HOME > 星読み師たちの総合ブログ > アーカイブ > 2010年3月 アーカイブ

星読み師たちの総合ブログ ; 2010年3月 アーカイブ

旅行 

アユタヤ.jpg

世界一周旅行

している人というと、ワイルドな逞しいタイプの男性をイメージするところですが、

星読み師taka先生のお友達で、現在陸路にて世界一周旅行る方がいます

なんと女性!

それも笑顔のキュートな

NORINPOPさん

ただ今エベレスト登山中のようです

http://www.norinpop.com/

女一人で世界一周旅行?!ってすごいぞ~と思ったところ

やっている人は何人かいるようです!

ブログを更新している人だけで数名いるようなので、

他にもいるんだろうなぁ~ すごいなぁ、と(^▽^)


彼女のブログを読み始めて、

自分の「天馬星」(てんませい)が疼き始めて仕方がないのです!

「旅行行きたい」「旅行行きたーい」「旅行行きたーーい」が日々のつぶやきだったり。。。


「天馬」とは紫微斗数の星の一つであり、旅行や移動を意味します。

旅行好きだったり、移動を多く経験する、放浪の旅を好む人などは

この星が自分の重要な場所に位置しているのかも!


私の場合、今年の運勢を見たときに、遷移宮(移動を意味する)という場所に位置します

今年に入って無性に旅行願望が強くなっています

「あぁ、どこでもいいから行きたい」(←しつこい)

 

彼女の旅行ブログを読みながら、自分も旅に出たつもりになっています

非日常を味わいたい方、

本には載っていない異文化を知りたい方にオススメのブログです☆

http://www.norinpop.com/


今年は絶対に一人暮らしを!

無性に旅行に行きたくなってる人

「天馬」が巡ってきているのかもしれませんね

転勤族のご主人や奥様の命盤にもよくみられる星です

 

 

 


 

 

*** 問合せ先 ***

携帯の方は↓


oopsoops@softbank.ne.jp 

 

携帯 および パソコンメールからは↓

daichi@pb3.so-net.ne.jp

 

 

三位一体の法則 


 
名古屋から東京を経て、新潟へ帰ってきました。


いつも新潟で生活しているんですが、

毎月、名古屋へ行きます。


今月は2度も名古屋へ行きました。

そして東京へも2度行きます。


またもや「ほしよみ堂」へも立ち寄りました。


それを記念して始めた1000円メール鑑定もご予約いただき、ありがとうございます。

移動中の電車の中で、携帯を使って鑑定メールを書いています。


もうしばらくお待ちくださいね☆


しかし携帯でメールを書くのは大変です!

ノートパソコンが欲しいところです。


新潟を拠点として、名古屋と東京。

これが、ぼくの三位一体の法則です。




三位一体とは……

肉体として感じる現象界の意識、

幽界の幽体意識、

人の本質である意識が一体にある意味です。


深層意識の中心に大いなる愛、

中間層に幽体としての意識状態、

それから外側に人間としての肉体意識。


このように意識は三層の構造になっており、

これを三位一体とも言います。


体意識は死後の世界の意識の状態で、睡眠中の意識状態と同じことです。

起きているときと寝ているときとで、意識状態が切り替わるのです。



起きているときは人間としての存在を感じる状態です。

深層意識が人の本質で、この意識の中心が「愛」と一体となっています。


日本語で、心、魂、精神という言葉があります。

マインド、ソウル、スピリットとなります。

マインドは心、ソウルは魂、スピリットは精神です。

意識は自分の五感に対する、感覚、感情、観念に分けられます。



マインドは、五感で感じている観念レベル

ソウルは、魂で感じるレベル

スピリットは、精神で感じるレベル


潜在意識の中心に本質があるのです。



人間以外にも三位一体はあります。

 
陸(岩圏)・海(水圏)・空(大気圏) 

動物・植物・鉱物

赤・青・黄の三原色。 


水の場合だと、固体(氷)・液体(水)・気体(水蒸気) 

この3つは、形が違うけれどすべて「H2O」です。


植物や動物すべてに『生』が在ればこそ『今』が在り、

そして確実に《死》は近づいてきます。 

 
これも「過去・現在・未来」という法則です。 


「過去」の出来事の結果が「今」ここに有り、

「今」起こす行動が「未来」の結果となります。


しかしそれは、人間が生きていく過程でしかありません。 

「今」私たちがこの世で厳しい修行をしているのはなぜなのか。 


それは人間がこの世を去る最後を迎えたとき、

「あぁ、いい人生だった。もう何も思い残すことはない」

といった心境で、あの世に帰るために「今」を生きるのです。


二度とない人生です。

やり直しは出来ません。

でも、見直しはできるのです。 


変わるのを待つのではなく、自分を変えるようにしていくことです。
 
自分が変われば周囲が変わるのです。


今の自分があるのは、師匠がいたからこそ。

師匠がいて、自分がいて、そしてお客さんとかお弟子さんが存在する。


ぼくにはtaka先生という師匠がいて、

困った時はいつでも相談に乗ってくれ、

いつも的確な回答をくださる。


だから、その知識や行動を、お客さまへ提供できる。

これこそ成功への三位一体の法則ですね。


占術家は、頼りになる師匠を持ってこそ、鑑定の場が与えられるんです。


 hiro

 

太宰と尾崎 

華葉さんの少し前のエントリ内に、太宰治について触れられており一気に思い出しました。

小学生の時の担任の言葉です。

「太宰作品でおすすめって何ですか」
って聞いたんです。

すると
「おまえは10代で太宰を読んじゃいかん。影響されやすそうだから大人になってから読め。」
と予想外の答えが返ってきました。

それで、なんとなく拍子抜けしてしまいまして、とっくに大人になったにも関わらず読まないで現在に至ります。
私が読んだことのある太宰作品は教科書に載っていた「走れメロス」だけ。

いまこんなにもブームになっている太宰を読んでいないのか?!

と自分でびっくりです。

そして、この間師匠の元で話していた時に尾崎豊の命盤をみました。

あれまー・・・太宰と主星の位置と配置が同じ。十干は違うけど。

窓ガラスを割ったり、盗んだバイクで走り出したいとはツユほども思っていなかったので
当初あまり曲を聴いたことがありませんでした。

けれども、LOVE WAYという歌を友人が歌ったときに、その歌の格好良さに痺れた。
遅い、遅いですねぇ。

 

二人ともなんだかんだ生き急いで、自分自身をもてあますような生き様をリンクさせている人がいるかなと検索してみましたら
やっぱり似てるという指摘がちょこちょこでていました。

尾崎側からの太宰を引き合いに出した中央公論での尾崎氏の特集

特集 尾崎豊と練馬を歩く

ここに以下のような文面がありました。抜粋します。

「精神病理の専門家である医学博士・磯辺潮氏は、尾崎豊に太宰治や三島由紀夫と同じ資質があると前置きして」 (『人格障害かもしれない~どうして普通にできないんだろう』光文社新書、03年)

そして、私自身が未読ですが太宰の評論で尾崎を引き合いにだしている箇所がある本がでていました。

太宰治というフィクション―さまよえる「非在」 (単行本)
吉田 和明 (著)
二人を並べて太宰を評論している箇所があるそうです。


こうしてみると、命盤が似ているという事実に、ちょっとビックリしませんか?
 

二人とも作家と歌手ではありますが、それぞれ言葉の使い手であり、カリスマ。
でも仕事や私生活では紆余曲折ある人々。
女性にモテ、実は確固たる自分がない傾向にある根っからの芸術家、アーティスト気質。

命盤を二人の年表に符合させながら読んでみたんですが
尾崎氏は、大限も非常に弱い時期に亡くなっており、対外的につらいこと連続、前年にも心理的なダメージをずいぶん被ったのかなあ・・・もう満身創痍だったんだろうかという感じ。


太宰氏は、自殺未遂を繰り返していた20代の方が死にたかったんじゃなかろうか。
いろいろなところで言われているようですが、本当に亡くなってしまった時は狂言自殺的なものだったのかも?と思わせるくらい大限も大歳も結構良さ気なのが印象的。亡くなった日でみるとまた違うかもしれません。
紫微斗数は日ごと、時間ごとでも吉凶がでるんです。


とここで、ぶっちゃけますと
私自身太宰と命盤が似ています。
当然、尾崎さんとも似ています。

が、ワタクシは、歌手でも作家でもカリスマでもなく。
モテてもおりません(笑)
しかーし、担任の先生の言葉がオーバーラップしてぞっとしましたw

まあ似ているだけで、まったく同じではありませんし
たとえ同じだったとしてもですね

人生というのは自分の意志でいかようにもなりうるものなんですよね、やっぱり。


そして、太宰さんも尾崎さんも「化忌」という紫微斗数最大の凶星が仕事をみる官禄宮にいるんですけれども
お二人とも、死後にも影響力が残るほどの作品を残し
また生きているときからその仕事で評価されてきた人達です。
ちなみに尾崎さんは命宮からも官禄宮に化忌を飛ばしてました。

だから「仕事」として彼らが作品を生み出すのは辛いもので嫌だったのかもしれない。
もっと評価されるはずだと辛酸を舐め、悩む時期があったはず。


そして、しんどいときに何かに逃げたり、何かの力を借りて精神を保っても
結局自分自身の力で乗り越えないと、すがったものに呑まれてしまうものなのかなと二人の人生をみて思った次第です。

というわけで、私も(とっくに)大人になったことですし太宰をきちんと読んでみようかと思います(笑)


☆メール鑑定進捗報告☆
ようやっと、振り込み日が2月5日(ご自身が振り込まれたのは4日になると思います)の方まで鑑定結果をお送りしました。
現在2/5~8日に振り込みましたとおっしゃっている方の鑑定中です。

お待たせしている状態が続いております。
いまかいまかと待ってらっしゃる方々には大変心苦しいのですが
2月に申し込みをされた方には3月中になんとか返したいと奮闘中です。
結果的に振り込みから一ヶ月以上お待たせする形が続いておりますがご了承ください。

☆対面鑑定について☆
おかげさまでリピーターの方がちょろちょろ、ご紹介もずいぶんといただき有り難い限りです☆
現在ですと4月中旬以降はだいぶ予約に余裕がございます。
限られた鑑定時間ではありますが、ご縁のあった方、ある方すべてに感謝いたします。
どんな人とお会いできるかなと私自身楽しみにさせていただいております。

 

結婚は最大の開運術 



名古屋の「ほしよみ堂」がオープンしましたね。

私も名古屋へは毎月のように行っていますので、

名古屋にちゃんとした占い館ができたことはとても嬉しいです。


看板も内装も、とても良いデザインでした。

10分程度で帰ろうと思ていたのですが、

気がつけば2時間近く滞在してしまいました。

そのくらい、居心地のよい占い館でした。


さて。

ほしよみ堂へ向かう道中、taka先生に

「最大の開運法ってないんですか」と質問しました。


すると

「相性のいい相手と結婚することだよ」

と教えてもらったのです。

「結婚しないとだめですか?」と答えると、

「いや、同棲でも同じことだよ」

との回答をいただきました。

 

RWS-06-Lovers.jpg





「相性が良い」と言っても、ではその定義は何なのか?

明確に回答できる人は、あまりいないでしょうね。


私も結婚の相談をよく受けますし、

アドバイザー的に相性を指導することも多いのですが、

現実的にどうしても、収入や学歴を重視してしまう傾向があることは否定できません。


しかし結婚後、収入や学歴を重視したせいで、

結婚したあと後悔している人も多いのです。


結婚は、神サマが人間に与えた最大の開運の秘法なのですから、

見た目や収入を重視して、配偶者を選ぶことは大変に危険なんですね。


運命学的に考えると、相性を4つの項目で分析できます。


まずは人柄の相性です。

次に精神面の相性。

そして能力面の相性。

最後が、肉体的な相性です。


このうち、人柄の相性と精神面の相性が決定する2大項目なんです。


結婚すれば、子どもが生まれますし、

お互いの両親とのつきあいや、親族つきあいとかがあって、

2人だけの問題では済まされない現実問題が発生してきます。


そういった時、最も頼りになり、最も信頼できる相手が配偶者なのですから、

見た目や経済面だけで、配偶者を選ぶことは避けねばなりません。


そういうとき一番利用できるのが紫微斗数(しびとすう)なんです。

生涯の伴侶として、精神的に、人柄的に良い相性かどうかを判断することができます。



ということで、

ほしよみ堂オープン記念としまして、

わたしも何かサービス鑑定をやりたくなっちゃいました!!


いろいろ考えて

限定20名様ですが、紫微斗数のメール鑑定をすることにしました。


料金は……破格の1000円!


内容は、結婚と恋愛について。


生まれた時間が分かる方のみです。


相性診断の場合は、2人分ですので2000円になります。

その際、相手の生まれた時間も必要となります。



ご予約、承ります☆


 
 hiro

 

すごいぞ!タロット! 

運命の輪 タロット.jpg 

先日、タロットカードで占った方から嬉しいお知らせを頂きました

タロットで出た結果によると、

依頼者は就職活動中の学生さん

Q.今後卒業までに仕事は決まるでしょうか? の質問に対し、

A.かなりの幸運が舞い込んできそうです。
それも、期待以上のもののようです。

鑑定結果にとても励まされ、前進するきっかけとなったとのこと。

そして、占い結果どおり、狭き門の業界に、予想以上の仕事が見つかったそうです

タロットの結果の良し悪しも大切ですが、


占ったことでモチベーションがアップして、

「いい仕事が見つかる」「運がいい」「うまくいく」と思うことで、

潜在意識にいい影響を与えることで、思ったとおりになるのかも

悪い結果が出たときは気にしないこと! 

当たるも八卦、当たらぬも八卦

 

そして、タロットのみで鑑定というのはあまりないのですが、

タロットだけの鑑定を好まれるお客様がいらっしゃいます。

就職が見つかるか
正社員になれるか、
好きな彼とはうまくいくか、
前回の彼とはうまくいかない、
新しく気になる彼とはうまくいくか、
その後の展開。。。

同じお客様で一つの事柄について1-2回占うことはよくありますが、


頻繁に占い続けるというのはとても稀なケース

占った結果もいいこともあればよくないこともありました。

ですが、よく当たると言って贔屓にしてくださいます


占った結果をおしえてくださるお客様の割合は限られていて、

結果を知ることができるのは当たったからまた鑑定を希望される方が多数なので、

半信半疑なところがありましたが、

ここまで当たるぞ!タロット!

すごいぞ!タロット

世界 タロット.jpg

 

 

*** 問合せ先 ***

携帯の方は↓


oopsoops@softbank.ne.jp 

 

携帯 および パソコンメールからは↓

daichi@pb3.so-net.ne.jp

 

 

思春期 

 

若くして自ら命を絶つ

先日も女子中学生が自殺という悲しいニュースが流れていました

まだ人生をほんのスタートしたばかりで、挫折・絶望、人生に終止符を打つ

おばさんになった私から言わせると、

社会人になる前の世界はとても狭い

家族・友人・学校が全てで、

そのどこかに問題が生じたら、お先真っ暗

逃げ道もないし、逃げ方も知らない、生きることが辛く思えてしまう

簡単に逃げる道として「命を絶つ」ことを選ぶのでしょう、

でも、命を絶つ前に知っていて欲しいことは、

大人になったら世界はもっと広いということ!

家族・友人・恋人がいて、仕事をして、いろいろな分野の知り合いがいて、

友人といっても、学生時代の友人、職場で知り合った友人、サークルなどの趣味の

活動で知り合った友人、職場の上司・部下、同僚、

 

例えば、どこかで苛めを受けた、存在を否定されたとします

でもそれは数ある付き合いの中の一つでしかない、

他にたくさんのつながりがある

あなたを受け入れてくれる人、支持してくれる人、同じ気持ちを持つ人など多くの人がいる

苛めを受けた世界は数ある世界の中の一つにすぎないことを知ります


社会に出ると、学生時代にはなかった責任や大変なこともたくさんありますが、

楽しいことも本当にたくさんあります

自分で好きなものが買える、自分の選択で自分のしたいことができる、

自分の道を自分で決められる

好きなことができたり、趣味に没頭したり、映画や旅行、ショッピングにも行ける


 

思春期を終えて、学校を卒業し働き始めてからの人生は、

人生が180度変わったかのように楽しくなりました

思春期に悩みに悩んだ私として、自暴自棄になる気持ちはよくわかります!

痛いほどわかります

でも、その苦難を乗り越えれば、きっと楽しいことが待っていることを覚えていてほしい!

 

そして、人の親になり、親の気持ちがわかるようになりました。

子供はとてもかわいくて、幾つになってもかけがえのない存在です

自分より早く先立たれることがどれほど悲しいことか、

自分を愛してくれる人がいることもまた覚えていて欲しい

その愛は、あなたが思う以上に深いんだぞー

 

人生には運気があります

1年で見てもいいときと悪いときがあるように、

10年で見ても前半の5年間がいいとか、後半の5年間がいいとか、

そして人生でみても早くして運が開ける人や中盤から良くなる人、苦労が実り後半から登り坂になる人

山あり谷あり

どちらかだけの人は居ません

 

思春期のお子さんを持つ親御さんは

日頃から困難に遭った時の逃げ道や対処法、

人生観をお子様と話す機会をもたれるといいですね

親がどれほど子供を愛しているか、

残念ながら子供は親の心知らずですよね(T_T)


そして運気の説明に紫微斗数はもってこいです

悩んでいるお子さん、これから思春期を迎えるお子さんをお持ちの方、

その子に合った接し方や、

運気に合った生き方、考え方などのアドバイスができるかと思います。

踏み外しやすい青春時代を実りの多い時期にしてあげられるように、

紫微斗数占いを活用されてみてはいかがでしょうか?


お気軽にご相談ください

*** 問合せ先 ***

携帯の方は↓


oopsoops@softbank.ne.jp 

 

携帯 および パソコンメールからは↓

daichi@pb3.so-net.ne.jp

 

化忌とはなんぞや 

前回化禄がある宮は単純に良いんだぜ~、大事にしてね~と書きましたが


じゃー悪い星は?ってなると紫微斗数の場合は「化忌(かき)」といいます。

これもどなたにも平等にひとーつ座っております。

単純に、化忌がいる宮はあんまり良くはないなんぞと申しますが
かといって、じゃあどう悪いのかというとそれは実に人さまざま。

私自身にもまだよくわからなかったりする星でもあります。


ものすごーくビシっとその化忌がヒットしてしまう人もいれば、あんまり感じませんが・・・なんて人もいます。
でも、人生終わるまでながーいですからね。
ので、とにかく慎重になるべきところ、気をつけるべきところと思って頂ければ。
もしくは、あんまりそこを人生の基軸に据えない。


そして、化禄と化忌が一緒に宮にいます!とか
化禄と化忌が向かい合って影響し合ってます・・・
なんて方も沢山います。

この場合は、ああせっかくの良さが減ってしまうと考えるのではなく
悪いことも致命傷にはならないのだから大丈夫って考えてはどうかと。


そして、化禄も化忌も1つずつと申しましたが、これらの星は
飛星といって宮から宮へもしくは年運(大歳)へ、10年運(大限)へといろんなところへ飛ばして運勢を判断します。
盤として固定して書かれるものは1つずつですがこの飛んでくる化禄や化忌は複数ってこともあるので
化禄や化忌が1つずつ同じ宮に入る、どちらかがダブル、トリプルでつく等ということもありえます。

私の場合は、官禄宮にこの化忌がいて、そして自化禄という宮から飛ばした化禄さんもいます。

ええ、仕事は山あり谷ありです。
いろんな職種と立場を経験してまして、正社員から派遣、バイト社会人になってから全部やりました。
大企業から家族経営の小さいところまで働き、業種もシステムから営業系、事務、販売系まで。
そして、今は占術家という職業まで加わりましたが、一応全部適職の範囲に入ってるんです(笑)
ここはダメだなあというところも身をもって知りました。

盤を作ってみていたら最初から適職について苦労もしなかったんじゃないか?と思いますよね。
でも、苦労しないと結局自分では何が出来て何が出来ないかわからなかったんです。
最初からスムーズに職についてバリバリ働いているならば、私の化忌は別のところについていたのではないかと思います。私は自分の化忌をそう解釈しています。

ここでまた化禄を引き合いに出しますが、いつも会社や職業には色々な苦労が待ってるのですが
対人関係ではあまり苦労しません。そうです。
兄弟宮の化禄の威力がそこにも!と自分では思っています。
いや、最初はどこへいっても胃が痛いんです。
でも気付くと友人が増え、転職した後も友人関係が続いていくことが多いのです。
その分面白いというか不思議な人にも沢山出会いますけれども(笑)

ですから、鑑定の際もこれはメール、対面問わずですが私は自分の友人や同僚に対して話すような気持ちで鑑定するようにしています。化録の力がもらえるかな、なんて思いこみですけれども。
私は、様々な人に出会える自分の人生が気に入っています。


☆メールについて
gmailで迷惑メールに勝手に振り分けられてしまったようで気付くのが遅れてしまったメールがいくつかございます。慌てて返信を差し上げましたが、半月以上経ってからの返信でお気づきになっていない方もいらっしゃるようです。
一度コンタクト頂いた方には少なくとも1度は返信しておりますので今一度ご確認ください。

☆☆メール鑑定について☆☆
相変わらず遅れており申し訳ありません。
現在2/3に振込が確認できた方(振込2/2に行った方)まで終了しました。
今週末には、もう一度進捗報告をさせて頂けると思いますので、いまかいまかとお待ちの2月前半に依頼された方々、もう少々お待ちください!!

« 2010年2月 | メインページ | アーカイブ | 2010年4月 »

このページのトップへ

月別 アーカイブ