ここもしっかり復習しなければ。

・・・・・・・・・・・・・・
 

何とか約束の3日で読み終えました。

時間があるって本当にありがたい。
その使い方のコツが今回で
少しつかめたような気がします。

占い師には資格が特にありません。
だからこそ自分で品質を保持し続けないと
あっという間に使い物にならなくなります。

温故知新を繰り返しながら
占術家としての成長を目指したいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆


 

本当に必要なもの

 
こんにちは!そまり百音です。
 
職業柄、本をよく読みます。
占いだけではなく、料理、ビジネス、心理学、ハウツー、
ファッション、音楽、アート、地図、図鑑、漫画、もう何でも。
その時に目に付いたものを片っ端からチェックするんです。
すると、必ず心に響く「何か」を頂けます。
 
今日読んだ本にこんなことが書いてありました。
 
とある実験。
 
水槽にラットを入れ、2パターンの環境に置き、
どれだけ泳いでいられるか時間を計測するというもの。
 
(1)真っ暗な部屋。
   泳いでいられた時間は
    「3分」
   すぐに力尽き、溺れてしまいました。
 
(2)明るい部屋。
   泳いでいられた時間は
    「36時間」
   なんと、暗闇よりも720倍の長さ!!
 
 
この結果、どう思いますか?
 
 
 
((( うわ、残酷!水攻めネズミかわいそう・・・ )))
 
と、以前ハムスターを飼っていた私は正直、震えましたよ。えぇ(´・ω・`)
 
・・・って、そんな話じゃない〜!!!
 
パンダ.jpg
 
失礼しました。  
 
(1)と(2)のラットの明らかな違いは、
「希望をもてない状況か、希望をもてる状況か」
それだけのことなんじゃないか?というわけです。
 
つまり、
 
(2)のラットように光があって周りが見えている場合、
 
「泳ぎ続ければ、なんとか助かるんじゃないか?」
「泳ぎ続ければ、どこかに辿り着けるんじゃないか?」
 
・・・という希望を持ち続けていられたことになるね、と。
 
そして、
 
水槽の中のラットがそうなら、
私たち人間にとっても「光」の効果は抜群でしょ!
「目に見える希望(目標)こそが、命を突き動かす原動力になる」
 
そんなことが結論づけられていました。
 
 
 
タロットの世界でも
星や太陽、月など「光」は希望の象徴ですが・・・
 
実際、「光=希望」だったんですね♪
 
ということは!
 
未来への希望や大きな目標を思い描くことが出来れば、
毎日の細々としたトラブルにも必要以上にイライラしないで対処できそうですね。
 
そして、
 
どんな逆境にあっても「希望」さえ見失わなければ
泳いでいく勇気が湧いてくる。
 
 
そんなことを教えてくれるエピソードでした。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
最後に。
世界中に希望を与えてくれた
あの方の名言をご紹介いたしますね。
 
・あなたは挑戦しては失敗する。
 挑戦しては失敗する。
 挑戦しては失敗する、を繰り返す。
 しかし本当の失敗は、あなたが挑戦することを辞めることだ。
 
・失敗したからって何なのだ?
 失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。
 
・夢を見ることができれば、それは実現できるのです。
 
・いつだって忘れないでほしい。
 すべての始まりが一匹のネズミだったことを。
 
           by.ウォルト・ディズニー
 
虹.jpg
 
 
虹も光があればこそ☆
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

時間+方位=魔法 

さて、九星気学で方位を選ぶとき、

必ず必要になってくるのが【本命星】(ほんめいせい)です。

【本命星】(ほんめいせい)というのは、自分の生まれた年の九星のことです。

なぜ方位をとるのに生まれた年の九星が必要となるのか?


九星気学では、生まれた瞬間に吸い込む大気を【保気】(ほき)といっています。

その年の九星の気が人に宿るという考え方ですね。


方位を選ぶときに基準とするのが、

この本命星と行きたい方位にある九星との相性をみるわけです。


ここに“時間”という概念が加わるわけです。

自分の本命星、

つまり生まれた年という時間。

行動する時に目的地のある方位にある九星、

つまり行動する年月日時という時間。



このように方位と時間を組み合わせて、

それぞれの九星の相性をみるわけです。


方位というほぼ固定化したものに、

常に流れている時間を加えることで、

特別な効果を得ようとするのが、

【方位取り】の効果なのです。



【本命星】とは、自分の生まれた時間を表す記号のようなものです。

自分の生まれた時間と行動するときの時間、そして方位。

これらを組み合わせたものが九星気学の本質だといえるでしょう。



某 件太郎

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 twitterもやってます。

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

 

 

タロットは占的が大事。 

 


なぜかしら・・・・・

本日三度目のブログです。悲しいですね。

最初は下書き保存のミスで消えてなくなり、

二回目はちょっと書いたら社長に消され。

三度目の正直は存在するのか?

検証するために書いてみました。






いよいよ明日はタロットワークショップです。

今からちょっとだけ緊張してます。

参加者の方達に満足してもらえるように内容を考えています。






人前に立って何かをする経験は、会社員の時にはなく

占い師になってから、ほしよみ堂で紫微斗数研究会や

ワークショップをやらせていただくようになりました。

その中で最初に師匠のtaka先生に言われた事は、

『お客様からお金をいただいてやる意味を考えなさい』っと。

『何とかなる』では、何ともならないということを教えて頂きました。







準備を入念にしすぎる癖があり、

どうも詰め込みすぎてしまうのは私の悪い癖です。

お客様に楽しんで頂く、来て良かった!

期待値より満足度が高くなるような内容にしたいと

考えています。







さて、今日はタロットのコツについて。

コツといってもカードの読み方ではなく、

占的(せんてき)の絞り方です。







占的とは?占うお題の事。

カードに対しての問いであり、

何をしりたいのか?ということです。

ここがブレてしまっては大変です!

そしてタロットは漠然としたことを占うより

細かく分けて占う=分占した方が細かくみれます。






例えば『来月の恋愛運』という漠然としたものより、
 
『来月はどんな人と出会うか』とか、

『相手はどんな人だろう』など、細かく分けて占う。

これが重要です。




また、タロットでは適職や運命の人をみるのは

実は難しいんですね。

それは宿命の部分、つまり命術から読み取ります。





例えるならフライパンで煮物をつくり、

鍋で目玉焼きを作るような感じです。

もちろん、やって出来なくはないですよ?





でもこれではやはりしっくりこないですよね。

どんな素材をつかって何の料理を作るのか?

蒸すのか、焼くのか、煮るのか、揚げるのか?

それによって調理道具を使い分けるように、

私たちも占術もつかいわけするわけです。






でもタロットしか出来ない。

命術なんて解らない・・・もちろん大丈夫!

そうであれば、なるべく細かく占ってみてください。

大根を茹でると言っても、まるごと一本鍋に入れませんよね?

細かく切って鍋にいれるように、

恋愛運や仕事運を細かくわけてカードに聞いてみる。

タロットもそんなイメージで占的を絞ってみてくださいね。




さて明日のワークショップはがんばりますぞ!

 

 

飛星紫微斗数闡秘 2日目 

 

こんにちは。
松原由布子です。

昨日はニコ生で
お仕事してきました。

事前準備が追いつかず
なかなか言葉が出てこなくて
共演者のお二人に
助けてもらいっぱなしでした。

(なのに終わった後で
 「由布子さんのお陰で助かりました!」
 と満面の笑顔でお礼を言われ、
 恐縮しまくりです・・・。)

原稿やレジュメを用意する。
これもまたしゃべるための
「素振り」になるんですね。

お客様との会話も同じはず。
今回の反省をふまえて
次につなげたいです。

さて、慌ただしい一日でも
読書はできるものです。

飛星紫微斗数闡秘の読書案内
昨日分をアップします。

・・・・・・・・・・・・・・

■第六章 命身宮中の諸星の吉凶とその現象

 ここでは命宮についての考察だけで
 かなりのページが割かれています。

 命盤上における命宮の重要性については
 普段から念頭において鑑定していますが、
 ここまで徹底した記述を読むと
 改めて深く観察しなければと思います。

 また命宮に回座した時の解釈を利用して
 自分の命盤に入っている全ての星について
 理解を深めることができます。

 これまで作ってきた命盤も
 横にいくつか並べて読むと面白いですよ。
 
 この本が書かれたのはもう30年前。
 解釈を現代によせて捉え直す必要があります。
 よく知っている人物の命盤を見て
 自分なりの読み替えをしてみると
 歴史として学ぶ部分と実践に使える部分を
 混同せずにすみます。

■第七章 各宮内の諸星の吉凶とその現象

 ここからは命宮以外の宮についての考察です。

 身宮については第五章で触れられているので
 兄弟宮・夫妻宮・子女宮・財帛宮・疾厄宮・
 遷移宮・奴僕宮・官禄宮・田宅宮・福徳宮・
 父母宮
 それぞれについて詳細な解説が入り
 星の解説がそこに続きます。

 第六章と同じく、現代に合わせて読み
 使えるものとそうでないものに
 わけて読み進めないとびっくりするかも。

 価値観の変遷に沿わないと
 現実にそぐわない鑑定結果になります。
 
 例えばわかりやすいところでは兄弟宮。
 星によって兄弟の数まで書かれてありますが
 兄弟がそんなに多い人は稀で、
 友人を見る宮として捉えます。
 
 そもそも数までぴたりと当てることに
 それほど意味があるとも思えません。

・・・・・・・・・・・・・・

taka師匠の『紫微斗数占い入門』と
東海林先生の『紫微斗数占星術奥義』
で学び始めた時は闡秘を読めるなんて
思っていませんでした。

今だからわかること
まだ本当には理解できないこと
どっちもありますが
何度も読むことによって
深くこの本に潜っていけたらいいな。

残すはあと二章。
本日もがんばって読み進めます。

 

・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

個人的なことを書いてる こちらのブログ

も、よろしくお願いします☆

 

いつもの商店街

 
こんにちは!そまり百音です。
 
たまたまつけたTVを見ていたら、
なるほどな〜と思ったエピソードがありました。
 
5分間ほどのミニ番組。
日本に住むウクライナ人女性が、
日本の好きなところを紹介していました。
 
それは、「商店街」
 
商店街.jpg
 
彼女は日本各地にある商店街、
中でもアーケード商店街が好きなのだそうです。
 
なぜなら、
雨の日も、風の日も、雪の日も、朝も、昼も、夜も。
どんな時でも営業しているところ。
 
ウクライナでも商店街はあるけれど、
朝や週末だけ開店する。雪が降ったらお休み。
 
だから、欲しいものが欲しい時に手に入ることは
「本当に素晴らしい!」って。
 
そして何より、
 
どの商店で働く店員さんたちも
商品に対する「スペシャリスト」であることが
素敵なんです(*^_^*)と、おっしゃっていました。
 
 
例えば、八百屋さん。
 
 「これは何ていうお野菜ですか?」
 
   とひとこと聞いただけで、
 
 「八丈島産の“アシタバ”だよ。
  今が旬だから栄養たっぷり!肝臓にいいよ」
 
   と、豆知識を教えてくれる。
 
 
そんな感じで、
 
「どのお店に入っても
 みんな親切に教えてくれる。」
 
「商品に対する愛情がある証拠。
 みんながスペシャリストで素晴らしい!」
 
というような感動を、日本の商店街に感じていらっしゃるそうです。
 
 
わたしたち日本人にとって「当たり前」に思えることも、
外国の方々からみたら「特別」であることって
きっとたくさんあるのでしょうね。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
これと同じことが
個人単位でもいえると思うんです。
 
例えば、あなたが「当たり前」だと思っていること。
 
自分の性格、才能、外見、環境、家庭、仕事、親、友人、恋人、
上司、人間関係、治したい癖、コンプレックスなど、さまざまなこと。
 
それは他人からしたら
 
「特別な才能」だったり、
「羨ましい環境」だったり、
「真似したい憧れ」だったり・・・
 
他の人が努力しても手に入らない
「あなただけの愛すべきキャラクター」であることが多いです。
 
そういうものって、
きっと誰もが持ってると思うんですよね。
 
私自身も、子供の頃から舌っ足らず。
話し方が独特で変わっているといわれます。
 
批判や罵倒もされますが、反対に「癒される」「ホッとする」
「歌みたいでいいね」と褒めてくださる方もいらっしゃいます。
 
昔は批判に傷付いていましたが、
好きだといってくれる人がいてくれるので
変に背伸びしようとせず、自然体でいようと決めています。
 
 
占いでもそういった人の良い所を見つけて
お伝えすることを心がけていこうと思います。
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

何のために方位取りをやるの? 

運命や宿命って決まっているものなのでしょうか?

鑑定をしていると、このようなご質問をいただくことがよくあります。


この問題については、

まあ昔からいろいろな意見がありまして、

運命も宿命も変えられない。という人もいれば、

 

運命は変えられるけど、宿命は変えられない。という人もいて、

さまざまな見解があるようです。


運命学には、さまざまな運命、宿命の見方があります。

占いのジャンルである命術(めいじゅつ)は、

基本的な運命の枠組みは決まっている。

という立場をとっています。


ではそのように、すでに決まってしまっている運命や宿命に対して、

方位術というのは一体なんのために存在するのでしょうか?



そもそも方位術なるものが生まれた古代中国において、

それは戦争を有利にすすめるための科学でした。


当時、方位術は

どの方角に逃げれば助かるのかという意味で、

【遁甲術】(とんこうじゅつ)ともよばれていました。


この遁甲という言葉は

現代でも奇門遁甲(きもんとんこう)という方位術として受け継がれています。

 

その意味は字が表す通り、

【甲】(きのえ)を駆使して敵から【遁】れる術だったのです。

 

よもや敵から敗走しなければならないという絶体絶命のトラブルに対して、

どう対処すればよいのか?

というところにこの術の本題があったわけです。


つまり方位術とは、

すでに大枠を決められている運命や宿命の隙間を縫って、

何とかしてトラブルの回避を目指そう、という

ちょっと呪術的かつ前向きな問題解決の方法なのです。





某 件太郎

 

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 

タロットのおすすめ本 

 

 

こんにちは。夢猫 ムニャです。

今日の午前中は不思議な天気でしたね。

『雨が酷くなる前に…』と出かけましたが、

出かけた時が一番ヒドかったです。

そして先ほどは大きな地震。

みなさん、大丈夫でしたか?






さて今日はタロットのおすすめ本について

ご紹介しますね。

お客様からも『タロットの本で何か良いやつありますか?』

そう聞かれます。



 

私のお勧めは、藤森  緑さんのザ タロットです。

オールカラー245ページ、ずっしりしてます。



   *おすすめの理由*

・カラーで読みやすい
・1枚のカードで5項目のカードの意味がわかる
・巻末のQ&Aの内容が充実している
・たくさんの展開法が記載されている




 
私もこの本に出会うまでは、たくさんの本を買いました。

しかし初心者には難しく、解りにくいものも。

そして数冊買い込むうちに、金額も大きくなり・・・

タロット本貧乏に。

 

 



カードの意味や展開の仕方、解釈の仕方などが

たくさん載ってますので、

1,000円くらいの本を何冊も買うよりも

最初はこれ一冊で充分だと思います。





そして初めてタロットを購入する方には

ライダー版がおすすめです。

初心者向けのタロットの本は、

ほとんどがこのライダー版を使った解釈です。





私もコレクターズアイテムとして、

複数のタロットを持っていますが、

カードをライダー版ですべて覚えてから

他のタロットに変更して正解でした。





カワイイとか、変わったタロットが好きとか

人と同じものは嫌かもしれません。

しかし、タロットの基礎力をつけるためには

ライダー版とこの本はおすすめです。





ザ タロットは2500円ですが、

他の本を複数買うよりも、これ一冊のほうがお安く済みますし、

大アルカナ&小アルカナの78枚すべての解釈がのってますから。



 



タロットもライダー版は安いもので1,000円~1,500円くらいであります。

最初はこの安価なタロットでタロットライフを始めてみてくださいね。


 

 

飛星紫微斗数闡秘 1日目 



おはようございます。
(書きはじめた時点では・・・)
松原由布子です。

昨日はお洗濯日和で
ここぞとばかりに
洗って干すの繰り返し。
その合間に読書三昧でした。

16日の個人レッスンで
「闡秘を3日で読む。
 読めなきゃ死ぬ。
 そう思えば読めるでしょ?」
さらりと言われた私。

一瞬びっくりしたのですが
師匠は本気です。

「覚悟があればいい。」
とよく言っていただくのですが
それがどういうことなのかを
一つ示された気がしました。

飛星紫微斗数闡秘は、
(ひせい-しびとすう-せんぴ)
1982年に出版された
紫微斗数の流派を越えた研究書です。

絶版状態が続いていたのですが
このほど復刻版が出版されました。
オークションなどでは7万円の
値がついていた幻の名著。

・・・が、目の前にある!
という興奮状態でいるくせに
積ん読(つんどく)状態へ
突入しそうでした。
危なかった・・・

敷居が高そうに見えたこの本も
ひとたび世界に入り込めば
鮑黎明(ほう-れいめい)先生の
白熱講義を受けているかのよう☆

第五章まで読んだところで
一日目終了。

・・・・・・・・・・・・・・

■第一章 紫微斗数の基本認識

 と、銘打ってありますが
 主に研究不足で間違えているのに
 堂々と本を出し教えている諸先生へ
 檄を飛ばしまくる鮑先生の
 熱すぎるお姿が堪能できます。

 「・・・といった杜撰な記述は
  人を暗中に損傷するようなもので、
  取るに足らぬ内容と言って
  過言ではあるまい。」

 「!」を3個はつけたい勢い。
 先生のお人柄を垣間見ることができて
 短いですが味わい深い第一章。

■第二章 紫微斗数の源流と派別


 前章とは打って変わって
 陳希夷(ちん-きい)先生に対する
 尊敬の念をこめた記述。
 唐朝末期の道士で紫微斗数の祖の
 生い立ちや人物像が伺えます。
 
 派別では、あまり意識せずにいた
 自分の流派、立ち位置を思い返すことに。
 
 「天地開闢から虚空粉砕に至る」
 という言葉の美しさに感動し、それに続く
 
 「一六七億九六一六万年間を
  地球寿命一元消長数と説く、
  とてつもない壮大な宇宙論」

 が紫微斗数をはじめとした占術の源流
 であることにゾクゾクする第二章。

■第三章 紫微斗数の構成

 初めて知ることは少ないのですが
 現在の鑑定と30年前では
 かなり解釈にずれがあり、
 この頃危惧されていたことが
 現実のものとなっていることがわかります。

 同時に基本に立ち返って
 確認することもできました。
 
 生まれた時間がわからない方のための
 命盤作成の方法が寝相とつむじ位置以外に
 細かく記載されていて興味深い。
 それを用いるというよりも
 家族の命盤を研究したくなります。

 確かに私と弟は鏡合わせのような
 命盤をしているんですよね。

■第四章 斗数命盤の作成

 普段は出来上がったシステムに沿って
 作盤をするのですが、
 この章はそのシステムの裏側がわかります。
 
 「依頼客から生年月日時を聞くや、
  呪文を唱えるかのように、
  次から次へと星の名をそらんじ、
  あっという間に命盤の百八の星を
  並べてしまったのである。」

 鮑先生をして圧巻と言わせた
 台湾の盲目の占術師についてのお話。
 何人鑑定すればその域に達せるのか・・・
 
 この章は何度も振り返って
 脳みそにじっくり浸透させたいです。
 今のままでももちろん作盤はできますが
 何もない状態で作ることができたら
 身一つで鑑定できますし♪
 (楽観的すぎるか?)

■第五章 観命の要訣

 どんどん面白くなってきます。

 判断がぶれるので採用していない星や
 現在は使われていない鑑定法など
 資料的なことも多いですが
 鑑定しながら直感的に
 関係があるのでは?と思っていたことが
 法則として整然と書かれてあるのを
 発見するととてもうれしい。

 第七節の男命と女命は
 勘違いされると困るので
 表現が難しいですが、
 今でも区別して鑑定する方が
 スムーズなことが多いです。
 これからも基本的には意識して
 お話していきます。

 第八節の「身宮」の解説
 で書かれている

 「その人の運命を決定するのは
  『相』である。
  (中略)
  以て軽々しく人を
  断命すべきではない。」

 ということ。
 肝に銘じます。

・・・・・・・・・・・・・・

簡単ではありますが、
インプットした分を
少しアウトプット。

そして思い出す最後の一撃。

「これくらいやったって
 どうせ1日8時間は寝られるよ。
 だから全然大丈夫。」

師匠は厳しい。
師匠は優しい。


・・・・・・・・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆

 

世界のトランプ・タロット展

 
こんにちは!そまり百音です。
 
先月、Twitterでもご紹介した
 
トランプ展.jpg
 
開催初日にもちょこっと覗きに行きましたが、
5月18日(金)の最終日を前に
じっくり観に行きました。
 
タロットコーナー.jpg
 
こんなに色んなタロットを
一度に見られる機会はそう頻繁にありませんから、
全部を手に取って眺めるだけでもワクワクしました。
 
マルセイユ.jpgライダーウェイトスミス.jpg
 
タロットコーナーの壁にはこんな感じ↑の説明パネルがあったり、
 
カタログ.jpgカタログ表紙.jpgのサムネール画像
 
カードの中身が分かるカタログ↑が用意してあったり。
タロットは裏の絵柄との相性も大事ですから、
こういう気遣いはすごく嬉しいですよね。
 
また、絵画としても楽しめるのがタロットの特徴なので
じっくり見ないわけにはいかないんですよねぇ。
 
そして「ハッ!」と気付いたら
1時間以上もそこにいたという・・・
 
((( どんだけタロット好きやね〜ん! )))
 
と、心の中でひとりツッコミを入れたのはいうまでもありません。
 
さてさて。
色々みた中で気になったデッキがいくつかありました。
写真にも納めてきたので、参考としてご覧下さい♪
 
 
【The Vampire Tarot(アメリカ製)】
フランス人女性アーティスト、ナタリー・ヘルツ作。
コミック調の独特なタッチは色鉛筆+カラーインクによるもの。
オーラルヴァンパイアみたいで格好いい♪
 
キャットピープル.jpg
 
【CAT People(アメリカ製)】
アメリカ人女性アーティスト、カレン・キューケンダール作。
彼女はキャットレディと呼ばれるほど猫好きのようです。
猫タロットは可愛らしくて明るい色調のものが大半ですが、
こちらは民族調+70年代ファッションがベース。
大人っぽくてお洒落なんですよ。欲しいなー!
 
デッドムーン.jpg
 
【ICHING DEAD MOON(スペイン製)】
スペインの有名アーティスト「ルイス・ロヨ」作。
オリエンタル調のゴシックな絵柄にゾクゾク。
色っぽい悪魔ですね。たしかに誘惑されちゃいそう!
ファイナルファンタジーの絵で有名な天野喜孝さんのタロットにも通じるような。
易占いなので「64枚」です。
 
セレスティアル.jpg
 
【Celestial Tarot(アメリカ製)】
「Kay steventon」+「Brian Clark」作。
全体的に青地のイラストが幻想的なタロット。
「Celestial=天空の、神聖な」という意味のとおり、
ふわっと柔らかいタッチの星空をベースに、12星座、10惑星、
生命の樹(セフィロト)の22パスに対応するベブライ文字も描かれています。
 
通常のタロットとは描かれている内容が若干違うので、
占星術やカバラの知識をメインに「机上のホロスコープ」として使うと面白そうなデッキ!
 
 
 
壁にはこんなにリアルで美しい、
でもちょっと怖いタロットが展示されていました。
 
CGヴァンパイア.jpg
 
【THE VAMPIRES TAROT OF THE ETERNAL NIGHT(イタリア製)】
イタリアのグラフィックデザイナーでCGの巨匠「デビット・コルシ」作。
19世紀のホラー文学に敬意を表し製作されたそうです。
 
ゴシックですなー。
マリリンマンソンが好きそう。
すべてのカップから真っ赤な血が滴っています。笑
タロット占いは只でさえ緊張されるお客さまが多いので、
この絵だと尚更こわがられてしまうかも知れません・・・どきどき。
 
 
 
色んなタイプがあって面白いなー。
 
実は渋谷ほしよみ堂にもタロットカードとタロットポーチを取り扱っているんですよ。
マンツーマンで自由に学べるタロット教室はそまり百音が随時承っております。
 
ちょっとだけ興味あるんだよな〜。。。
でも、占いって難しそうだからどうしよう?
 
そんな方にこそおすすめなタロット。
「簡単」だけど「使える占い」ですし、
「シンプル」だからこそ「奥深い」世界観が広がっています。
 
これだけ世界中に広まっていて
しかも色んな絵柄があるということは、
「普遍的な真理」と「魅力」がそこにあるからだ、と、私は思います。
すべての占いの源「カバラ」を元に作られていることでも納得できますよね。
 
一人でも多くの方にタロットの面白さをお伝えして、
今後の人生の役に立てて頂きたい・・・♪
 
 
では、今日はこの辺で。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

有名どころ -方位術- 

九星気学の使い方でおそらくもっとも知名度が高いのは、

【方位取り】ではないでしょうか。


一般の書店にもこの方法に関する本がたくさん売られています。


そしてこの【方位取り】(祐気取り、お水取り、お砂取りともいわれています)、

本に書いてある通りにやっても100パーセント効果が

現れるわけではありません。

実際には効く人と効かない人がいるのが事実です。

他の占いでいうと、当たる人と当たらない人が

いるのと同じようなものかもしれません。


毎年暮れが近づくと発売される、

暦(運勢暦などの表題で売られている)にも、

必ず年月日ごとの九星が書かれており、

親切なものになると、

月ごとの吉方位と凶方位、

さらには二十四節気や12直や28宿の説明書きまで付いています。


これほどまでに普及しているのに、

効く人と効かない人がでるのはなぜであろう。


それは気学を使った方位取りが、

あくまで行動環境学であり、

宿命や運命といった外枠が

その人の周囲を取り巻いているからなんです。




某 件太郎

 

---------------------------------------------------------------------------

グーグルのブログ “ Blogger ” で、

私的な過去を綴ったブログを書いてます。

占い師になる前のお話です。

ご興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。


【占い師 某件太郎(ボウケン)のオフィシャルブログ】 by Blogger

 

 

右脳を活かせ! 


こんにちは。夢猫ムニャです。

今日は関東地方は大荒れとか。

天運に任せ、傘はもってこなかったのですが。

夜まで持つでしょうか?




さて今週末に開催予定のタロットワークショップ。

定員6名のところ、すでに4名ご予約頂きました。

ありがとうございます。


o0640048011977602756.jpg


タロットって非常に人気が高いんですね。

その理由として認知度が高いことと、

お客様自身が絵をみて判断できることがあげられるのかもしれません。

特に女性のお客様からのニーズが高いことも事実です。

女性は右脳的なことが上手なのかもしれません。




タロットには右脳的要素が欠かせません。

右脳は直感や創造性、空間認識、音楽、イメージなどの働きを司る所です。

例えば『死神』のカードをみせても、

女性は怖い・終了・死・暗いなど1枚で多くのことを連想しますが、

男性は『死というものは・・・』と哲学的な解釈をします。





タロットにはカバラ的な要素や聖書・様々な神話が盛り込まれていますが、

それ以外にも実は、技術やアイディア、母性・父性・成功・道徳・哲学

崩壊・不安・希望・絶望・正義・恋愛・前進・忍耐など

人間にとって必要な要素が22枚のカードに書かれているのです。





タロットは神話や遠い時代のお話・・・・

現代にはあまり関係なく思われがちですが、

これらは時代を問わず、生きていくのに必要な要素であり、

また誰しもが魂の成長には欠かせない要素のため、

今でも多くの人に愛されている理由の1つだと思います。





タロットに必要なのはお勉強よりも鑑定回数です。

同じカードでも仕事占ではどんな意味になるのか?

恋愛占いではどんな結果になるのか?

占ってみて自分自身が身をもって検証する。

これに限ります。





そしてタロットは直感力やイマジネーションが大事です。

占い師が10人いれば10個の見解が生まれるのです。

そしてそれはどれも正解のような気がします。

占った人が『こうだ!』と思えば、そうなのです。





『カードの意味が分からない』そういう人。

意味がわからないなら、感じるがままに解釈してみてください。

色がきれいとか、背景が好きとか、そこに描かれている人物が

タイプだとか、なんでもいいんです。

タロットは無意識に潜在能力が、

必要な要素のカードを選んでくれます。






偶然と見せかけて、それは必然的なんですよ。

タロット=自己分析ツールです。

最新鋭の心理分析の機械はありますが、

人間の心の奥底は数字やデーターだけでは、

割り切れないものばかりです。





敷居が高いと思わず、まずは手にとってみてください。

タロットはアナログですが、

今の心理状態をズバッと暴いてくれる相棒です。

難しく捉えて挫折する前に、ぜひ楽しみを知ってくださいね。


o0640048011977602665.jpg

やっぱり近道はない 



おはようございます。
松原由布子です。

昨日はtaka師匠の
個人レッスンでした。

1月から四柱推命の勉強を
始めたんですが、
今回はそれを少し脇に置いて
私がどんな占い師になるかの
作戦会議をすることに。

レッスンっていうより
特訓って感じの2時間。
終わった後はもう
頭から湯気が出そうでした。

方向を見誤っていたり、
ムダなことをしていたり。
占い師としての私を俯瞰して
的確すぎる指導が飛びます。

自己嫌悪に陥る暇もなく
(これ、とっても大事)
具体的行動に落とし込む。

「やれって言っても
 やれない人がほとんどだよ。」

ぽつりと入ってくるお言葉。
これがまた「目標に届かないかも!」
と諦めそうになった時に
頭をかち割る一撃になるのですね。

師匠がいる環境って
ほんとうに得難いと思います。

修行について「素振り」を例に
話していただいたんですが、

「剣道やテニスをしていた頃、
 素振りの回数が充分だと
 相手の切っ先が見えたり、
 普段打てない球が打てたりした。

 型を身につけることを
 疎かにすると
 この感覚には絶対辿り着けない。

 占い師のとっての素振りは
 『読書』ですよ。」

最近、読書量が減っていたのを
見透かされたみたいでした。

なんて道のりは長いんだろう。

でも多分、これが一番の
近道なはず。

月並みだけど、がんばります。


あなたにとっての素振りって
どんなことですか?

 

    nara_kumo.JPG



・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆

 

 

縁は異なもの味なもの♪

 
こんばんは!そまり百音です♪
 
私の好きなものの1つに「珈琲」があります。
以前のブログでも書きましたが、
珈琲は私のヤル気と集中力を高めてくれる飲み物。
 
多いときは朝・昼・晩の3杯、
少ないときでも目覚めの一杯として
朝にはかならずいただきます。
 
そんなわけで、喫茶店にもよく行きます。
いくつかお気に入りのお店はあるのですが・・・
 
最近、行った中で一番といっていいほど
珈琲への熱いこだわりをもつマスターと出会いました。
 
DSC_4605.JPG
 
神戸の老舗珈琲店「ダンケ」の吉祥寺店。
 
珈琲の味はもちろん、カップも好きなものを選んで楽しめます。
ケーゼクーヘンというチーズを練り込んだケーキも
ふわっふわで温かく、とっても美味しいです。
 
 
マスターは本当に造詣が深くて、
珈琲に関するさまざまな豆知識を教えていただきました!
 
中でも勉強になったのが以下のポイントです。
 
・コーヒー豆は品質によって等級が決められる。
・等級が高いほど美味しいけれど、それよりも鮮度が大切。
・お店で買う時は、回転率の低い高級豆よりも、
 回転率の高い売れてる豆の方が鮮度が高くて美味しい。
 
のだそうです。
 
 
ダンケでは選び抜いた豆を焙煎し、
直後にバターを染み込ませた「バターブレンドコーヒー」が売り。
世界で唯一のオリジナルカフェなのだそうですよ♪
 
 
また、某有名ダンスユニットのメンバーさんも愛飲するそうです。
実は私のお客様にも関係者の方がいらっしゃるので、
なんとも奇遇なご縁を感じました。
 
 
あー書いてたら、また飲みに行きたくなりました!!
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

されど気学 -オールインワン- 

今となってはかなり普及したのではないでしょうか。

【九星気学】(きゅうせいきがく)という占いです。

一般的には方位術として知られているのではないでしょうか。


その知名度はまだまだ西洋占の太陽星座(星座)ほどではありませんが、

30代以上の方になると、自分の生まれ年の九星である“本命星”

をご存知の方も多いのではないでしょうか。


【九星気学】はもともと、中国の「九星術」に改良を加えて作られた、

日本オリジナルの占いです。


九星気学が他の占いに比べて優れている点は、

三大占術である、

・命術(生まれ持った運命と流れを見る)

・卜術(目下の問題を占う)

・相術(目に見える形で占う)

の3つの使用方法が備わっていることです。


つまり【九星気学】という一つの占いで、

3つの視点から様々なことを占えるというわけです。

それに加え、方位(祐気取り)を用いた開運術まで使うことができ、

まさに占いの全ての要素が内臓されている、

オールインワンの占いであるといえます。


他の命術に比べると、その仕組みが単純なので、

占術研究家からは軽視されがちな占いでもありますが、

その奥は深く様々な秘伝を抱えた占いでもあるのです。


そして東洋占術を学ぼうとする人たちが必ず通る道でもあります。

それは【九星気学】が東洋占術に共通する要素を備えた占いであり、

それをとてもわかりやすい形で取り込めるようになっているからなのです。


さて、ここにきてもう一度この占いの素晴らしさと活用術を

見直す時期にきているのではと僕は思っているのです。



某 件太郎

社長の探し物。 

 

こんにちは。夢猫 ムニャです。

今日は暑いぐらいにお天気がいいですね。

いよいよ初夏だな〜っと実感しております。 

 
 
 
 
さて今日は社長の動画をみなさんにお届けします。
 
社長は最近ハマっている『栗』のカラを
 
必死で探すんですね。
 
そりゃものすごい執念ですよ☆
 
このエネルギ−、もっと他に使った方が
 
何かと役にたちますよ。
 
 
 
 
例えば空港で麻薬を探す麻薬猫とか。
 
何かを堀ることで自家発電するエコ猫とか。
 
過疎化の農地で、お年寄りの代わりに畑を掘るとか。
 
 
 
 
 
女性がバーゲンに行ったときはこんな感じでしょうか?
 
毎晩、これをせがまれるので辛いんです。
 
黄色いガサガサを用意して。
 
猫じゃらしは私が担当。
 
そして楽しいのは社長だけ(涙)
 
 
 o0640048011953508530.jpg
 
 
さて社長は栗を見つけることができるのでしょうか?
 
女の執念、猫のプライドに乞うご期待です♪
 
 
 
 
 
**********************
         タロットワークショップ開催します。
**********************
 
 
 
 

 

小鉄の要求 



おはようございます。
松原由布子です。

最近私が帰宅すると
小鉄(猫・推定13歳)から
「お布団入って」と要求されます。

一緒に添い寝してほしいらしい。
もちろんまだ寝る時間じゃないので
水とごはんで話題を逸らします。

が、しばらくすると思い出して
「寝ろ!寝ろ!」を連呼。

そこは非情にも無視を決め込むと、
今度は机に乗って
私とキーボードの間で
私の左腕を枕にして寝る。

 

       kotetsu_keyboard.jpg

 


これは意外と重いです。
手だけでタイピングしてるんじゃなく
腕全体が頑張ってるんだわ。
なんてことを実感させられます。

人間がごはんを食べてる間は
肘の動きが気になって
先端フェチになるらしく、
熱いスープ等を飲んでる時はたまりません。

今はやっと諦めてくれて
私のかばんの上(机の上の)で
おなかをふくらませたりひっこませながら
狸寝入りしています。

その割に小鉄は
本当に私が眠るタイミングを見逃します。
名前を呼ぶと「たったったったったっ!」と
猫なのに足音全開で部屋に来るくせに
ベッドにはなかなか上ってきません。
そこでひるんでどうするんでしょう。

私が腕で柵を作ると
その中でくるくる寝床を整え、
私の腕に両手をちょこんと置いてみたり、
腕枕にしたりして念願かなってご満悦の小鉄。

しかし充電時間は短く燃費のいい男なので
15分もすれば涼しい場所(玄関とか)に去っていきます。

残された私は寂しい。
・・・と思いながら眠りに落ちます。

そして早朝から今度は
小鉄の「起きろ!」コールが鳴り響く。
こんなに甘えただったかしら?


・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆
 

 

愛用品 for 占(後編)

 
こんにちは〜!そまり百音です。
前回にひきつづき、鑑定時の愛用品をご紹介します。
 
今日は残りの4アイテムです。
 
DSC_4614.jpg
 
【ベツレヘムの星】
 
2011年末まで占い鑑定場所としてお世話になった
新宿ゴールデン街02(オーツー)
奥山彰彦オーナーから頂きました。
 
写真では見えにくいですが、紫色+ラメでキラキラしています☆
 
パレスチナへ行かれたそうで、
そのお土産です。
 
((( お香立て?鏡?お守り?なんだろう )))
 
何に使おうか眺めていたとき
タロットポーチ(紫色に金糸の刺繍)が思い浮かんだので、
カードと共にお守りとして入れることにしました。
 
五芒星は古来より世界中で愛されていますが、
魔術的にみても「光」をあらわす強力なシンボル。
 
また、鏡は自分の姿だけでなく「心」も映すもの。
 
机上の占星術であり、人の心を映してくれるタロットにぴったりのお守りです。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
DSC_4617.jpg
 
【キリストの十字架】
 
これも奥山さんのお土産です。
星と一緒にいただきました。
 
ペンダントトップにできるよう、ひも通しの穴があいています。
 
DSC_4618.jpg
 
後ろには「JERUSALEM」と印字されています。
本場のかほりがぷむぷむいたします。
 
そしてなにより、
ユダヤの叡智である「カバラ」と
聖地エルサレムは縁が深いですよね。
 
タロットも、易も、西洋占星術も、紫微斗数鑑定も、四柱推命も、
元をたどれば「カバラ」の哲学に行き着きますから。
 
つまり・・・この十字架の故郷って
 
((( すべての占いの故郷? )))
 
なんて、占術の歴史に思いを馳せてみたり。
 
そんなロマンを抱きつつ、
星と一緒にタロットポーチに入れています。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
DSC_4615.jpg
 
【方位磁石(コンパス)】
 
アンティーク雑貨屋さんでみつけました。
ふた付きでどっしりとした重み。フランス製です。
 
紫微斗数などの占星術は「方位」も大きく関係していて、
開運方位を調べるのにも使うので必需品です。
 
これはインテリア性を重視して作られているので
正確なものは別に用意していますが、
他のグッズと並べたときにステキなのでレギュラーメンバーです。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
以上の3つを左から
【星】→【方位磁石】→【十字架】と並べています。
 
DSC_4612-1.jpg
 
実は、これにも理由があって。
 
世界をつくっているものを大きく分けると
「天地人」になる、という考えがありますよね。
 
願い事も「天の時」「地の利」「人の和」の3つが揃って成就するし、
空と大地、2つの恵みによって生かされているのが人なんだと思います。
 
△▼ 三位一体、三角形 ▲▽
数学でも特別な3は、発展や協調をあらわす数字です。
 
それを一文字であらわしたのが「巫」という字かな?って。
天と地の恵み(命)を一本の糸(=意図、縁)で繋ぐのが人の役目なのかな〜、と解釈しています。
 
たかが占い、されども「巫」。
 
そんな3つの力をお借りして成り立っている・・・
それらを忘れないためにも、こうしてテーブルに並べて自分を律しています。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
さて、最後になりました。
 
DSC_4622.jpg
 
【時計】
 
これも方位磁石と同じ雑貨屋さんで購入しました。
 
鑑定は時間制ですから、限りある時間の中で
どれだけ大切なことを伝えられるか?
いつも自分なりに配分しながら占っています。
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
いかがでしたか?
 
占いはクライアントの人生と深く向き合います。
そんな大事な場所と時間ですから、単なるモノではなくって
「思いのこもった愛用品と一緒にお迎えしたいな〜♪」
それを伝えたくて、今回のご紹介となりました。
 
わたくし.jpg
 
【最近のわたくし】
 
みなさまとお会いできる日を
愛用品ともどもお待ちしております★(((^人^)))☆
 
 
そまり百音
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

やりたいけどやりたくない -自家撞着- 

 

女性には成功回避欲求がある


といったのはアメリカの心理学者のホーナー女史。



その意味は、

成功したいんだけど、できるなら避けたい。


???


一見、言っている意味がわかりませんよね。

特に秩序や理屈を重んじる男性陣には

とても理解しがたい欲求だと思います。


【自家撞着】(じかどうちゃく)という言葉が

ぴったりくる現象ですね。

自分の言動が前後で矛盾してしまうという意味です。


かつて女性が成功することは、

男性にとってあまり好ましくないことであり、

西洋手相術でも、強く出ている運命線(成功のしるし)は「後家の相」などとされていました。


そういった社会の風潮が女性の心理にも深く根ざして、

このような矛盾した葛藤が生まれたわけです。


これは社会の風潮の影響によるところが大きいと思われますが、

こうした自家撞着はなにも女性にばかり起こることではないようなのです。


紫微斗数占星術ではこの現象を

【四化星】(しかせい)という4つの星の配置から説明することができます。

四化星のなかでも特に強い働きをするのが、


化禄(かろく:大吉星)=安定、蓄財、人脈の増加

化忌(かき:大凶星)=困難、挫折、嫉妬

この2つです。


この化禄と化忌が同じ宮に入ったとき、

この自家撞着、つまり成功回避欲求が働くのです。

この配置は男女問わず、ある人にはあります。



具体的には、


“できるのにやらない。”

“できるのになぜかやれない。”


などの言動になって表面に現れます。


この言動は“欲求”という比較的、根が深いところに由来するものなので、

なかなか解決はすることができません。

思った以上に厄介なのです。


紫微斗数でみる場合、

それは一定の条件が整ったときにだけ、

解決の糸口を見出すことができるんです。





某 件太郎

タロットの秘密♡ 

 

 

今日も雨ですね。

こんばんは。夢猫 ムニャです。

社長は最近、栗と格闘しています。

雨の日はおうちで、晴れの日もおうちで、

栗のカラで遊ぶのが社長のブームです。

それはまた後日ブログに書きますね。





さて今週末はタロットワークショップ 

昨日はそまり百音先生からしっかりと内容をつめて頂きました。

とにかく今回のワークショップはみなさんに楽しんでもらう事。

タロットはカードの意味を覚えるのにみなさん苦戦し、

途中で諦めてしまう方もいます。






しかしこのカードにも覚え方があります。

大アルカナには物語仕立てとなっていて

0から始まるフール。

そして最後22のワールド。

この22枚=大アルカナはカードの中でも

とくに重要な意味合いが強いのです。







そして人間の一生を表す物語にもなっています。

生まれたての純粋な子供が大人になっていく物語です。

今、改めて一枚一枚を手にとってみてみると

『そうだったのか!』と改めて発見することばかり。






大アルカナの0~22の配列にも驚かされます。

愚者から順に追っていくと、見えてくるもの。

それは『相反するもの』という法則性。


*愚者と奇術師
*女教皇と女帝
*皇帝と法王 
*恋人と戦車
*力と運命の輪
*正義と隠者
*吊るされた男と死神
*節制と悪魔
*塔と星
*月と太陽
*審判と世界



私も最初の頃は、意味を覚えることに必死でした。

なぜこの並びなのか?

そんなに深く考えることもありませんでした。

タロットには神話や歴史、カバラの要素も強いのですが、

この大アルカナには人間の本質が全て書かれていて、

それは現代にも通ずるところがあります。


o0640048011974873953.jpg



人間は誰しもが愚者なのです。

字の如く『愚かな者』。

様々な経験や感情や体験や葛藤や・・・

そんなことを感じながら、

最後の審判を受けるその時まで

みんな必死に行きていくのだと思います。




***********************

  はじめてのタロットワークショップ

  5月20日(日) 6月17日(日)

***********************

御苑散歩 その2 


おはようございます。
松原由布子です。

さて、昨日の続き。
私が新宿御苑にやってきた
本当の目的やいかに?

もったいぶってもあれなんで
さっさと書いちゃいましょう!

なんとー!
写真撮影してもらうためだったのです☆


アイコンは変えませんが ※
せっかく記念すべき断髪式を
経たこのショートカット姿。
ちゃんと残しておきたいなと
思ったわけです。

普段は人間を撮られる方では
ないんですが、
ご好意で撮っていただきました。
本当にありがとうございます!

しかし問題は被写体のわたくし。

それはもー
キンチョーするですよ。
なのでとりあえず笑ってみた。
思いっきり照れ笑い。
 

     DSC06947 のコピー.JPG

 

プロのモデルさんは
目を細めずに笑えるらしい。
なんと高度なことを!
そんなことできないっすよ!

笑顔がダメなら素でいくしかない!
 

     DSC07003 のコピー.JPG

 

森ガール風。
 

     DSC07020 のコピー.JPG

 

ちょっとあざとめ。
上から撮るとかわいく見えるんだって!
 

     DSC07085 のコピー.JPG

 

ツツジが美しい。
鮮やかな色に助けてもらいます。
 

     DSC07132 のコピー.JPG

 

ラスト。
 

     DSC07146 のコピー.JPG

 

さすがに緊張は持続しないけど
自然な笑顔はできなかった・・・

不自然すぎるわたくしについて
一切ダメ出しはならさずに
楽しいお話を交えて
たくさん撮ってくださった上に

当日内にデータを
キレイに整理して送ってくださる
そのスマートさにも感激☆

今回撮っていただいた写真は
専業占い師になった年に
ばっさり髪を切って
気合いを入れたんだぞ!と
思い出すための大切な装置です。

ほんとうにほんとうに
ありがとうございました!!
 

・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆
 

※アイコンはとっても大事なので
 おいそれと変えてはならぬ!
 ものらしいです。

 

愛用品 for 占(前編)

 
お元気ですか?そまり百音です。
今日は占いの際にテーブルに並べているグッズのご紹介をします。
 
DSC_4612.JPG
 
たくさんあるので、
まずは「鳴りもの」から。
 
DSC_4613.jpg
 
【三ッ鈴(みつすず)】
 
厄除鈴・社紋鈴・神鈴の三つがひとつに結ばれたもの。
熱田神宮で授かりました。
 
鈴はその清らかな音で邪気を祓うとされています。
 
サルバドール・ダリ、トーマス・エジソン、本居宣長も
睡魔を祓うために鈴の音を利用していたんですって♪
 
赤ん坊がコロコロと笑うように鳴る、こちらの鈴。
 
タロットをテーブル上でシャッフルするときは
耳の浄化と集中をかねて、この鈴とカードが触れるように
大〜きくかき混ぜています。
 
DSC_4621.JPG
 
【シンギングボウル】
 
チベット密教に伝わる法具のひとつ。
 
7種類の金属(金、銀、水銀、鉄、銅、スズ、鉛)で作られていて、
7つの惑星(太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星)の調和を表すそうです。
 
木製のスティックでボウルの淵を撫でるようにクルクルこすると、
7つの成分の違いによって生まれた倍音が
空間いっぱいに広がります。
 
((( ふわンふわンふわン )))
 
ものすごく独特な音がします。
UFOの登場シーンで使われそうな音、といったら伝わるかしら?
 
この音は「1/ f ゆらぎ」と同じ波長を含んでいて、
深い癒し、心身の調和、場の浄化ができるんですって。
 
<1/ f ゆらぎとは?>
小川のせせらぎ、木の葉がそよぐ音、木漏れ日、
ろうそくの炎、心音、電車のゆれ、目の動き、蛍の光など。
 
これを奏でながら目をつぶると、めちゃくちゃ気持ちがいいーーーー!!
 
自然と深い呼吸になって、
いつのまにやら瞑想&トリップできます。 
 
DSC_4620.jpg
 
【小さな笛のブローチ】
 
素朴な色合いが可愛くて気に入ってます。
ちゃんと筒状になってるけど、吹けるかは???デス。笑
 
 
 
あ、そうだ!
 
個別写真を撮り忘れてしまいましたが、
【ティンシャ(チベタンベル、ラマシンバル)】もあります。
シンギングボウルと同じ成分で作られているチベット密教の法具です。
 
日本のお祭りでつかう「チャッパ」にも似ていますが、
こちらはリズムを取るというより「チーン」と静かに鳴らして使います。
 
ヒモの所をもって、ぶら下げたティンシャの淵と淵をぶつけると、
これまた心地よい揺らぎが響き渡るんですよー。
 
その鳴ったまんま、片方ずつを両耳にもっていくと・・・
 
もうね、たまらんですよ(((つω`*)))
 
DSC_2641.jpg
 
【熊野古道の1/ f ゆらぎスポット「那智の滝」とわたくし(2011年)】
 
 
以上のグッズを使って、占い前後の
空間、タロット、心身の浄化をしています。
 
疲れた脳波を「癒しのα波」へと導いてくれる、不思議な音色たち。
 
わたしが渋谷ほしよみ堂にいる月曜日は必ず奏でています。
ぜひ聴きにきてくださいね〜♪
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

悪口観察 

職場や町内、所属しているグループ、同業者。

人が集まれば、必ずといっていいほど陰口が発生します。


ちなみに紫微斗数では【陰煞星】(いんさつせい)といって、

“ 取るに足らない人物からの陰口 ” を象徴する星も存在します。

存在はしますが、僕たちの流派ではあえて使っていません。


なぜか使わないのか?


それは陰口にたたかれることは、

誰にでも起こりうることであって、

運命学の力を借りずとも、

充分に対処できる問題だからです。


まあしかし、

そうはいっても他人からこういった批判、非難を受けて苦しんでいる人は

かなり多いのも事実です。


他人のそんな姿を見て、

自分こそは絶対にしないようにしよう、と思うんだけど、

知らず知らずのうちにしてしまう行為。


なぜ他人が傷つくのをわかっていて、

そのような行為に及んでしまうのか。

それには列記とした原因があるからです。


男性は女性の何気ない姿をみて、

「さては、あの人俺に気があるな。」

などと、すぐに思ってしまう傾向があります。


本当は自分が告白したいくせに、

告白してもしフラれた場合に、

自分が傷つくのがいやなので、

こような妄想をしてしまうのです。


本当は自分の願いなのに、

相手の願いのようにすり替えてしまう。

これを心理学用語で「投射」といいます。


他にも子供に過度の期待をしてしまう教育ママや

注目を浴びている人を非難する人、

自分の欠点を他人にも見出して批判する人


これらの行為すべては、他人に自分の不満や不安を他人に投射することで、

欲求を満たしたり、自我を守ったりしているだけなのです。


浮気を疑う人なんかも同じです。

それは相手への愛情や独占欲というよりも、

自分の浮気願望の投射であるといったほうがいいでしょう。


自分が満たせない欲求(不倫)を

相手が外で満たしているのを想像して、

より嫉妬深くなってしまうわけです。


他人への非難や批判は、

自分自身への不安や劣等感からくる防衛反応なのです。


自分を守っているわけだから、

反発して攻撃を加えようものなら、

彼らはさらに守りを固めるために、

批判や非難を浴びせてくるわけです。


こうして相手を分析してみると

おのずと対処方法が見えてはきませんか?



某 件太郎

御苑散歩 その1 



おはようございます。松原由布子です。

昨日の夜も寒かったですね。
男性は首もとがスースーして
風邪ひいたりしないんでしょうか。

同じ短髪人として
ちょっと心配になってしまう
今日この頃。

久々にショートにした私は
毎日首をあったかくすることに
余念がありません。

なんてことはさておき、
昨日のお昼間は汗ばむほどの
いい陽気でお出かけ日和でしたね。
せっかくの休日なので、
新宿御苑へ散策へ行って参りました。

まずは新宿三丁目のカフェで
友人とまったりランチ。

散策前の腹ごしらえをしていると
目の前の窓から
飛行機雲がさーーーーーっと
走って素敵な青空☆
 

 

           hikoukigumo.JPG

 



待っててね!御苑!
単純なので簡単に
テンションが上がります。

新宿門から入苑して
季節のお花マップをチェック。
時期的にツツジが満開のはず。
バラはまだかな・・・?
温室の工事は随分かかりそう。

などなど情報を入手して
フランス庭園へ向かいます。

桜の季節が終わっても
ピクニックに来る方がたくさん。
森林浴してるだけでも
気持ちが浮き上がってきます♪

最初の目的地に着くと
ツツジは満開を過ぎた頃で
 

 

           gyoen_tutuji.JPG

 



バラが見頃を迎えていました。
 

 

           gyoen_rose1.JPG

 



こうやって高層ビルを
借景できるのも御苑の魅力。
不思議な風景です。

お花も愛でて
気持ちもほぐれ
いい感じに準備ができてきました。

そう。
本日(昨日だけど)の
メインイベントは
これから始まるのです♪♪

>>明日へ続く!


・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆


 

座禅会

 
こんにちは〜!そまり百音です。
 
五月らしい青空の中、「座禅会@お寺」に参加してきました。
 
寺.jpgのサムネール画像
 
寺や神社にはよく遊びに行きますが、
 
こういったイベントに参加するのは初めて。
 
いつもよりちょっと早起きして、はやる気持ちを抑えつつ、本堂へ。
 
DSC_4603.JPG
 
きれいに整った庭と、やさしそうなお若いお坊さんがお出迎え。
 
((( どんな人たちが参加するのかな〜? )))
 
((( わたしたちだけだったりして?どきどき )))
 
・・・と、なにせ初めての経験なのでキョロキョロしていると、
 
30枚ほど用意された座布団が、開始時間5分前までには足りなくなりました。
 
しかも、おじいちゃんおばあちゃんより、20〜40代の方が多いという。
 
((( え〜!座禅って、案外、流行ってる?! )))
 
常連さんが大半で、ワイワイおしゃべり。
 
 
 
座布団の前に置かれた小さな丸い座布団と、
 
四角く折られた「座禅のしおり」的なものに目を通していると、
 
まもなくご住職によるご挨拶がはじまりました。
 
 
 
かいつまんで説明をすると、
 
座禅をするには色々とポイントはあるのだけれど、
 
「止観(しかん)」という考えがキーワードになっているそうです。
 
観ることを止める、と書いて止観。
 
この「観る」という行為(観る=同時に色んな考えが浮かぶこと)を止めて、
 
・目に映るものを単に「見ている」だけの状態にする。 
・座るために「座る」ことを徹する。
・「呼吸」(腹式)に深く静かに専念する。
 
すると、目の前の物事には流されない強い心となっていく。
 
その方法のひとつが「座禅」なんですって。
 
 
 
そんなお話のあと、短めのお経を唱え、
 
ストレッチ→座禅(20分)→「止観」についての説法タイム
 
という流れでした。
 
最後の説法タイムの中で、いいなーと思ったお話がありました。
 
自分なりにまとめてみたのが、以下の文章です。
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
あなたが見てるものは、みたいという欲求が見せているもの。
 
見ないようにすることは、意識して見ないようにしているだけで、
 
実際は「観」ていることと同じ。
 
止観は、半眼で行うため目の前が見えていますが、それを「観」ようとしてはいけません。
  
 
人は「観」たいもの、そして、普段から考えていることから見ます。
 
「観」たくないものが目の前にあるということは、「観」たくない心が自分の中にあるということ。
 
 
罪の意識も、自分の中に「罪」という発想がなければ、そもそも湧いてこない。
 
イヤだな〜と思ってしまうのも、自分の中にイヤに感じる心が存在してるから。
 
(例えば・・・罪や倫理の意識やがまったくない人は、誰かを傷つけることに躊躇しませんよね)
 
 
夜空に広がる星もそう。
 
昼にはお日様が出ているから星はみえない。
 
でも、星自体は存在しているわけで。見えないだけで、決して無いわけじゃない。
 
 
つまり、「観ること」は意識することによる「知覚」なんですね。
 
 
人は経験したこと、得た知識から、
 
モノゴトを色眼鏡で判断するクセがあるけれど、それじゃ本質はみえない。
 
曇りなき眼であるがままを見据えることが大切なんだそうです。
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
だいたいこんな感じだったかな?
 
上に書いたようなことを、
 
【色即是空(しきそくぜくう)】
 
【空即是色(くうそくぜしき)】

というそうです。
 
「これは般若心経に出てくる言葉なんですよ〜」
 
「座禅も仙人クラスになると、一時間に一呼吸でこなすそうです。
 
 まあ、医学的には無理ですが・・・笑」
 
と、冗談なども交えて教えてくださいました。
 
 
 
 
面白かったなー。
 
また参加しようっと!
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
  

タロットは奥深し。 

 

 

 

こんばんは。

今日もブログ更新、間に合うでしょうか?

12時までにあげないと・・・



今日はほしよみ堂にてそまり百音先生と

タロットワークショップの打ち合わせでした。

手順や内容の引き継ぎ等をしたり、

歴史や背景など、たくさん為になるお話をしていていただききました☆




その中で、ラバーズや運命の輪に描かれている

蛇についてかなり盛り上がり、

『蛇は人をそそのかす悪魔の使いでは?』という

結論になりました。




しかしそまり百音先生の知識の深さには驚かされます。

お勉強が苦手な私。

あまり歴史や背景など深く考えたこともなかったですが、

1枚1枚にはとても深い意味が刻まれていることを

改めて知ることになりました。





そまり百音先生ありがとうございます。

さてタロットワークショップは

今週日曜日15時~17時、大アルカナと

来月も後半で小アルカナ&ケルト十字をやります。

どんどん具体的になっていくことに

今から楽しみです。

 

 

o0480048011973707650.jpg




 

神戸フランツさんの赤煉瓦♪ 

 

先日、いつも仲良くしていただいている

みぅさんからまたまた美味しいものを

いただきました☆




神戸フランツさん赤煉瓦

o0640048011965416570.jpg

 

 

 

 

 



中の箱もまたおしゃれですね~♪


o0640048011965416621.jpg

 

 

 

 

 




私の日干は丙=太陽です。

赤いものが大好きなんですね。

私にとってのラッキーカラーでもあります。

中はレンガをイメージしたショコラが入ってます。

レンガは五行で土。

真っ赤な箱に包まれ火生土で、なお美味しいわけですよ☆




高級なチョコに心奪われてしまいました。

ここは壷プリンが有名だそうです。

スィーツ音痴な私は初めてその存在をしりました。

かなり有名らしいですね。




そして社長にもお土産のモンプチシリーズを

いただきました。

『やっぱりモンプチに限るニャ~』と

ものすごい勢いで若鶏の缶を食べてましたよ。

みぅさん、ありがとうございます☆

はたらく船 

今日は、渋谷ほしよみ堂の大串店長にお誘いいただき、

横須賀の海上自衛隊基地へ。

目的は海上自衛隊の練習艦「かしま」への体験乗船。

 

こういうの、社会科見学っていうんでしたっけ。

久々だな~。わくわくするな~。

天候も見事な快晴。

心地よい風もふいて、

海軍日和とはこのことかもしれません。

 

乗船の際にいただいたパンフレットによりますと、

もともと「初代かしま」は明治39年にイギリスで造られ、

シベリア出兵などに参加していた戦艦です。

「2代目かしま」は三菱横浜で造られ、

練習巡洋艦で終戦まで生き残り、

終戦後の復員輸送に貢献しました。

 

そのパンフの中で最も強調されていたのがこの一文。

「いずれも武運が強い艦としてその名を残している」

 

 

そして今回乗船させていただいたのは、三代目となる「かしま」。

こちらがその勇姿です。

120513_1150~01.jpg

 

到着早々、船体前方に見える主砲を目の当りにし、

僕のテンションはマックスに達したのです。

 

120513_1152~01.jpg

 

なんというのでしょうか、

僕は至って平和主義者なのですが、

やはりこういうのを見ると冒険心をくすぐられてしまうのです。

 

主砲の弾でございます。

実際に手に持ってみましたが、

コレ見た目以上の重量。

120513_1152~02.jpg

 

 

海上自衛隊員の方に、

案内していただき、

船内のいたるところを見させていただきました。

 

 

 

こちらはVIPルーム。

滅多に見れないそうです。

120513_1205~02.jpg

 

 

 

 

 

こちらは操船室。

120513_1208~02.jpg

 

 

 

これが、うわさのレーダーというやつですね。

萌えます。

120513_1209~01.jpg

 

 

 

 

こういった “ ツマミ系 ” の機器類も個人的にはツボなのです。

120513_1208~04.jpg

 

子供の頃、宇宙戦艦ヤマトで見た近未来的な機器類が今ここに!

初めてみるはずなのに、なぜか懐かしい感じがしてしまいます。

 

 

 

 

そして海軍といえば、こちら。

 

120513_1333~01.jpg

 

そう、船乗りにとって長旅にはかかせない存在なのです、「音楽隊」。

実際に航海に出る際も、ちゃんと同行するそうなんです。

彼らが奏でる演奏が、船員たちの疲れをいやしてくれるのでしょうね。

 

じつはこのメンバー、音大卒の方々のみで編成されているそうです。

今日は特別にボーカルも加わり、

山口百恵や尾崎紀世彦の往年の名曲たちが、

甲板に響きわたるすばらしい美声で歌い上げられておりました。

 

 

さて、僕たちを乗せた「三代目かしま」は

お台場のフジテレビを横目に、

晴海ふ頭へと向かいます。

 

 

120513_1511~01.jpg

 

 

 

 

 

そして接岸。

 

120513_1537~01.jpg

 

いや~、貴重な体験をさせていただきました。

よもやこれほど興味をそそられるとは。

案内していただいた自衛官の方々、ありがとうございました!

 

 

次は海軍カレーを食べに赴きたい

、など思います。

 

そしてこの「かしま」、5月22日より出港し、

14か国を巡る旅に出るとのこと。

 

気を付けていってきてくださいね。

ご武運をお祈りいたします!

 

 

某 件太郎

鑑定記録をふりかえりつつ 



おはようございます。松原由布子です。

昨日渋谷ほしよみ堂で
電話鑑定をさせていただきました。

気がつくとカルテ用に作ったノートが
5冊以上になっています。

その中には何度もお電話くださる方も
一度きりの方もいらっしゃるのですが
印象深いお客様が何人も浮かびます。

鑑定の内容は守秘義務がありますので
書くことはできないのですが
こちらが涙ぐんでしまうくらい
ピュアで素敵なご相談がいくつもあって
力強く生き抜いてらっしゃる
お客様の人生に励まされます。

遠くにお住まいの方を間近に感じて
お話できるのも魅力ですね。

電話ではお顔の表情が見えない分、
ご相談そのものやお声にフォーカスし
導入は特に集中して
お客様が抱えた問題の理解に努めます。

占いたい問題のことを占的(せんてき)
といいますが、
これがズレるとお客様に届かないのです。

占的がはじめからはっきりしている方も
鑑定が進むにつれて
「私が本当に聞きたいことはこれだった。」
と改めて質問をご自身の中から
発見される方がいらっしゃいます。

そういう時、私は占い師として
なにがしかのお役に立てたのかもしれません。
私ができることは、運命学の観点から
お客様の人生の地図の見方をお伝えすること。

答えと行動はお客様自身に委ねます。
人生で一番美味しいところを占い師が
とっちゃうのは野暮ですから。

そういう制約の中で
かゆいところに手が届く鑑定ができればと
思って待機しています。

1分ごとに料金が発生しますので
極力ムダなことは話したくありません。
なのでブログの場を借りて
電話鑑定でいつも考えていることを
書いてみました。

たくさん在籍している占い師の中から
私を選んでお電話いただき
本当にありがとうございます。
 

・・・・・・・


毎日情報発信している facebook と twitter 

も、よろしくお願いします☆

 

気になるアイツ

 
こんにちは!そまり百音です。
 
いつからでしょうか・・・とっても気になるモノがあります。
 
至る所にあって、でも場所によっては違う顔をしているアイツ。
 
新しいのに出会ったら、もう感激で、シャッターを押さずにはいられない!!
 
 
 
それは、こちら。
 
武蔵野市.jpg
 
マンホール!
 
漢字では「人孔・潜孔」
 
なんともロマンチック&セクシーですよね。
 
何が好きって、地域性が色濃く出ていて面白いんですよー。
 
伊勢.jpg
 
伊勢では「お陰参り」の様子が描かれていたり。
 
2008042115130000.jpg
 
名古屋では「あめんぼ」・・・って、なんで?笑
 
むしろ、こっちでしょー!
 
2008042115140000.jpg
 
「金のシャチホコ」
 
かっこいいですねー!
 
あとは番外編として、こういうのもグッと来る。
 
山形.jpg
 
山形にある神社の参道に刻まれていました。
 
なんという渋さでしょう。
 
歴史を感じますねー。
 
 
 
マンホールの面白さに気付いたきっかけは、悲しいことがあったある日。
 
帰り道で「上を向いて歩こう」を口ずさんで歩いていたとき、
 
(上を向いたって、涙はこぼれるよ)
 
(上を向いて歩いたら、人にぶつかるし、落とし穴があるかも知れないじゃん)
 
と、下を確認しながら歩いていると、見つけたんですよね。
 
色鮮やかで、デザイン性の豊かなマンホールを。
 
 
そして、
 
(わー、すごい!うつむいてたって、美しいものは見つかるね)
 
って。
 
 
 
 
人はついつい上や前だけを向いて、焦ってしまいがち。
 
でもね。うつむいてても見つかるものは必ずある。
 
アンテナさえ張っていれば、そこかしこにネタは落ちているんですね。
 
真実の口.jpg
 
ちなみに、イタリアで有名な「真実の口」
 
海の神トリトンが刻まれていて、偽りの心がある人は
 
口の部分に手を入れると噛まれるという伝説がありますが・・・
 
元々は古代ローマ時代の下水溝の蓋だったんですって。
 
神様の顔を下水の蓋に刻んでしまうだなんて、ハイセンスすぎるっっ!!
 
 
 
みなさんの町のマンホールにも、きっと変わったものがあるはず。
 
ぜひチェックしてみてくださいね。
 
そして、珍しいマンホールを発見したら、ぜひ教えてください〜♪
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
 
 
 
やってます
 
 
はじめました
 

易神が降りたニャ〜☆ 

 

 

こんばんは。夢猫 ムニャです。

今日は私の相方、社長をみなさんにご紹介します。





さて、最近社長のはまっているもの。

それは周易で使うサイコロなんです。

テーブルの上に置きっぱなしだと大変なことに・・

こないだも1つ行方不明になりました。






しかし、社長にすごい能力があることが判明!!

実は社長、周易が出来るんです☆

周易とは八面体の2つのサイコロの目で卦爻(かじ)を決め、

六面体のサイコロで爻辞(こうじ)をみるもの。

シンプルですが、ズバッと当たります。






サイコロを見つめて・・・
 

o0640048011966993592.jpg

 

o0640048011966993602.jpg

 

o0640048011966993621.jpg

 


↑ミーアキャットのように足しか写ってませんが、

これ両手でサイコロ持ち上げてます。

t00860143_0086014311967350135.jpgのサムネール画像

 

o0640048011966993628.jpgのサムネール画像

 


たまに手で『チョチョ』っといじってみたり。

 

 

o0640048011966993633.jpgのサムネール画像

 </